【腰痛対策】その"痛み"が病院の画像診断で「異常なし」と言われる理由

【腰痛対策】その"痛み"が病院の画像診断で「異常なし」と言われる理由

腰痛の経験があるかたは、整形外科でレントゲンやMRIの画像診断を受けたにもかかわらず「特に異常なし」と医師から告げられ、がっかりしたことはありませんか? 実は、静止画像がメインの診断では、痛みの真原因「関節のひっかかり」を見つけることは非常に困難なのです。【解説】酒井慎太郎(さかいクリニックグループ代表・柔道整復師)


画像診断でわからない腰痛は「仙腸関節」が原因のことが多い

 腰痛の経験があるかたは、整形外科などでレントゲンやMRI( 磁気共鳴画像装置)の画像診断を受けるケースも多いと思います。ただ、「これで原因がはっきりする」という患者の思いとは裏腹に、「特に異常なし」と医師から告げられ、がっかりしたことはありませんか?

 実は、静止画像がメインの診断では、関節のひっかかりを見つけることは非常に困難です。画像の状態を踏まえつつ、患者さんに対して治療者側が動き、触りながら、痛みの症状とその部位の判断をしなければなりません。もちろん、たくさんの症例を見てきた経験も必要になります。

 関節のひっかかりやズレは、動きの小さい関節に起こりやすいのですが、中でも、特に動きが小さく、非常にひっかかりやすい関節があります。それが、骨盤にある「仙腸関節」です。

 図のように、骨盤はいくつかの骨によって構成されています。仙腸関節は、骨盤中央の仙骨と、その両側にある腸骨をつなぐ縦長の関節です。通常は、前後左右に数ミリほど動きます。この関節の動きこそが、体の重みや外部からの衝撃を受け止めるクッションの役割を果たしています。

 その仙腸関節が正常に機能していれば、腰椎や頸椎、膝関節などにかかる負担がかなり軽減されます。逆に、機能が低下すると、ほかの関節への負担も増え、さまざまなトラブルの元になるのです。

 それでは、仙腸関節はなぜ、ひっかかってしまうのでしょうか?

 最も多い原因は、同じ姿勢で長時間座っていることです。とりわけ、パソコンと何時間も向き合うようなデスクワークは最悪で、たいていの人は背中を丸めた姿勢をしています。
 パソコンを操作するときは、キーボードを操作するために両手と両肩が前に出て、モニター画面をよく見ようとするために目線が下向きになって、頭部が前方にせり出しがちです。

 現代の日本では、このような生活スタイルや姿勢をしているかたが少なくありません。悪い姿勢でいると、骨盤が斜めになり、仙腸関節に大きな負担がかかります。そのせいで、日本人の約8割に、仙腸関節の不調を抱えている可能性があるともいわれています。

 私は、この仙腸関節の機能異常が、腰痛だけでなく、首痛や膝痛、股関節痛にも大いに関係していると考えています。事実、仙腸関節のひっかかりを矯正したことで、腰痛の患者さんが「首や膝の痛みまで消えた」と口にすることが多いのです。

「関節包内矯正」で関節の痛みは99 %治せる!

【やり方】テニスボールを使って腰痛を治す

 ここまでお話ししてきたように、姿勢や荷重のバランスが悪いと、関節にはよけいな負担がかかり続け、ひっかかりやズレなどのトラブルが発生し、痛みを引き起こします。

 こうした関節の不具合を治し、正常な動きを回復させ、痛みの解消に役立つのが、「関節包内矯正」という施術法です。私は、自ら編み出したこのメソッドを、重要な関節の動きをスムーズにするための施術の中心に据えています。

 関節包内矯正では、関節包内でひっかかった骨同士を、手技によって引き離します。そのため、関節には正常な可動域が戻り、元どおりのなめらかな動きが可能になって、痛みも消えていくのです。

「固まった関節を手技でスムーズにさせる」と聞くと、施術中に痛みを伴うと思われるかもしれませんが、そんなことはありません。

 例えば、仙腸関節への関節包内矯正の場合では、お尻の上部にある仙骨のあたりに、手を使ってギューッと圧力を加えていくような感じです。患者さんの体にかかる圧力は軽いので、初めての施術を終えたかたからは、「もう終わったんですか?」と驚かれることもよくあるほどです。

