【健康レシピ】きれいになれる「ローフード」レシピ(簡単マリネ)

【健康レシピ】きれいになれる「ローフード」レシピ(簡単マリネ)

母の末期ガンがきっかけで食養生を研究し、たどり着いた答が「ローフード」でした。食材のイキイキとした生命力をそのままいただくために、あえて加熱はしません。大切なのは食材にじっくり向き合うこと。食材が喜ぶ形に整えてあげることが調理なのですから。【解説】高野志保(一般社団法人BullianStyleローフード協会代表理事)


季節の食材を使って簡単ローマリネ

ローフードの基本の3ステップ「切る」「和える」「盛りつける」だけで簡単に作れるのが、ローマリネ。

切るときのポイントは、食材の皮をできるだけむかないこと。
皮の近くに栄養が詰まっているので、食べられそうな皮はむかず、丸ごと食べます。

また、ごぼうやれんこんなどのあく抜きも行いません。
あくを抜くと、口当たりはよくなりますが、栄養分が流れてしまいます。
苦味や渋味といったあくは、バランスを取れる食材を合わせて味つけを工夫すれば、おいしくいただけるのです。

基本のマリネ液は、オリーブオイルとしょうゆだけ。
「味が単調になるのでは?」と思われるかもしれませんが、しょうがやにんにく、セロリ、大葉、レモンなど、はっきりした味のものも使います。

食材の組み合わせしだいで、まったく違う味になり、毎日飽きずに食べられるのでご安心ください。

上手に和えると食材どうしが喜び合う

和えるときのポイントは、一度に全部の食材を入れるのではなく、硬い食材や、マリネ液を染みこませたい食材から順番に入れていくことです。
果物など水分の多いものは、最後に入れるようにしましょう。

おいしく味をなじませるためには、混ぜすぎないことも大事。

ローマリネを作り続けていると、混ぜたときに食材どうしが喜び合っているタイミングがわかるようになります。
そこで混ぜるのをやめると、食べたときに「最高においしい!」と感じることができるでしょう。
混ぜすぎると食材が疲れたようにくたっとしてしまうので、食材どうしが気持ちよさそうな状態でいられることを心がけてください。

盛りつけるときは、彩りよく配置して、目でもお料理を楽しみます。
ローマリネは、食材そのものの味や食感を生かしています。

食べたときに、口の中でおいしいハーモニーが生まれるのを楽しみましょう。

柿と菊いものマリネの作り方

【材料】(3~4人分)
柿…1個(皮をむいて、小さ目の乱切り)
菊いも…3個(薄くスライス)
長いも…5cm(細切り)
みょうが…2個(みじん切り)
大葉…8枚(5mm幅くらいの細切り)
オリーブオイル…大さじ1
しょうゆ…大さじ1/2

【作り方】
❶基本のマリネ液に、菊いも、長いもを入れて和える。

❷みょうが、大葉、柿を加えてさっと和える。

❸盛りつけは、彩りを考えて。

カリフラワーとみかんとパセリのマリネの作り方

【材料】(3~4人分)
カリフラワー…1/2個(小房に分ける)
みかん…2個(1口サイズに切る)
パセリ…1/2束(1/2袋)(葉の部分をざく切り)
セロリ…5cm(薄くスライス)
すりごま…大さじ1
オリーブオイル…大さじ11/2
しょうゆ…小さじ2

【作り方】
❶基本のマリネ液に、カリフラワーを入れて和える。
❷セロリ、パセリ、すりごまを入れて和える。
❸みかんを入れてさっと和える。

青菜としいたけのマリネの作り方

【材料】(3~4人分)
春菊…1/2袋(葉の部分をざく切り)
小松菜…1/4袋(ざく切り)
水菜…1/4袋(ざく切り)
しいたけ…3個(スライス、軸はみじん切り)
にんにく…1片(すりおろす)
しょうが…1片(千切り)
オリーブオイル…大さじ2
しょうゆ…小さじ2

【作り方】
❶基本のマリネ液に、にんにく、しょうが、しいたけの軸の部分を入れて和える。
❷しいたけと小松菜の茎の部分を入れてさっと和える。
❸春菊、小松菜、水菜を入れて和える。ここは手を使うとおいしく仕上がる。

高野志保
一般社団法人BullianStyle ローフード協会 代表理事。1971年、岐阜県生まれ。「健康を支えるのは、毎日の食事」の信念をもとに、2009年より、食の正しい知識と美しく健康的な家庭料理を教える「ローフードスクールBullian」(名古屋)をスタート。自身の力で食習慣を整えていくことをめざす「ローフード講座」のほか、楽しみながら美しくなれる「ダイエットサポート」も人気。著書に『美しい食べものが美しい人をつくる』(あさ出版)がある。

→【解説】「ローフード」とは何か?

