【やり方】足の指を動かせば不眠症が改善して熟睡できる 性力も復活した

【やり方】足の指を動かせば不眠症が改善して熟睡できる 性力も復活した

現代人は、イスに座ってパソコンばかり、使うのは目と頭だけ……。こういうと、「ジムに通って体を鍛えている」「よく歩くようにしているから大丈夫」という人がいます。しかし、たとえ運動を心がけている人でも、血流の鍵を握る「足指」は、意外に使っていないものです。【解説】留目昌明(和楽堂治療院院長)


足指を動かさない生活が末端の血流を悪くする

現代人は、イスに座ってパソコンばかり、使うのは目と頭だけ……。

こういうと、「ジムに通って体を鍛えている」「よく歩くようにしているから大丈夫」という人がいます。
しかし、たとえ運動を心がけている人でも、血流の鍵を握る「足指」は、意外に使っていないものです。

指は体の末端です。心臓から送り出された血液は、末端まで行って、また心臓へと折り返してきます。
足指を動かさないでいると、血液は末端で停滞します。

すると血流が悪化し、疲労やむくみ、肥満、肩こり、腰痛などの原因になります。
ひどくなると、心不全やエコノミークラス症候群のように、命にかかわる病気を引き起こしかねません。

また下半身が冷えやすくなり、排泄機能や男性機能の低下の原因に。
頻尿、尿もれ、勃起不全などの症状に悩まされることになります。

特に、高齢者は要注意です。年を取れば取るほど筋肉は弾力を失い、血液を押し戻す力が弱まってしまうもの。
すると血液やリンパ液(体内の余分な水分や老廃物、毒素などを運び出す体液)の循環が悪くなり、末端には代謝されない老廃物が積もりに積もってしまいます。

さらに、高齢者の足の裏を見てください。
皮膚が厚く、硬くなっているでしょう。
皮膚が厚くなればなるほど、その下の血管は細くなり、ますます血が流れにくくなってしまいます。
それを防ぐには、足指を意識的に動かし、ポンプのように血液を押し戻してあげることです。

実は、一昔前の日本人は、日常的に足指を動かしていました。

日本人の暮らしは、ずっと畳の生活だったので、正座から立ち上がるときには、必ず足指を使っていたのです。
足指を90度に曲げて踏ん張るから、立ち上がることができるのです。
これが足指への刺激となり、ポンプ効果で効率的に血を押し戻してくれていました。

また、私が子どものころは下駄で通学していたものですが、下駄は足指で鼻緒をキュッとつかまないと歩けません。

それにくらべ靴は、いくら歩いても足指が少ししか動きません。
イスに靴の現代人のライフスタイルでは、血の巡りが悪くなるばかりというわけです。

物忘れの原因は頭にたまった気

足指を使わないと血流だけではなく、気(一種の生命エネルギー)の流れも停滞します。
特に、パソコンやスマホをよく使う人は、常に頭に気が上っている状態。
こうなるとボーッとして集中力に欠け、物忘れも多くなります。

気の停滞を解消するには、上半身にたまった気を下へと流してやることです。

気の通り道を経絡といいますが、足には6本もの経絡が通っています。
足指を動かし、経絡に気を通すことで、全身に気が巡ります。
それと同時に滞った血も心臓に戻るので、血流、リンパ液、気、すべてが巡り始めます。 

血と気の停滞解消法として、ぜひ行ってほしいのが、私が考案した足指そらし、「足の指立て」です。
指立てというと腕立て伏せを連想して、きつくて辛い印象を受けるかもしれませんが、そんなことはありません。

やり方は簡単です。
正座してからつま先立ちし、そこからさらに足指を伸ばします。
このとき、体重を足指で持ち上げるのではなく、一緒にお尻も持ち上げます。
「いち、に、いち、に」とリズミカルに足指を立てましょう(詳しいやり方は下の図解を参照)。

体力のない人は、低めのテーブルや台に手やひじをついて行ってください。

万病に効くエクササイズ

足の指立てをすると、即効で効果が現れるのが、睡眠です。
実践した人からは「熟睡できた」「寝付きがよくなった」という反響が大きく、また熟睡することで自律神経(内臓や血管の働きを調整する神経)が整うので、さまざまな体調不良も解消していきます。

だるさ、疲労感が取れ、血圧が安定。目と頭がスッキリし、集中力が増して、やる気がわいてきます。
さらに泌尿器の血流も改善されるため、頻尿が改善され、性力も復活します。

現代人にとって、足指をいかに刺激するかが、若さを保つ秘訣です。
足の指立ては、まさに万病に効くエクササイズといえるでしょう。

留目昌明
1948年、青森県生まれ。明治大学農学部、東京鍼灸柔整専門学校卒業。治療と並行し、ミネラルが豊富な「薬になるリンゴ」を作る。著書に『百姓として治療師として「体にいいこと」伝えたい』(かんき出版)がある。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【慈恵医大の入院食】食後血糖値を下げる効果 お昼の「麦ごはん」で患者さんの便秘も解消

【慈恵医大の入院食】食後血糖値を下げる効果 お昼の「麦ごはん」で患者さんの便秘も解消

東京慈恵会医科大学附属病院では、入院患者さんへの昼食に、毎日、大麦が3割入ったごはんを出しています。大麦は、ビタミンB群やミネラル類を多く含む栄養豊富な食材です。成分の中でも特筆すべきなのが、食物繊維の多さです。【解説】濱裕宣(東京慈恵会医科大学附属病院 管理栄養士)


【便秘を解消】人気の慈恵医大式「大麦レシピ」で免疫力もアップ!

