【幸運を引き寄せる】すべての存在にただ愛を送り続ける「気功法」とは

【幸運を引き寄せる】すべての存在にただ愛を送り続ける「気功法」とは

周囲に対する気持ちを変えるだけで、どんな状況も最適な状況に変わる――これは、物理学をヒントに見い出した、厳然たる事実です。「素粒子」という言葉を聞いたことはありませんか。【解説】保江邦夫(ノートルダム清心女子大学教授・物理学者)


ノーベル賞学者が提唱した新しい世界観に基づく!

周囲に対する気持ちを変えるだけで、どんな状況も最適な状況に変わる――これは、物理学をヒントに見い出した、厳然たる事実です。

「素粒子」という言葉を聞いたことはありませんか。

これは物質を構成する最小単位です。
私たちの体を含めたあらゆる物質は素粒子で構成され、素粒子によって空間は連続的に広がっているというのが、従来の物理学の考えでした。

これに異を唱えたのが、ノーベル賞学者の湯川秀樹博士です。
博士は、素粒子が「素領域」という泡のような入れ物の中に入っていることを、理論的に提唱しました。
泡の配置は不連続で、少し配置が変わるだけで、泡と泡の間を素粒子が行き交う際のエネルギーの伝わり方が変化します。

ところで、素粒子は物理的な力(重力や電磁力など)によって、素領域から別の素領域へと遷移します。

では素領域は何によって動いているかというと、実は「愛」や「情」ではないかと考えるのが、素領域理論のポイントです。
そして、愛や情が作用するということは、素領域1つひとつには「霊」的要素があり、素領域の全集合は「神」といえるのではないか。

素領域どうしの関連性は「神意」によるものといえるのではないか――というのが、素領域理論による、この世界の捉え方です。
素領域に愛を送ると、神意によって、素領域の配置が最適化します。

それによって、運命も、人間関係も、人生すべてが一変するのです。
「意識が、量子(※量子:素粒子が「物質」の最小単位であるのに対し、量子は「物質とエネルギーの性質を併せ持ったもの」の状態を表す際の最小単位)や素粒子に影響を与える」ことは、今や世界じゅうのさまざまな実験で証明されています。

素領域理論も、愛・霊・神といった存在を受け入れ、愛が世界の在り方を変えるということを納得する際に、有効な理論の1つです。

不思議な経緯でスペイン人神父から授かった

素領域の配置を最適化すれば、人生も最適化します。
そのために私たちにできることは、素領域の全集合、すなわち世界のすべての存在に、「愛の気」(私は愛魂と呼んでいます)を送ること――ただそれだけです。

愛魂を送る生き方を実践するためのコツ、「愛の気功」を、私は多くのかたにお伝えしています(やり方は下図)。
自分のみならず、自分を取り巻くあらゆる人に幸運をもたらす秘術です。

活人気功は、「隠遁者様」と呼ばれるスペイン人のエスタニスラウ神父に伝授されたものです。
隠遁とは、人里離れた質素な場所で、ただ祈りを捧げながら暮らすことです。

神父について、私は当初、広島県某所の山奥にいるとしか知りませんでした。
なのに、ある冬の日、「神父にとにかく会いたい」と思い立ち、目的地も定まらぬまま岡山の自宅を出発。

そして、山のかなたに差し込む一条の光を車で追っていたら、神父と邂逅できたのです。
神父は、私の訪問をすでに知っていたそうで、温かな愛で包んでくださいました。

神父とは、数年後に再びお会いしましたが、不思議なことに、2度の訪問で神父と何をお話ししたか、しばらくは全然思い出せませんでした。
しかし、それから何年もたった2011年、私は突然、神父に教わった愛の気功の知恵を思い出たのです。

きっと、神父の教えを活かすべきときが来たのでしょう。
私はその春、愛魂を教える道場を作りました。

→「愛の気功」5大ポイント

ドイツのプロサッカーでハットトリックも達成

愛魂を送っていると、幸運としかいえない現象が次々と起き、愛魂はますます高まります。
先日はこんなことがありました。

サッカーのドイツリーグで活躍中の北野司選手が帰国中に、私を訪ねていきなり「ありがとうございました!」と頭を下げるのです。

何のことか聞くと、愛魂のおかげでハットトリックを達成したといいます。
愛魂以外のことは何も考えずにプレーしたら、足下に突然ボールが現れ、それをゴールに蹴りこんだ。

そんな瞬間が3度も起きたそうです。
「神様がボールをぽんと置いてくれたようでした」と、満面の笑みで話してくれました。

疑問や疑念もあるでしょう。
それでも、すべてを神に託し、素領域に愛をただ送り続けてください。

すべてが幸運な方向に進みゆくはずです。

保江邦夫
1951年、岡山県生まれ。74年、東北大学理学部卒業。76年、京都大学大学院理学研究科博士課程後期課程中退。78年、名古屋大学大学院理学研究科博士課程後期課程修了。スイス・ジュネーブ大学理論物理学科講師、東芝総合研究所研究員を経て、現職。大東流合気武術佐川幸義宗範門人。『ありのままで生きる』(マキノ出版・共著)、『人を見たら神様と思え—「キリスト活人術」の教え』(風雲舎)、『ついに、愛の宇宙方程式が解けました』(徳間書店)など著書多数。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【キャベツダイエット】20kgやせて医師のメタボ腹が解消!高脂血症・イビキも治った

