【酢玉ねぎ】私は食前に食べて7.0のHbA1cが6.2に下がった!血糖値も正常化

【酢玉ねぎ】私は食前に食べて7.0のHbA1cが6.2に下がった!血糖値も正常化

私は、10年ほど前からヘモグロビンA1cと血糖値がずっと高めで、医師に「糖尿病予備軍」と言われていました。ところが平成28年の春、どちらの値も上がってしまい、ついに「糖尿病」と診断されてしまったのです。「薬のほかに、何かいい方法はないものか」と思っていたところ、「酢玉ねぎ」を知ったので【体験談】森脇喜將(無職・82歳)


→「酢玉ねぎ」5つの効果を医師が解説 新玉ねぎより通常のものがお勧め!

食事に気をつけてもなかなか下がらない

 私は、10年ほど前からヘモグロビンA1c(過去1~2ヵ月の血糖値がわかる数値)と血糖値がずっと高めで、医師に「糖尿病予備軍」と言われていました。

 身長は160cmで、体重は59kgなので、太っているわけではありません。年を取るまでは、健康診断の結果に関して関心が薄かったので、若いときの不摂生のツケが回ってきたのでしょうか。
 食事や運動に気をつけてコントロールしようと思っても、なかなかうまくいかず、ずっと、ヘモグロビンA1cは6.8%(正常値は6.5%未満※)、血糖値は107~117mg/dL(正常値は110mg/dL未満)でした。

 ところが平成28年の春、どちらの値も上がってしまい、ついに「糖尿病」と診断されてしまったのです。
 その年の年間の平均値は、ヘモグロビンA1cは7.0%、血糖値は120mg/dL。かかりつけの医師から、血糖値を下げる薬を処方され、1日1錠服用するようになりました。

 「薬のほかに、何かいい方法はないものか」と思っていたところ、同じ年の秋に『食べて血糖値、ヘモグロビンA1cを下げる本』(マキノ出版)という本に出合いました。その中で紹介されていたのが、「酢タマネギ」です。
 酢タマネギを食べて、血糖値が下がった人の体験談も紹介されていたので、物は試しと、実行してみることにしました。これが、平成28年11月13日の、81歳の誕生日のことです。
 やり方は実に簡単で、1日3回、食事の前に80~100gの酢タマネギを食べるだけです。これなら、誰でもすぐに始められます。

 また、私は、同じ本で紹介されていた「サキベジ」も一緒に試すことにしました。サキベジとは、主食や主菜を食べるより先に、野菜をゆっくり食べることで食べすぎを防ぎ、糖分や脂肪分の吸収を遅らせるというものです。

3ヵ月で徐々に効果が出始めた

→【解説はコチラ】サキベジとは

 酢タマネギとサキベジを始めて3ヵ月ほどたった頃、徐々にヘモグロビンA1cと血糖値が下がり始めました。とはいえ、同時期に、血糖値を下げる薬が1日2錠に増えていたので、どちらの効果かは、はっきりしないのですが……。

 しかし、おかげで平成29年の春には、薬の量を1日1錠に戻すことができました。そして、この年の年間の平均値は、ヘモグロビンA1cが6.2%、血糖値が105mg/dLと、正常値まで下がったのです。
 自分では、酢タマネギやサキベジの効果があったのだと信じています。

 私はいつも、こぶしより少し大きいサイズのタマネギ6個を使って、自分で酢タマネギを作っています。
 タマネギを縦に5mm幅に刻み、生のままだと私には硬いので、2~3個分ずつ耐熱容器に入れて、5~6分ほど電子レンジにかけます。軟らかくなったら瓶に移し、タマネギがかぶるくらいの黒酢を注ぎます。
 初めに、タマネギと黒酢だけで作ってみたら酸っぱかったので、2回目以降は、糖質ゼロの人工甘味料を少し入れるようにしています。これなら、タマネギを漬けた酢ごといただけます。

 酢タマネギは、冷蔵庫で保存して7~10日で食べきり、なくなりかけたら、また6個分作って補充します。家内は、うらやましいことに健康そのものなので、手をわずらわせないよう、自分で作って、一人で食べています。

 酢タマネギのいいところは、自分で食べやすいように、工夫して食べられる点です。ときどき、卵と一緒に炒ってスクランブルエッグ風にして食べることもあります。

 現在は、血糖値を下げる薬を1日1錠飲んでいますが、これをなくせたら、「本当に効果があった」と言えると思います。それを期待して、これからも酢タマネギを食べ続けていきたいと思っています。

「今後も続けたい」と森脇さん

インスリンの効きをよくする作用がある(介護老人保健施設むくげのいえ施設長・齋藤嘉美)

 タマネギの硫黄成分には、インスリンの効きをよくする作用があります。また、酢にも血糖値を下げる作用があります。

 こうした酢タマネギの効果に加え、森脇さんは、食事の前に野菜を食べる「サキベジ」も実践されています。これも糖尿病には有効で、食べすぎを防止できるだけでなく、野菜の食物繊維の効果で、糖の体内への吸収がゆるやかになり、血糖値の急激な上昇が抑えられます。
 これらの相乗効果で、ヘモグロビンA1cや血糖値が改善してきたのでしょう。

