【不眠改善】睡眠薬の減薬・断薬に役立つ「睡眠日誌」のつけ方

【不眠改善】睡眠薬の減薬・断薬に役立つ「睡眠日誌」のつけ方

不眠を訴える人は、睡眠に関するさまざまな誤解が原因の「不眠恐怖」に陥っている例が少なくありません。誤解の一つは、「心身の健康を維持するためには、8時間の睡眠が必要」というものです。確かに、睡眠不足は、高血圧や糖尿病の危険因子となる可能性があります。【解説】小曽根基裕(東京慈恵会医科大学精神医学講座准教授)


→【関連記事】“不眠恐怖”とは?服薬する前に知っておきたい「睡眠の定義」

細切れでもトータルの睡眠が十分なら問題なし

不眠を訴える人は、睡眠に関するさまざまな誤解が原因の「不眠恐怖」に陥っている例が少なくありません。

誤解の一つは、「心身の健康を維持するためには、8時間の睡眠が必要」というものです。
確かに、睡眠不足は、高血圧や糖尿病の危険因子となる可能性があります。

しかし、人が必要とする睡眠時間には、個人差があります。
日中に強い眠気やふらつき、倦怠感、集中力の低下などの異常がなければ、特に問題はないのです。

「眠りが浅くなった」「若いころよりも睡眠時間が短くなった」という訴えもよく耳にします。
これらは、加齢現象としても生じるもので、特に問題視する必要はありません。
しかし、「不眠は心身の健康によくない」という強い不眠恐怖を抱いている患者さんの場合、「8時間以下の睡眠でよい」「夜中に何度も目覚めるのは、重篤な問題ではない」などとはなかなか思えないようです。

そんな不眠恐怖に陥っている患者さんに私がお勧めしているのが、「睡眠日誌」です。

睡眠日誌とは、自分が眠っていた時間や眠れずうとうとしていた時間、日中の気分など、日々の睡眠の状態を記録するためのツールです。
この睡眠日誌をつけることで、患者さんは自分の睡眠の状態を客観的に把握できるようになります。
不眠恐怖の原因となる、睡眠に関する誤解の解消にも、睡眠日誌は役立ちます。

例えば、「夜中に何度も目が覚めてしまう。睡眠不足ではないか」と訴える患者さんがいたとします。
しかし、睡眠日誌をつけて、たとえ細切れであっても、7時間近い睡眠が取れているとわかれば、自分が決して睡眠不足ではないと、患者さん自身が気付くことができます。

また、睡眠日誌をつけていれば、睡眠時間が長くなくても、日中に眠気がなく、活発に活動できる状態の日が見つかるはずです。
そんな日の睡眠時間は、今の自分にとって十分な睡眠時間というわけです。
この時間を目安にすれば、過度に眠ろうとする意識が和らぎ、睡眠は安定します。

2~4週間ほど睡眠日誌を書き続ければ、自分の睡眠の傾向が見えてくるはずです。

睡眠時間が十分足りていても、もともと眠くなる午後2時を除いて、日中に強い眠気を感じることなく、生活に支障をきたさないようであれば、今の睡眠に問題はないといえます。

睡眠日誌は正しい診断と薬の処方にも役立つ

睡眠日誌は、医療機関での不眠の治療の検討、治療の効果判定にも役立ちます。

前述したように、不眠を訴える患者さんの多くは、睡眠に関する誤解が原因の不眠恐怖に陥っています。
そのため、本来であれば、医師はまず患者さんの睡眠に関する誤解を解くべきです。

しかし、実際には、不眠を強く訴える患者さんに対して、医師は睡眠薬を処方せざるを得ないのが現状です。
多くの医療機関では、不眠恐怖のもとになっている誤解を解くだけの十分な時間を、なかなか割くことができません。

また、患者さん自身が、「眠れないのが怖いから」と、睡眠薬の処方を強く希望する場合もあります。
その結果、本来は不要な睡眠薬を服用する患者さんが誕生してしまうのです。
睡眠薬の中には、日中のふらつきや転倒、認知機能の低下などの副作用があるものもあります。

近年、こうしたリスクが知られるようになり、睡眠薬を服用している患者さんの多くは、服用を止めたがるようになりました。
しかし、患者さんの自己判断で急に服用を止めたり、飲んだり飲まなかったりをくり返すと、かえって不眠が悪化する場合があります。

もちろん私は、睡眠薬を完全に否定するつもりはありません。
精神的なショックなど、不眠の原因となる問題がすぐに解消できない場合などは、睡眠薬は必要でしょう。

ただ、その場合も、「ある程度まとまった睡眠が取れるようになり、不眠の原因が解消されたら、服用を止める」などの治療のゴールは、服用開始時にあらかじめ決めておくべきです。
不要な睡眠薬は飲まないに越したことはないのです。

患者さんが、睡眠日誌で自分の睡眠の状態を医師に客観的に伝えることができれば、医師も治療方針や睡眠薬の処方の有無の検討がしやすくなるはずです。
場合によっては、医師の指導のもとで、睡眠薬を完全に止めることも可能です。

不眠の悩みを抱えている人は、睡眠日誌で自分の睡眠の状態を確認してみてください。
ただし、日誌を書くこと自体がストレスになる場合もあるため、詳細につける必要はありません。

まずは、気らくに始めてみてはいかがでしょうか。

→【関連記事】こだわりを捨てた方がいい「睡眠神話」

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【睡眠Q&A】睡眠薬の注意点は?専門医は?糖尿病や認知症との関連は?

