【膝痛改善】水が溜まって曲げられない!から卒業目前「足の中指回し」で階段スタスタ

【膝痛改善】水が溜まって曲げられない!から卒業目前「足の中指回し」で階段スタスタ

3~4年前から状態が急激に悪化しました。ひざに水がたまるようになったのです。正座はおろか、ひざを曲げることもできません。さすがに我慢できず、整形外科に駆け込みました。水を抜いてもらうと、しばらくは調子がいいのですが、すぐにまた水がたまります。【体験談】中西愛(京都府・フリーアナウンサー)


ひざに水がたまって曲げられない!

 私は、中学、高校、短大を通じて、バスケットボール部に所属していました。かなりハードな練習をしていたので、ひざへの負担が蓄積したのでしょう。「常にひざが気になる」「たまに激痛が走る」という状態になりました。
 ひざに水がたまることもありました。そんなときは整形外科を受診し、注射で水を抜いてもらいます。それでも、試合があればテーピングをして、痛みに耐えながらプレーしたのです。

 主治医には、「いずれ手術をしたほうがいいでしょう」といわれていました。しかし、就職してバスケットボールをやめてからは、ひざの痛みが気にならなくなったので、治療もケアもせずにいました。

 もともと体を動かすことが大好きな私は、ひざ痛をすっかり忘れ、いろいろなことにチャレンジしました。スキー、モダンダンス、フラメンコに加え、エアロビクスのインストラクターをしていた時期もあります。

 そうした積み重ねで、ひざの古傷がぶり返したようです。ひざを曲げると、痛みが走るようになりました。ただ、日常生活には支障がなかったので、依然として放置していたのです。

 ところが、3~4年前から状態が急激に悪化しました。ひざに水がたまるようになったのです。正座はおろか、ひざを曲げることもできません。
 さすがに我慢できず、整形外科に駆け込みました。水を抜いてもらうと、しばらくは調子がいいのですが、すぐにまた水がたまります。整形外科に通院して水を抜いてもらいながら、鍼灸院で鍼治療も受けました。

 しかし、水がたまる頻度は変わりません。「若いときにしっかり治しておけばよかった」と後悔しました。

ひざをしっかり曲げてしゃがむことができた!

 あるセミナーで、豊中愛鍼灸整骨院院長の内田泰文先生と知り合いました。そのとき、内田先生考案の健康法が『壮快』2018年1月号に掲載されると聞きました。そこで、発売と同時に『壮快』を購入したのです。

 その健康法とは、足の中指(第3趾)を回すという簡単な方法でした。中指を調整すると、骨盤のゆがみが正常に戻り、腰痛やひざ痛が治るとありました。
 図解を参考に、足の中指を回してみました。でも、やり方に自信が持てなかったので、内田先生の治療院を訪ねたのです。

 内田先生に中指回しをやっていただくと、その場で足がふっと軽くなりました。心なしか、ひざの曲げ伸ばしがスムーズになったのです。

「これは効く!」と直感し、内田先生にやり方を詳しく教えていただきました。そして毎日、足の中指回しを続けたのです。

 やり方は簡単です。

 朝昼晩の1日3回、左足だけ行えばいいそうです。私の場合、昼は難しいので、朝と夜の1日2回行っています。

 足の中指回しで最初に実感した効果は、足が軽くなったことです。以前は足がいつも重だるく、駅やデパートではほぼエスカレーターを使っていました。それが、足の中指回しを始めたら、日に日に足が軽くなり、今は階段を使うことに全く抵抗がありません。下りの階段も、以前はひざに痛みを感じましたが、もうスタスタ下りられます。

 さらに驚いたのは、年末の大掃除のときでした。床をぞうきんでふくときに、ひざをしっかり曲げてしゃがむことができたのです。ちょっと前までは、信じられない姿勢です。

 足の中指回しを続ければ、完全にひざ痛から卒業できるのではないかと期待しています。

足の中指をほぐしてひざ痛を根本から改善(豊中愛鍼灸整骨院院長・内田泰文)

 中西さんは、足の小指(第5趾)が浮き、重心が定まらないため、ふくらはぎに負荷がかかる立ち方でした。そのため、足裏に受ける衝撃を分散できず、ひざや股関節への負担となっていました。その積み重ねが、ゆがみや痛みになるのです。

 左足の中指を回せば、足裏で地面をつかむ感覚を取り戻せます。臨床経験上、右足の中指を回す必要がないこともわかっています。足のアーチが正常に機能し、重心が安定します。

 中指のねじれを正し、足裏で地面をつかめる状態にすると、脳へ正しい刺激が伝わります。そこで初めて、体は力を入れなくても安定して立つことができます。こうして、ひざ痛が根本的に改善するのです。

→「足の中指回し」の解説はコチラ

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


足の中指回し 膝痛

関連する投稿


【体験談】ひざ痛が改善し、日本舞踊を楽しんでも再発なし「ひざの皿さすり」とは

【体験談】ひざ痛が改善し、日本舞踊を楽しんでも再発なし「ひざの皿さすり」とは

4年前のことです。踊りのけいこをしている最中、私は左ひざを痛めてしまいました。無理な体勢で力をかけてしまったのか、ひざをひねったようです。それ以来、ひざを曲げたり伸ばしたりすると、ズキッと痛むようになりました。【体験談】連寿賀子(大阪府・67歳・書道家・日本舞踊家)