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【自律神経を整える】ヒプノセラピー(催眠療法)とは?潜在意識と繋がって免疫力を高める

【自律神経を整える】ヒプノセラピー(催眠療法)とは?潜在意識と繋がって免疫力を高める

私は診療でヒプノセラピー(催眠療法)を用いています。催眠を特別な状態と感じられるかもしれませんが、誰でも1日に十数回は催眠状態を体験しています。起床時や就寝前の意識がぼんやりしているとき、瞑想やヨガなどをして心静かにしているときは、実は催眠状態にあります。【解説】萩原優(イーハトーヴクリニック院長)


【便秘を解消】人気の慈恵医大式「大麦レシピ」で免疫力もアップ!

【便秘を解消】人気の慈恵医大式「大麦レシピ」で免疫力もアップ!

東京慈恵会医科大学附属病院では、入院患者さんへの昼食に、毎日、大麦が3割入ったごはんを出しています。調理が簡単で美味!便秘を解消し免疫力もアップと人気の慈恵医大式「大麦レシピ」をご紹介します。【監修】濱裕宣(東京慈恵会医科大学附属病院・管理栄養士)


【アボカドで便秘を解消】地中海式和食で絶好腸「腸が元気になる食事」(1)

【アボカドで便秘を解消】地中海式和食で絶好腸「腸が元気になる食事」(1)

腸内環境を整えることは、いつまでも病気知らずの健康体でいるためには不可欠。健康は腸からつくられるといっても過言ではありません。今回ご紹介するのは、腸をぐーんと元気にする、名づけて「地中海式和食」です。【解説】松生恒夫(松生クリニック院長)【料理】検見﨑聡美(料理研究家・管理栄養士)


物忘れ改善・予防最強オイル【ニンニク油】基本の作り方

物忘れ改善・予防最強オイル【ニンニク油】基本の作り方

物忘れが気になる、体がだるいという人は、ぜひ「ニンニク油」をお試しください。脳神経外科の名医は“ 手作りできる脳の特効薬”と大絶賛。治療にも使うほどその効果を認めています。最近では、高血圧やガンの予防も期待できるとテレビで紹介され話題になりました。今注目の食材です。【監修】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)


【あがり症・夜泣き・多動】「指つかみ」の効果とは 東日本大震災でも心のケアに活躍した

【あがり症・夜泣き・多動】「指つかみ」の効果とは 東日本大震災でも心のケアに活躍した

指つかみは、指をつかむだけという、とてもシンプルな方法ですが、不安、緊張、怒り、悲しみといったマイナス感情を鎮め、全身のエネルギーの流れを整えて、体の不調も解消してくれます。【解説】森田知恵(国際医療スペシャリスト)


最新の投稿


【視力回復】近視や緑内障の改善には“自律神経の乱れ”を正す「爪もみ」がお勧め

【視力回復】近視や緑内障の改善には“自律神経の乱れ”を正す「爪もみ」がお勧め

目が疲れてショボショボすると、私たちは自然にまぶたに手をやり、こすったり、もんだりします。このように、目に不快感が現れるのは、自律神経のバランスが乱れている証拠です。自律神経をバランスよく働かせることが、目の健康を守る基本なのです。そこでお勧めしたいのが、「爪もみ」です。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


【野菜スープの効果】シミ(老人斑)が薄くなった!老眼もなく、白内障も進行しない

【野菜スープの効果】シミ(老人斑)が薄くなった!老眼もなく、白内障も進行しない

野菜スープをとり始めてしばらくたったころ、妻が私の顔をまじまじと見て、こう言いました。「あなた、シミが薄くなったわねえ」私は現在79歳で、10年ほど前から老人斑と呼ばれるシミが増えていました。ところが、野菜スープを飲むうちに、そのシミが非常に薄くなっていたのです。【解説】富永祐民(愛知県がんセンター名誉総長)


原因不明の視力低下が改善した!指のツボを“洗濯ばさみ”で刺激する健康法

原因不明の視力低下が改善した!指のツボを“洗濯ばさみ”で刺激する健康法

「指を洗濯バサミで挟む」と血と気の巡りがよくなり糖尿病・視力低下・痛みに著効!手と指には6本の経絡が走っており、その流れに沿って全身の臓器に対応するツボが多く存在しています。つまり手や指を刺激するだけで全身のあらゆる部位の痛みや不調を改善できるというわけです。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【糖尿病が改善】全身の血流が良くなるツボ刺激「指バサミ」のやり方

【糖尿病が改善】全身の血流が良くなるツボ刺激「指バサミ」のやり方

手と指には6本の経絡が走っており、その流れに沿って全身の臓器に対応するツボが多く存在しています。手や指を刺激するだけで全身のあらゆる部位の痛みや不調を改善できるというわけです。ここでは「洗濯ばさみ」を使ったツボの刺激方法をご紹介します。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【脳梗塞・心筋梗塞】発症予防には起床後の“水分摂取”と肉を食べる前の“○○○”

【脳梗塞・心筋梗塞】発症予防には起床後の“水分摂取”と肉を食べる前の“○○○”

動脈硬化が進むとともに血栓ができると、その結果として、脳梗塞や心筋梗塞といった怖い病気を招いてしまいます。命に関わるこれらの病気を防ぐために習慣にしてほしいのが、起床後に十分な水分を取ることです。【解説】南和友(北関東循環器病院院長、ドイツ・ボッフム大学永代教授)