【乱視・老眼】目のトラブルを改善する「ペットボトル」呼吸のやり方

【乱視・老眼】目のトラブルを改善する「ペットボトル」呼吸のやり方

ペットボトル呼吸は、ペットボトルが一つあれば、すぐに始められます。近視、乱視、老眼、緑内障などすべての目のトラブルに効くペットボトル呼吸のやり方をお話します。【解説】今野清志(日本リバース院長)


今野 清志
1953年、宮城県生まれ。中国北京国際針灸倍訓中心結業・中国中医研究院にて研修。帰国後、日本で唯一の酸素療法を取り入れた整体院を開業し、視力回復をはじめ、乱視や緑内障、耳鳴りなどの施療で多くの実績を上げている。『目は1分でよくなる!』(自由国民社)、『目はスプーン1本でよくなる!』(マキノ出版)など、視力に関する著書も多い。

2週間で酸欠状態が解消

ペットボトル呼吸は、ペットボトルが一つあれば、すぐに始められます。

まず、ペットボトルは500mLのサイズを用意します。
そのペットボトルの底のすみに、千枚通しや安全ピンなど、先のとがったもので、直径1.5〜2mmの穴を3ヵ所開けます。
穴を開けるときは、手を傷つけないように気を付けてください。

準備ができたら、初級編のスタートです。

三つの穴から呼吸する「3穴呼吸法」を行いましょう。
ボトルの飲み口をくわえ、鼻から深く息を吸い込み、6秒以上かけて、口からゆっくり息を吐き出します。

ポイントは、息を口からフーッと吐き切ることです。
ゆっくり息を吐くと適度な負荷がかかり、呼吸筋を効率よく鍛えることができます。

はじめは1日に10回を目安に行い、慣れたら回数を50回を上限に増やします。
呼吸が苦しくなったらすぐにやめ、数分休んでから再開します。

3穴呼吸法を2週間ほど続けると、呼吸筋が鍛えられ、酸素を吸いこむ力がアップして体の酸欠状態が解消します。
すると、視界が明るくなった、ものがよく見えるようになったなど、視力の変化も実感できるようになります。

3穴呼吸法が1日合計50回、らくにできるようになったら、上級編に挑戦です。

3つの穴の内の一つを指でふさいで呼吸する「2穴呼吸法」です。
実際に試してみるとわかりますが、底の穴が一つ減っただけで、息を吐くときの負荷が増します。
そのため、呼吸筋を鍛錬する効果がいっそう高まります。

息を吐き出す時間を10秒以上にして、1日合計30回を目標に行ってください。

このようにステップアップするにつれ、深い呼吸が身に付き酸素摂取量が増えます。

体の隅々まで十分な酸素が行き渡るようになると、疲れ目やドライアイ、飛蚊症、近視、老眼、緑内障など、さまざまな目のトラブルが改善に向かいます。
糖尿病や高血圧、動脈硬化が進んでいる人は、無理をせずマイペースで行いましょう。

ペットボトル呼吸を日課にすることで、持病の改善にもつながるでしょう。

ペットボトル呼吸法のやり方

→「ペットボトル呼吸」の解説はコチラ

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【近視 老眼 目の疲れ】自分でできる視力回復法 目が若返るツボを刺激する「ペットボトル枕」とは

【近視 老眼 目の疲れ】自分でできる視力回復法 目が若返るツボを刺激する「ペットボトル枕」とは

「何歳になっても目は自分で治せる」という意識を持つことが、近視や老眼を予防・回復させる一歩であることを理解してください。そんな私が勧める目のケアの一つが「ペットボトル枕」です。目や頭の疲労感がスッと取れ、全身が気持ちよく、リラックスできると思います。ぜひ皆さんも試してみてください。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


【視力回復】近視や緑内障の改善には“自律神経の乱れ”を正す「爪もみ」がお勧め

【視力回復】近視や緑内障の改善には“自律神経の乱れ”を正す「爪もみ」がお勧め

目が疲れてショボショボすると、私たちは自然にまぶたに手をやり、こすったり、もんだりします。このように、目に不快感が現れるのは、自律神経のバランスが乱れている証拠です。自律神経をバランスよく働かせることが、目の健康を守る基本なのです。そこでお勧めしたいのが、「爪もみ」です。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


【野菜スープの効果】シミ(老人斑)が薄くなった!老眼もなく、白内障も進行しない

【野菜スープの効果】シミ(老人斑)が薄くなった!老眼もなく、白内障も進行しない

野菜スープをとり始めてしばらくたったころ、妻が私の顔をまじまじと見て、こう言いました。「あなた、シミが薄くなったわねえ」私は現在79歳で、10年ほど前から老人斑と呼ばれるシミが増えていました。ところが、野菜スープを飲むうちに、そのシミが非常に薄くなっていたのです。【解説】富永祐民(愛知県がんセンター名誉総長)


【老眼鏡の選び方】「累進多焦点レンズ」とは?遠近両用レンズはここまで進化している!

