スマホ老眼・近視・遠視の視力は回復する!「目のストレッチ」で白内障も予防

スマホ老眼・近視・遠視の視力は回復する!「目のストレッチ」で白内障も予防

一昔前までは、近視でも老眼でも、「低下した視力は回復しない」と言われていました。しかし今は、近視は環境が主な原因であり、老眼も、トレーニングや生活習慣で食い止められることが、数々の研究で裏付けられています。【解説】日比野佐和子(Rサイエンスクリニック広尾院長)、林田康隆(Y'sサイエンスクリニック広尾院長)


日比野 佐和子
Rサイエンスクリニック広尾院長、医学博士。大阪大学医学部大学院医学系研究科臨床遺伝子治療学講座特任准教授。内科医、皮膚科医、眼科医、日本抗加齢医学会認定専門医(アンチエイジングドクター)。眼科専門医である弟の林田康隆氏との共著『眼科医は市販の目薬をささない』(廣済堂出版)をはじめ目に関する著書多数。

林田 康隆
Y'sサイエンスクリニック広尾院長、医学博士。NTT西日本病院外来医長、大阪警察病院手術顧問(いずれも非常勤医師)。日本眼科学会認定眼科専門医

「視力は回復しない」は 一昔前の話

一昔前までは、近視でも老眼でも、「低下した視力は回復しない」と言われていました。
近視は遺伝で、老眼は老化現象なのだからあきらめるしかないと考えられていたのです。

確かに、強度近視など、治るとはいえないものもあります。
しかし今は、近視は環境が主な原因であり、老眼を含めた老化も、トレーニングや生活習慣で食い止められることが、数々の研究で裏付けられています。

我々の元を訪れる患者さんにも、実際に眼トレ(眼のトレーニング)で、進行した老眼の症状を自分自身で回復させた人が少なくありません。
視力を回復するには、ピントの調節力を鍛えることがポイントです。

眼トレで視力が回復すると先に述べましたが、ここでいうトレーニングとは、筋肉を「鍛える」トレーニングではなく、筋肉を「ほぐす」いわばストレッチです。

その代表的なものが、近くと遠くを交互に見る「目の遠近ストレッチ」です(方法は下図参照)。

目のレンズとなる水晶体は、近くを見るときに厚く、遠くを見るときに薄くなります。
この水晶体の厚みを操作しているのは、毛様体筋という筋肉です。
ピントを合わせるためには、水晶体と毛様体筋の柔軟性をいかに保つかがカギとなります。

例えば老眼は、主に水晶体の硬化が原因です。
ここに毛様体筋の衰えも重なり、ピントが合いづらくなる状態です。
自然な環境にあっても、ピントの調節力は10代がピークで、それからは年々低下するといわれます。

平均的には45歳前後から、手元へのピント調節に不便を感じ始めます。
その後、加齢による白内障の進行とともに70歳前後で目の調節力が著明に低下する人がほとんどです。

一方で、20代でもかかるスマホ老眼もあります。
これは、スマートフォンをはじめとしたデジタル機器の液晶画面などを近くで長時間見ることで起こる調節けいれんや調節の緊張ですが、目のピントが合わせづらくなる症状が老眼によく似ていることで「スマホ老眼」と名付けられたようです。

現代人の生活は、手元を見る作業なしでは成り立ちません。
スマホやパソコンを見続けるような目にとって過酷な環境は、筋肉をこわばらせ、水晶体を硬くして、仮性近視や老眼などのピント調節障害を引き起こす原因となるのです。

早い人なら2週間で効果が現れる

こうして衰えたピント調節力を戻すのに最も効果的なのが、目の中の筋肉をほぐし、水晶体の柔軟性を高める目の遠近ストレッチというわけです。

くり返し「遠」と「近」をスイッチしていると、毛様体筋がほぐれて、スムーズに切り替わるようになります。
結果、ピントの切り替えを速やかにする効果が期待できるのです。

目の遠近ストレッチは、疲れ目やドライアイ、近視、遠視、そして老眼にも効果があります。
1分程度の簡単なものですが、その1分をきちんと習慣にできれば、視力は回復していきます。

早い人なら、2週間もすれば効果が出るでしょう。
60代では7〜8割の人がかかるといわれている白内障も、水晶体が硬くなることが原因の一つです。

早い段階で目のストレッチをはじめとした訓練を行って目の柔軟性を取り戻せば、白内障の進行を抑えることも期待できます。
もちろん、水晶体にも限界はあります。

しかし、日々のストレッチで柔軟性を持たせていれば、平均よりずっと長く使うことができます。
目のストレッチには、遠近ストレッチのほかにも方法があります。
いくつかご紹介しておきましょう。

●グーパーまばたき
両目を閉じてパッと大きく目を開けます。
これを5回くり返します。
ギュッと強く閉じたほうが、効果が出やすいです。

●眼球グルグル
目を左右に3回ずつグルグル回します。
いずれも目が疲れたときに行うとよいでしょう。

目のストレッチには副作用がなく、取り組む時期が早いほど、効果を実感できます。
早速今日から始めてみましょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【近視 老眼 目の疲れ】自分でできる視力回復法 目が若返るツボを刺激する「ペットボトル枕」とは

