【鼻づまりを即改善】鼻の通りを良くする方法 4つのポイント刺激で顔もリフトアップ

【鼻づまりを即改善】鼻の通りを良くする方法 4つのポイント刺激で顔もリフトアップ

鼻の通りがよくなると、体調がぐんとよくなって、顔も美しくなり、スーッと気持ちよい体の状態になります。顔の真ん中にある鼻が、重要なのです。このことを、もっと多くの人に気づいてほしいと私は思っています。【解説】杉本錬堂(NPO法人錬堂塾主宰・天城流湯治法湯治司)


鼻の通りが悪いと顔がたるんでしまう

原因のよくわからない頭痛や疲労感などは、実は鼻の不調から引き起こされていることがあります。
鼻水などで鼻の通りが悪くなると、吸う空気が妨げられ、呼吸が浅くなります。

その結果、体が酸素不足に陥るのです。
そして、なんとか空気を取り込もうと、口で呼吸をするようになります。

この「口呼吸」の害は、テレビや雑誌でも多く取り上げられていますが、私が1つ付け加えたいのは、咀嚼の回数が減る点です。
呼吸をするために口を使いたいので、食事のときにあまりかまずに、さっさと食べ物をのみ込んでしまいます。

そのため、胃腸に負担がかかり、食べ物の消化・吸収に関係する「小腸系」と「大腸系」が滞ります。
そして、滞りが顔や上半身にも悪影響を及ぼして、さらに鼻の通りが悪くなるという悪循環に陥ってしまうのです。

私が言うところの「小腸系」「大腸系」は、生命エネルギーの気の通り道と言われている、東洋医学の「経絡」ではありません。
数万人の体を私が見てきた中で生まれた、オリジナルの考え方です。

この考え方に基づいた施術を、今では医師や鍼灸師、柔道整復師などの医療関係者も取り入れるようになってきました。
口呼吸では、絶えず口が開きっぱなしになるため、口もとがだらしなく緩んで、あごやほおもたるみます。

ですから私は、その人の顔を見ただけで、鼻づまりかどうか、そして小腸系・大腸系が滞っているかどうかもわかってしまいます。

食事の前に鼻の通りをよくしておく

鼻の通りをよくするために、最もたいせつなのは、よくかんで食べること。
私は1口当たり40〜50回かんで食べています。

読者の皆さんも、最低25〜50回くらいはかんで食べてほしいものです。
ところが、前にも述べたように、鼻が通っていなければ、食べ物が口の中にあると息苦しくて、しっかりとかんで食べることができません。

そこで、すぐに鼻の通りをよくする4つの刺激ポイントを教えましょう。
食事の前に刺激することで、よくかんで食べられるようになります。

また、あごやほおも引き締まるでしょう。
4つのポイントと刺激のしかたは、下図を参照してください。

俗に言う「イタ気持ちいい」程度の力で刺激します。

鼻で吸い込むから深い呼吸ができる

呼吸のたいせつさは、たくさんの人がすでに知っていると思います。
腹式呼吸がいい、ゆっくり吐くといいなど、呼吸についてはよく言われますが、空気の入り口である鼻についてはあまり重要性を認識されておらず、口呼吸になっている人も多いようです。

鼻は呼吸するためとにおいをかぐための器官で、口はしゃべるためと食べるための器官です。
ここで試してほしいのですが、まず鼻からゆっくり息を吸って、吐き出してください。

肺が膨らんで、肋骨が広がるはずです。
では次に、口からゆっくり息を吸って、吐き出しましょう。

胸が緊張して、肺が全然膨らみません。
このことからわかるように、口呼吸をしている人は、肺の容量の30%程度しか空気の出し入れをしていないようです。

私が思うには、鼻で空気が浄化されるだけでなく、肺にとってなにかよいものを混ぜているから、鼻呼吸で肺がしっかりと膨らむのではないでしょうか。
鼻の通りがよくなると、体調がぐんとよくなって、顔も美しくなり、スーッと気持ちよい体の状態になります。

顔の真ん中にある鼻が、重要なのです。
このことを、もっと多くの人に気づいてほしいと私は思っています。

杉本錬堂
自然・温泉・健康・遊びプロデューサー。温泉療法、健康セミナー、アウトドアイベントなどを通じ、健康保養によるまちづくりを目指す。2001年、NPO法人錬堂塾を設立。静岡県地域づくりアドバイザー、健康・福祉・まちづくりアドバイザーなど、自治体のアドバイザーもこなす。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


たるみ 鼻づまり

関連する投稿


【まるで別人】たるみ・ほうれい線・シワを取る 1回10秒「顔ヨガ」のやり方

【まるで別人】たるみ・ほうれい線・シワを取る 1回10秒「顔ヨガ」のやり方

1回10秒! 表情グセを正して顔のたるみ、ほうれい線、シワを取る「顔ヨガ」をご紹介します。顔ヨガをくり返し行うと、表情筋が鍛えられるため、いつまでも若々しい顔を維持することができますし、表情も豊かになります。早ければ1~2週間で変わり始めます。ぜひ、鏡を見ながら楽しく行ってください。【解説】間々田佳子(顔アスリート)


【顔が若返る】表情筋を鍛える「顔ヨガ」で二重あご、下がりまぶた、唇のシワも全部解消!