【便秘を解消】人気の慈恵医大式「大麦レシピ」で免疫力もアップ!

東京慈恵会医科大学附属病院では、入院患者さんへの昼食に、毎日、大麦が3割入ったごはんを出しています。調理が簡単で美味!便秘を解消し免疫力もアップと人気の慈恵医大式「大麦レシピ」をご紹介します。【監修】濱裕宣(東京慈恵会医科大学附属病院・管理栄養士)


【血圧を下げる】“だし“の素材の健康効果 血糖値やコレステロールも下げる

【血圧を下げる】“だし“の素材の健康効果 血糖値やコレステロールも下げる

一汁三菜が基本の和食は、理想的な健康食です。そしてその和食の要である「だし」が今、世界的に注目されています。だしを使った料理は、高血圧を抑える食事とほぼ同じです。だしをきかせることでうま味が出て、塩分を減らせるからです。【解説】秋津壽男(秋津医院院長)


【腰痛改善】ウエストを引き締めながらリラックス「ハワイの朝日呼吸」のやり方

【腰痛改善】ウエストを引き締めながらリラックス「ハワイの朝日呼吸」のやり方

「ハワイの朝日呼吸」は、誰でも簡単にできる健康法です。準備運動の「丹田フラダンス」と組み合わせて行うことで、驚くほど心身が健康になります。リラックスしながら、ユラユラ~ッと、リズムよく体を動かしてください。【解説】藤麻美子(日本丹田呼吸法セラピー協会代表 ミラクルレインボー・スクール代表)


【腸内環境を整える】「酢ニンニク」の健康効果とは 活性酸素を除去して老化や便秘を撃退

【腸内環境を整える】「酢ニンニク」の健康効果とは 活性酸素を除去して老化や便秘を撃退

疲労解消にお私がお勧めする「酢ニンニク」はさっぱりおいしく食後にニンニク特有の強烈なにおいが残りません。毎日食べ続けると疲労が解消するばかりか、ニンニクの持つ強力な抗酸化作用が得られ、血液サラサラ、老化予防、腸内環境の改善といった様々な健康効果が期待できます。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授・医学博士)


最新の投稿


【やり方】遠くの大切な人の体と心を癒す宗茂流「遠隔気功」

【やり方】遠くの大切な人の体と心を癒す宗茂流「遠隔気功」

他人の体を動かせるほどの強い気を身につけるにはかなりの鍛錬が必要ですが、この手のひらの気を自分や家族の健康に役立てることはできるかもしれません。手のひらから相手の体に気が入り、全身を巡っていくことをイメージしながら気を送ってみましょう。【解説】宗茂(宗茂気功健康塾塾長・元オリンピック男子マラソン代表)


【便秘を改善】腸内環境を整える「足の裏もみ」 揉んでる最中から便意を感じた!

【便秘を改善】腸内環境を整える「足の裏もみ」 揉んでる最中から便意を感じた!

皆さんのなかには、食事や運動に気を配ってもお通じがよくならない、という人も多いのではないでしょうか。これは、腸から脳への指令がうまく伝わっていないことが考えられます。【解説】劉勇(コリトレール治療院総院長・鍼灸師・医学博士)


【うつ改善・安眠効果】不安や恐怖、心の悩みが軽くなる「足裏タワシ」

【うつ改善・安眠効果】不安や恐怖、心の悩みが軽くなる「足裏タワシ」

実際にクリニックを開設し、日々、患者さんに接していると、「体が健康でないと、心も健康にならない」ことがわかります。例えば、「ストレスを感じると動悸がする」という患者さんは、「動悸がすると不安が強くなり、それがまた動悸につながる」といいます。【解説】木村昌幹(アイさくらクリニック院長)


【写真付き】自分に自信が持てる「アドラー式お片づけ」Before&After

【写真付き】自分に自信が持てる「アドラー式お片づけ」Before&After

衝撃の前後写真満載!生きる力と勇気がわく「アドラー式お片づけ」をご紹介します。アドラー心理学にある「目的論」の考え方。なりたい自分に向かって行動するからこそ、あなたの考え方が変わり、部屋が変わり、次第に人生が変わっていくのです。【解説】丸山郁美(勇気づけホームオーガナイザー)


【書き方】片付けスイッチをオンにする「アドラー式お片づけ練習帳」とは?

【書き方】片付けスイッチをオンにする「アドラー式お片づけ練習帳」とは?

家庭では「きれい」よりも「居場所があること」がたいせつ。完璧を目指すよりも、このサイクルを軽やかに回すことで、快適な自分たちならではの家が作られていくのです。【解説】丸山郁美(勇気づけホームオーガナイザー)