【変形性膝関節症】ひざ痛改善率がアップする運動4選 ひざの皿を上下にさすれば正座ができた

【変形性膝関節症】ひざ痛改善率がアップする運動4選 ひざの皿を上下にさすれば正座ができた

一般的に、変形性ひざ関節症によるひざの痛みは、「筋肉に原因がある」とする説が多いようです。しかし、私は筋肉は関係ないと考えています。なぜなら、ひざ関節の周囲に筋肉はないからです。では何が原因かというと靭帯(骨どうしをつなぐ組織)と関節包(関節を包む膜)の拘縮だと考えています。【解説】大谷内輝夫(ゆうき指圧院長)


【膝の違和感・痛み】私は「耳ひっぱり」で15年来の膝痛が大改善 肩や腰の痛みも解消した!

【膝の違和感・痛み】私は「耳ひっぱり」で15年来の膝痛が大改善 肩や腰の痛みも解消した!

ひざに違和感を覚えるようになったのは15年ほど前です。足が前に出しにくいので、ゆっくりとしか歩けなくなりました。私が「耳ひっぱり」を知ったのは1年前です。図書館で耳ひっぱりの本を見つけたのがきっかけでした。【体験談】大谷美智子(主婦・86歳) 


【膝痛が改善】8割に即効!弱りかたくなった筋肉を刺激する「お尻トントン」

【膝痛が改善】8割に即効!弱りかたくなった筋肉を刺激する「お尻トントン」

ひざ痛を改善しようとする際、大きな障害になるのは、リハビリや運動ができないことです。ひざが痛いときは誰でも動かすのは嫌でしょう。しかし大事をとるうちに、ひざを守る筋力がどんどん落ちていきます。すると、ますますひざ痛が治りにくくなるという悪循環に陥るのです。【解説】田宮高彦(鍼灸師・整体師)


【ひざ痛】「ひざのお皿」が動かせなくて起こっている?対策は「太ももほぐし」

【ひざ痛】「ひざのお皿」が動かせなくて起こっている?対策は「太ももほぐし」

ひざ痛を引き起こすかたの特徴の一つに、太ももの前面の筋肉がかたくなっている点があります。大腿四頭筋がかたくこわばる→ひざのお皿がスムーズに動かなくなる→ひざに負担がかかって軟骨をすり減らす→痛みや違和感を生む、となるわけです。【解説】八木愛子(からだ快善協会理事長・鍼灸指圧師・柔道整復師)


最新の投稿


【子どものアレルギー】善玉菌を増やす「発酵キャベツ」で腸内環境を整えるのがお勧め 自閉症改善にも

【子どものアレルギー】善玉菌を増やす「発酵キャベツ」で腸内環境を整えるのがお勧め 自閉症改善にも

キャベツは、食物繊維がとても豊富で、ふだんの食生活で不足しがちな食物繊維を補うことができる食材です。これを発酵させることで、乳酸菌たっぷりになり、その乳酸菌が腸の中で善玉菌を増やしてくれるため、便秘をはじめとする腸の不調を改善してくれるのです。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授・医学博士)


【自律神経を整える】セロトニン分泌を促し手軽に免疫力がアップする「ハワイの朝日呼吸」の効果

【自律神経を整える】セロトニン分泌を促し手軽に免疫力がアップする「ハワイの朝日呼吸」の効果

自然に触れると、自然の波長と人体の波長が心地よく混ざり合います。これは人体にヒーリング効果を生むと言われています。ハワイをイメージしながら行う「ハワイの朝日呼吸」でも、それに近い効果が得られると思います。【解説】川嶋朗(東京有明医療大学保健医療学部教授・医師)


【二重あご】若返りホルモンが分泌!顔の歪みも取る「舌回し」 の効果

【二重あご】若返りホルモンが分泌!顔の歪みも取る「舌回し」 の効果

「年を取るにつれ、ほおやあごがたるんで二重あごになってきた」そう感じている人は多いのではないでしょうか。実は、簡単な方法で、たるみや二重あごを撃退し、若いころのようなシャープなフェイスラインに戻せるのです。その方法とは、私の推奨する「舌回し」です。【解説】小出馨(日本歯科大学新潟生命歯学部歯科補綴学第一講座主任教授)


【口呼吸・イビキが改善】美容と健康維持に役立つ「舌回し」15の効果

【口呼吸・イビキが改善】美容と健康維持に役立つ「舌回し」15の効果

私が推奨している「舌回し」は、顔のたるみや二重あご、シミ、シワ、ほうれい線といった美容トラブルの改善にすぐれた効果を発揮します。ですが、舌回しの効果は美容面だけにとどまりません。全身のさまざまな不快症状も改善してくるのです。【解説】小出馨(日本歯科大学新潟生命歯学部歯科補綴学第一講座主任教授)


【整形なしで】2週間で効果!たるみが取れて顔が変わる「舌回し」のやり方

【整形なしで】2週間で効果!たるみが取れて顔が変わる「舌回し」のやり方

舌回しは、顔やのどにある表面の筋肉だけでなく、インナーマッスルを鍛えてバランスを整えます。顔のたるみやゆがみを取り、笑顔がとてもさわやかになります。 簡単ですが、効果は絶大です。【解説】小出馨(日本歯科大学新潟生命歯学部教授)