【顔が若返る】表情筋を鍛える「顔ヨガ」で二重あご、下がりまぶた、唇のシワも全部解消!

表情グセを正して、使っている筋肉と使っていない筋肉の差をなくし、シワやたるみを解消するのが顔ヨガです。たるみを取り除く外科的な手術もありますが、顔の動かし方が変わらなければ、また同じところにたるみが出てきます。【解説】間々田佳子(顔アスリート)


【二重あご】若返りホルモンが分泌!顔の歪みも取る「舌回し」 の効果

【二重あご】若返りホルモンが分泌!顔の歪みも取る「舌回し」 の効果

「年を取るにつれ、ほおやあごがたるんで二重あごになってきた」そう感じている人は多いのではないでしょうか。実は、簡単な方法で、たるみや二重あごを撃退し、若いころのようなシャープなフェイスラインに戻せるのです。その方法とは、私の推奨する「舌回し」です。【解説】小出馨(日本歯科大学新潟生命歯学部歯科補綴学第一講座主任教授)


【整形なしで】2週間で効果!たるみが取れて顔が変わる「舌回し」のやり方

【整形なしで】2週間で効果!たるみが取れて顔が変わる「舌回し」のやり方

舌回しは、顔やのどにある表面の筋肉だけでなく、インナーマッスルを鍛えてバランスを整えます。顔のたるみやゆがみを取り、笑顔がとてもさわやかになります。 簡単ですが、効果は絶大です。【解説】小出馨(日本歯科大学新潟生命歯学部教授)


【アレルギー性鼻炎】原因と症状 対策とコツ「布団の干し方・鼻うがい」のやり方

【アレルギー性鼻炎】原因と症状 対策とコツ「布団の干し方・鼻うがい」のやり方

アレルギー性鼻炎の患者数が増えている理由は、アレルギーの原因物質「アレルゲン」の増加です。アレルゲンにはスギ・ヒノキなどの花粉といった季節性のものと、ハウスダストのような通年性のものがあります。【解説】石井正則(JCHO東京新宿メディカルセンター耳鼻咽喉科診療部長)


最新の投稿


【体験談】「マインドフルネス呼吸法」で夫婦ゲンカ激減した!気持ちが落ち込まなくなった

【体験談】「マインドフルネス呼吸法」で夫婦ゲンカ激減した!気持ちが落ち込まなくなった

マインドフルネス呼吸法は、ウツウツとするときや、クヨクヨするときに行えば、気持ちを切り替えることができます。また、軽いうつの人であれば、症状が軽減すると言われています。「マインドフルネス呼吸法」を実際に行った人の体験例3名をご紹介しましょう。【解説】石井朝子(ヒューマンウェルネスインスティテュート代表、心理学博士)


【ストレスを軽くする方法】「マインドフルネス」は実は日本人になじみ深い?

【ストレスを軽くする方法】「マインドフルネス」は実は日本人になじみ深い?

マインドフルな状態に自分を置き、心に余裕を持ち、目の前にある問題を冷静に観察していきましょう。そうすれば、その問題に対してどのように関わっていけばいいのか、冷静に判断できるようになります。【解説】大野裕(一般社団法人認知行動療法研究開発センター理事長・医師)


【沖ヨガの効果】“足”への刺激は自分で「治る力」を高める 「足裏たたき」を医師が推奨

【沖ヨガの効果】“足”への刺激は自分で「治る力」を高める 「足裏たたき」を医師が推奨

人間は、よほどのことがない限り、自分で自分の体を治す力を持っています。足の刺激法などのほうが、薬よりはるかに上であって、まず試すべきものです。足を刺激することによって、その人が本来持っている、治る力を活性化させることができるからです。【解説】樋田和彦(ヒダ耳鼻咽喉科院長)


【沖ヨガの特徴とは】心身をケアするヨガ "足裏たたき" で心も体もリラックス

【沖ヨガの特徴とは】心身をケアするヨガ "足裏たたき" で心も体もリラックス

足裏たたきを続けていると、胃腸や肝臓や膵臓の不調、肺をはじめとした呼吸器の不調、心臓の不調、血管の問題、腎臓や泌尿器の不調、腰痛や首の痛み・こりなどが、次々によくなっていきます。同時に、肌もきれいになり、姿勢もよくなって若々しく生まれ変われるのです。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


不調の5大原因を取り除く【沖ヨガ】「足裏たたき」の効果 腰痛が改善、ストレスが解消した

不調の5大原因を取り除く【沖ヨガ】「足裏たたき」の効果 腰痛が改善、ストレスが解消した

病気になる前に、その原因を遠ざける。もし病気になったとしても、自然の回復を促す。それが足裏たたきのすぐれた効能です。やり方を身につければ、あなたにとって、必ず一生の宝になります。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)