 しかし、関節包内矯正の知識と技術をしっかりと持ったプロフェッショナルであれば、問題のある箇所を適確に見極めて、小さな力で大きな効果を引き出すことがで
きます。

 当院には、関節の痛みを何十年も抱えていたり、いくつもの医療機関で治療を受けても治らなかったりするかたが多数いらっしゃいます。しかし、よほどの理由でない限り、皆さんがつらい痛みから解放されています。

 関節包内矯正の施術を一度受けただけで、痛みがきれいに消えた例も枚挙にいとまがありません。その証拠に、当院の入口にある傘立てには、忘れ物の杖が何本も置かれています。あまりにもあっさりと痛みがなくなるので、杖を忘れて帰宅されてしまうのです。感激のあまり、涙を流して喜ぶ患者さんもいらっしゃいます。

 私は断言できます。関節の痛みやトラブルは、99%治せます。

 実際、当院を訪れ、首・腰・膝・股関節の痛みを訴えた患者さんは、99%が完治しています。
 残念ながら100%でない理由は、ガンや心臓の病気など、なんらかの内科的疾患が痛みを引き起こしている場合には、現代のどんな医療や関節包内矯正を施しても、1%ほどは治りにくいケースがあるためです。

 しかし、その1%を除けば、従来の治療とはまったく異なるアプローチの施術法=関節包内矯正をベースに、患者さんそれぞれに適した施術を施せば、治らない痛みやトラブルはないと言っていいでしょう。

 さらに言えば、必ずしも当院にお越しいただく必要もありません。

 次回ご紹介する、テニスボールを使って行う「簡易版・関節包内矯正」など適切なセルフケアをすることで、痛みを自分で解消させることもできるのです。
 固まった関節を放置すると、痛みという通過駅を経由し、寝たきりという終着駅まで、まるで特急列車に乗っているかのように走り抜けてしまいます。
 その電車にただ乗っているだけか、スパッと降りることができるかは、これからのあなた次第です。

酒井慎太郎
さかいクリニックグループ代表。柔道整復師。整形外科や腰痛専門病院、プロサッカーチームの臨床スタッフとしての経験を生かし、腰痛やスポーツ障害の施術を得意とする。解剖実習をもとに考案した「関節包内矯正」を中心に、難治の腰痛や膝痛の施術を行っている。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


腰痛 腰痛の改善

関連する投稿


【腰椎圧迫骨折が改善】ぎっくり腰、膝痛にも効果を発揮した「アザラシポーズ」Before&After

【腰椎圧迫骨折が改善】ぎっくり腰、膝痛にも効果を発揮した「アザラシポーズ」Before&After

高齢者でも簡単にでき、効果の高い動作を厳選した「アザラシポーズ」と「上体起こし運動」を採用し、さまざまな症例の患者さんにこの二つの体操を行ってもらったところ、想像以上の効果が得られました。しっかりと実践したすべての例で、腰痛が改善し、姿勢がよくなったのです。【解説】太田邦昭(太田整形外科院長)


【中指の一点刺激】職業病とあきらめていた腰痛がたった30秒で軽快してびっくり!

【中指の一点刺激】職業病とあきらめていた腰痛がたった30秒で軽快してびっくり!

40代になってからは、日常的に腰痛に悩まされるようになりました。朝、起き上がったときから、すでに腰がつらいのです。腰をかばいながら、仕事を続け、我慢できなくなると整骨院などに通う状態でした。職業病だと半ばあきらめつつ、さまざまな治療を受けていました。【体験談】加山雅夫(仮名・会社員・47歳)


【腰痛・ひざ痛の予防改善】古武術から学ぶ体の動かし方鍛え方「骨ストレッチ」4選

【腰痛・ひざ痛の予防改善】古武術から学ぶ体の動かし方鍛え方「骨ストレッチ」4選

私が考案した「骨ストレッチ」は、古武術から学んだ体の動かし方を基礎とした、「筋力」よりも「骨」の動きを重視した体操です。一連の動作を行うことで、体の動きが見違えるようによくなります。骨ストレッチのコツを意識して動くことで、転ばない体を手に入れてください。【解説】松村卓(スポーツケア整体研究所代表)


