【花粉症が改善】難しさゼロ!気楽で美味しい私の「だしの取り方」を公開 

【花粉症が改善】難しさゼロ!気楽で美味しい私の「だしの取り方」を公開 

「だしくらい取れないとなぁ」ここ数年、私は心のどこかでそう思っていました。私がだしを取るのは年2回。そんな私が、一昨年、ついに憧れの「だし生活」を始めたのです。きっかけは、年末に札幌の実家に帰省したとき、母が作ってくれた年越しそばが、ものすごくおいしかったことでした。【解説】梅津有希子(ライター・編集者・だし愛好家)


だしを取るのは面倒だと思っていた

「だしくらい取れないとなぁ」ここ数年、私は心のどこかでそう思っていました。
私がだしを取るのは年2回。大晦日の年越しそばと、お正月のお雑煮を作るときだけでした。

そのときはやはり「香りがいい」「おいしい!」と感動し、「今年はもっとまめにだしを取ろう」と決心します。
それに、私の中では「だしを取る人=ちゃんと暮らしている人」というイメージがあり、日常的にごく自然にだしを取る人になりたいと思っていました。

しかし、思いはあっても、どうしても続きません。
結局、年末年始以外は、顆粒だしやパックのだしを使っていました。

「私はなぜ、習慣的にだしを取れないのだろう」じっくり考えると、三つの理由が浮かび上がってきました。

①面倒!
実際の作業もですが、たまにしかだしを取らないので、そのたびにやり方を忘れて、本やインターネットで調べます。
すでにそこから面倒なのです。
「面倒だから、たまにしか取らない→たまにしか取らないから面倒」という負のスパイラルに陥っていました。


②顆粒やパックだしで、十分おいしい!
きちんと取っただしのほうがおいしいのは確かですが、顆粒やパックでも、手間のなさを思えば、十分と感じるおいしさです。
忙しい毎日のなかで、ついそちらに手がのびていました。


③どれが正しい取り方か、わからない!
だしの取り方は、料理の先生や専門家によって違いがあります。
どれがいいのか、確固とした確信を持てないまま、だしを取っていました。
それが、モチベーションを下げていました。

だしって、意外と簡単!自由でいいんだ!

そんな私が、一昨年、ついに憧れの「だし生活」を始めたのです。
きっかけは、年末に札幌の実家に帰省したとき、母が作ってくれた年越しそばが、ものすごくおいしかったことでした。

一口すすって、その味に驚愕!「このそばつゆ、何のだし?」と聞くと、「鶏ガラとあごだし」と母。
初めて聞く組み合わせです。

そもそも当時の私は、「顆粒じゃない鶏ガラってあるの? どこに売ってるの?」というレベルでした。
「鶏ガラは、スーパーで売ってるよ。それを水と一緒に鍋に入れて、ストーブにかけておいただけ」だと母は言います。

それに、最近はやっているあごだし(トビウオのだし)を合わせたことで、衝撃的な味わいのそばつゆができていたのです。

もう一つ、実家で驚いた「だし事件」がありました。

台所に大鍋があり、中をのぞくと、大量のコンブが水につかっていたのです。
母に聞くと、「水につけておくだけで、いいだしが出るから」とのこと。
そのコンブだしをお茶代わりに飲んだり、保温ボトルに入れて持ち歩いたりしているとか。

それを温めて飲んでみたところ、ものすごくおいしいのです。
コンブのうま味がたっぷり出た、極上のスープです。

私は、だしのおいしさに圧倒されるとともに、「だしって、意外と簡単では?」と思い始めました。
「コンブを水から入れて火にかけ、沸騰前に取り出し、差し水をして、カツオ節を一気に入れ……」なんてしなくても、コンブを水につけておくだけで、このおいしさなのだからと。

興味が湧いてきた私は、さまざまな料理の専門家やだしにかかわるメーカー、専門店などに取材し、いろいろな角度からだしのことを調べました。
その結果、「だしは難しくない。思っていたよりずっと自由だ」ということがわかったのです。
同時に、自分に合うだしの取り方も見えてきました。

やり方はとっても簡単。
ベースは水で出すコンブだしで、麦茶ポットに水とコンブを入れて、冷蔵庫に置くだけ。
これを単体で使うときもあれば、カツオだしなどを合わせることもあります。

