【医師解説】ストレスと病気は関係している!気を「楽」にして不調を解消する気功法

【医師解説】ストレスと病気は関係している!気を「楽」にして不調を解消する気功法

東洋医学の考え方の基本として、「気・血・水」というものがあります。なかでも私たちの健康を大きく左右するのが「気」。その気の流れを詰まらせる原因の1つが、ストレスです。多くの現代人は、ストレスによって気の流れが滞り、さまざまな病気に陥りやすくなっていると考えられます。【解説】能見登志惠(都筑ふれあいの丘クリニック院長)


体の状態は心の声と密接に関係している

私は学生時代、西洋医学を学ぶかたわら、東洋医学も探求してきました。
医師になってからも、東洋医学を大いに治療に役立てています。

東洋医学の考え方の基本として、「気・血・水」というものがあります。
この3つが、滞りなく体内を流れていれば、健康を維持できるとされているのです。

なかでも私たちの健康を大きく左右するのが「気」。
気の流れがよければ、おのずと血(血液)や水(リンパなど)もスムーズに流れるようになるからです。

気とは、体内の生命エネルギー。
東洋医学ではこの気の流れる道すじを経絡と呼んでいます。

その気の流れを詰まらせる原因の1つが、ストレスです。
多くの現代人は、ストレスによって気の流れが滞り、さまざまな病気に陥りやすくなっていると考えられます。

また、体の冷えも、気を滞らせる大きな原因です。
そこで、気をじゅうぶんに巡らせるために、ぜひお勧めしたいのが、今回ご紹介する「お気楽気功」です。

一般的に、気功というと、かなり修行や訓練をしないとできないのではないかと思われがちですが、そんなに難しく考える必要はありません。
お気楽気功の詳しいやり方は、別記事でご紹介しますが、誰でも簡単にできるものばかりです。

この一連の気功を行うことで、気の詰まりを取り去り、全身に巡らせることができます。
すると、血流やリンパの流れ、体の代謝がよくなり、ひざ痛や腰痛、肩こりなどの痛みから、糖尿病や高血圧といった生活習慣病、近視・老眼などの視力低下やドライアイ、さらにはシミやシワ、たるみなどの美容からダイエットに至るまで幅広い効果が得られるのです。

お気楽気功を行ううえでたいせつなのが、イメージ力です。
私たちの体の状態は、心の声と密接に関係しています。

例えば、自分は冷え症だと思うと、体がその声を察知して気の流れが悪くなり、ほんとうに冷え症になってしまいます。
すると水の流れが滞って体の各所にたまるようになり、さまざまな痛みが現れます。

その逆に、体が温かいと思うと、自然と体が温まってきます。
実際、心療内科で使われる自律訓練法(自己催眠療法)などでも「右手が温かい、左手が温かい、右足が温かい、左足が温かい、右足の裏が温かい、左足の裏が温かい」と意識するだけで、血管が開いて血流が増すのが実証されています。

気功をやるときには、心地よいイメージ、気が滞りなく流れていくイメージを持って行ってください。

→「お気楽気功」のやり方はコチラ

自分をほめ、認め、ゆるす。気を楽にする気功

さて、お気楽気功のいいところは、経絡上のツボを効果的に刺激することができることです。
これにより気の詰まりが取れて、血液やリンパなどもスムーズに流れるようになり、健康に大きな効果を及ぼします。

そして、気持ちもリラックスすることができ、自律神経(※意思とは無関係に血管や内臓の働きを調整している神経。興奮をつかさどる交感神経と休息をつかさどる副交感神経が拮抗的に働く。)の副交感神経が活性化します。
お気楽気功でいちばん初めにするのは、大きく口を開けること。

これを行うと、体の緊張がほどけて、副交感神経が優位になり、血流がよくなります。
この動作をするだけでも、血圧が10~20mmHgくらいはすぐに下がることがわかっています。

その後、頭部から足に向かって、軽くたたいたりさすったりしながら、体じゅうのツボを刺激していきます。
そうすると、気や水がスムーズに動いて、体の中の悪いものが流れていくようになります。

さて、お気楽気功でメインとなるのは、鎖骨の下に手を交差して当ててさすりながら、自分をほめ、認め、ゆるす気功です。
「○○ちゃん(自分の名前)、いつもありがとう」「よくがんばっているね」「でも無理しなくてもいいんだよ」「大好きだよ」などと自分に優しい声をかけながらやるのです。

すると、体が「あー、そうなんだ」と認識して、ふーっと気が緩んで楽になり、副交感神経が優位になって、気が流れ始めます。
「もっとがんばらなくては」とか「自分はダメだ」といった自分を追い詰める思いを持つのは禁物です。

そうすると、交感神経が興奮して、気の流れが悪くなってしまいます。
特に若い世代は、自分とうまくつきあえない人が増えています。

自分を追い詰める気持ちが、気の流れを悪化させ、うつなどの心の病気を発症させるのです。
もっと、自分を認め、かわいがってあげることで、こうしたうつ症状も取り除かれます。

ぜひ、お気楽気功で、体の不調を改善し、明るくいきいきとした生活を送ってください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【視力回復】近視や緑内障の改善には“自律神経の乱れ”を正す「爪もみ」がお勧め

