【幸運を引き寄せる】「愛の気功」実践法5大ポイント

【幸運を引き寄せる】「愛の気功」実践法5大ポイント

愛そうとか愛されようとか努力していたのが、いつの間にか「あるがまま」の愛になるのが、愛の気功の真髄です。誰か(何か)と時空を共有し、ただここに「ある」だけ。それこそが最上の愛の形なのです。【解説】保江邦夫(ノートルダム清心女子大学教授・物理学者)


→「愛の気功」の解説はコチラ

1「進んで損をする」

弱い人、最も損なクジを引いた人から順に、神様は助けてくれます。
例えば、スーパーでは賞味期限ができるだけ短いものを買いましょう。

電車やバスは最後に乗り、最後に降りましょう。
こんなことでも、続けるうちに何かが変わり、ある日「世界はこんなふうに回っているんだ」と気づくはずです。

2「毎朝、合掌する」

自分という存在は、神から身体を与えられている存在です。
合掌は、身体への感謝を忘れないための行為です。

身体に意識を向けるという点では、誰かの重い荷物を持ってあげたり、手を差し伸べたりするのも同じです。
余計なことを考えずに身体を使っていると、状況が変化していきます。

3「人を見たら神様と思う」

人と人の間には、神様がいます。
神様を通して人を見ると、どんな人も神様になり、いい人になります。

もし、目の前の人が悪魔に見えたとしても、それも神様の取り計らいです。
神様だと思えば、どんな人でも自然とたいせつに思えます。

そうすると、悪いことは決して起きません。

4「愛されていると信じ切る」

自分が愛されていないのに、何かを愛そうとするのは困難です。
神様から、お天道さまから、あるいは世界じゅうの人から、こんなに自分は愛されているのだと、勝手に信じ切ることです。

「愛する」と「愛される」は対です。
どちらがなくなっても持続は難しいですが、両方あれば永続できます。

5「あるがままで過ごす」

愛そうとか愛されようとか努力していたのが、いつの間にか「あるがまま」の愛になるのが、愛の気功の真髄です。
誰か(何か)と時空を共有し、ただここに「ある」だけ。

それこそが最上の愛の形です。
自分がここにいること自体が愛だと気づくと、人も、犬も、山も海も、皆同じ愛の存在だと実感できます。

保江邦夫
1951年、岡山県生まれ。74年、東北大学理学部卒業。76年、京都大学大学院理学研究科博士課程後期課程中退。78年、名古屋大学大学院理学研究科博士課程後期課程修了。スイス・ジュネーブ大学理論物理学科講師、東芝総合研究所研究員を経て、現職。大東流合気武術佐川幸義宗範門人。『ありのままで生きる』(マキノ出版・共著)、『人を見たら神様と思え—「キリスト活人術」の教え』(風雲舎)、『ついに、愛の宇宙方程式が解けました』(徳間書店)など著書多数。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


愛の気功 気功 愛の気

関連する投稿


【やり方】遠くの大切な人の体と心を癒す宗茂流「遠隔気功」

【やり方】遠くの大切な人の体と心を癒す宗茂流「遠隔気功」

他人の体を動かせるほどの強い気を身につけるにはかなりの鍛錬が必要ですが、この手のひらの気を自分や家族の健康に役立てることはできるかもしれません。手のひらから相手の体に気が入り、全身を巡っていくことをイメージしながら気を送ってみましょう。【解説】宗茂(宗茂気功健康塾塾長・元オリンピック男子マラソン代表)


【幸運を引き寄せる】幸福感を高める「気」のコントロール方法

【幸運を引き寄せる】幸福感を高める「気」のコントロール方法

気の正体は私と他者の「生命実感」で、気を意識することで幸福感は高められる。「気」を体感すると、人生をどのように輝かせるかが誰でも一足飛びに理解できます。いわゆる気と呼ばれるものを、私は「生命実感」と表現しています。【解説】遠藤喨及(タオ指圧協会インターナショナル代表・浄土宗和田寺住職)


