【高血圧】黒豆の煮汁は血圧を下げる・白髪を改善する 黒豆研究30年の医師が断言!

【高血圧】黒豆の煮汁は血圧を下げる・白髪を改善する 黒豆研究30年の医師が断言!

春には目がかすみ、夏になると耳にセミが鳴き、秋には歯が落ち、冬は頭に霜をいただく。先人はうまいことを言ったもので、昔からこの春夏秋冬がそろうと、「老人」と言われました。そんな老人や老人になりかけた人たちに、ぜひ飲んでいただきたいのが、「黒豆の煮汁」です。【解説】野崎豊(ノザキクリニック院長)


野崎豊
ノザキクリニック院長

煮汁にすると効果が最も高くなる

人は年を取ると、いろいろなところが弱ってきます。

春には目がかすみ、夏になると耳にセミが鳴き、秋には歯が落ち、冬は頭に霜をいただく。
先人はうまいことを言ったもので、昔からこの春夏秋冬がそろうと、「老人」と言われました。

そんな老人や老人になりかけた人たちに、ぜひ飲んでいただきたいのが、「黒豆の煮汁」です。

黒豆の煮汁は、漢方ではもともと長寿の薬で、老化を予防する効果があります。
実際に、黒豆の煮汁を飲んで、目や耳の症状が改善したり、歯が丈夫になったり、白髪が黒くなったりという例は、たくさん報告されています。
私の患者さんにも、黒豆の煮汁を飲み続けるうちに、真っ白だった髪が黒くなった人がいました。

黒豆といえば、丹波黒が有名です。

私は丹波黒の産地、兵庫県から依頼されて、30年ほど前から黒豆の研究をするようになりました。
その研究の中で、黒豆の健康効果は、煮汁にすると最も高くなることがわかり、黒豆の煮汁を勧めるようになりました。
私の処方で黒豆の煮汁を飲んでいる人は、数万人を下らないと思います。

黒豆は栄養の宝庫で、さまざまな栄養成分が詰まっていますが、煮ると、その7割は汁に溶け出します。
黒豆の煮汁を飲めば、それらの成分を効率よく取り込めます。
黒豆の煮汁に溶け出している成分の中で、特に注目したいのは、アントシアニンやイソフラボン、サポニンといった成分です。

それぞれの主な効用は、以下のとおりです。

・アントシアニン
目の網膜に作用して、緑内障やかすみ目を予防します。

・イソフラボン
骨粗鬆症や、老人性の認知症を防ぐ効果があります。

・サポニン
抗ウイルス作用や、脂肪の吸収を抑える抗肥満作用があります。

そして、これらいずれの成分にも、老化を防ぐ抗酸化作用、抗ガン作用、血液をサラサラにする作用があります。
このほかにも、糖尿病を予防するトリプシンインヒビター、記憶力向上や抜け毛予防に役立つレシチン、腸内環境を整えて免疫(病気に抵抗する働き)を強化するガラクトオリゴ糖などの有効成分も含まれています。

最近では、黒豆の煮汁が、漢方でいう「五臓六腑」のすべてに効くことがわかってきました。
つまり、全身のどの臓器にも、健康効果をもたらすのです。

→黒豆の煮汁の作り方・飲み方はコチラ

血圧が下がり薬が不要になった人が続出

黒豆の煮汁の効果は、私が勧めた患者さんだけでなく、見知らぬかたからも、「こんなによかった」と、わざわざご報告いただくことがあります。

そういう声で多いのが、血圧の改善効果です。
血圧は自分で測れるので、効果がわかりやすいのでしょう。
「血圧が下がった」「薬がいらなくなった」という人が続出しているのです。

私の妻も、200mmHg近かった最大血圧が、黒豆の煮汁を飲んで1週間もしないうちに、120mmHgくらいに下がりました(正常値は140mmHg以下)。

また、薬を飲んでいるのに、血圧が高くなったり低くなったりして困っていた人が、黒豆の煮汁で安定するようになり、薬が不要になった例や、だんだん薬が効かなくなって薬が増えてきたという人が、薬を減らせたという例など、枚挙に暇がありません。

黒豆の煮汁が血圧に効くのは、コレステロールや中性脂肪を減らす成分や、抗酸化作用の強い成分が多く、血液をサラサラにするからです。
また、尿の出をよくする作用のあるカリウム、血管の筋肉をゆるめるマグネシウム、血管を拡張するビタミンEなども含まれており、それらの総合的な作用で、血圧が下がるものと考えられます。

黒豆の煮汁の作り方は、水につけておいた黒豆を弱火で煮るだけと簡単です(基本的な作り方は別の記事参照)。
漢方薬と同様に、朝起きたときや、空腹時に飲むと、吸収がよくなります。

基本的には人肌に温めて飲みますが、糖尿病の人は、温めずに飲むほうがいいでしょう。
糖尿病に効果のあるトリプシンインヒビターは、熱に弱いからです。

煮た後の豆にも、3割の成分が残っています。
大豆たんぱくはほとんど豆に残っているので、豆も食べてください。

ただし、煮汁と違って、豆にはカロリーがありますから、糖尿病や肥満の人は、豆を食べた分、ごはんを減らすなどの注意が必要です。
なお、黒豆の煮汁にはカリウムが多いので、腎臓の悪い人は医師と相談の上で飲んでください。

大豆アレルギーのある人は、煮た後の豆を食べるのは避けたほうが無難でしょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【視力回復】近視や緑内障の改善には“自律神経の乱れ”を正す「爪もみ」がお勧め

