【手荒れ・アトピー・イボが改善】大学で研究中「砂糖スキンケア」の効果とは?顔ダニも減少した!

【手荒れ・アトピー・イボが改善】大学で研究中「砂糖スキンケア」の効果とは?顔ダニも減少した!

看護の基本は、自分の手で患者さんをケアすることです。そのために看護師は手洗いをする機会が多く、ひどい手荒れに悩まされている人は珍しくありません。砂糖スキンケアでかゆみが軽減するとともに、かぶれることもなくなり、かき傷が治っていきました。【解説】山口求(藍野大学医療保健学部・看護学科教授)


→【関連記事】美肌になる「砂糖パック」のやり方はコチラ

手荒れもかき傷も治っていった

看護の基本は、自分の手で患者さんをケアすることです。
そのために看護師は手洗いをする機会が多く、ひどい手荒れに悩まされている人は珍しくありません。

看護学を大学で教えている私も、一年じゅう、洗剤で手がガサガサになったり、手指の皮膚がひび割れて、指先にばんそうこうを貼ったりしていました。
こうした手荒れが「砂糖スキンケア」で解消し、今ではハンドクリームなどをいっさい使わなくても、手が荒れなくなりました。

また、私は敏感肌で、空気が乾燥する時期になると背中がかゆくなり、ヘアブラシでかきむしって傷ができたことがありました。
また、下着にかぶれてかきむしり、よく傷を作っていました。

砂糖スキンケアでこうしたかゆみが軽減するとともに、かぶれることもなくなり、かき傷が治っていきました。
さらに、驚くことがあります。

皮膚の老化によるイボが首の周辺によくでき、夏になって薄着になるとイボが見えるために、皮膚科でレーザー治療を受けて痛い思いをしていました。
それが、砂糖スキンケアでまったくできなくなったのです。

広島県呉市の産官学フォーラムで砂糖スキンケアの商品を知り、自分に使用して皮膚の症状がよくなったことから、学生たちにも紹介しました。
すると、ひどいアトピー性皮膚炎やニキビについても、砂糖スキンケアで改善しました。

例えば、アトピーの湿疹でかさぶた状態になり、分厚くなった手首や首周辺の皮膚が、砂糖スキンケアを始めると、2週間から1カ月ほどできれいなピンク色になった学生もいました。
私と学生の改善例から、乳幼児の皮膚に砂糖スキンケアがよい影響を与えるのではないかと考えました。

そして、医師やお母さんがたの許可を得たうえで、病院で乳幼児に砂糖スキンケアを行いました。
下痢が原因で真っ赤に腫れ上がったお尻も、1日1回の臀部浴(お尻だけの入浴)で、1〜3日ほどで治りました。

お尻のただれが改善すれば、乳幼児が体をかきむしったり、ぐずったりすることも減ります。
ですから、お母さんがたも精神的に落ち着くようで、よい結果が得られたと思います。

こうした研究を2007年に始め、乳幼児の皮膚トラブル、学童期や思春期のニキビへの効果を日本小児看護学会で発表し、学術論文として報告してきました。
最近では、新生児集中治療室(NICU)で出生体重が2500g以下の新生児の皮膚の保護に有効であるかを調べました。

石けんを使用した群と砂糖スキンケア群とで比較研究を行った結果、砂糖スキンケア群のほうが使用後に有意に皮脂量が上昇して、皮膚を保護する効果を示唆することを国際学会で発表しました。
その効果が低体温予防や皮膚からの感染予防にもつながるのかを検証するため、現在も継続して、病院と共同研究を行っています。

皮膚を健康で美しく保つ

砂糖スキンケアで使用したのは、北海道産の砂糖大根から抽出したてんさい糖を、植物油でコーティングしたものです。
砂糖は床ずれに使用されていたように、傷を治す(肉芽増殖作用)効果が医療では知られています。

また、保湿作用もあります。
油については、皮膚を覆って保護をします。

砂糖で傷を治し、その上を油がカバー(皮脂量が増加し)して皮膚を保護する働きをして、アトピー性皮膚炎などが改善することにつながったのだと考えられます。
私は1日1回、入浴時に砂糖スキンケアを全身に行いますが、皮膚を健康で美しく保つ効果も実感しています。

デリケートゾーンのかゆみやかぶれが解消したと周囲に話したところ、友人たちも砂糖スキンケアを行うようになりました。
また、今年で69歳になり、年齢相応にシワはあるのですが、「肌がきれいですね」「きめが整っていますね」とよく褒められるのです。

私が砂糖スキンケアを行っていることを知ると、学生や院生も砂糖スキンケアを始めています。

山口求
1946年、愛媛県生まれ。2005年、安田女子大学大学院博士後期課程修了。藍野学院短期大学看護学科講師、広島国際大学看護学部講師・助教授・教授を経て、11年より現職。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【ダイエット効果】酵素パワーで便秘解消「50℃味噌汁」とは?お湯を注ぐだけでやせる