【ひろのば体操】子どもの足が速くなり転ばなくなった「足指のばし」のやり方 膝痛や冷えも改善する

【ひろのば体操】子どもの足が速くなり転ばなくなった「足指のばし」のやり方 膝痛や冷えも改善する

私が目指す薬や手術に頼らない医療の治療の柱は、鼻呼吸と足指を伸ばすこと。「鼻呼吸」については、内臓や血管を調整する自律神経が整い、病気や老化を予防・改善できるということがずいぶん認知されてきました。一方「足の指を伸ばす」ことについてはまだその重要性が広まっていないようです。【解説者】今井一彰(みらいクリニック院長)


【夜間頻尿・便秘を改善】30秒当てるだけで自律神経が整う「仙骨シャワー」のやり方

【夜間頻尿・便秘を改善】30秒当てるだけで自律神経が整う「仙骨シャワー」のやり方

「腰が痛くて長時間座れない」「体がいつも疲れている」「夜中に何度も目が覚めてトイレに行く」「不妊治療を続けているが妊娠の兆しがない」――。根本的な原因を探っていくと、すべて2つの原因(①血流の悪化②自律神経の乱れ)に集約されます。【解説】中野朋儀(自治医科大学附属病院麻酔科・鍼灸師)


最新の投稿


【腰椎圧迫骨折が改善】ぎっくり腰、膝痛にも効果を発揮した「アザラシポーズ」Before&After

【腰椎圧迫骨折が改善】ぎっくり腰、膝痛にも効果を発揮した「アザラシポーズ」Before&After

高齢者でも簡単にでき、効果の高い動作を厳選した「アザラシポーズ」と「上体起こし運動」を採用し、さまざまな症例の患者さんにこの二つの体操を行ってもらったところ、想像以上の効果が得られました。しっかりと実践したすべての例で、腰痛が改善し、姿勢がよくなったのです。【解説】太田邦昭(太田整形外科院長)


【認知症とうつ病の違い】取り違えると悪化する恐れも 見分ける3つのポイントを伝授

【認知症とうつ病の違い】取り違えると悪化する恐れも 見分ける3つのポイントを伝授

認知症とうつ病は、どちらも高齢者に多く見られる病気です。高齢者のうつ病は、認知症を引き起こす原因の一つとされている一方、認知症がうつを併発することも少なくありません。認知症とうつ病の間には密接な関係があり、二つの病気には似た症状を呈する場合もあるので、取り違えやすいのです。【解説】長谷川洋(長谷川診療所院長)


頚椎捻挫【むち打ち症】痛みに効く「治し方」はある?

頚椎捻挫【むち打ち症】痛みに効く「治し方」はある?

半年ほど前にむち打ち症になり、それ以来、首の痛みが続いています。むち打ち症の痛みに効くセルフケアは効果があるでしょうか?【回答】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【骨粗鬆症】原因は加齢・女性ホルモンの2タイプ 「あずきの煮汁」で折れにくい骨になる!

【骨粗鬆症】原因は加齢・女性ホルモンの2タイプ 「あずきの煮汁」で折れにくい骨になる!

加齢によって「骨芽細胞と破骨細胞」二つの細胞のバランスがくずれていきます。骨芽細胞の働きが低下すると骨の形成が滞り老人性骨粗鬆症になります。これは男女同比率で起こります。「女性は骨粗鬆症になりやすい」といわれるのは女性ホルモンに関係する骨粗鬆症があるからです。【解説者】伊藤智広(三重大学大学院生物資源学研究科准教授)


【椅子の座り方】首の痛みが改善する姿勢 首・肩・背中・腰が疲れない方法を紹介

【椅子の座り方】首の痛みが改善する姿勢 首・肩・背中・腰が疲れない方法を紹介

首の痛みを招く生活習慣は人それぞれですが、なかでも最も多いのが「イスの座り姿勢」が悪いパターンです。頭が前に出て背中が丸まったネコ背の姿勢は、首に大きな負担をかけます。そこで、まずは首にやさしいイスの座り姿勢について述べましょう。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


ランキング


>>総合人気ランキング