 森脇さんは、タマネギを電子レンジにかけて酢タマネギを作っていますが、切ってから20~30分放置した後であれば、生のものと薬効は変わりません。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【高血圧】脳梗塞は熱中症と間違えやすい! 原則「喉が渇いたら水を飲む。汗をかいたら塩も取る」

【高血圧】脳梗塞は熱中症と間違えやすい! 原則「喉が渇いたら水を飲む。汗をかいたら塩も取る」

心臓病や脳卒中は、心臓や脳が悪化したために起こるのではありません。血液がドロドロになり、動脈硬化が進行した末に起こります。つまり、血管の状態が悪化した結果として、これらの病気は起こるのです。そして、これらの血管病の最大の原因は高血圧です。【解説】高沢謙二(東京医科大学病院健診予防医学センター長、東京医科大学教授)


健康野菜「玉ねぎ」の有効成分と作用 “症状別”必要摂取量を医師が解説

健康野菜「玉ねぎ」の有効成分と作用 “症状別”必要摂取量を医師が解説

私は長年、タマネギの成分や効能について調べてきました。数ある食品の中で、タマネギほど健康効果の高い野菜は、そう多くはありません。その健康効果をもたらす成分は、大きく二つに分かれており、どのような成分で、どんな作用を持つのか、お話ししましょう。【解説】齋藤嘉美(元東京大学医学部講師・介護老人保健施設むくげのいえ施設長)


原因不明の視力低下が改善した!指のツボを“洗濯ばさみ”で刺激する健康法

原因不明の視力低下が改善した!指のツボを“洗濯ばさみ”で刺激する健康法

「指を洗濯バサミで挟む」と血と気の巡りがよくなり糖尿病・視力低下・痛みに著効!手と指には6本の経絡が走っており、その流れに沿って全身の臓器に対応するツボが多く存在しています。つまり手や指を刺激するだけで全身のあらゆる部位の痛みや不調を改善できるというわけです。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【糖尿病が改善】全身の血流が良くなるツボ刺激「指バサミ」のやり方

【糖尿病が改善】全身の血流が良くなるツボ刺激「指バサミ」のやり方

手と指には6本の経絡が走っており、その流れに沿って全身の臓器に対応するツボが多く存在しています。手や指を刺激するだけで全身のあらゆる部位の痛みや不調を改善できるというわけです。ここでは「洗濯ばさみ」を使ったツボの刺激方法をご紹介します。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【高血圧を予防】腸内環境を整え 血圧を下げる「大根おろし」の効果とは

【高血圧を予防】腸内環境を整え 血圧を下げる「大根おろし」の効果とは

私は、「腸を整えることが健康の要」と考えていますが、その腸を整える食事として「大根おろし」ほど優れた食べ物はないからです。私たちが病気になるのは、今まで日本人が食べてこなかった、体質に合わない食事をするようになったからです。【解説】森下敬一(お茶の水クリニック院長)


最新の投稿


【沖ヨガの効果】“足”への刺激は自分で「治る力」を高める 「足裏たたき」を医師が推奨

【沖ヨガの効果】“足”への刺激は自分で「治る力」を高める 「足裏たたき」を医師が推奨

人間は、よほどのことがない限り、自分で自分の体を治す力を持っています。足の刺激法などのほうが、薬よりはるかに上であって、まず試すべきものです。足を刺激することによって、その人が本来持っている、治る力を活性化させることができるからです。【解説】樋田和彦(ヒダ耳鼻咽喉科院長)


【沖ヨガの特徴とは】心身をケアするヨガ "足裏たたき" で心も体もリラックス

【沖ヨガの特徴とは】心身をケアするヨガ "足裏たたき" で心も体もリラックス

足裏たたきを続けていると、胃腸や肝臓や膵臓の不調、肺をはじめとした呼吸器の不調、心臓の不調、血管の問題、腎臓や泌尿器の不調、腰痛や首の痛み・こりなどが、次々によくなっていきます。同時に、肌もきれいになり、姿勢もよくなって若々しく生まれ変われるのです。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


不調の5大原因を取り除く【沖ヨガ】「足裏たたき」の効果 腰痛が改善、ストレスが解消した

不調の5大原因を取り除く【沖ヨガ】「足裏たたき」の効果 腰痛が改善、ストレスが解消した

病気になる前に、その原因を遠ざける。もし病気になったとしても、自然の回復を促す。それが足裏たたきのすぐれた効能です。やり方を身につければ、あなたにとって、必ず一生の宝になります。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【沖ヨガ】詰まりが取れて全身に血が巡る「足裏たたき」のやり方

【沖ヨガ】詰まりが取れて全身に血が巡る「足裏たたき」のやり方

刺激して痛みを感じる部位があれば、そこは体の巡りが悪く詰まっている証拠です。重点的にたたいたり、もんだりしてください。詰まりが取れて全身の血の巡りが一気によくなり、目も頭もスカッとします。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【胃腸の健康】ピロリ菌を撃退し善玉菌を増やす効果 “乳酸菌”が豊富な「水キムチ」

【胃腸の健康】ピロリ菌を撃退し善玉菌を増やす効果 “乳酸菌”が豊富な「水キムチ」

生野菜は、胃の粘膜を荒らすため、胃が疲れているときにサラダを食べるのはよくありません。しかし、同じ野菜でも、発酵させた水キムチなら、胃に優しく作用するので安心です。【解説】丁宗鐵(日本薬科大学学長)