【視力回復】近視や緑内障の改善には“自律神経の乱れ”を正す「爪もみ」がお勧め

目が疲れてショボショボすると、私たちは自然にまぶたに手をやり、こすったり、もんだりします。このように、目に不快感が現れるのは、自律神経のバランスが乱れている証拠です。自律神経をバランスよく働かせることが、目の健康を守る基本なのです。そこでお勧めしたいのが、「爪もみ」です。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


【不眠症】原因はブルーライトによる眼精疲労?目も「枕」で休めるとぐっすり眠れる

【不眠症】原因はブルーライトによる眼精疲労?目も「枕」で休めるとぐっすり眠れる

最近、疲れ目やかすみ目といった目の症状と同時に、不眠を訴える人がいます。よく「眼精疲労」という言葉を耳にしませんか?眼精疲労とは、目を使うことによって体にさまざまな悪影響が出現し、休んでもそれが解消できない状態のことをいいます。【解説】松本拓也(松本眼科院長)


【血圧を下げる対策】日本人に多い食塩感受性高血圧とは?「しょうゆスプレー」がお勧め

【血圧を下げる対策】日本人に多い食塩感受性高血圧とは?「しょうゆスプレー」がお勧め

日本の食は全般的にヘルシーですが、一つ大きな難点があります。それは塩分が過剰だということです。減塩することはとても重要ですが、高塩分に慣れた人が塩分を減らそうとしても、物足りなさを感じて難しいものです。そこで、まず簡単にできる減塩の入門として私が提唱しているのが「しょうゆスプレー」です。【解説】日下美穂(日下医院院長)


【骨粗鬆症とは】どんな病気? 自覚症状は? 予防できる食べ物は? (子供でも分かる大人の病気)

【骨粗鬆症とは】どんな病気? 自覚症状は? 予防できる食べ物は? (子供でも分かる大人の病気)

骨粗鬆症とは、骨量が減って骨が軽石のようにスカスカになり、ちょっとした衝撃でも骨折しやすくなる状態のことです。【解説】川嶋朗(東洋医学研究所附属クリニック自然医療部門医師・東京有明医療大学教授)


【物忘れを改善する食事】ニンニク油で記憶力が回復 高血圧やめまいも撃退

【物忘れを改善する食事】ニンニク油で記憶力が回復 高血圧やめまいも撃退

ニンニク油は脳によい理由の一つは「アホエン」という物質です。多くの研究が行われており①抗酸化作用②血小板凝集抑制作用③血中コレステロール値改善④尿酸値改善・抗ガン作用⑤殺菌、抗ウイルス作用、また近年の研究で、記憶力の向上や認知症の予防に役立つことがわかってきました。【解説】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)


最新の投稿


【視力回復】近視や緑内障の改善には“自律神経の乱れ”を正す「爪もみ」がお勧め

【視力回復】近視や緑内障の改善には“自律神経の乱れ”を正す「爪もみ」がお勧め

目が疲れてショボショボすると、私たちは自然にまぶたに手をやり、こすったり、もんだりします。このように、目に不快感が現れるのは、自律神経のバランスが乱れている証拠です。自律神経をバランスよく働かせることが、目の健康を守る基本なのです。そこでお勧めしたいのが、「爪もみ」です。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


【野菜スープの効果】シミ(老人斑)が薄くなった!老眼もなく、白内障も進行しない

【野菜スープの効果】シミ(老人斑)が薄くなった!老眼もなく、白内障も進行しない

野菜スープをとり始めてしばらくたったころ、妻が私の顔をまじまじと見て、こう言いました。「あなた、シミが薄くなったわねえ」私は現在79歳で、10年ほど前から老人斑と呼ばれるシミが増えていました。ところが、野菜スープを飲むうちに、そのシミが非常に薄くなっていたのです。【解説】富永祐民(愛知県がんセンター名誉総長)


原因不明の視力低下が改善した!指のツボを“洗濯ばさみ”で刺激する健康法

原因不明の視力低下が改善した!指のツボを“洗濯ばさみ”で刺激する健康法

「指を洗濯バサミで挟む」と血と気の巡りがよくなり糖尿病・視力低下・痛みに著効!手と指には6本の経絡が走っており、その流れに沿って全身の臓器に対応するツボが多く存在しています。つまり手や指を刺激するだけで全身のあらゆる部位の痛みや不調を改善できるというわけです。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【糖尿病が改善】全身の血流が良くなるツボ刺激「指バサミ」のやり方

【糖尿病が改善】全身の血流が良くなるツボ刺激「指バサミ」のやり方

手と指には6本の経絡が走っており、その流れに沿って全身の臓器に対応するツボが多く存在しています。手や指を刺激するだけで全身のあらゆる部位の痛みや不調を改善できるというわけです。ここでは「洗濯ばさみ」を使ったツボの刺激方法をご紹介します。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【脳梗塞・心筋梗塞】発症予防には起床後の“水分摂取”と肉を食べる前の“○○○”

【脳梗塞・心筋梗塞】発症予防には起床後の“水分摂取”と肉を食べる前の“○○○”

動脈硬化が進むとともに血栓ができると、その結果として、脳梗塞や心筋梗塞といった怖い病気を招いてしまいます。命に関わるこれらの病気を防ぐために習慣にしてほしいのが、起床後に十分な水分を取ることです。【解説】南和友(北関東循環器病院院長、ドイツ・ボッフム大学永代教授)