【糖尿病改善・肝臓病に効果】緑茶の効能をさらに高める飲み方を医師が解説

【糖尿病改善・肝臓病に効果】緑茶の効能をさらに高める飲み方を医師が解説

緑茶に含まれるカテキンには、血糖値の上昇を抑制する作用も認められています。 カテキンで糖質の消化吸収がゆっくりになると、糖が血液中に吸収されるのが遅くなって、血糖値の上昇もおだやかになります。結果、糖尿病の予防・改善効果が期待できるのです。【解説】栗原毅(栗原クリニック 東京・日本橋院長)


栗原 毅
北里大学医学部卒業。前慶應義塾大学大学院教授、前東京女子医科大学教授。2008年より現職。医
療過疎地とテレビ電話を利用した遠隔治療を行うなど、予防医学の実践者として活躍。『糖尿病は歯ブラシで治せる』(マキノ出版)、『緑茶を食べると、なぜ糖尿病や認知症に効くのか』(主婦の友社)など書著多数。

ペットボトルの緑茶で毎日うがいを実践

近年、世界的に緑茶の人気が高まっています。
その背景には、緑茶が持つ多様な健康効果が、医学的に解明されてきたことが挙げられるでしょう。

身近なところでは、カゼやインフルエンザ、歯周病、口臭の予防策として「緑茶うがい」が注目されています。
緑茶の葉の渋み成分であるポリフェノールの一種であるカテキンの強力な殺菌作用で、細菌やウイルスを撃退してくれるのです。

緑茶うがいは私も実行していますし、患者さんにもお勧めしています。
外出時には常に緑茶のペットボトルを持参して、人混みに入った後や電車やバスの降車後、すぐに緑茶を口に含み、軽く口の中をすすいでから飲み込みます。
ペットボトルや缶入りの緑茶を購入するさいには、表示されている成分表を見て、カテキンの含有量が多いものを選ぶとよいでしょう。

緑茶の効果はこれだけではありません。

茶葉に含まれるカテキンやコエンザイムQ10は、認知症の発病にかかわるアミロイドβ が、脳へ沈着するのを防いだり、改善したりする効果があるといわれています。
また、私が専門にしている肝臓病にも、カテキンがよいことがわかってきています。

最近では、非アルコール性脂肪肝炎NASH(ナッシュ)の予防効果でも注目されています。
ナッシュは、アルコールを飲まない人でも脂肪が肝臓に蓄積して炎症を伴い、肝硬変や肝臓ガンへも進展することがある怖い肝臓病です。

高濃度カテキンの緑茶飲料の摂取が、肝臓脂肪の減少と肝機能を改善することが、研究で明らかにされています。
そのことから、ナッシュの前段階で肝臓のダメージを抑える可能性が高まると考えられるのです。

また、ナッシュの起因には、体内で過剰に発生した活性酸素(体内で増え過ぎると細胞を傷つけ老化の一因となる物質)がかかわっています。
緑茶のカテキンは、体内、特に肝臓で発生する活性酸素を消去してくれることがわかってきました。
カテキンはメタボ改善にもよい、という研究もあり、多方面からナッシュへの進展を抑えてくれることが期待できます。

さらに、活性酸素の害を弱めることは、ガンの発生や進展の予防につながります。
多くの疫学研究により、緑茶は、肺、大腸、肝臓、胃など多くの臓器のガンの発生を遅らせることが報告されています。
国立がん研究センターらが1990年から、19年間にわたり、約9万人を対象に緑茶と死亡・死因について調査した結果では、緑茶を飲む量が多くなるほど死亡率が下がると判明しました(下のグラフ参照)。

朝は温かいお茶、夜は水出し茶が◎

緑茶に含まれるカテキンには、血糖値の上昇を抑制する作用も認められています。
カテキンで糖質の消化吸収がゆっくりになると、糖が血液中に吸収されるのが遅くなって、血糖値の上昇もおだやかになります。
結果、糖尿病の予防・改善効果が期待できるのです。

実際に静岡県立大学での研究で、緑茶を1日に7杯分ほど飲むことで、血糖値が改善されたことが報告されています。

カテキンは、80℃以上のお湯で入れると茶葉から溶け出しやすく、またそのときに覚醒効果のあるカフェインも一緒に溶け出ます。
頭と体がシャキッとするので、一日の始まりである朝に飲むとよいでしょう。

一方、就寝前は安眠をもたらす「水出し緑茶」がお勧めです。
水で出した緑茶には、緑茶の旨み成分テアニンが多く溶け出ます。
テアニンは、副交感神経を優位にして、心身をリラックス状態に導きます。
夜は水で入れた水出し緑茶を飲むと、ぐっすりと熟睡できるでしょう。

暑い時期は、水出し緑茶を冷水ポットに作っておき、こまめに飲めば水分補給となり、熱中症予防にもなります。


最後に少々余談になりますが、私は現在、北海道積丹町で茶葉を育てる試みを始めました。
これが成功すれば、積丹は世界最北端の茶処になります。
町興しの目的もありますが、すでに完成している老人介護施設の入居者の方々の健康維持に、地元で取れた緑茶が役立てば、素晴らしいことだと思うのです。

まさに緑茶の可能性は無限大です。
日本が世界に誇る、スーパードリンクといっても過言ではないでしょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