カツオだしも、道具を工夫すれば、簡単に取れることがわかりました。

こういう方法なら、ストレスなくだしが取れます。
らくに取れておいしいので、顆粒やパックのだしは一切使わなくなりました。

夫も喜んでくれて、だし生活はすっかりわが家に定着。

おかげで、次のようなメリットがありました。

だし生活のメリット

①おいしい
最大のメリットは、おいしいこと。
以前は「顆粒でもOK」と思っていた私も、簡単で、しかもしっかり取れただしを味わうようになると、明らかにそのほうがおいしいので、迷いなくだしを取るようになりました。
汁もの、鍋、めん類、煮物などをはじめ、和洋中問わずどんな料理でも、だしを使うと味のグレードが確実に上がります。


②料理の時短になる
だしをしっかり取ると、後は塩やしょうゆなどをちょっと加えるだけで、とてもおいしくなります。
複雑な調理法や味付けをしなくてもおいしいので、料理の時短になります。


③塩分の摂取量が減った
だし生活を始めてから、外食の味付けを濃く感じるようになりました。これは夫も同じです。
だしのうま味があるので、自然に少ない塩分で満足できるようになってきたようです。
夫も私も血圧は高くありませんが、将来を考えると、減塩するに越したことはありません。
減塩には、だし生活が絶対にお勧めです。


④太りにくくなった
だし生活を続けていると、明らかに以前より太りにくくなりました。
だしのきいたおいしい食事だと、少量で満足できるからかもしれません。
また、私は、だしがらのコンブを、刻んでサラダに入れるなど、無理のない範囲で食べるようにしています。
食物繊維たっぷりのコンブを食べることで、太りにくくなっている面もありそうです。


⑤精神的によい
カツオだしなどを取ると、香りで心が癒されます。
また、だし生活を送ることで「ちゃんとしたものを食べている」という実感が持てるのも、精神的にとてもいいと思います。

このほか、私はだし生活を始めて、花粉症が出なくなりました。
花粉シーズンに、前はひどかった目のかゆみや鼻水が、ピタッと出なくなったのです。
どういうメカニズムかわかりませんが、もしかすると添加物の摂取が減ったことや、だしの成分と関係あるのかもしれません。


以上のように、だし生活にはメリットがたくさんあります。
そして、だし生活を続けるいちばんのコツは、「気らくに、自分のやりやすい方法で」だしを取ることです。

よく「だしを取るとき、カツオ節は絞ってはいけない」と言われますが、私は絞っただしと絞らないだしを比べ、前者のほうが濃くて好きだし、もったいないので絞っています。

また、水で取ったコンブだしにカツオだしを加えれば、簡単に合わせだしが作れます。
「コンブを水につけて火にかけて、カツオ節を……」なんて手間をかけなくても、十分おいしい合わせだしが作れます。

プロの料理ではなく、自分たちが食べる家庭料理ですから、好みでアレンジしていいのです。
自分にとって無理のないやり方で、だしのおいしさを存分に味わえるようになると、だし生活を続けるモチベーションは、確実に上がります。

皆さんも、だし生活始めてみませんか?

梅津有希子
1976年北海道生まれ。雑誌編集者を経て2005年に独立。現在、女性向けのwebや雑誌、書籍を中心に、食、ペット、暮らし、発信力などのテーマで執筆や講演を精力的に展開。著書に、ドラマ化もされた『終電ごはん』(幻冬舎)、『吾輩は看板猫である』シリーズ(文藝春秋)など。近著の『だし生活、はじめました。』(祥伝社)が話題。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【自律神経を整える】ヒプノセラピー(催眠療法)とは?潜在意識と繋がって免疫力を高める

【自律神経を整える】ヒプノセラピー(催眠療法)とは?潜在意識と繋がって免疫力を高める

私は診療でヒプノセラピー(催眠療法)を用いています。催眠を特別な状態と感じられるかもしれませんが、誰でも1日に十数回は催眠状態を体験しています。起床時や就寝前の意識がぼんやりしているとき、瞑想やヨガなどをして心静かにしているときは、実は催眠状態にあります。【解説】萩原優(イーハトーヴクリニック院長)


【血圧を下げる】“だし“の素材の健康効果 血糖値やコレステロールも下げる

【血圧を下げる】“だし“の素材の健康効果 血糖値やコレステロールも下げる

一汁三菜が基本の和食は、理想的な健康食です。そしてその和食の要である「だし」が今、世界的に注目されています。だしを使った料理は、高血圧を抑える食事とほぼ同じです。だしをきかせることでうま味が出て、塩分を減らせるからです。【解説】秋津壽男(秋津医院院長)