【視力回復】近視や緑内障の改善には“自律神経の乱れ”を正す「爪もみ」がお勧め

目が疲れてショボショボすると、私たちは自然にまぶたに手をやり、こすったり、もんだりします。このように、目に不快感が現れるのは、自律神経のバランスが乱れている証拠です。自律神経をバランスよく働かせることが、目の健康を守る基本なのです。そこでお勧めしたいのが、「爪もみ」です。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


【野菜スープの効果】シミ(老人斑)が薄くなった!老眼もなく、白内障も進行しない

【野菜スープの効果】シミ(老人斑)が薄くなった!老眼もなく、白内障も進行しない

野菜スープをとり始めてしばらくたったころ、妻が私の顔をまじまじと見て、こう言いました。「あなた、シミが薄くなったわねえ」私は現在79歳で、10年ほど前から老人斑と呼ばれるシミが増えていました。ところが、野菜スープを飲むうちに、そのシミが非常に薄くなっていたのです。【解説】富永祐民(愛知県がんセンター名誉総長)


原因不明の視力低下が改善した!指のツボを“洗濯ばさみ”で刺激する健康法

原因不明の視力低下が改善した!指のツボを“洗濯ばさみ”で刺激する健康法

「指を洗濯バサミで挟む」と血と気の巡りがよくなり糖尿病・視力低下・痛みに著効!手と指には6本の経絡が走っており、その流れに沿って全身の臓器に対応するツボが多く存在しています。つまり手や指を刺激するだけで全身のあらゆる部位の痛みや不調を改善できるというわけです。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【糖尿病が改善】全身の血流が良くなるツボ刺激「指バサミ」のやり方

【糖尿病が改善】全身の血流が良くなるツボ刺激「指バサミ」のやり方

手と指には6本の経絡が走っており、その流れに沿って全身の臓器に対応するツボが多く存在しています。手や指を刺激するだけで全身のあらゆる部位の痛みや不調を改善できるというわけです。ここでは「洗濯ばさみ」を使ったツボの刺激方法をご紹介します。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【眼瞼下垂】見た目の老化に加え不眠・頭痛の原因 手術と自分でできる予防法

【眼瞼下垂】見た目の老化に加え不眠・頭痛の原因 手術と自分でできる予防法

眼瞼下垂とは、まぶたの機能に障害が生じて、まぶたが開きづらくなっているものをいいます。まぶたが下がってくると、上眼瞼挙筋を強く収縮させて物を見ようとするため、目の上奥が痛くなる群発頭痛や眼精疲労が起こります。【解説】松尾清(松尾形成外科・眼瞼クリニック院長、信州大学医学部特任教授・名誉教授)


最新の投稿


【視力回復】近視や緑内障の改善には“自律神経の乱れ”を正す「爪もみ」がお勧め

【視力回復】近視や緑内障の改善には“自律神経の乱れ”を正す「爪もみ」がお勧め

目が疲れてショボショボすると、私たちは自然にまぶたに手をやり、こすったり、もんだりします。このように、目に不快感が現れるのは、自律神経のバランスが乱れている証拠です。自律神経をバランスよく働かせることが、目の健康を守る基本なのです。そこでお勧めしたいのが、「爪もみ」です。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


【野菜スープの効果】シミ(老人斑)が薄くなった!老眼もなく、白内障も進行しない

【野菜スープの効果】シミ(老人斑)が薄くなった!老眼もなく、白内障も進行しない

野菜スープをとり始めてしばらくたったころ、妻が私の顔をまじまじと見て、こう言いました。「あなた、シミが薄くなったわねえ」私は現在79歳で、10年ほど前から老人斑と呼ばれるシミが増えていました。ところが、野菜スープを飲むうちに、そのシミが非常に薄くなっていたのです。【解説】富永祐民(愛知県がんセンター名誉総長)


原因不明の視力低下が改善した!指のツボを“洗濯ばさみ”で刺激する健康法

原因不明の視力低下が改善した!指のツボを“洗濯ばさみ”で刺激する健康法

「指を洗濯バサミで挟む」と血と気の巡りがよくなり糖尿病・視力低下・痛みに著効!手と指には6本の経絡が走っており、その流れに沿って全身の臓器に対応するツボが多く存在しています。つまり手や指を刺激するだけで全身のあらゆる部位の痛みや不調を改善できるというわけです。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【糖尿病が改善】全身の血流が良くなるツボ刺激「指バサミ」のやり方

【糖尿病が改善】全身の血流が良くなるツボ刺激「指バサミ」のやり方

手と指には6本の経絡が走っており、その流れに沿って全身の臓器に対応するツボが多く存在しています。手や指を刺激するだけで全身のあらゆる部位の痛みや不調を改善できるというわけです。ここでは「洗濯ばさみ」を使ったツボの刺激方法をご紹介します。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【脳梗塞・心筋梗塞】発症予防には起床後の“水分摂取”と肉を食べる前の“○○○”

【脳梗塞・心筋梗塞】発症予防には起床後の“水分摂取”と肉を食べる前の“○○○”

動脈硬化が進むとともに血栓ができると、その結果として、脳梗塞や心筋梗塞といった怖い病気を招いてしまいます。命に関わるこれらの病気を防ぐために習慣にしてほしいのが、起床後に十分な水分を取ることです。【解説】南和友(北関東循環器病院院長、ドイツ・ボッフム大学永代教授)