【おならが異常に臭い!】対策に 医師考案「スー出し体操」のやり方 大腸がんも撃退

【おならが異常に臭い!】対策に 医師考案「スー出し体操」のやり方 大腸がんも撃退

おならが止まらない、お腹にガスがたまるガス腹、苦しいですね。たまりすぎると、おなかがパンパンに張ってしまうし、出るガス(おなら)も臭くなります。また、臭いガスにはニトロソアミンなどの発ガン物質が含まれており、大腸ガンの原因になります。【解説】後藤利夫(新宿大腸クリニック院長)


後藤利夫
1988年、東京大学医学部卒業。実父の大腸ガンを機に「大腸ガン撲滅」を目標に独自の無麻酔・無痛内視鏡検査法「水浸法」を開発。著書に『腸をきれいにする特効法101』(主婦と生活社)などがある。

「臭いおなら」には発がん物質が含まれ、大腸がんの原因にもなる

【関連記事】おならの臭いを減らす最強の消臭食品

 おなかにガスがたまると、苦しいですね。たまりすぎると、おなかがパンパンに張ってしまうし、出るガスも臭くなります。また、臭いガスにはニトロソアミンなどの発ガン物質が含まれており、大腸ガンの原因になります。

 なぜ、おなかにガスがたまってしまうのでしょうか。
 ガスを作るのは、大腸にいる腸内細菌です。食べ物が大腸に入ってくると腸内細菌が分解しますが、前半部分の上行結腸辺りでは善玉菌が多く、炭水化物などを分解してガスが作られます。このガスは臭いがなく、毒性もありません。むしろ、腸を刺激して、腸の蠕動運動(内容物を先へと送り出す腸の働き)を活発にしてくれます。

 しかし、腸の後半部分に行くにつれて、悪玉菌が増えてきます。悪玉菌は肉などのたんぱく質を分解し、窒素化合物や硫黄酸化物などのガスを作ります。このガスに毒性があり、また、臭いのです。
 たんぱく質は適度に食べていれば小腸で分解されて大腸まで行くことはありませんが、食べ過ぎたり、質の悪いたんぱく質を取ると大腸で悪玉菌のエサになり、悪玉菌を増やします。

 また、ガスは、便秘の人ほどたまりやすくなります。長く便が大腸にとどまっていると、腐敗が進み、ガスが発生します。
 便やガスは腸の後半のほうにたまります。そこで悪玉菌が増殖し過ぎると、発ガン物質ニトロソアミンやガン化を促進する二次胆汁酸を作り、大腸ガンを引き起こすのです。
 実際、大腸ガンは、S状結腸や直腸など、腸の後半に発生することが多いものです。
 この便秘やガスの原因になるのが、「腸の下垂」です。

加齢や運動不足で、腸が下垂してしまう

 大腸はおなかを一周しており、直腸、上行結腸、下行結腸の3ヵ所で固定されています。
 横行結腸や肛門に近いS状結腸は、体内で固定されていません。そのため自由に動き、横行結腸がハンモックのように下垂したり、S状結腸がねじれてループを作るようになったりすることがあります。
 すると、腸が長くなって便が移動しにくくなり、便秘しやすく、ガスもたまってきます。

 腸が下垂する理由はいろいろありますが、その多くは加齢や運動不足による腸の筋肉の衰えが原因です。
 腸管には平滑筋という筋肉があり、この筋肉が蠕動運動をして便を押し出しています。ところが、平滑筋が衰えると、腸がだんだん薄くなり、伸びて垂れ下がってきます。腸が薄くなると動きも悪くなるので、さらに便秘しやすくなります。

 私はこれまで4万人以上の方の腸を見てきましたが、腸の薄い人は大腸内視鏡で見ると、裏側にある肝臓や脾臓が透けて青く見えます。それくらい薄くなってしまうのです。
 また、腹筋の強さと腸の筋肉は相関関係があり、腹筋が強いと腸も強く、下垂しにくいようです。反対に腹筋が弱い人は、腸が垂れておなか(下腹部)がぽっこりしています。

溜まったガス(臭いおなら)を出す「スー出し体操」のやり方

 下垂した腸を元に戻し、腸の動きをよくするには、腹筋を鍛えるのが一番です。とはいえ、腹筋運動は大変です。そこで皆さんにお勧めしたいのが、たまったガスを抜く「スー出し体操」です。

 これは、あおむけに寝て、おなかをひねる体操です。腹筋を鍛えるものではありませんが、ひねることで便の通りの悪いところが解放され、ガスが出やすくなります。
 コツは、深く息を吐きながら、ゆっくり行うことです。大腸は自律神経(意志とは無関係に内臓の働きを支配している神経)のうちの、心身をリラックスさせる副交感神経に支配されています。 
 ですから、ゆっくり行うことで副交感神経が刺激され、大腸の働きがよくなります。また息を深く吐くことで横隔膜が動き、腸が刺激されます。

 同じ効果を得られるものに、ウオーキングがあります。歩く目安は一万歩です。歩く振動が腸を刺激して、おなかの動きがよくなります。この一万歩歩きも、ゆったり歩くと効果的です。
 それと並行して、食物繊維を取ることも忘れないでください。食物繊維は善玉菌のエサになり、便の材料にもなります。ただし、便秘のひどい人がいきなり食物繊維を食べると逆効果です。少しずつ、食べる量を増やしていくといいでしょう。

【関連記事】臭いおなら、ガス腹の原因【大腸下垂】解消の方法

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【スポーツドクターが解説】筋トレ無しで筋肉が活性化する!誰でもできる「わき腹つかみ」の効果

【スポーツドクターが解説】筋トレ無しで筋肉が活性化する!誰でもできる「わき腹つかみ」の効果

わき腹は、上半身と下半身をつなげる要です。わき腹つかみをすると、わき腹だけでなく、全身の筋肉まで、だんだんやわらかくなっていきます。【解説】寺田壮冶(寺田クリニック院長)


【専門医】便秘薬の種類 初期の便秘にお勧めの下剤、長期使用NGの下剤はコレ!

