【酢玉ねぎQ&A】どんな酢を使ってもいいの?切り方はみじん切りでも大丈夫?

【酢玉ねぎQ&A】どんな酢を使ってもいいの?切り方はみじん切りでも大丈夫?

簡単に作れて効果の高い健康法としておなじみの酢タマネギ。 「効いた」という喜びの声が、絶えず編集部に寄せられているのが、その効果のほどを示しています。ですから、食べないともったいない! 以前試していたけど、いつの間にかやめてしまったかた、まだ試したことのないかたは、この機会にぜひ作ってみてください。【回答】安心編集部


→「酢タマネギ」の健康効果の解説はコチラ
→「酢玉ねぎ」基本の作り方

 簡単に作れて効果の高い健康法としておなじみの酢タマネギ。
 「効いた」という喜びの声が、絶えず編集部に寄せられているのが、その効果のほどを示しています。
 ですから、食べないともったいない!
 以前試していたけど、いつの間にかやめてしまったかた、まだ試したことのないかたは、この機会にぜひ作ってみてください。

Q1 食べきった後に、残った漬け酢で再度酢タマネギを作ってもいいですか?

 1回までならOKですが、何度も使い回すのはお勧めしません。漬け込んでいる間に、タマネギから水分が出てくるので、腐敗などの衛生上の問題が出る恐れがあるためです。
 できれば漬け酢も毎日少しずつ飲むようにし、タマネギがなくなるころには、漬け酢もなくなっているのが理想的です。漬け酢が余ってしまう場合は、酢の量を少なめにして作ってもいいでしょう。

Q2 漬け酢が使い切れません。 酢の量を減らして作ってもいいですか?

 酢の量を少なくしても、酢タマネギは作れます。その場合、タマネギ全体に酢が行き渡るよう、1日に1~2回、中身をよく混ぜてください。密閉瓶で作る場合は、1日に1~2回、瓶をよく揺するといいでしょう。密閉瓶ではなく、市販のジッパー付き保存用ポリ袋でも作れます。
 酢の量が少ないぶん、味もマイルドになるので、酸っぱくて食べ続けられないという人や、酢に弱い人、漬け酢が使い切れないという人は、お試しください。

Q3 ラッキョウ酢など、あらかじめ甘味がついた酢で作ってもいいですか?

 ラッキョウ酢やすし酢など、すでに調味された酢で作っても、タマネギ自体の効果は変わりません。
 醸造酢で作った物と比べると、酢の持つ健康効果が多少低くなるかもしれませんが、酢タマネギは続けることがいちばん大切なので、おいしく食べ続けられる酢で作っていただくほうが、最終的には、健康にとってのメリットが大きくなると思います。

Q4 タマネギは、薄切りではなく、みじん切りにしたり、すりおろしたりしても効果は変わりませんか?

 どんな切り方でも効果は変わりません。お好みの切り方で作ってください。

Q5 ハチミツは使わなくてもいいですか? また、オリゴ糖など、 他の甘味料で甘味をつけてもいいですか?

 ハチミツを使わずに作ってもかまいません。ただし、ハチミツを加えたほうが味がよくなり、食べやすくなります。
 また、ハチミツ以外の好みの甘味料を使用してもOKですが、ラカンカやオリゴ糖など、健康に有用なもので甘味をつけると、よりいいでしょう。

Q6 食べすぎるとよくない、ということはありますか?

 1日に食べる量の目安は50~100gですが、それ以上、たとえば150~200g食べたとしても、体に害はありません。ただ、一度にたくさん食べるよりは、適度な量を、毎日続けて食べるほうが、おいしく食べて長続きさせられるのでお勧めです。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


酢タマネギ 高血圧 糖尿病

関連する投稿


原因不明の視力低下が改善した!指のツボを“洗濯ばさみ”で刺激する健康法

原因不明の視力低下が改善した!指のツボを“洗濯ばさみ”で刺激する健康法

「指を洗濯バサミで挟む」と血と気の巡りがよくなり糖尿病・視力低下・痛みに著効!手と指には6本の経絡が走っており、その流れに沿って全身の臓器に対応するツボが多く存在しています。つまり手や指を刺激するだけで全身のあらゆる部位の痛みや不調を改善できるというわけです。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【糖尿病が改善】全身の血流が良くなるツボ刺激「指バサミ」のやり方

【糖尿病が改善】全身の血流が良くなるツボ刺激「指バサミ」のやり方

手と指には6本の経絡が走っており、その流れに沿って全身の臓器に対応するツボが多く存在しています。手や指を刺激するだけで全身のあらゆる部位の痛みや不調を改善できるというわけです。ここでは「洗濯ばさみ」を使ったツボの刺激方法をご紹介します。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【高血圧】手のツボ「合谷」を押すだけで、なぜ血圧が20~30ミリ下がるのか?