【老眼鏡の選び方】「累進多焦点レンズ」とは?遠近両用レンズはここまで進化している!

「もしかして老眼!?でも、老眼鏡は格好悪いし使いづらい」と思っている人に朗報です。老眼鏡は年々進化しており、昔の年寄りくさいイメージはなくなりつつあります。便利になった遠近両用レンズを中心に最新の老眼鏡情報など、自分に合った老眼鏡選びのポイントを、屈折矯正のプロに聞きました。【聞き手】石川惠美子(医療ジャーナリスト)


【視力回復】1日5分「老眼鏡」で近視を改善 老眼にも改善効果

【視力回復】1日5分「老眼鏡」で近視を改善 老眼にも改善効果

「老眼鏡で近視を改善する」と聞くと、誰しも「えっ?」と驚くでしょう。でも、間違いではありません。本当に、老眼鏡で近視を改善させる方法があるのです。この目的で使う老眼鏡は100円ショップにある老眼鏡です。それで、私はこの方法を「100円メガネ健康法」と呼んでいます。【解説】平松類(彩の国東大宮メディカルセンター眼科科長)


最新の投稿


【自律神経を整える】セロトニン分泌を促し手軽に免疫力がアップする「ハワイの朝日呼吸」の効果

【自律神経を整える】セロトニン分泌を促し手軽に免疫力がアップする「ハワイの朝日呼吸」の効果

自然に触れると、自然の波長と人体の波長が心地よく混ざり合います。これは人体にヒーリング効果を生むと言われています。ハワイをイメージしながら行う「ハワイの朝日呼吸」でも、それに近い効果が得られると思います。【解説】川嶋朗(東京有明医療大学保健医療学部教授・医師)


【二重あご】若返りホルモンが分泌!顔の歪みも取る「舌回し」 の効果

【二重あご】若返りホルモンが分泌!顔の歪みも取る「舌回し」 の効果

「年を取るにつれ、ほおやあごがたるんで二重あごになってきた」そう感じている人は多いのではないでしょうか。実は、簡単な方法で、たるみや二重あごを撃退し、若いころのようなシャープなフェイスラインに戻せるのです。その方法とは、私の推奨する「舌回し」です。【解説】小出馨(日本歯科大学新潟生命歯学部歯科補綴学第一講座主任教授)


【口呼吸・イビキが改善】美容と健康維持に役立つ「舌回し」15の効果

【口呼吸・イビキが改善】美容と健康維持に役立つ「舌回し」15の効果

私が推奨している「舌回し」は、顔のたるみや二重あご、シミ、シワ、ほうれい線といった美容トラブルの改善にすぐれた効果を発揮します。ですが、舌回しの効果は美容面だけにとどまりません。全身のさまざまな不快症状も改善してくるのです。【解説】小出馨(日本歯科大学新潟生命歯学部歯科補綴学第一講座主任教授)


【整形なしで】2週間で効果!たるみが取れて顔が変わる「舌回し」のやり方

【整形なしで】2週間で効果!たるみが取れて顔が変わる「舌回し」のやり方

舌回しは、顔やのどにある表面の筋肉だけでなく、インナーマッスルを鍛えてバランスを整えます。顔のたるみやゆがみを取り、笑顔がとてもさわやかになります。 簡単ですが、効果は絶大です。【解説】小出馨(日本歯科大学新潟生命歯学部教授)


【ED(勃起不全症候群)セルフチェック】受診の流れと治療薬 早期治療で80%が改善

【ED(勃起不全症候群)セルフチェック】受診の流れと治療薬 早期治療で80%が改善

ED(勃起不全症候群)は、まったく勃起しない状態だけを指すのではありません。勃起を保つ自信や、性交の満足度などがないと感じる場合も該当します。少しでも不安がある人は、表のセルフチェックを試してください。セルフチェックの結果が21点以下の場合は、EDの疑いがあります。【解説】小堀善友(獨協医科大学越谷病院泌尿器科講師)