【専門医】便秘薬の種類 初期の便秘にお勧めの下剤、長期使用NGの下剤はコレ!

重症の便秘に苦しむ人は、とにかく便さえ出せればいいと考え、下剤に頼りがちになります。そして頼っているうちに、下剤なしでは排便できなくなっていくのです。排便力の衰えに拍車がかかると「食後の腹部膨満感(おなかの張り)」「ガスが溜まる(ガス腹)」といった症状が出てきます。【解説】松生恒夫(松生クリニック院長)


【ガス腹の解消法】梅雨時の便秘対策に「オリーブオイル」 ガス抜きに「腸もみ」

【ガス腹の解消法】梅雨時の便秘対策に「オリーブオイル」 ガス抜きに「腸もみ」

私のクリニックの患者さんは重症な便秘の人が多く、なかには1日50錠、100錠という、とんでもない量の下剤(便秘薬)を服用している人もいます。そんな便秘の患者さんたちを診ていて痛感するのが、梅雨時に「冷え」を訴える人が多いということです。なかでも特に目立つのが「おなかの冷え」です。【解説】松生恒夫(松生クリニック院長)


食べすぎを防ぐ!食前「酢キャベツ」ダイエット美味レシピ②

食べすぎを防ぐ!食前「酢キャベツ」ダイエット美味レシピ②

キャベツがダイエットにピッタリの食材というのは、皆さんご存じでしょう。食前にとれば、満腹中枢が刺激され、食べすぎを防げます。ご飯代わりにキャベツを食べれば、摂取する糖質量を減らすことができます。【解説・料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)


【冷え取りの名医】病気の回復を早める「健康美習慣」を身につけるヒント

【冷え取りの名医】病気の回復を早める「健康美習慣」を身につけるヒント

運動量の少ない現代人は、だるさや疲れが「気(生命エネルギーの一種)」の滞りによって引き起こされることが少なくありません。気の滞りを解消し、体調を改善するには、適度に体を動かしたほうが効果的なのです。【解説者】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


最新の投稿


【糖尿病予防の極意】「糖質制限」を医師が解説! ― ケトン体とは何か?数値が高いと危険?

【糖尿病予防の極意】「糖質制限」を医師が解説! ― ケトン体とは何か?数値が高いと危険?

これまで糖質制限の危険な面として糖質制限をした際に「ケトン体」が上昇する点が挙げられてきました。ケトン体が増えてケトアシドーシスになると、嘔吐、疲労感、脱力感など、さらに悪化すると死に至るとされてきました。しかし、それは誤解であり、数値を気にする必要はないのです。【解説】宗田哲男(宗田マタニティクリニック院長)


【やり方】注射もリハビリも効かないひざ痛が改善!5カ所の「筋肉はがし」

【やり方】注射もリハビリも効かないひざ痛が改善!5カ所の「筋肉はがし」

ひざ痛を解決するには、炎症を抑えるのではなく、かたくなった筋肉をほぐし、軟骨にかかる圧力を軽減することが重要になります。この理論に納得した私は、すぐに天城流の「筋肉はがし」を治療に取り入れました。すると、患者さんのひざ痛がどんどん改善していったのです。【解説】平野薫(ひらの整形外科クリニック院長)


【医師解説】ストレスの原因はパンツ!?下着を脱いで眠ればよく眠れる、血圧が下がる!

【医師解説】ストレスの原因はパンツ!?下着を脱いで眠ればよく眠れる、血圧が下がる!

昼から夜へ移行するとき、交感神経から副交感神経へと自然にスイッチが切り替わります。しかし、その切り替えを妨げるものがあります。有力な原因の一つが、社会的なストレスです。そして、もう一つ。それが、「パンツストレス」です。【解説】丸山淳士(五輪橋産婦人科小児科病院名誉理事長・医学博士)


【股関節痛の改善】名鍼灸師が太鼓判「腰ひも療法」は骨盤が整い痛みが取れる理にかなった方法!

【股関節痛の改善】名鍼灸師が太鼓判「腰ひも療法」は骨盤が整い痛みが取れる理にかなった方法!

これまで私は30年以上にもわたり、5万人を超える人を施術してきました。そのなかで、特に多い悩みが、腰や股関節、ひざなどの慢性的な痛みです。そして、慢性痛を抱える多くのかたに共通しているのが、「骨盤が整っていない」ということです。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)


【作り方&やり方】47歳の超美肌モデルが毎日実践する「米クリームパック」

【作り方&やり方】47歳の超美肌モデルが毎日実践する「米クリームパック」

47歳とはとても思えない、色白美肌の持ち主としても知られる、モデルの水谷雅子さん。そんな水谷さんの美の秘訣が、今回ご紹介する「米クリームパック」です。【解説】水谷雅子(美容研究家・主婦モデル)


ランキング


>>総合人気ランキング