【辨野義己】「腸内フローラ」とは何か 腸内細菌を増やせば認知症まで改善できる

【辨野義己】「腸内フローラ」とは何か 腸内細菌を増やせば認知症まで改善できる

腸内フローラの乱れは、便秘や肥満ばかりではなく、動脈硬化や糖尿病、高血圧、ガン、認知症、アレルギー性疾患、関節リウマチなど、実に多くの病気を引き寄せます。つまり、腸内フローラの改善によって、さまざまな病気を予防をすることができるのです。【解説】辨野義己(国立研究開発法人理化学研究所特別招聘研究員・農学博士)


辨野義己
1948年、大阪府生まれ。酪農学園大学獣医学科卒業。専門は、腸内環境学、微生物分類学。腸内細菌と病気の関係を研究し、DNA解析により多数の腸内細菌を発見。ビフィズス菌、乳酸菌の健康効果を訴えている。『腸を鍛えれば頭がよくなる』『体が勝手にやせる食べ方』(ともにマキノ出版)など著書多数。

60歳以降の3割にビフィズス菌がいない

「腸内細菌」が、多くの病気や老化のカギを握るキーワードとして、今注目されています。

腸内細菌は、腸の中で1000種類以上、600~1000兆個以上もの細菌が肩を寄せ合うように群生し、お花畑のような生態系を形成しているため、「腸内フローラ(腸内細菌叢)」とも呼ばれます。

腸内フローラは、新生児が母親の体内から出てきた瞬間に発生します。子宮内はほぼ無菌状態ですが、産道を通過するとき、母親の膣内にいる細菌を飲み込むことで皮膚や消化管などの粘膜に細菌感染が起こり、体内を占拠するのです。

腸内細菌は、この世に生まれ落ちるときに、母からの最初のプレゼントといえるでしょう。

赤ちゃんの腸内は、生まれて3~4時間後には早くも「悪玉菌」である大腸菌や腸球菌などが現れます。生後3日を過ぎた頃からビフィズス菌が増え、母乳で育つ乳児の腸は、「善玉菌」の代表であるビフィズス菌で100%近く占めるようになるのです。そのため、便もくさくなく、ヨーグルトのような甘酸っぱいにおいです。

そして離乳とともに、徐々に善玉菌が減って20%程度になり、種類も変わります。悪玉菌や「日和見菌」(場合によって善玉菌にも悪玉菌にもなる可能性がある菌)の割合が増え、その人が持つ腸内細菌の種類がだいたい決まるのです。

個人差はありますが、善玉菌、悪玉菌、日和見菌の割合が、2対1対7であるのが、健康にいい状態とされています。
ところが、60歳を過ぎると、この割合が大きく変化します。善玉菌の代表であるビフィズス菌が急激に減り、悪玉菌が増えてくるのです。10人に3人の割合で、ビフィズス菌の減少が著しい人も出てきます。

老化に伴い腸の機能が低下し、食物が腸内に長くとどまることが原因です。腸内で腐敗が進行するため、悪玉菌にとって都合のいい環境になるのです。

腸内フローラは、便に現れる

自分の腸内フローラの状態を判断するためには、便のチェックが欠かせません。便こそが腸内フローラの現れであり、健康状態をそのまま現しているからです。

私は、40年以上もヒトの腸内細菌を研究し、8000人以上から大便を提供してもらって腸内細菌を調べてきました。その私がよく言うのですが、「便所は、体からのお便りを受け取る所」です。便を見ないで流してしまうのは、もったいないといえるでしょう。

食べカスが大腸に達すると、腸内フローラのバランスがよければ発酵が起こり、悪ければ腐敗が起こります。悪玉菌が優勢で腐敗が進んでいると、便の色は濃くなり、硬くなったり、水っぽくなったりします。そもそも、便秘になったりするのも、腸内フローラが乱れているからです。

それでは、具体的に快便とは、どんな状態をは指すのでしょうか。

毎日1回以上のお通じがあり、便はバナナ便であること。バナナ大で、色は黄色から黄褐色、においはきつくなく、便器の中で水に浮く便がスルッと出るのが快便です。

先に、60歳を過ぎると、老化に伴い腸内フローラが急速に乱れると書きました。しかし、腸内フローラを適切に保つことを意識した生活を続けていれば、60歳を過ぎてもよい状態を保つことは可能です。

