【耳鳴り・耳閉感が改善】5分で効果が出た「ハチの羽音呼吸法」とは リラックス効果も

【耳鳴り・耳閉感が改善】5分で効果が出た「ハチの羽音呼吸法」とは リラックス効果も

私は、患者さんが耳鳴りを訴えて来院した初診時には、お話をうかがいながら、姿勢や表情、呼吸などをじっと観察するようにしています。このような観察をくり返すうち、ある共通する現象に気付きました。それは呼吸です。【解説】石井正則(JCHO東京新宿メディカルセンター耳鼻咽喉科診療部長)


石井正則
1980年、東京慈恵会医科大学卒業。84年、同大学院卒業とともに、米国ヒューストン・ベイラー医科大学・耳鼻咽喉科へ留学。87年に帰国後、東京慈恵会医科大学耳鼻咽喉科医長に就任。2000年より、同大学准教授。現在、JCHO東京新宿メディカルセンター耳鼻咽喉科診療部長。日本耳鼻咽喉科学会評議員。著書に『耳鳴りがスッキリする呼吸がわかった』、監修書に『耳鳴り・難聴を治す本』(ともにマキノ出版)などがある。

耳鳴りの患者さんの呼吸は浅い

私は、患者さんが耳鳴りを訴えて来院した初診時には、お話をうかがいながら、姿勢や表情、呼吸などをじっと観察するようにしています。

このような観察をくり返すうち、ある共通する現象に気付きました。
それは呼吸です。
ほぼ例外なく、肩と胸を上下させる浅い胸式呼吸をしていたのです。

人は、幼いころは無意識に腹式呼吸をしています。
赤ちゃんを見ればわかりますが、おなかを上下させて、すやすやと寝ます。
それが年齢を重ねるにつれ、気付かないうちに息の浅い胸式呼吸になっているのです。

簡単にいえば、腹式呼吸はストレスや緊張を和らげます。
耳鳴りが悪化するのはストレスや緊張が大きく関わっており、ゆったり腹式呼吸をするだけで改善する人がいるのです。

実は私自身も、「シー」という高音性の耳鳴りや「ボー」という低音性の耳鳴り、圧迫感のある耳閉感をときに感じることがありました。
その耳鳴りが、学会発表の最中、急激に悪化して困ったことがあります。

しかし、ここでご紹介する「ハチの羽音呼吸法」を行い、よく睡眠を取り、ストレスを緩和させた結果、耳鳴りや耳閉感は消えたのです。

低い音の耳鳴りと耳閉感に即効性がある

ハチの羽音呼吸法は、特に低音性の耳鳴りと耳閉感には即効性があります。

古代インドの呼吸法「ブラーマリー呼吸法」をアレンジしたもので、ブラーマリーはサンスクリット語で、「ハチの羽音」という意味です。
この呼吸法では、「ウーン」と小さな声を出し続けながら呼吸を行いますが、それがハチの羽音に似ているため、この名が付けられました。

やり方は、下の図です。

耳鳴りの悪化には、自律神経の働きが深く関わっています。
自律神経とは、私たちの意志とは無関係に、内臓や血管などを調整している神経です。

自律神経には、緊張の神経である交感神経と、リラックスの神経である副交感神経の二つがあります。
多くの場合、この両者は拮抗するように働いています。
ストレスや働き過ぎなどで交感神経優位の状態が過剰に長く続くと、交感神経が元の状態へ戻れなくなります。

それが、耳鳴りや耳閉感の悪化という現象を呼ぶのです。

ここで重要なのが、交感神経が過剰な状態を解き、副交感神経を安定させることです。

実際にハチの羽音呼吸法をやってみるとわかりますが、自分の声の振動が頭蓋骨に伝わり、その振動が脳全体に伝わることで心地よさを体感できます。
同時に、それによってリラックス効果も得られます。

たった5分で21人中16人の耳閉感が改善

耳鳴りと耳閉感のある患者さん21人のご協力で、ハチの羽音呼吸法の効果を実験しました。
実験の結果、この呼吸法を実践している間中ずっと、全員の脳でリラックス時に出るα波が増加することがわかりました。

また、ハチの羽音呼吸法を終えた5分後に、通常の腹式呼吸に戻して聞き取り調査をしました。
その結果、21人中16人が耳閉感の改善を実感しました。

さらに、12週間ハチの羽音呼吸法を継続してもらったのちに、再度測定すると、α波が一定して高く現れ、脳が落ち着いていることがわかりました。
交感神経が抑制され、副交感神経が適度に活性化していることも判明しました。

耳鳴りに悩まされるようになったら、まずはハチの羽音呼吸法を試してください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【肌が若返る】シミ・シワ 肌トラブルを改善する「1円玉療法」のやり方

