【老眼・近視を改善 】特効ツボ「光明」の刺激で視力アップ!新聞の字が読めた

【老眼・近視を改善 】特効ツボ「光明」の刺激で視力アップ!新聞の字が読めた

鍼灸治療が目の病気や症状に対して一定の効果を上げることが、近年、わかってきました。老眼に対して鍼灸治療の現場でよく用いられるツボは、「光明」です。光明を刺激すると、胆のうと肝臓の働きがよくなり、目の調子がよくなると考えられているのです。【解説】大山良樹(帝京平成大学ヒューマンケア学部鍼灸学科准教授)


大山 良樹
帝京平成大学ヒューマンケア学部鍼灸学科准教授。目の病気に対する鍼灸の臨床研究や、学童期の近視に対する鍼治療効果に関する研究、鍼通電刺激が瞳孔の自律神経機能に及ぼす影響に関する研究
を精力的に行っている。

現代医学では治療困難な目の症状に鍼灸が有効

年を取れば、誰でも老眼になります。
目を酷使する人が増えたせいでしょうか、近年は30代前半で老眼になる人もめずらしくありません。

目をカメラに例えたとき、レンズの役目を果たす器官を水晶体といいます。
水晶体は、毛様体という筋肉の力によって厚みが変わり、ピントを調節しています。

近くを見るときは毛様体筋が緊張・収縮して水晶体が厚くなり、遠くを見るときは毛様体筋がゆるんで水晶体が薄くなるのです。

しかし、毛様体筋も加齢によって衰えます。
衰えて毛様体筋が収縮しづらくなると、近くに視線を向けても水晶体が厚くならないため、ピントが合いません。
この状態が老眼です。

眼科で目の疲労度を検査する装置を使うと、毛様体筋の収縮具合が測れます。
この装置で調べると、まだ老眼を実感していないという人でも、50代半ばを過ぎると近くを見たときに毛様体筋がうまく収縮していないことが確認できます。

老眼は、本人が自覚する前から進んでいるのです。
老眼をはじめとする目の病気や症状は、現在医学では治療が難しいものが少なくありません。

一方、鍼灸治療が目の病気や症状に対して一定の効果を上げることが、近年、わかってきました。
私自身も、653人の近視の患者を対象に、鍼灸治療の効果の調査を行ったことがあります。

その結果、全体の約7割に、平均で0.2〜0.3の視力向上を確認できました。

鍼灸は、自律神経のバランスを整えるといわれています。
同時に、脳を刺激し、エンドルフィンなどの脳内物質を分泌するという報告もあります。

エンドルフィンは、鎮痛やストレスの緩和、血行促進などの働きがある物質です。
鍼灸治療によって目の病気や症状が改善するのは、自律神経や血流の状態に、何らかの変化が生じるためでしょう。

光り輝くように見えるようになるツボ「光明」

老眼に対して鍼灸治療の現場でよく用いられるツボは、「光明」です。
刺激するとそれまで見えづらかったものが光り輝いて見えるようになるため、その名がついたといわれています。

光明は、足の胆経にあるツボで、古くから老眼や近視をはじめとする目の病気・症状全般によく用いられてきました。

ツボの大半は、全身をめぐる気の通り道である経絡の上にあります。
経絡はそれぞれ決まった臓器と関連を持っています。
光明のある胆経は、胆のうに関連する経絡です。

東洋医学では、目と関連が深い臓腑を肝臓としています。
胆のうと肝臓は、互いに助け合う臓腑です。

そのため、光明を刺激すると、胆のうと肝臓の働きがよくなり、目の調子がよくなると考えられているのです。
光明は、絡穴と呼ばれる、強い効果の期待できるツボでもあります。

絡穴への刺激は、慢性疾患に効果があるといわれています。
老眼や近眼の予防・改善にはうってつけのツボといえるでしょう。

35歳で老眼になった男性Sさんは、光明を中心とした鍼治療を定期的に続けた結果、老眼の進行がストップし、裸眼で新聞も読めるようになりました。

大人になってからでも視力が回復

私は、2年ほど前に近視の学生4名に対し、光明への鍼治療だけで視力がどれだけ回復するかを調べたことがあります。
週に一度、合計10回の光明への鍼治療の結果、いずれも視力の向上傾向を確認できました。

すると、ある20代男性Mさんは、右眼の視力0.02から0.1まで、左眼は0.05から0.3まで回復しました。

光明のツボの位置は、両足の外くるぶしの頂点に手を置き、指幅7本分上の位置にあります。
もしくは、外くるぶしに手の指の腹を当てて、そのまま足の骨の後ろ側のきわに沿ってなぞり上げたときに、自然と指が止まる位置が光明です。

へこんでいる、ぶよぶよしている、コリコリしている、湿っている、冷たい、温かいなど、何らかの反応がある場所です。

ツボの大きさは、500円玉大といわれています。
この大きさを目安に、押して反応のある場所を刺激します。

光明への指圧は、手の親指の腹を当てて、皮膚がややひずむ程度の軽い力加減で、円を描くようにしながら垂直方向へ力を加えてください。
3〜5回の指圧を1セットとし、左右交互に3〜5セット行います。

入浴後など1日数回、指圧してください。
あまり強く指圧すると、あざになることもあるため注意しましょう。

目の健康維持のために、光明への指圧をお試しください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【近視 老眼 目の疲れ】自分でできる視力回復法 目が若返るツボを刺激する「ペットボトル枕」とは