【幸運を引き寄せる】すべての存在にただ愛を送り続ける「気功法」とは

【幸運を引き寄せる】すべての存在にただ愛を送り続ける「気功法」とは

周囲に対する気持ちを変えるだけで、どんな状況も最適な状況に変わる――これは、物理学をヒントに見い出した、厳然たる事実です。「素粒子」という言葉を聞いたことはありませんか。【解説】保江邦夫(ノートルダム清心女子大学教授・物理学者)


【やり方】不調・生活習慣病を撃退する!1分でできる「お気楽」気功法

【やり方】不調・生活習慣病を撃退する!1分でできる「お気楽」気功法

お気楽気功の特長は簡単にできること。難しく考えず、体と心に気持ちのよいことをして楽しむことがいちばんのポイントです。回数はあくまでも目安ですから、気持ちよく感じる範囲で増減してかまいません。気軽に気楽に気持ちよく、お気楽気功を楽しんで続けてください。【解説】能見登志惠(都筑ふれあいの丘クリニック院長)


【ダイエット】20kg10kg自然にやせる人が続出!寝る前9回でやせる「太学功ストレッチ」で便秘も解消!

【ダイエット】20kg10kg自然にやせる人が続出!寝る前9回でやせる「太学功ストレッチ」で便秘も解消!

私たちの体には、気功や中医学の世界で気と呼ばれる生命エネルギーが巡っています。気の流れが滞ったり気が不足したりすると、血液などの流れも滞ります。太学功ストレッチは、気の流れを促してこの状態を解消し、脳に「気は十分あるよ」と認識させて、やせる方法です。【解説】丁治紅(太学功 氣功療法研究所会長)


最新の投稿


【やり方】遠くの大切な人の体と心を癒す宗茂流「遠隔気功」

【やり方】遠くの大切な人の体と心を癒す宗茂流「遠隔気功」

他人の体を動かせるほどの強い気を身につけるにはかなりの鍛錬が必要ですが、この手のひらの気を自分や家族の健康に役立てることはできるかもしれません。手のひらから相手の体に気が入り、全身を巡っていくことをイメージしながら気を送ってみましょう。【解説】宗茂(宗茂気功健康塾塾長・元オリンピック男子マラソン代表)


【便秘を改善】腸内環境を整える「足の裏もみ」 揉んでる最中から便意を感じた!

【便秘を改善】腸内環境を整える「足の裏もみ」 揉んでる最中から便意を感じた!

皆さんのなかには、食事や運動に気を配ってもお通じがよくならない、という人も多いのではないでしょうか。これは、腸から脳への指令がうまく伝わっていないことが考えられます。【解説】劉勇(コリトレール治療院総院長・鍼灸師・医学博士)


【うつ改善・安眠効果】不安や恐怖、心の悩みが軽くなる「足裏タワシ」

【うつ改善・安眠効果】不安や恐怖、心の悩みが軽くなる「足裏タワシ」

実際にクリニックを開設し、日々、患者さんに接していると、「体が健康でないと、心も健康にならない」ことがわかります。例えば、「ストレスを感じると動悸がする」という患者さんは、「動悸がすると不安が強くなり、それがまた動悸につながる」といいます。【解説】木村昌幹(アイさくらクリニック院長)


【写真付き】自分に自信が持てる「アドラー式お片づけ」Before&After

【写真付き】自分に自信が持てる「アドラー式お片づけ」Before&After

衝撃の前後写真満載!生きる力と勇気がわく「アドラー式お片づけ」をご紹介します。アドラー心理学にある「目的論」の考え方。なりたい自分に向かって行動するからこそ、あなたの考え方が変わり、部屋が変わり、次第に人生が変わっていくのです。【解説】丸山郁美(勇気づけホームオーガナイザー)


【書き方】片付けスイッチをオンにする「アドラー式お片づけ練習帳」とは?

【書き方】片付けスイッチをオンにする「アドラー式お片づけ練習帳」とは?

家庭では「きれい」よりも「居場所があること」がたいせつ。完璧を目指すよりも、このサイクルを軽やかに回すことで、快適な自分たちならではの家が作られていくのです。【解説】丸山郁美(勇気づけホームオーガナイザー)