【高血圧】手のツボ「合谷」を押すだけで、なぜ血圧が20~30ミリ下がるのか?

高血圧は、自覚症状がほとんどありません。しかし放っておけばやがて動脈硬化を起こし、脳卒中や心筋梗塞といった重大な合併症の引き金になりかねない。まさに、”見えない敵”なのです。そんな〝見えない敵〟とは、どのように戦ったらいいのでしょうか。【解説】渡辺尚彦(東京女子医科大学医学部教授(東医療センター内科))


【高血圧を予防】腸内環境を整え 血圧を下げる「大根おろし」の効果とは

【高血圧を予防】腸内環境を整え 血圧を下げる「大根おろし」の効果とは

私は、「腸を整えることが健康の要」と考えていますが、その腸を整える食事として「大根おろし」ほど優れた食べ物はないからです。私たちが病気になるのは、今まで日本人が食べてこなかった、体質に合わない食事をするようになったからです。【解説】森下敬一(お茶の水クリニック院長)


星野源さんもやせた「キャベツダイエット」のやり方 !糖尿病や高血圧も改善する

星野源さんもやせた「キャベツダイエット」のやり方 !糖尿病や高血圧も改善する

キャベツを食べるだけでも、おなかはかなり満たされます。おかずは今までどおりの量でかまいませんが、ご飯を半分程度にします。それでも、私の経験では「おなかいっぱいで、もう食べられない」というくらいの満腹感が味わえます。キャベツの食物繊維の作用で、次回の食事までの空腹感も感じにくくなります。【解説】寺師義典(寺師医院院長)


最新の投稿


【視力回復】近視や緑内障の改善には“自律神経の乱れ”を正す「爪もみ」がお勧め

【視力回復】近視や緑内障の改善には“自律神経の乱れ”を正す「爪もみ」がお勧め

目が疲れてショボショボすると、私たちは自然にまぶたに手をやり、こすったり、もんだりします。このように、目に不快感が現れるのは、自律神経のバランスが乱れている証拠です。自律神経をバランスよく働かせることが、目の健康を守る基本なのです。そこでお勧めしたいのが、「爪もみ」です。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


【野菜スープの効果】シミ(老人斑)が薄くなった!老眼もなく、白内障も進行しない

【野菜スープの効果】シミ(老人斑)が薄くなった!老眼もなく、白内障も進行しない

野菜スープをとり始めてしばらくたったころ、妻が私の顔をまじまじと見て、こう言いました。「あなた、シミが薄くなったわねえ」私は現在79歳で、10年ほど前から老人斑と呼ばれるシミが増えていました。ところが、野菜スープを飲むうちに、そのシミが非常に薄くなっていたのです。【解説】富永祐民(愛知県がんセンター名誉総長)


原因不明の視力低下が改善した!指のツボを“洗濯ばさみ”で刺激する健康法

原因不明の視力低下が改善した!指のツボを“洗濯ばさみ”で刺激する健康法

「指を洗濯バサミで挟む」と血と気の巡りがよくなり糖尿病・視力低下・痛みに著効!手と指には6本の経絡が走っており、その流れに沿って全身の臓器に対応するツボが多く存在しています。つまり手や指を刺激するだけで全身のあらゆる部位の痛みや不調を改善できるというわけです。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【糖尿病が改善】全身の血流が良くなるツボ刺激「指バサミ」のやり方

【糖尿病が改善】全身の血流が良くなるツボ刺激「指バサミ」のやり方

手と指には6本の経絡が走っており、その流れに沿って全身の臓器に対応するツボが多く存在しています。手や指を刺激するだけで全身のあらゆる部位の痛みや不調を改善できるというわけです。ここでは「洗濯ばさみ」を使ったツボの刺激方法をご紹介します。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【脳梗塞・心筋梗塞】発症予防には起床後の“水分摂取”と肉を食べる前の“○○○”

【脳梗塞・心筋梗塞】発症予防には起床後の“水分摂取”と肉を食べる前の“○○○”

動脈硬化が進むとともに血栓ができると、その結果として、脳梗塞や心筋梗塞といった怖い病気を招いてしまいます。命に関わるこれらの病気を防ぐために習慣にしてほしいのが、起床後に十分な水分を取ることです。【解説】南和友(北関東循環器病院院長、ドイツ・ボッフム大学永代教授)