【ダイエット効果】酵素パワーで便秘解消「50℃味噌汁」とは?お湯を注ぐだけでやせる

みそ汁を50℃の湯で作る。たったこれだけで、お通じが格段によくなったり、やせたりした人が続出しています。それだけではなく、鼻炎が治まった、肌がツルツルになったという声まで聞かれます。その効果の秘密とみそ汁のおいしい食べ方を初公開!【レシピ提供】人見惠子(ミレット・スタイル代表)


【便秘解消】みそ汁は「50℃」がおすすめ!生きた酵素の効果で排泄力アップ

【便秘解消】みそ汁は「50℃」がおすすめ!生きた酵素の効果で排泄力アップ

50℃みそ汁は、50℃の湯でみそを溶きます。そのため、高温では活性を失ってしまう酵素の効果を余すところなく食べられるのです。※酵素…体内での化学反応を促進する、体にとって必要不可欠な物質。【レシピ提供】人見惠子(ミレット・スタイル代表)


息子のアトピーが改善!「骨スープ」で夫のシミと私のほうれい線も消えた

息子のアトピーが改善!「骨スープ」で夫のシミと私のほうれい線も消えた

現在30代の息子は、20代前半から顔に赤いブツブツが出始め、皮膚科でアトピー性皮膚炎と診断されました。ステロイドの塗り薬を処方されましたが、よくなったり悪くなったりをくり返していました。数年すると全身にアトピーが広がり、肌がジュクジュクしてかゆみもひどくなりました。【体験談】野村敦子(仮名・67歳・主婦)


顔や首の【加齢性のイボ】に効果がある「はと麦」 ポリープの改善効果も

顔や首の【加齢性のイボ】に効果がある「はと麦」 ポリープの改善効果も

年齢を重ねるほど増えてくる悩みの一つに、イボがあります。顔や首に、いつの間にか小さなイボができ、「気になるけれどしかたがない」とあきらめている人も多いでしょう。そんな人に、ぜひお勧めしたいのが「ハトムギ」です。【解説】武鈴子(東京薬膳研究所代表)


【肌荒れが改善】砂糖マッサージの保湿効果 乾燥してかゆい症状にはオリーブオイルを加えると軽減

【肌荒れが改善】砂糖マッサージの保湿効果 乾燥してかゆい症状にはオリーブオイルを加えると軽減

砂糖は保存食に使われてきて、細菌の増殖を防ぐ作用は広く知られているところです。漢方では、砂糖には「補血」作用といって、体の各組織に栄養と潤いを補う働きがあるとされています。【解説】田村稲生(漢方の厚養堂薬局薬剤師・産業カウンセラー)


最新の投稿


【視力回復】近視や緑内障の改善には“自律神経の乱れ”を正す「爪もみ」がお勧め

【視力回復】近視や緑内障の改善には“自律神経の乱れ”を正す「爪もみ」がお勧め

目が疲れてショボショボすると、私たちは自然にまぶたに手をやり、こすったり、もんだりします。このように、目に不快感が現れるのは、自律神経のバランスが乱れている証拠です。自律神経をバランスよく働かせることが、目の健康を守る基本なのです。そこでお勧めしたいのが、「爪もみ」です。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


【野菜スープの効果】シミ(老人斑)が薄くなった!老眼もなく、白内障も進行しない

【野菜スープの効果】シミ(老人斑)が薄くなった!老眼もなく、白内障も進行しない

野菜スープをとり始めてしばらくたったころ、妻が私の顔をまじまじと見て、こう言いました。「あなた、シミが薄くなったわねえ」私は現在79歳で、10年ほど前から老人斑と呼ばれるシミが増えていました。ところが、野菜スープを飲むうちに、そのシミが非常に薄くなっていたのです。【解説】富永祐民(愛知県がんセンター名誉総長)


原因不明の視力低下が改善した!指のツボを“洗濯ばさみ”で刺激する健康法

原因不明の視力低下が改善した!指のツボを“洗濯ばさみ”で刺激する健康法

「指を洗濯バサミで挟む」と血と気の巡りがよくなり糖尿病・視力低下・痛みに著効!手と指には6本の経絡が走っており、その流れに沿って全身の臓器に対応するツボが多く存在しています。つまり手や指を刺激するだけで全身のあらゆる部位の痛みや不調を改善できるというわけです。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【糖尿病が改善】全身の血流が良くなるツボ刺激「指バサミ」のやり方

【糖尿病が改善】全身の血流が良くなるツボ刺激「指バサミ」のやり方

手と指には6本の経絡が走っており、その流れに沿って全身の臓器に対応するツボが多く存在しています。手や指を刺激するだけで全身のあらゆる部位の痛みや不調を改善できるというわけです。ここでは「洗濯ばさみ」を使ったツボの刺激方法をご紹介します。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【脳梗塞・心筋梗塞】発症予防には起床後の“水分摂取”と肉を食べる前の“○○○”

【脳梗塞・心筋梗塞】発症予防には起床後の“水分摂取”と肉を食べる前の“○○○”

動脈硬化が進むとともに血栓ができると、その結果として、脳梗塞や心筋梗塞といった怖い病気を招いてしまいます。命に関わるこれらの病気を防ぐために習慣にしてほしいのが、起床後に十分な水分を取ることです。【解説】南和友(北関東循環器病院院長、ドイツ・ボッフム大学永代教授)