【腸もれを改善する食事】アトピー性皮膚炎や花粉症を予防する「骨スープ」で免疫力アップ

【腸もれを改善する食事】アトピー性皮膚炎や花粉症を予防する「骨スープ」で免疫力アップ

「骨スープ」とは、肉や魚を骨ごと煮込んだスープのこと。最近では「飲む万能薬」と呼ばれて話題です。骨には、アミノ酸やコラーゲン、カルシウムなどのミネラルが豊富に含まれています。そして、じっくり煮出すことで、かたくて食べられない骨の栄養素が、スープに溶け出るのです。【解説】桑島靖子(桑島内科医院副院長)


【ダイエット】腸内フローラを改善する「玉ねぎヨーグルト」の基本の食べ方

【ダイエット】腸内フローラを改善する「玉ねぎヨーグルト」の基本の食べ方

「“やせ酸”効果で、即やせる!」「血圧・血糖値・コレステロール値が改善!」「花粉症などのアレルギー症状に有効!」など幅広い健康効果が魅力の、玉ねぎヨーグルト。管理栄養士考案のおいしい食べ方をご紹介します。【解説】森崎友紀(管理栄養士・料理研究家)


【ダイエット】私は「昆布水だし」で血圧が下がって29kgやせた 熱中症予防にも

【ダイエット】私は「昆布水だし」で血圧が下がって29kgやせた 熱中症予防にも

私は、おいしいだしを、もっと手軽に、毎日使ってもらおうと、数年前から「コンブ水」を提案するとともに、コンブやコンブ水を使った料理レシピを紹介し続けています。毎日の食事をより豊かにするため、そして、ご家族みなさんの健康づくりのため、ぜひご活用ください。【解説】喜多條清光(天満大阪昆布主人)


最新の投稿


【視力回復】近視や緑内障の改善には“自律神経の乱れ”を正す「爪もみ」がお勧め

【視力回復】近視や緑内障の改善には“自律神経の乱れ”を正す「爪もみ」がお勧め

目が疲れてショボショボすると、私たちは自然にまぶたに手をやり、こすったり、もんだりします。このように、目に不快感が現れるのは、自律神経のバランスが乱れている証拠です。自律神経をバランスよく働かせることが、目の健康を守る基本なのです。そこでお勧めしたいのが、「爪もみ」です。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


【野菜スープの効果】シミ(老人斑)が薄くなった!老眼もなく、白内障も進行しない

【野菜スープの効果】シミ(老人斑)が薄くなった!老眼もなく、白内障も進行しない

野菜スープをとり始めてしばらくたったころ、妻が私の顔をまじまじと見て、こう言いました。「あなた、シミが薄くなったわねえ」私は現在79歳で、10年ほど前から老人斑と呼ばれるシミが増えていました。ところが、野菜スープを飲むうちに、そのシミが非常に薄くなっていたのです。【解説】富永祐民(愛知県がんセンター名誉総長)


原因不明の視力低下が改善した!指のツボを“洗濯ばさみ”で刺激する健康法

原因不明の視力低下が改善した!指のツボを“洗濯ばさみ”で刺激する健康法

「指を洗濯バサミで挟む」と血と気の巡りがよくなり糖尿病・視力低下・痛みに著効!手と指には6本の経絡が走っており、その流れに沿って全身の臓器に対応するツボが多く存在しています。つまり手や指を刺激するだけで全身のあらゆる部位の痛みや不調を改善できるというわけです。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【糖尿病が改善】全身の血流が良くなるツボ刺激「指バサミ」のやり方

【糖尿病が改善】全身の血流が良くなるツボ刺激「指バサミ」のやり方

手と指には6本の経絡が走っており、その流れに沿って全身の臓器に対応するツボが多く存在しています。手や指を刺激するだけで全身のあらゆる部位の痛みや不調を改善できるというわけです。ここでは「洗濯ばさみ」を使ったツボの刺激方法をご紹介します。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【脳梗塞・心筋梗塞】発症予防には起床後の“水分摂取”と肉を食べる前の“○○○”

【脳梗塞・心筋梗塞】発症予防には起床後の“水分摂取”と肉を食べる前の“○○○”

動脈硬化が進むとともに血栓ができると、その結果として、脳梗塞や心筋梗塞といった怖い病気を招いてしまいます。命に関わるこれらの病気を防ぐために習慣にしてほしいのが、起床後に十分な水分を取ることです。【解説】南和友(北関東循環器病院院長、ドイツ・ボッフム大学永代教授)