【睡眠Q&A】睡眠薬の注意点は?専門医は?糖尿病や認知症との関連は?

正しい生活改善をすれば不眠の大部分は改善・解消できるものです。それでも十分な効果がない場合、目安として、不眠症状が「週に3回以上、かつ3ヵ月以上」持続すると「慢性不眠障害」と診断されます。この場合は医師に相談し、補助として睡眠薬を使うのもよいでしょう。【解説】宮崎総一郎(中部大学生命健康科学研究所特任教授)


【不眠症】眠れない悩み“不眠恐怖”とは?服薬する前に知っておきたい「睡眠の定義」

【不眠症】眠れない悩み“不眠恐怖”とは?服薬する前に知っておきたい「睡眠の定義」

寝付きが悪い、夜中に何度も目が覚める――。日本人の5人に1人は、こんな睡眠の悩みを抱えているといわれています。「自分は不眠症だ」と思っている人もいるでしょう。しかし、必ずしも「眠れない」=「不眠症」とは限らないのです。【解説】小曽根基裕(東京慈恵会医科大学精神医学講座准教授)


【砂糖をやめたら】腸の難病が大改善!「先住民食」で健康を取り戻した歯科医の体験談

【砂糖をやめたら】腸の難病が大改善!「先住民食」で健康を取り戻した歯科医の体験談

私は潰瘍性大腸炎という病気で何度もつらい思いをし、医師から大腸全摘手術まで勧められていました。しかし、そんな重症でも、食事を変えれば改善することができたのです。「先住民食」の最大の特徴は、砂糖(代替甘味料も含む)をいっさい絶つことです。【解説者】長尾周格(稲毛エルム歯科クリニック理事長)


【高血圧対策】室内で楽々できる「踏み台昇降」スローステップのやり方と効果

【高血圧対策】室内で楽々できる「踏み台昇降」スローステップのやり方と効果

生活習慣病である高血圧は、適切な運動で予防・改善できることが、近年わかっています。特に中等症以下の高血圧患者には、重症化する前に運動療法などで適切な治療を行うことが重要です。自宅にいながらできる軽い運動で、高血圧を改善できないか、調べてみることにしました。【解説】飛奈卓郎(長崎県立大学看護栄養学部栄養健康学科講師 )


最新の投稿


【やり方】遠くの大切な人の体と心を癒す宗茂流「遠隔気功」

【やり方】遠くの大切な人の体と心を癒す宗茂流「遠隔気功」

他人の体を動かせるほどの強い気を身につけるにはかなりの鍛錬が必要ですが、この手のひらの気を自分や家族の健康に役立てることはできるかもしれません。手のひらから相手の体に気が入り、全身を巡っていくことをイメージしながら気を送ってみましょう。【解説】宗茂(宗茂気功健康塾塾長・元オリンピック男子マラソン代表)


【便秘を改善】腸内環境を整える「足の裏もみ」 揉んでる最中から便意を感じた!

【便秘を改善】腸内環境を整える「足の裏もみ」 揉んでる最中から便意を感じた!

皆さんのなかには、食事や運動に気を配ってもお通じがよくならない、という人も多いのではないでしょうか。これは、腸から脳への指令がうまく伝わっていないことが考えられます。【解説】劉勇(コリトレール治療院総院長・鍼灸師・医学博士)


【うつ改善・安眠効果】不安や恐怖、心の悩みが軽くなる「足裏タワシ」

【うつ改善・安眠効果】不安や恐怖、心の悩みが軽くなる「足裏タワシ」

実際にクリニックを開設し、日々、患者さんに接していると、「体が健康でないと、心も健康にならない」ことがわかります。例えば、「ストレスを感じると動悸がする」という患者さんは、「動悸がすると不安が強くなり、それがまた動悸につながる」といいます。【解説】木村昌幹(アイさくらクリニック院長)


【写真付き】自分に自信が持てる「アドラー式お片づけ」Before&After

【写真付き】自分に自信が持てる「アドラー式お片づけ」Before&After

衝撃の前後写真満載!生きる力と勇気がわく「アドラー式お片づけ」をご紹介します。アドラー心理学にある「目的論」の考え方。なりたい自分に向かって行動するからこそ、あなたの考え方が変わり、部屋が変わり、次第に人生が変わっていくのです。【解説】丸山郁美(勇気づけホームオーガナイザー)


【書き方】片付けスイッチをオンにする「アドラー式お片づけ練習帳」とは?

【書き方】片付けスイッチをオンにする「アドラー式お片づけ練習帳」とは?

家庭では「きれい」よりも「居場所があること」がたいせつ。完璧を目指すよりも、このサイクルを軽やかに回すことで、快適な自分たちならではの家が作られていくのです。【解説】丸山郁美(勇気づけホームオーガナイザー)