原因不明の視力低下が改善した!指のツボを“洗濯ばさみ”で刺激する健康法

原因不明の視力低下が改善した!指のツボを“洗濯ばさみ”で刺激する健康法

「指を洗濯バサミで挟む」と血と気の巡りがよくなり糖尿病・視力低下・痛みに著効!手と指には6本の経絡が走っており、その流れに沿って全身の臓器に対応するツボが多く存在しています。つまり手や指を刺激するだけで全身のあらゆる部位の痛みや不調を改善できるというわけです。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【糖尿病が改善】全身の血流が良くなるツボ刺激「指バサミ」のやり方

【糖尿病が改善】全身の血流が良くなるツボ刺激「指バサミ」のやり方

手と指には6本の経絡が走っており、その流れに沿って全身の臓器に対応するツボが多く存在しています。手や指を刺激するだけで全身のあらゆる部位の痛みや不調を改善できるというわけです。ここでは「洗濯ばさみ」を使ったツボの刺激方法をご紹介します。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【高血圧を予防】腸内環境を整え 血圧を下げる「大根おろし」の効果とは

【高血圧を予防】腸内環境を整え 血圧を下げる「大根おろし」の効果とは

私は、「腸を整えることが健康の要」と考えていますが、その腸を整える食事として「大根おろし」ほど優れた食べ物はないからです。私たちが病気になるのは、今まで日本人が食べてこなかった、体質に合わない食事をするようになったからです。【解説】森下敬一(お茶の水クリニック院長)


【肝臓病とは】A型肝炎 B型肝炎 C型肝炎の違いは? 急性と慢性の違いは? (子供でも分かる大人の病気)

【肝臓病とは】A型肝炎 B型肝炎 C型肝炎の違いは? 急性と慢性の違いは? (子供でも分かる大人の病気)

肝臓は多数の肝小葉という単位が集まった臓器で、「人体の化学工場」といわれ、胆汁を生成して消化を助けるほか、栄養分の分解や貯蔵、解毒、排泄など、重要な働きをしています。【解説】川嶋朗(東洋医学研究所附属クリニック自然医療部門医師・東京有明医療大学教授)


星野源さんもやせた「キャベツダイエット」のやり方 !糖尿病や高血圧も改善する

星野源さんもやせた「キャベツダイエット」のやり方 !糖尿病や高血圧も改善する

キャベツを食べるだけでも、おなかはかなり満たされます。おかずは今までどおりの量でかまいませんが、ご飯を半分程度にします。それでも、私の経験では「おなかいっぱいで、もう食べられない」というくらいの満腹感が味わえます。キャベツの食物繊維の作用で、次回の食事までの空腹感も感じにくくなります。【解説】寺師義典(寺師医院院長)


最新の投稿


【視力回復】近視や緑内障の改善には“自律神経の乱れ”を正す「爪もみ」がお勧め

【視力回復】近視や緑内障の改善には“自律神経の乱れ”を正す「爪もみ」がお勧め

目が疲れてショボショボすると、私たちは自然にまぶたに手をやり、こすったり、もんだりします。このように、目に不快感が現れるのは、自律神経のバランスが乱れている証拠です。自律神経をバランスよく働かせることが、目の健康を守る基本なのです。そこでお勧めしたいのが、「爪もみ」です。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


【野菜スープの効果】シミ(老人斑)が薄くなった!老眼もなく、白内障も進行しない

【野菜スープの効果】シミ(老人斑)が薄くなった!老眼もなく、白内障も進行しない

野菜スープをとり始めてしばらくたったころ、妻が私の顔をまじまじと見て、こう言いました。「あなた、シミが薄くなったわねえ」私は現在79歳で、10年ほど前から老人斑と呼ばれるシミが増えていました。ところが、野菜スープを飲むうちに、そのシミが非常に薄くなっていたのです。【解説】富永祐民(愛知県がんセンター名誉総長)


原因不明の視力低下が改善した!指のツボを“洗濯ばさみ”で刺激する健康法

原因不明の視力低下が改善した!指のツボを“洗濯ばさみ”で刺激する健康法

「指を洗濯バサミで挟む」と血と気の巡りがよくなり糖尿病・視力低下・痛みに著効!手と指には6本の経絡が走っており、その流れに沿って全身の臓器に対応するツボが多く存在しています。つまり手や指を刺激するだけで全身のあらゆる部位の痛みや不調を改善できるというわけです。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【糖尿病が改善】全身の血流が良くなるツボ刺激「指バサミ」のやり方

【糖尿病が改善】全身の血流が良くなるツボ刺激「指バサミ」のやり方

手と指には6本の経絡が走っており、その流れに沿って全身の臓器に対応するツボが多く存在しています。手や指を刺激するだけで全身のあらゆる部位の痛みや不調を改善できるというわけです。ここでは「洗濯ばさみ」を使ったツボの刺激方法をご紹介します。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【脳梗塞・心筋梗塞】発症予防には起床後の“水分摂取”と肉を食べる前の“○○○”

【脳梗塞・心筋梗塞】発症予防には起床後の“水分摂取”と肉を食べる前の“○○○”

動脈硬化が進むとともに血栓ができると、その結果として、脳梗塞や心筋梗塞といった怖い病気を招いてしまいます。命に関わるこれらの病気を防ぐために習慣にしてほしいのが、起床後に十分な水分を取ることです。【解説】南和友(北関東循環器病院院長、ドイツ・ボッフム大学永代教授)