【かかとのガサガサ・黒ずみ】保湿効果でしっとりツルツル 美肌を作る「砂糖スクラブ」

【かかとのガサガサ・黒ずみ】保湿効果でしっとりツルツル 美肌を作る「砂糖スクラブ」

砂糖は創傷治癒作用があり医薬品にも使われています。ですから、かき傷などの治りも早くなるはずです。下着が当たる部分やデリケートゾーンなどでかゆみが生じたときに砂糖スクラブが効果的だったという報告もいただいています。【解説】幟立真理(砂糖スキンケア指導、株式会社アビサル・ジャパン代表)


保湿効果で全身しっとり

今年、私は55歳になりましたが、10年にわたって砂糖で頭皮をマッサージしているおかげで、白髪がほとんどありません。
頭皮を程よく刺激することで、新陳代謝が促されたのだと考えています。
砂糖スクラブで体を優しくマッサージした後、そのまま湯ぶねにつかると、砂糖による保湿効果が得られ、全身がしっとりと潤うでしょう。

また、砂糖は創傷治癒作用があり、医薬品にも使われています。
ですから、かき傷などの治りも早くなるはずです。
下着が当たる部分やデリケートゾーンなどでかゆみが生じたときに、砂糖スクラブが効果的だったという報告もいただいています。

空気が乾燥する冬は、肌トラブルが起こりやすいもの。
砂糖で優しくケアしましょう。

かかとのガサガサから肌のかゆみまで一掃!砂糖スクラブ

【材料】(1回分)
上白糖…50g
サラダ油…50g

※サラダ油の代わりに、オリーブ油、ホホバオイルなどを使ってもよい

【作り方】
ボウルに上白糖とサラダ油を入れて、混ぜ合わせる。

【基本的な使い方】

入浴時に、湯ぶねに5分ほどつかって、体をよく温める。
砂糖スクラブに少量のお湯を混ぜてから手に取り、気になる部分を優しくなでてから、ぬるま湯で洗い流す。

※砂糖スクラブは作った直後に使用し、作り置きはしない
※かゆみや違和感などが現れた場合は、使用をやめる
※顔には使用しない
※砂糖スクラブを使った後は、床がオイルで滑りやすくなるので、よく床を洗う
※水虫には使用しない

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【肌荒れが改善】砂糖マッサージの保湿効果 乾燥してかゆい症状にはオリーブオイルを加えると軽減

【肌荒れが改善】砂糖マッサージの保湿効果 乾燥してかゆい症状にはオリーブオイルを加えると軽減

砂糖は保存食に使われてきて、細菌の増殖を防ぐ作用は広く知られているところです。漢方では、砂糖には「補血」作用といって、体の各組織に栄養と潤いを補う働きがあるとされています。【解説】田村稲生(漢方の厚養堂薬局薬剤師・産業カウンセラー)


【美肌効果】実験で判明!「甘酒」はニキビや目の下のクマを消す!血行を促進し薄毛改善にも役立つ

【美肌効果】実験で判明!「甘酒」はニキビや目の下のクマを消す!血行を促進し薄毛改善にも役立つ

米こうじは美容効果が非常に高い食材です。米こうじに含まれる、脂質の一種であるセラミドは、肌の保湿機能を向上させます。また、紫外線の害を抑制し、肌荒れやシミを防ぐ効果もあります。【解説者】前田憲寿(東京工科大学応用生物学部教授・医学博士)


【モデル実践】美白・美肌の秘訣は「米クリームパック」乾燥肌が改善し、潤い卵肌に!

【モデル実践】美白・美肌の秘訣は「米クリームパック」乾燥肌が改善し、潤い卵肌に!

米クリームの洗顔やパックは、美白に加え、保湿にも効果があります。これまで3〜4年続けてきて、乾燥肌が改善してきました。いつもしっとりと、いい感じに潤っています。【解説】水谷雅子(美容研究家・主婦モデル)


【医師解説】透明感アップ! 乾燥肌が改善!美白と保湿に優れた「米クリームパック」

【医師解説】透明感アップ! 乾燥肌が改善!美白と保湿に優れた「米クリームパック」

昔の女性にとって、米ぬかを入れた布袋で顔を洗うことは、珍しいことではありませんでした。米ぬか洗顔は、優れた美容法として、よく知られていたからです。米のとぎ汁を使った洗顔法も、米ぬか洗顔と同様に、美肌づくりに効果的として、昔から伝えられてきました。【解説】長尾美樹(ミキクリニック院長)


最新の投稿


【視力回復】近視や緑内障の改善には“自律神経の乱れ”を正す「爪もみ」がお勧め

【視力回復】近視や緑内障の改善には“自律神経の乱れ”を正す「爪もみ」がお勧め

目が疲れてショボショボすると、私たちは自然にまぶたに手をやり、こすったり、もんだりします。このように、目に不快感が現れるのは、自律神経のバランスが乱れている証拠です。自律神経をバランスよく働かせることが、目の健康を守る基本なのです。そこでお勧めしたいのが、「爪もみ」です。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


【野菜スープの効果】シミ(老人斑)が薄くなった!老眼もなく、白内障も進行しない

【野菜スープの効果】シミ(老人斑)が薄くなった!老眼もなく、白内障も進行しない

野菜スープをとり始めてしばらくたったころ、妻が私の顔をまじまじと見て、こう言いました。「あなた、シミが薄くなったわねえ」私は現在79歳で、10年ほど前から老人斑と呼ばれるシミが増えていました。ところが、野菜スープを飲むうちに、そのシミが非常に薄くなっていたのです。【解説】富永祐民(愛知県がんセンター名誉総長)


原因不明の視力低下が改善した!指のツボを“洗濯ばさみ”で刺激する健康法

原因不明の視力低下が改善した!指のツボを“洗濯ばさみ”で刺激する健康法

「指を洗濯バサミで挟む」と血と気の巡りがよくなり糖尿病・視力低下・痛みに著効!手と指には6本の経絡が走っており、その流れに沿って全身の臓器に対応するツボが多く存在しています。つまり手や指を刺激するだけで全身のあらゆる部位の痛みや不調を改善できるというわけです。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【糖尿病が改善】全身の血流が良くなるツボ刺激「指バサミ」のやり方

【糖尿病が改善】全身の血流が良くなるツボ刺激「指バサミ」のやり方

手と指には6本の経絡が走っており、その流れに沿って全身の臓器に対応するツボが多く存在しています。手や指を刺激するだけで全身のあらゆる部位の痛みや不調を改善できるというわけです。ここでは「洗濯ばさみ」を使ったツボの刺激方法をご紹介します。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【脳梗塞・心筋梗塞】発症予防には起床後の“水分摂取”と肉を食べる前の“○○○”

【脳梗塞・心筋梗塞】発症予防には起床後の“水分摂取”と肉を食べる前の“○○○”

動脈硬化が進むとともに血栓ができると、その結果として、脳梗塞や心筋梗塞といった怖い病気を招いてしまいます。命に関わるこれらの病気を防ぐために習慣にしてほしいのが、起床後に十分な水分を取ることです。【解説】南和友(北関東循環器病院院長、ドイツ・ボッフム大学永代教授)