【近視 老眼 目の疲れ】自分でできる視力回復法 目が若返るツボを刺激する「ペットボトル枕」とは

「何歳になっても目は自分で治せる」という意識を持つことが、近視や老眼を予防・回復させる一歩であることを理解してください。そんな私が勧める目のケアの一つが「ペットボトル枕」です。目や頭の疲労感がスッと取れ、全身が気持ちよく、リラックスできると思います。ぜひ皆さんも試してみてください。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


【視力回復】近視や緑内障の改善には“自律神経の乱れ”を正す「爪もみ」がお勧め

【視力回復】近視や緑内障の改善には“自律神経の乱れ”を正す「爪もみ」がお勧め

目が疲れてショボショボすると、私たちは自然にまぶたに手をやり、こすったり、もんだりします。このように、目に不快感が現れるのは、自律神経のバランスが乱れている証拠です。自律神経をバランスよく働かせることが、目の健康を守る基本なのです。そこでお勧めしたいのが、「爪もみ」です。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


【野菜スープの効果】シミ(老人斑)が薄くなった!老眼もなく、白内障も進行しない

【野菜スープの効果】シミ(老人斑)が薄くなった!老眼もなく、白内障も進行しない

野菜スープをとり始めてしばらくたったころ、妻が私の顔をまじまじと見て、こう言いました。「あなた、シミが薄くなったわねえ」私は現在79歳で、10年ほど前から老人斑と呼ばれるシミが増えていました。ところが、野菜スープを飲むうちに、そのシミが非常に薄くなっていたのです。【解説】富永祐民(愛知県がんセンター名誉総長)


原因不明の視力低下が改善した!指のツボを“洗濯ばさみ”で刺激する健康法

原因不明の視力低下が改善した!指のツボを“洗濯ばさみ”で刺激する健康法

「指を洗濯バサミで挟む」と血と気の巡りがよくなり糖尿病・視力低下・痛みに著効!手と指には6本の経絡が走っており、その流れに沿って全身の臓器に対応するツボが多く存在しています。つまり手や指を刺激するだけで全身のあらゆる部位の痛みや不調を改善できるというわけです。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【テクノストレス症候群とは】パソコン・スマホが原因の頭痛に効くツボ「首の6点押し」

【テクノストレス症候群とは】パソコン・スマホが原因の頭痛に効くツボ「首の6点押し」

近年、私の治療院で増えているのが「テクノストレス症候群」の患者さんです。パソコンやスマホを凝視していると、目が疲れることはいうまでもありません。長時間続けていると、ネコ背になりがちで、首や肩、背中がこわばってしまいます。その結果テクノストレス症候群の症状が起こるのです。【解説】木下誠(指圧・鍼灸の神陽館院長)


最新の投稿


【痔の治し方】9割は手術なしで治ると名医が断言!対策は“きな粉牛乳”

【痔の治し方】9割は手術なしで治ると名医が断言!対策は“きな粉牛乳”

痔の治療というと、薬や手術を思い浮かべる人が多いことでしょう。しかし、実はたいていの痔は切らずに、日常生活でのセルフケアで治せます。その際、大きな力になってくれるのが、「きな粉ドリンク」です。【解説】平田雅彦(平田肛門科医院院長)


【きな粉の栄養】ガン予防効果は食品トップクラス 大豆摂取で効果が期待できる病気は?

【きな粉の栄養】ガン予防効果は食品トップクラス 大豆摂取で効果が期待できる病気は?

きな粉は、焙煎した大豆を砕いて粉末にした食品です。豆腐や納豆、みそといった大豆食品と違い、ほかの物質や成分を加えておらず、大豆の栄養成分がほぼまるごと受け継がれています。栄養成分的には、「きな粉=大豆」と考えてよいでしょう。【解説】三浦理代(女子栄養大学栄養学部教授)


【便秘・骨粗鬆症予防】効果が倍増する“きな粉”のちょい足し食材は「牛乳、バナナ、ヨーグルト、みそ汁」

【便秘・骨粗鬆症予防】効果が倍増する“きな粉”のちょい足し食材は「牛乳、バナナ、ヨーグルト、みそ汁」

きな粉を使ったレシピを難しく考える必要はありません。ここでは、毎日簡単に続けられる4大・きな粉レシピを紹介します!【監修】三浦理代(女子栄養大学栄養学部教授)


【体験談】「マインドフルネス呼吸法」で夫婦ゲンカ激減した!気持ちが落ち込まなくなった

【体験談】「マインドフルネス呼吸法」で夫婦ゲンカ激減した!気持ちが落ち込まなくなった

マインドフルネス呼吸法は、ウツウツとするときや、クヨクヨするときに行えば、気持ちを切り替えることができます。また、軽いうつの人であれば、症状が軽減すると言われています。「マインドフルネス呼吸法」を実際に行った人の体験例3名をご紹介しましょう。【解説】石井朝子(ヒューマンウェルネスインスティテュート代表、心理学博士)


【ストレスを軽くする方法】「マインドフルネス」は実は日本人になじみ深い?

【ストレスを軽くする方法】「マインドフルネス」は実は日本人になじみ深い?

マインドフルな状態に自分を置き、心に余裕を持ち、目の前にある問題を冷静に観察していきましょう。そうすれば、その問題に対してどのように関わっていけばいいのか、冷静に判断できるようになります。【解説】大野裕(一般社団法人認知行動療法研究開発センター理事長・医師)