【近視 老眼 目の疲れ】自分でできる視力回復法 目が若返るツボを刺激する「ペットボトル枕」とは

「何歳になっても目は自分で治せる」という意識を持つことが、近視や老眼を予防・回復させる一歩であることを理解してください。そんな私が勧める目のケアの一つが「ペットボトル枕」です。目や頭の疲労感がスッと取れ、全身が気持ちよく、リラックスできると思います。ぜひ皆さんも試してみてください。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


【視力回復】近視や緑内障の改善には“自律神経の乱れ”を正す「爪もみ」がお勧め

【視力回復】近視や緑内障の改善には“自律神経の乱れ”を正す「爪もみ」がお勧め

目が疲れてショボショボすると、私たちは自然にまぶたに手をやり、こすったり、もんだりします。このように、目に不快感が現れるのは、自律神経のバランスが乱れている証拠です。自律神経をバランスよく働かせることが、目の健康を守る基本なのです。そこでお勧めしたいのが、「爪もみ」です。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


【野菜スープの効果】シミ(老人斑)が薄くなった!老眼もなく、白内障も進行しない

【野菜スープの効果】シミ(老人斑)が薄くなった!老眼もなく、白内障も進行しない

野菜スープをとり始めてしばらくたったころ、妻が私の顔をまじまじと見て、こう言いました。「あなた、シミが薄くなったわねえ」私は現在79歳で、10年ほど前から老人斑と呼ばれるシミが増えていました。ところが、野菜スープを飲むうちに、そのシミが非常に薄くなっていたのです。【解説】富永祐民(愛知県がんセンター名誉総長)


【がんを予防する野菜のとり方】ファイトケミカルは“加熱”が必須 抗がん剤の副作用減

【がんを予防する野菜のとり方】ファイトケミカルは“加熱”が必須 抗がん剤の副作用減

生の野菜をそのまま食べても、わずかしかファイトケミカルを吸収することができません。野菜を煮込むことで、ファイトケミカルがスープに抽出され、生食とは比較にならない強力な抗酸化パワーを得ることができます。【解説】前田浩(崇城大学栄誉教授・熊本大学名誉教授)


【老眼鏡の選び方】「累進多焦点レンズ」とは?遠近両用レンズはここまで進化している!

【老眼鏡の選び方】「累進多焦点レンズ」とは?遠近両用レンズはここまで進化している!

「もしかして老眼!?でも、老眼鏡は格好悪いし使いづらい」と思っている人に朗報です。老眼鏡は年々進化しており、昔の年寄りくさいイメージはなくなりつつあります。便利になった遠近両用レンズを中心に最新の老眼鏡情報など、自分に合った老眼鏡選びのポイントを、屈折矯正のプロに聞きました。【聞き手】石川惠美子(医療ジャーナリスト)


最新の投稿


【沖ヨガの効果】“足”への刺激は自分で「治る力」を高める 「足裏たたき」を医師が推奨

【沖ヨガの効果】“足”への刺激は自分で「治る力」を高める 「足裏たたき」を医師が推奨

人間は、よほどのことがない限り、自分で自分の体を治す力を持っています。足の刺激法などのほうが、薬よりはるかに上であって、まず試すべきものです。足を刺激することによって、その人が本来持っている、治る力を活性化させることができるからです。【解説】樋田和彦(ヒダ耳鼻咽喉科院長)


【沖ヨガの特徴とは】心身をケアするヨガ "足裏たたき" で心も体もリラックス

【沖ヨガの特徴とは】心身をケアするヨガ "足裏たたき" で心も体もリラックス

足裏たたきを続けていると、胃腸や肝臓や膵臓の不調、肺をはじめとした呼吸器の不調、心臓の不調、血管の問題、腎臓や泌尿器の不調、腰痛や首の痛み・こりなどが、次々によくなっていきます。同時に、肌もきれいになり、姿勢もよくなって若々しく生まれ変われるのです。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


不調の5大原因を取り除く【沖ヨガ】「足裏たたき」の効果 腰痛が改善、ストレスが解消した

不調の5大原因を取り除く【沖ヨガ】「足裏たたき」の効果 腰痛が改善、ストレスが解消した

病気になる前に、その原因を遠ざける。もし病気になったとしても、自然の回復を促す。それが足裏たたきのすぐれた効能です。やり方を身につければ、あなたにとって、必ず一生の宝になります。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【沖ヨガ】詰まりが取れて全身に血が巡る「足裏たたき」のやり方

【沖ヨガ】詰まりが取れて全身に血が巡る「足裏たたき」のやり方

刺激して痛みを感じる部位があれば、そこは体の巡りが悪く詰まっている証拠です。重点的にたたいたり、もんだりしてください。詰まりが取れて全身の血の巡りが一気によくなり、目も頭もスカッとします。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【胃腸の健康】ピロリ菌を撃退し善玉菌を増やす効果 “乳酸菌”が豊富な「水キムチ」

【胃腸の健康】ピロリ菌を撃退し善玉菌を増やす効果 “乳酸菌”が豊富な「水キムチ」

生野菜は、胃の粘膜を荒らすため、胃が疲れているときにサラダを食べるのはよくありません。しかし、同じ野菜でも、発酵させた水キムチなら、胃に優しく作用するので安心です。【解説】丁宗鐵(日本薬科大学学長)