腸内フローラが適切に保たれていれば、肌がきれいで見た目も若く、体力や気持ちに衰えが見られません。病気を寄せ付けないのです。

そんな例とは逆に、腸内フローラが乱れると、以前は想像もつかなかった数多くの病気を呼び込むことが、近年、わかってきました。

腸内細菌が健康になれば、全身が健康になる

腸内フローラの乱れは、便秘や肥満ばかりではなく、動脈硬化や糖尿病、高血圧といった生活習慣病、ガン、認知症、アレルギー性疾患、関節リウマチなどの自己免疫疾患など、実に多くの病気を引き寄せます。

腸内フローラがすむ大腸は、最も病気の種類が多い臓器です。大腸ガンや潰瘍性大腸炎(大腸の粘膜に腫瘍やただれができる病気)をはじめ、さまざまな病気が起こります。これらの病気の発生に、悪玉菌が作り出す有害物質が関わっています。

悪玉菌が増殖すると、アンモニアや硫化水素、メタンなどの多くの腐敗物質が作り出されます。これらが腸壁から吸収され、血流に乗って全身を巡ることになります。
その結果、先に挙げたようなさまざまな病気を引き起こすリスクを高めるのです。放っておけば悪玉菌が増加する60歳以降は、当然、発症のリスクもより高くなくなります。

近年、大腸ガンの患者さんが激増していますが、これは食生活の欧風化や食物繊維の摂取量の減少などによる腸内フローラの乱れが関係しています。
つまり、腸内フローラを改善させることによって、肥満やガンなどの症状や病気を予防することも可能なのです。

そもそも、細菌やウイルス、ガン細胞なその病原体を攻撃する免疫細胞は、6割以上が腸に集中しています。ですから、腸内フローラの改善は、免疫細胞の活性化につながるのです。

つまり、悪玉菌が減り、善玉菌が優位になれば、免疫力が調整されて正常になり、感染症やガンはもちろん、各種の病気にかかりにくくなるのです。

糖尿病や認知症予防にも、腸内細菌の改善が大事

2013年、世界的に権威のある学術雑誌『ネイチャー』に、スウェーデンのヨーテボリ大学の研究が掲載されました。
平均年齢70歳の女性145名の腸内フローラを調べたところ、Ⅱ型糖尿病(遺伝的因子と生活習慣で起こる糖尿病)の女性では、糖と脂肪の代謝で重要な役割を果たす酪酸の産生を促す腸内細菌の数が、健康な女性に比べて減少していたのです。
 
また、近年、糖尿病の治療に広く用いられているインクレチン関連薬は、腸の働きを手助けする薬です。インクレチンは血糖値をコントロールするため、腸から分泌されるホルモンですが、この分泌にも腸内細菌が関わっていると見られています。
こうした研究や治療からも、腸内フローラを整えることが糖尿病の予防につながることが示唆されます。
 
さらに、腸内フローラの改善は、認知症予防にも役立ちます。脳の機能障害や認知症の発症にも、腸内細菌の働きが関わっているのです。
脳内の情報伝達を担う重要な神経伝達物質として、ドーパミンやセロトニン、アセチルコリンなどがありますが、これらを作り出すのに基礎となる物質が腸内細菌によって作られているからです。

腸内フローラを健全化し、これら神経伝達物質の産生が適正に保たれれば、それが認知症などの予防に貢献するでしょう。
さらに肥満も解消して外見も若返り、思考力も深まります。

次回は、私自身が14kgやせて、10歳若返ったお話を紹介します。腸内フローラは、生活習慣を見直せば、何歳からでも若返ることができるのです。

→ 60代で腸年齢30代!腸内フローラ改善食で健康的に14kgやせた!

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【ダイエット効果】14kgやせて二段腹解消!「太学功ストレッチ」で冷え症も便秘も改善した

【ダイエット効果】14kgやせて二段腹解消!「太学功ストレッチ」で冷え症も便秘も改善した

「気(一種の生命エネルギー)が不足しているから、エネルギーを得ようとして食べ過ぎてしまうんです」太学功の先生の説明に、私は「なるほど」と大きくうなずいていました。というのも、当時の私は銀行で営業をしており、激務に心身とも疲れ切っていました。【体験談】富谷直子(主婦・40歳)


【血管強化食材】動脈硬化を撃退する絶品「ローストピーナッツ」レシピ

【血管強化食材】動脈硬化を撃退する絶品「ローストピーナッツ」レシピ

ピーナッツといえば、「太る」「ニキビができる」など、健康とは縁遠い食材だと思われがち。しかし、最近、その豊富な栄養素が、巷で大きな話題を集めています。便秘が解消して、やせやすくなる、血管も肌も若返ると、まさにピーナッツは優良健康食材なのです。【料理・栄養計算・スタイリング】五十嵐ゆかり(料理研究家・管理栄養士)


