集中力を高め学習能力がアップする「15秒丹田呼吸」は自己治癒力も高める

集中力を高め学習能力がアップする「15秒丹田呼吸」は自己治癒力も高める

15秒丹田呼吸は呼吸ですから、体に悪いということはまずありません。時と場所を選ばず、お金もまったくかかりません。誰にでも手軽にできて効果の高い健康法ですので、ぜひ皆さんも試してください。【解説】川嶋朗(東京有明医療大学保健医療学部教授・医師)


呼吸を意識するだけで体も心も変化する

呼吸は言うまでもなく、人間の生命活動の根源となっているものです。
誰でも無意識のうちに呼吸していますが、これをほんの少し意識して行うだけで、体や心に驚くような変化を与えることができます。

今回紹介する「15秒丹田呼吸」は、まさに理に適っている呼吸法です。

私のクリニックに来る患者さんの多くは、呼吸が浅く、早く、口で息を吸う口呼吸を行っています。
浅く早い呼吸では、体がリラックスできずに緊張状態になりやすく、交感神経(体を活発に活動させるときに働く神経)が優位になりがちです。

そうなると自律神経(自分の意志とは関係なく、体の機能を維持・調節する神経。交感神経と副交感神経がある)のバランスがくずれ、倦怠感や不眠、動悸や頭痛、不整脈、食欲低下などの体の不調や、うつなどの心の不調にまでつながっていきます。

また、口に鼻のように毛や粘膜のようなバリア機能が乏しいので、口呼吸では有害物質や病原微生物が体に入りやすくなります。

集中力が上がって思わぬプラス効果も

15秒丹田呼吸は、丹田を意識しながら5秒間鼻で息を吸って、10秒間息を吐き切る呼吸法です。

これをやることで、まず呼吸が深く、ゆっくりになります。
そうなると、体がリラックスし、副交感神経(体がリラックスしているときに働く神経)が優位に働きやすくなります。

現代社会は日常的にストレスが多く、体も心も緊張して交感神経優位になりがちです。
15秒丹田呼吸で心身をリラックスさせ、副交感神経に働きかけて、自律神経のバランスが整えば、それだけで体や心の不調を改善できるはずです。

また、自律神経が整い心身が落ち着けば、集中力が高まり、学習能力も上がって、人生に思わぬプラス効果をもたらすことも期待できます。
私も、心身ともに緊張している患者さんに、セルフケアとして丹田呼吸を勧めたところ、次の診察のときには体がリラックスし、表情も柔らかくなったという経験があります。

15秒丹田呼吸は呼吸ですから、体に悪いということはまずありません。
時と場所を選ばず、お金もまったくかかりません。

誰にでも手軽にできて効果の高い健康法ですので、ぜひ皆さんも試してください。

川嶋朗
北海道大学医学部卒業。東京女子医科大学附属青山女性・自然医療研究所自然医療部門准教授(附属青山自然医療研究所クリニック所長)をへて、2014年より現職。一般財団法人東洋医学研究所附属クリニック医師、医学博士。『冷えとりの教科書』(マイナビ)、『健康法で死なないための42のカルテ』(水王舎)など著書多数。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【耳鳴り・耳閉感が改善】5分で効果が出た「ハチの羽音呼吸法」とは リラックス効果も

【耳鳴り・耳閉感が改善】5分で効果が出た「ハチの羽音呼吸法」とは リラックス効果も

私は、患者さんが耳鳴りを訴えて来院した初診時には、お話をうかがいながら、姿勢や表情、呼吸などをじっと観察するようにしています。このような観察をくり返すうち、ある共通する現象に気付きました。それは呼吸です。【解説】石井正則(JCHO東京新宿メディカルセンター耳鼻咽喉科診療部長)


【No.1ブロガー】田宮陽子さん "メンタルブロック" を外せば心身が健康になる

【No.1ブロガー】田宮陽子さん "メンタルブロック" を外せば心身が健康になる

「豊かで幸せになることを自分に許可できていない」ということを「メンタルブロック」といいます。いったいどうしたらメンタルブロックが外れるのかしら?私は必死になってその方法を探しました。その方法はとってもカンタンなことでした。しかも0円(タダ)でできることだったのです。【解説】田宮陽子(エッセイスト)


