【補聴器】正しい選び方と購入方法 調整なしでは難聴が悪化する危険も

【補聴器】正しい選び方と購入方法 調整なしでは難聴が悪化する危険も

補聴器を購入する際、「手軽だから」という理由で、通販や補聴器の専門スタッフのいない量販店などで購入する人が少なくありません。しかし、これらはお勧めできません。【解説】内田育恵(愛知医科大学耳鼻咽喉科特任准教授、国立長寿医療研究センター客員研究員)


難聴の程度に合わせくり返し調整する

補聴器を購入する際、「手軽だから」という理由で、通販や補聴器の専門スタッフのいない量販店などで購入する人が少なくありません。
また、家族を思う気持ちから、自分の親御さんのいないところで購入した補聴器をプレゼントする人がいます。
しかし、これらはどれもお勧めできません。

2007年の国民生活センターの調べによれば、補聴器や集音器10銘柄を調査した結果、出力の最大音が120㏈を超える銘柄が7銘柄もありました。
120㏈という音の大きさは短時間聞いていただけで、耳に大きなダメージを与える、耳にとって危険な音量です。

つまり、自分用に調整していない不適切な補聴器を使っていると、聞こえがよくなるどころか、かえって耳に有害となって難聴を進行させてしまう恐れがあるのです。

日本耳鼻咽喉科学会では、耳の聞こえや補聴器について専門知識を持つ補聴器相談医を認定しています。
聴力検査や言葉の聞き取り検査などを行い、補聴器が必要かどうかを医師に判断してもらいましょう。

一般には40㏈を超える難聴になると、日常生活に聞こえの不便が出始め、補聴器を考える目安となります。
そして補聴器が必要となったら、医師に認定補聴器専門店を紹介してもらいましょう。

認定補聴器専門店とは、補聴器の調整技能を有する「認定補聴器技能者」という専門スタッフがいて、補聴器の調整、補聴効果を測定する設備が整った店舗を指します。
また、補聴器販売店によっては、調整された補聴器が自分に合ったものかどうか試せる無料の貸出期間(試用期間)を設けている店舗もあるため、利用するといいでしょう。

補聴器は、1台5〜50万円と価格にかなり幅があります。
多機能や細かな調整機能などが価格に反映されている面もありますが、それぞれの機能が本当に使う人にとって必要かどうか、製品内容をよく聞いて納得した品を購入することをお勧めします。

補聴器を購入して使用している人も、適切なレベルで補聴器が効果を示しているか、難聴が進行していないかなどを確認するため、定期的に耳鼻咽喉科で診察を受けるといいでしょう。

補聴器は購入した後も、使う人の状況に合わせて微調整や点検をくり返すことが、上手に使う秘訣です。
メガネと違って、購入した後も何度でも音質を変更したり、音量レベルを変えたりすることができます。

補聴器を利用して自身の聞こえの能力を十分に活用し、会話を楽しんで健やかな毎日を過ごしましょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


難聴 加齢性難聴 補聴器

関連する投稿


【補聴器で聞こえない】人工聴覚器の難聴治療「EAS(残存聴力活用型人工内耳)」とは

【補聴器で聞こえない】人工聴覚器の難聴治療「EAS(残存聴力活用型人工内耳)」とは

難聴になると補聴器を装用するのが一般的ですが、改善効果が得られない人もいます。しかし近年、補聴器とは異なるしくみで聴覚を代替する「人工聴覚器」が普及し、重症の難聴も治療可能になってきています。難聴の最新治療について、岩崎聡先生に伺いました。【解説】岩崎聡(国際医療福祉大学三田病院教授、耳鼻咽喉科部長)


【腰痛・膝痛が改善】痛みやしびれを改善する「操体法」とは ぎっくり腰もすぐ楽に

【腰痛・膝痛が改善】痛みやしびれを改善する「操体法」とは ぎっくり腰もすぐ楽に

「寝床で足をモゾモゾする」だけで病気や痛みが快方に向かう。こう言うと「えっ」と驚くかたもいると思います。しかし、これは実は「操体」という健康法の基本的な動きの1つです。では、操体とはどういうものなのでしょうか。【解説】北村翰男(奈良操体の会主宰・薬剤師・鍼灸師)


【難聴】を自分で見分ける方法 話しかけるときの注意点は?