【キャベツダイエット】20kgやせて医師のメタボ腹が解消!高脂血症・イビキも治った

ぜひ皆さんにお勧めしたいのがキャベツダイエットです。実は私自身、キャベツダイエットで、3ヵ月で20kgという大幅減量に成功しました。キャベツダイエットのすばらしい点は、空腹感なしでやせられること。単におなかがすかないだけではありません。まずは私の体験をお話ししましょう。【解説】寺師義典(寺師医院院長)


【原因は猫背】姿勢の悪さが腰痛、めまい、うつ、脳梗塞をも招くと医師解説

【原因は猫背】姿勢の悪さが腰痛、めまい、うつ、脳梗塞をも招くと医師解説

よい姿勢とは、健康状態のバロメーターです。反対にネコ背は、あなたが想像する以上に、体全体に悪影響を及ぼします。ネコ背の悪影響として、最初に思い浮かべるのは見た目の悪さではないでしょうか。よい姿勢は、見た目の印象はもちろん、あなたの健康状態も左右するのです。【解説】平泉裕(昭和大学医学部整形外科学講座客員教授)


【物忘れを改善する食事】ニンニク油で記憶力が回復 高血圧やめまいも撃退

【物忘れを改善する食事】ニンニク油で記憶力が回復 高血圧やめまいも撃退

ニンニク油は脳によい理由の一つは「アホエン」という物質です。多くの研究が行われており①抗酸化作用②血小板凝集抑制作用③血中コレステロール値改善④尿酸値改善・抗ガン作用⑤殺菌、抗ウイルス作用、また近年の研究で、記憶力の向上や認知症の予防に役立つことがわかってきました。【解説】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)


脳梗塞・心筋梗塞の原因【血栓症】 痩せていても“内臓肥満”に要注意

脳梗塞・心筋梗塞の原因【血栓症】 痩せていても“内臓肥満”に要注意

現在、日本でいちばん怖れられている病気は、おそらくガンでしょう。しかし、私に言わせれば、ガン以上に怖いのが、脳梗塞や心筋梗塞(脳や心臓の血管が詰まって起こる病気)です。脳梗塞や心筋梗塞の原因となるのが、血栓症です。【解説】浦野哲盟(浜松医科大学副学長、医生理学講座教授)


【脳梗塞・心筋梗塞を予防】血栓を溶かす薬「tPA」を体内で作る運動とは

【脳梗塞・心筋梗塞を予防】血栓を溶かす薬「tPA」を体内で作る運動とは

脳梗塞(脳の血管が詰まって起こる病気)になったとき、血栓を溶かすために使う画期的な薬があります。それは、tPAという薬です。脳梗塞の発作を起こしても、これを4時間半以内に投与すれば血栓が効率よく溶解され、著効例では、ほとんど後遺症が残ることはありません。【解説】浦野哲盟(浜松医科大学副学長、医生理学講座教授)


最新の投稿


【やり方】遠くの大切な人の体と心を癒す宗茂流「遠隔気功」

【やり方】遠くの大切な人の体と心を癒す宗茂流「遠隔気功」

他人の体を動かせるほどの強い気を身につけるにはかなりの鍛錬が必要ですが、この手のひらの気を自分や家族の健康に役立てることはできるかもしれません。手のひらから相手の体に気が入り、全身を巡っていくことをイメージしながら気を送ってみましょう。【解説】宗茂(宗茂気功健康塾塾長・元オリンピック男子マラソン代表)


【便秘を改善】腸内環境を整える「足の裏もみ」 揉んでる最中から便意を感じた!

【便秘を改善】腸内環境を整える「足の裏もみ」 揉んでる最中から便意を感じた!

皆さんのなかには、食事や運動に気を配ってもお通じがよくならない、という人も多いのではないでしょうか。これは、腸から脳への指令がうまく伝わっていないことが考えられます。【解説】劉勇(コリトレール治療院総院長・鍼灸師・医学博士)


【うつ改善・安眠効果】不安や恐怖、心の悩みが軽くなる「足裏タワシ」

【うつ改善・安眠効果】不安や恐怖、心の悩みが軽くなる「足裏タワシ」

実際にクリニックを開設し、日々、患者さんに接していると、「体が健康でないと、心も健康にならない」ことがわかります。例えば、「ストレスを感じると動悸がする」という患者さんは、「動悸がすると不安が強くなり、それがまた動悸につながる」といいます。【解説】木村昌幹(アイさくらクリニック院長)


【写真付き】自分に自信が持てる「アドラー式お片づけ」Before&After

【写真付き】自分に自信が持てる「アドラー式お片づけ」Before&After

衝撃の前後写真満載!生きる力と勇気がわく「アドラー式お片づけ」をご紹介します。アドラー心理学にある「目的論」の考え方。なりたい自分に向かって行動するからこそ、あなたの考え方が変わり、部屋が変わり、次第に人生が変わっていくのです。【解説】丸山郁美(勇気づけホームオーガナイザー)


【書き方】片付けスイッチをオンにする「アドラー式お片づけ練習帳」とは?

【書き方】片付けスイッチをオンにする「アドラー式お片づけ練習帳」とは?

家庭では「きれい」よりも「居場所があること」がたいせつ。完璧を目指すよりも、このサイクルを軽やかに回すことで、快適な自分たちならではの家が作られていくのです。【解説】丸山郁美(勇気づけホームオーガナイザー)