【便秘に最強効果】納豆とオリーブオイルで "排便力"アップ 便秘薬も不要に

【便秘に最強効果】納豆とオリーブオイルで "排便力"アップ 便秘薬も不要に

私は、便秘に悩む患者さんに「オリーブオイル納豆」を勧めています。これは、納豆に少量のオリーブオイルを混ぜるだけのシンプルな食べ物ですが、便秘改善の効果は劇的です。便が柔らかくなって排便しやすくなったり、おなかの張りが取れたりして、下剤が不要になったケースもあります。【解説】松生恒夫(松生クリニック院長)


【糖尿病を改善】4種の野菜で免疫力アップ「甘い野菜スープ」の作り方

【糖尿病を改善】4種の野菜で免疫力アップ「甘い野菜スープ」の作り方

「年々、体重が増えてきている」「最近お通じが悪くて困っている」「血糖値が高いのが気になる」。そんな人にお勧めしたいのが、4種の野菜の自然な甘みが凝縮した「甘い野菜スープ」です。【解説者】勝部美佳(マクロビオティック料理研究家)


【玄米食】で要介護度が改善した患者が続出!自らも痛風を克服した医師が指南「米ぬかの食べ方」

【玄米食】で要介護度が改善した患者が続出!自らも痛風を克服した医師が指南「米ぬかの食べ方」

体は食べた物からできているので食事の内容は重要です。玄米には、多くの栄養素と有効成分が含まれていて、高血圧・動脈硬化・脂質異常症・糖尿病などの生活習慣病や、便秘、ガン、認知症、花粉症・アトピー・ぜんそくなどのアレルギー症状に対し、強力な予防・改善効果を発揮します。【解説】島村善行(島村トータル・ケア・クリニック院長)


最新の投稿


【ダイエット効果】14kgやせて二段腹解消!「太学功ストレッチ」で冷え症も便秘も改善した

【ダイエット効果】14kgやせて二段腹解消!「太学功ストレッチ」で冷え症も便秘も改善した

「気(一種の生命エネルギー)が不足しているから、エネルギーを得ようとして食べ過ぎてしまうんです」太学功の先生の説明に、私は「なるほど」と大きくうなずいていました。というのも、当時の私は銀行で営業をしており、激務に心身とも疲れ切っていました。【体験談】富谷直子(主婦・40歳)


【名医が解説】カイロプラクティックとは?最も得意とするのは「首の痛み」

【名医が解説】カイロプラクティックとは?最も得意とするのは「首の痛み」

頸椎症は、カイロプラクティックが得意とする症状の一つです。整形外科とカイロプラクティックとの診断法は、共通している部分もありますが、一つ大きな違いがあります。それは、カイロプラクティックでは「触診」を非常に重視することです。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【糖尿病を改善】トマトの「リコピン」でインスリンの効きがよくなる!コレステロールも下がる「ホットトマト」

【糖尿病を改善】トマトの「リコピン」でインスリンの効きがよくなる!コレステロールも下がる「ホットトマト」

私は糖尿病の専門医として、患者さんたちに食事や運動の指導をしています。なかでも食事指導は最も重要です。私のクリニックで柱となるのは1日に摂取する糖質の量を150g以内に抑える糖質制限食です。この食事療法を実践する際に、補助手段として私がお勧めしているのが、トマトです。【解説】泰江慎太郎(銀座泰江内科クリニック院長)


薄皮ごと活用!ピーナッツ簡単自在レシピ(和風・洋風)

薄皮ごと活用!ピーナッツ簡単自在レシピ(和風・洋風)

ピーナッツに含まれる油は、体内の脂肪を減らす手助けをし、薄皮に含まれるポリフェノールは高い抗酸化作用で体の老化を防いでくれます。健康を意識する人にこそ食べてほしい、薬効高い食材です。【料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)


【鎮痛剤の種類】痛み止めの強さ ロキソニンとカロナールの違い リリカは切り札

【鎮痛剤の種類】痛み止めの強さ ロキソニンとカロナールの違い リリカは切り札

よく使われるようになった鎮痛薬。その一つが「プレガバリン」という薬で、商品名は「リリカ」といいます。中枢神経系に働きかける薬ですが、アセトアミノフェンとは違うメカニズムで痛みを止めます。従来の鎮痛薬に比べると、鎮痛作用の強いのが特徴です。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


ランキング


>>総合人気ランキング