【うつが改善】体質を変える超シンプルな呼吸法「15秒丹田呼吸」とは?人生が変わった人が続出

【うつが改善】体質を変える超シンプルな呼吸法「15秒丹田呼吸」とは?人生が変わった人が続出

「15秒丹田呼吸」をするだけで腰痛・高血圧・耳鳴り・生理痛・子宮筋腫が消えた!呼吸は、人の生命活動の源になります。呼吸が効果的に、理想的にできるようになれば、私のように体や心の不調が消え、体質までガラリと変わることが可能なのです。【解説】藤麻美子(日本丹田呼吸法セラピー協会代表、ミラクルレインボー・スクール代表)


【やり方】人生を変える呼吸法「丹田呼吸」でうつ改善、不登校が治った!集中力アップ!

【やり方】人生を変える呼吸法「丹田呼吸」でうつ改善、不登校が治った!集中力アップ!

呼吸は、人の生命活動の源になります。呼吸が効果的に、理想的にできるようになれば、私のように体や心の不調が消え、体質までガラリと変わることが可能なのです。15秒丹田呼吸を日課とすることで、気持ちが落ち着き、集中力が高まる効果があります。【解説】藤麻美子(日本丹田呼吸法セラピー協会代表、ミラクルレインボー・スクール代表)


【夜間頻尿・便秘を改善】30秒当てるだけで自律神経が整う「仙骨シャワー」のやり方

【夜間頻尿・便秘を改善】30秒当てるだけで自律神経が整う「仙骨シャワー」のやり方

「腰が痛くて長時間座れない」「体がいつも疲れている」「夜中に何度も目が覚めてトイレに行く」「不妊治療を続けているが妊娠の兆しがない」――。根本的な原因を探っていくと、すべて2つの原因(①血流の悪化②自律神経の乱れ)に集約されます。【解説】中野朋儀(自治医科大学附属病院麻酔科・鍼灸師)


最新の投稿


【沖ヨガの効果】“足”への刺激は自分で「治る力」を高める 「足裏たたき」を医師が推奨

【沖ヨガの効果】“足”への刺激は自分で「治る力」を高める 「足裏たたき」を医師が推奨

人間は、よほどのことがない限り、自分で自分の体を治す力を持っています。足の刺激法などのほうが、薬よりはるかに上であって、まず試すべきものです。足を刺激することによって、その人が本来持っている、治る力を活性化させることができるからです。【解説】樋田和彦(ヒダ耳鼻咽喉科院長)


【沖ヨガの特徴とは】心身をケアするヨガ "足裏たたき" で心も体もリラックス

【沖ヨガの特徴とは】心身をケアするヨガ "足裏たたき" で心も体もリラックス

足裏たたきを続けていると、胃腸や肝臓や膵臓の不調、肺をはじめとした呼吸器の不調、心臓の不調、血管の問題、腎臓や泌尿器の不調、腰痛や首の痛み・こりなどが、次々によくなっていきます。同時に、肌もきれいになり、姿勢もよくなって若々しく生まれ変われるのです。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


不調の5大原因を取り除く【沖ヨガ】「足裏たたき」の効果 腰痛が改善、ストレスが解消した

不調の5大原因を取り除く【沖ヨガ】「足裏たたき」の効果 腰痛が改善、ストレスが解消した

病気になる前に、その原因を遠ざける。もし病気になったとしても、自然の回復を促す。それが足裏たたきのすぐれた効能です。やり方を身につければ、あなたにとって、必ず一生の宝になります。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【沖ヨガ】詰まりが取れて全身に血が巡る「足裏たたき」のやり方

【沖ヨガ】詰まりが取れて全身に血が巡る「足裏たたき」のやり方

刺激して痛みを感じる部位があれば、そこは体の巡りが悪く詰まっている証拠です。重点的にたたいたり、もんだりしてください。詰まりが取れて全身の血の巡りが一気によくなり、目も頭もスカッとします。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【胃腸の健康】ピロリ菌を撃退し善玉菌を増やす効果 “乳酸菌”が豊富な「水キムチ」

【胃腸の健康】ピロリ菌を撃退し善玉菌を増やす効果 “乳酸菌”が豊富な「水キムチ」

生野菜は、胃の粘膜を荒らすため、胃が疲れているときにサラダを食べるのはよくありません。しかし、同じ野菜でも、発酵させた水キムチなら、胃に優しく作用するので安心です。【解説】丁宗鐵(日本薬科大学学長)