【幸運を引き寄せる】幸福感を高める「気」のコントロール方法

【幸運を引き寄せる】幸福感を高める「気」のコントロール方法

気の正体は私と他者の「生命実感」で、気を意識することで幸福感は高められる。「気」を体感すると、人生をどのように輝かせるかが誰でも一足飛びに理解できます。いわゆる気と呼ばれるものを、私は「生命実感」と表現しています。【解説】遠藤喨及(タオ指圧協会インターナショナル代表・浄土宗和田寺住職)


想像力によって自分と他者の気が融合

私は僧侶です。
僧侶というと、多くの人は「あの世」を取り扱う専門家と思われるかもしれません。
しかしほんとうは、今生きている「この世」の輝かせ方こそが、仏道から学ぶべき知恵だと、私は考えています。
「気」を体感すると、人生をどのように輝かせるかが、誰でも一足飛びに理解できます。

いわゆる気と呼ばれるものを、私は「生命実感」と表現しています。
自身の心を静かに見つめると、そこにはさまざまな情報が流れています。
一瞬一瞬のうちに生じては消える五感、この命を生きているという感覚……これが生命実感です。

実は、誰かといっしょにいるときには、相手の生命実感も、自身の心に反映されます。
ですから、相手の生命実感を想像し、相手と共感しようという思いさえあれば、自らの心の奥を見つめるだけで、相手の生命実感を我がことのように感じられます。
これは私だけでなく、誰にでもできる体験です。

私たちの意識はふだん、自分と他者、自分と外の世界、というふうに、自分以外のものを「区別」してとらえがちです。
しかし、区別の意識を捨てて、目の前の相手の気に意識を向けるうちに、だんだん自分と相手を隔てている境界は薄れていきます。
自分と相手の境界が消え、気が融合する―これこそが幸福感の正体で、人生を輝かせる道の第一歩です。


ところで、私は「タオ指圧」という独自の経絡指圧を国内外で指導しています。

経絡とは、私たちの全身に張りめぐらされている「気の河」のようなもので、経絡の上にはさまざまなツボが位置しています。
河なので、経絡もツボも決まったところにあるわけではなく、気の状態によって移動します。

しかし、治療する相手の気と融合し、経絡を実感すれば、指圧による治療効果は飛躍的に高まります。
そればかりか、相手に幸福感や幸運をもたらすことさえ可能となります。

ポジティブな気は開運に結びつく

この現代において、幸福を感じにくいというかたは少なからずいらっしゃるでしょう。
その原因は、他者の気に思いを馳せ、共感することを忘れているところ。
言い換えれば、「他人のことは他人ごと」と言って、自分のことばかり考えているところにあると、私は考えています。

これでは、気は融合しませんし、誰も幸福感を得られません。
そればかりか、自分の気の質も下がっていきます。

長年、気と向き合い、指導を続ける中で経験的にわかったことですが、私たちの気をコントロールするのは、「イメージ」「言葉」、そして「願い」です。
他者を思いやり、他者の幸せをイメージしたり願ったりするだけで、気はみるみるポジティブになります。

気の質がいいとき、私たちは不思議と、温かさや心地よさを肌感覚として体感します。
隣にいる他者も、同様の快さを感じます。
逆に、自分のことだけ考えていると、気の質は下がり、自分ばかりか周囲の他者まで、肌寒さや心地悪さを感じることもあるでしょう。

同様に、よい言葉を使えば、気の質はよくなります。
悪い言葉は気の質を下げます。

仏教の念仏や真言には、あの世のご先祖様を供養するだけでなく、この世の運気を高める働きまであるんですよ。
そのことを感覚的に理解していた先人たちは、念仏や真言で、本気で世の中をよくしようとしていました。

「区別」をやめ、「共感」をもって他者の気と「融合」する。
宇宙と融合する。
世界の幸福な未来を願う――それだけで、あなたもその周囲も、よりいっそうの幸福感を得、運気を高められます。

これこそが、私の考えるこの世の真理です。

遠藤喨及
東京生まれ。少年期をニューヨークで過ごす。タオ指圧/気心道創始者。四半世紀以上に渡り、経絡を通じて人を癒す方法を世界12カ国で指導する中で、誰でも気を体感できる方法を発見し、気のワークショップを世界各地で行う。『氣の幸福力』(法蔵館)など8冊の著書があり、その多くが数カ国語に翻訳出版されている。ミュージシャン(6枚のCDアルバムを発表)、平和活動家、ゲーム発明家などの顔も持つ。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【やり方】遠くの大切な人の体と心を癒す宗茂流「遠隔気功」

【やり方】遠くの大切な人の体と心を癒す宗茂流「遠隔気功」

他人の体を動かせるほどの強い気を身につけるにはかなりの鍛錬が必要ですが、この手のひらの気を自分や家族の健康に役立てることはできるかもしれません。手のひらから相手の体に気が入り、全身を巡っていくことをイメージしながら気を送ってみましょう。【解説】宗茂(宗茂気功健康塾塾長・元オリンピック男子マラソン代表)