【難聴】を自分で見分ける方法 話しかけるときの注意点は?

加齢による聴力の低下、いわゆる加齢性難聴は、何十年もかけて、とてもゆっくりと進行します。このため、本人はなかなか気付きません。しかし、放置していれば、耳の状態は日々悪化していくことになります。【解説】内田育恵(愛知医科大学耳鼻咽喉科特任准教授・国立長寿医療研究センター客員研究員)


耳鳴りの原因は「脳の変化」?改善する2つの対策「補聴器」と「自然音」を専門医が解説

耳鳴りの原因は「脳の変化」?改善する2つの対策「補聴器」と「自然音」を専門医が解説

耳鳴りは、患者さんの主観をもとに診断されるので、耳鳴りに共通する客観的な原因が、なかなか明らかにならなかったのです。近年、脳の神経活動を解析する技術が飛躍的な発展を遂げました。【解説】岡本秀彦(国際医療福祉大学医学部生理学教授・耳鼻咽喉科専門医)


難聴は認知症発症リスクを高める?対策には「見た目の若さ」と「補聴器」 海外でも注目

難聴は認知症発症リスクを高める?対策には「見た目の若さ」と「補聴器」 海外でも注目

最近の国内外の研究では、難聴と認知症の関係にたいへん注目が集まっています。難聴と認知症の関連については、非常に多くの学説が唱えられていますが、そのうちの代表的な説をご紹介します。【解説】内田育恵(愛知医科大学耳鼻咽喉科特任准教授、国立長寿医療研究センター客員研究員)


最新の投稿


【視力回復】近視や緑内障の改善には“自律神経の乱れ”を正す「爪もみ」がお勧め

【視力回復】近視や緑内障の改善には“自律神経の乱れ”を正す「爪もみ」がお勧め

目が疲れてショボショボすると、私たちは自然にまぶたに手をやり、こすったり、もんだりします。このように、目に不快感が現れるのは、自律神経のバランスが乱れている証拠です。自律神経をバランスよく働かせることが、目の健康を守る基本なのです。そこでお勧めしたいのが、「爪もみ」です。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


【野菜スープの効果】シミ(老人斑)が薄くなった!老眼もなく、白内障も進行しない

【野菜スープの効果】シミ(老人斑)が薄くなった!老眼もなく、白内障も進行しない

野菜スープをとり始めてしばらくたったころ、妻が私の顔をまじまじと見て、こう言いました。「あなた、シミが薄くなったわねえ」私は現在79歳で、10年ほど前から老人斑と呼ばれるシミが増えていました。ところが、野菜スープを飲むうちに、そのシミが非常に薄くなっていたのです。【解説】富永祐民(愛知県がんセンター名誉総長)


原因不明の視力低下が改善した!指のツボを“洗濯ばさみ”で刺激する健康法

原因不明の視力低下が改善した!指のツボを“洗濯ばさみ”で刺激する健康法

「指を洗濯バサミで挟む」と血と気の巡りがよくなり糖尿病・視力低下・痛みに著効!手と指には6本の経絡が走っており、その流れに沿って全身の臓器に対応するツボが多く存在しています。つまり手や指を刺激するだけで全身のあらゆる部位の痛みや不調を改善できるというわけです。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【糖尿病が改善】全身の血流が良くなるツボ刺激「指バサミ」のやり方

【糖尿病が改善】全身の血流が良くなるツボ刺激「指バサミ」のやり方

手と指には6本の経絡が走っており、その流れに沿って全身の臓器に対応するツボが多く存在しています。手や指を刺激するだけで全身のあらゆる部位の痛みや不調を改善できるというわけです。ここでは「洗濯ばさみ」を使ったツボの刺激方法をご紹介します。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【脳梗塞・心筋梗塞】発症予防には起床後の“水分摂取”と肉を食べる前の“○○○”

【脳梗塞・心筋梗塞】発症予防には起床後の“水分摂取”と肉を食べる前の“○○○”

動脈硬化が進むとともに血栓ができると、その結果として、脳梗塞や心筋梗塞といった怖い病気を招いてしまいます。命に関わるこれらの病気を防ぐために習慣にしてほしいのが、起床後に十分な水分を取ることです。【解説】南和友(北関東循環器病院院長、ドイツ・ボッフム大学永代教授)