【肌が若返る】シミ・シワ 肌トラブルを改善する「1円玉療法」のやり方

体に1円玉をはるだけで、ひざ痛、腰痛、耳鳴りなど、痛みや不調に即効性があると大人気の「1円玉療法」。効くのはそれだけではありません。アンチエイジングにも有効なのです。今月号では、シミやシワ、抜け毛の改善といった美容や若返りに効果的なはり方をご紹介します。【解説】川村昇山(弘漢療法院院長)


【夏太りを予防】有効成分を丸ごと「レモン酢ダイエット」とは  高血圧、耳鳴りに著効

【夏太りを予防】有効成分を丸ごと「レモン酢ダイエット」とは 高血圧、耳鳴りに著効

レモンは、数あるかんきつ類のなかでも、有効成分や機能性成分を豊富に含むフルーツです。果肉や果汁はもちろんのこと、厚みのある皮にも健康に役立つ成分がぎっしり含まれています。そうしたレモンの果肉と皮の成分をあますところなく取れるのが、「レモン酢」です。【解説】本橋登(薬学博士・インド国立大学博士論文審査官)


【不眠が改善】自律神経を整える「オルゴール療法」で不安感や頭痛も解消した

【不眠が改善】自律神経を整える「オルゴール療法」で不安感や頭痛も解消した

頭痛やめまい、不安症といった症状とともに生じる不眠は、睡眠薬などの効果が不十分であることも多く、対処が難しいのが特徴です。このような不眠に対して、私が5年前から治療に導入して、効果を感じているのが「オルゴール療法」です。【解説】星野茂(ほしの脳神経クリニック院長)


集中力を高め学習能力がアップする「15秒丹田呼吸」は自己治癒力も高める

集中力を高め学習能力がアップする「15秒丹田呼吸」は自己治癒力も高める

15秒丹田呼吸は呼吸ですから、体に悪いということはまずありません。時と場所を選ばず、お金もまったくかかりません。誰にでも手軽にできて効果の高い健康法ですので、ぜひ皆さんも試してください。【解説】川嶋朗(東京有明医療大学保健医療学部教授・医師)


【めまい・耳鳴り】は“低血圧”が原因?低血圧改善には「チェダーチーズ」が有効

【めまい・耳鳴り】は“低血圧”が原因?低血圧改善には「チェダーチーズ」が有効

めまいや耳鳴りを医師に診てもらうとなれば、多くの人は耳鼻科に行くでしょう。そして、「耳の奥にある“内耳のむくみ”が関係している」と指摘されるかもしれません。【解説】永田勝太郎(千代田国際クリニック院長・WHO(世界保健機関)心身医学・精神薬理学教授)


最新の投稿


【沖ヨガの効果】“足”への刺激は自分で「治る力」を高める 「足裏たたき」を医師が推奨

【沖ヨガの効果】“足”への刺激は自分で「治る力」を高める 「足裏たたき」を医師が推奨

人間は、よほどのことがない限り、自分で自分の体を治す力を持っています。足の刺激法などのほうが、薬よりはるかに上であって、まず試すべきものです。足を刺激することによって、その人が本来持っている、治る力を活性化させることができるからです。【解説】樋田和彦(ヒダ耳鼻咽喉科院長)


【沖ヨガの特徴とは】心身をケアするヨガ "足裏たたき" で心も体もリラックス

【沖ヨガの特徴とは】心身をケアするヨガ "足裏たたき" で心も体もリラックス

足裏たたきを続けていると、胃腸や肝臓や膵臓の不調、肺をはじめとした呼吸器の不調、心臓の不調、血管の問題、腎臓や泌尿器の不調、腰痛や首の痛み・こりなどが、次々によくなっていきます。同時に、肌もきれいになり、姿勢もよくなって若々しく生まれ変われるのです。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


不調の5大原因を取り除く【沖ヨガ】「足裏たたき」の効果 腰痛が改善、ストレスが解消した

不調の5大原因を取り除く【沖ヨガ】「足裏たたき」の効果 腰痛が改善、ストレスが解消した

病気になる前に、その原因を遠ざける。もし病気になったとしても、自然の回復を促す。それが足裏たたきのすぐれた効能です。やり方を身につければ、あなたにとって、必ず一生の宝になります。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【沖ヨガ】詰まりが取れて全身に血が巡る「足裏たたき」のやり方

【沖ヨガ】詰まりが取れて全身に血が巡る「足裏たたき」のやり方

刺激して痛みを感じる部位があれば、そこは体の巡りが悪く詰まっている証拠です。重点的にたたいたり、もんだりしてください。詰まりが取れて全身の血の巡りが一気によくなり、目も頭もスカッとします。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【胃腸の健康】ピロリ菌を撃退し善玉菌を増やす効果 “乳酸菌”が豊富な「水キムチ」

【胃腸の健康】ピロリ菌を撃退し善玉菌を増やす効果 “乳酸菌”が豊富な「水キムチ」

生野菜は、胃の粘膜を荒らすため、胃が疲れているときにサラダを食べるのはよくありません。しかし、同じ野菜でも、発酵させた水キムチなら、胃に優しく作用するので安心です。【解説】丁宗鐵(日本薬科大学学長)