【幸運を引き寄せる】「愛の気功」実践法5大ポイント

【幸運を引き寄せる】「愛の気功」実践法5大ポイント

愛そうとか愛されようとか努力していたのが、いつの間にか「あるがまま」の愛になるのが、愛の気功の真髄です。誰か(何か)と時空を共有し、ただここに「ある」だけ。それこそが最上の愛の形なのです。【解説】保江邦夫(ノートルダム清心女子大学教授・物理学者)


【やり方】不調・生活習慣病を撃退する!1分でできる「お気楽」気功法

【やり方】不調・生活習慣病を撃退する!1分でできる「お気楽」気功法

お気楽気功の特長は簡単にできること。難しく考えず、体と心に気持ちのよいことをして楽しむことがいちばんのポイントです。回数はあくまでも目安ですから、気持ちよく感じる範囲で増減してかまいません。気軽に気楽に気持ちよく、お気楽気功を楽しんで続けてください。【解説】能見登志惠(都筑ふれあいの丘クリニック院長)


【ダイエット】20kg10kg自然にやせる人が続出!寝る前9回でやせる「太学功ストレッチ」で便秘も解消!

【ダイエット】20kg10kg自然にやせる人が続出!寝る前9回でやせる「太学功ストレッチ」で便秘も解消!

私たちの体には、気功や中医学の世界で気と呼ばれる生命エネルギーが巡っています。気の流れが滞ったり気が不足したりすると、血液などの流れも滞ります。太学功ストレッチは、気の流れを促してこの状態を解消し、脳に「気は十分あるよ」と認識させて、やせる方法です。【解説】丁治紅(太学功 氣功療法研究所会長)


【気功マスターの直伝】古代中国から伝わる「行功」とは ― がんを防ぐ呼吸法と歩き方

【気功マスターの直伝】古代中国から伝わる「行功」とは ― がんを防ぐ呼吸法と歩き方

田中角栄元首相に氣功施術をするために来日してから、ガン、脳腫瘍、白血病、網膜剥離などの重病患者を回復させてきた張永祥先生は、「神の手氣功師」と呼ばれています。その張先生に古代中国から伝わる秘術を教わりました。【解説】張 永祥(氣功師・全日本氣功師会会長・張式氣功師養成学校校長)


最新の投稿


【やり方】遠くの大切な人の体と心を癒す宗茂流「遠隔気功」

【やり方】遠くの大切な人の体と心を癒す宗茂流「遠隔気功」

他人の体を動かせるほどの強い気を身につけるにはかなりの鍛錬が必要ですが、この手のひらの気を自分や家族の健康に役立てることはできるかもしれません。手のひらから相手の体に気が入り、全身を巡っていくことをイメージしながら気を送ってみましょう。【解説】宗茂(宗茂気功健康塾塾長・元オリンピック男子マラソン代表)


【便秘を改善】腸内環境を整える「足の裏もみ」 揉んでる最中から便意を感じた!

【便秘を改善】腸内環境を整える「足の裏もみ」 揉んでる最中から便意を感じた!

皆さんのなかには、食事や運動に気を配ってもお通じがよくならない、という人も多いのではないでしょうか。これは、腸から脳への指令がうまく伝わっていないことが考えられます。【解説】劉勇(コリトレール治療院総院長・鍼灸師・医学博士)


【うつ改善・安眠効果】不安や恐怖、心の悩みが軽くなる「足裏タワシ」

【うつ改善・安眠効果】不安や恐怖、心の悩みが軽くなる「足裏タワシ」

実際にクリニックを開設し、日々、患者さんに接していると、「体が健康でないと、心も健康にならない」ことがわかります。例えば、「ストレスを感じると動悸がする」という患者さんは、「動悸がすると不安が強くなり、それがまた動悸につながる」といいます。【解説】木村昌幹(アイさくらクリニック院長)


【写真付き】自分に自信が持てる「アドラー式お片づけ」Before&After

【写真付き】自分に自信が持てる「アドラー式お片づけ」Before&After

衝撃の前後写真満載!生きる力と勇気がわく「アドラー式お片づけ」をご紹介します。アドラー心理学にある「目的論」の考え方。なりたい自分に向かって行動するからこそ、あなたの考え方が変わり、部屋が変わり、次第に人生が変わっていくのです。【解説】丸山郁美(勇気づけホームオーガナイザー)


【書き方】片付けスイッチをオンにする「アドラー式お片づけ練習帳」とは?

【書き方】片付けスイッチをオンにする「アドラー式お片づけ練習帳」とは?

家庭では「きれい」よりも「居場所があること」がたいせつ。完璧を目指すよりも、このサイクルを軽やかに回すことで、快適な自分たちならではの家が作られていくのです。【解説】丸山郁美(勇気づけホームオーガナイザー)