【不安、悩みで眠れない】原因は「首の緊張」かも?不眠解消には“かかと”を叩くとよい

【不安、悩みで眠れない】原因は「首の緊張」かも?不眠解消には“かかと”を叩くとよい

布団に入っても、次から次へと悩みごとが頭に浮かんで眠れない……。そんな人に共通する体の特徴があります。それは首の後ろが硬くこわばっていること。なぜそうなるかというと、ものを考えるとき、人は必ず頸椎筋(首の後ろの筋肉)を緊張させるからです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)


考えごとで眠れないのは首の緊張が原因

布団に入っても、次から次へと悩みごとが頭に浮かんで眠れない……。

そんな人に共通する体の特徴があります。
それは首の後ろが硬くこわばっていること。
正確には、頸椎(背骨の首の部分)とその周囲が極端に緊張した状態であることが多いのです。

なぜそうなるかというと、ものを考えるとき、人は必ず頸椎筋(首の後ろの筋肉)を緊張させるからです。

試しに、首の力を抜き、ダランとうなだれたまま、九九を唱えてみてください。
次に、首をシャキッと持ち上げて、同じことをしてみましょう。

首を立てたときのほうが、考えやすくなりませんでしたか?

ものを考えるとき、頸椎筋を緊張させなければ、しっかりとものを考えることができません。
意外かもしれませんが、脳だけではなく、体も同時に使って初めて考えることが可能となるのです。

一方、眠気があるときは頭がボーッとしてものを考えることなどできません。
このとき、頸椎筋はどうなっているかというと、緊張が解けてゆるんだ状態です。
これは逆もしかりで、頸椎がゆるんだ状態でないと、眠気は訪れません。

「悩みがあって、眠れない」と言いますが、これは「悩み」そのものが原因ではなく、頸椎が緊張したままであるから眠くならないのです。

つまり、悩みごとがあっても、頸椎がほぐれていれば眠気は訪れるのです。

アキレス腱をゆるめると首の筋肉がゆるむ

そこで、頸椎をゆるめる簡単な方法としてお勧めしたいのが、今回ご紹介する「かかとたたき」です。

やり方は下図の写真をご覧ください。

これは、かかとを40回、こぶしで強めにたたく体操です。
この体操の狙いは、かかとに刺激を与えて、アキレス腱をゆるめることにあります。

私が施術に用いている野口整体(整体の創始者といわれる野口晴哉氏が唱えた独自の方法論)では、頭の緊張とアキレス腱は、密接なつながりがあると考えています。

実際、悩みや不安がある人は、頸椎筋だけでなくアキレス腱もガチガチです。
こういった人には、かかとたたきのようなアキレス腱をゆるめる施術を行います。
すると頸椎筋の緊張が取れ、それに伴って不眠も解消します。

行ったその夜から効果を実感できる

先日、私は入院中である70代の知人女性を見舞いました。
すると「手術の傷が痛く眠れない」とのこと。
そこでアキレス腱をゆるめる施術をしたところ、その後はグッスリ眠れたそうです。
この方の場合、痛みだけでなく、病院という特殊な環境で不安が高じたことが不眠の原因となっていたのでしょう。

また、糖尿病を抱え一人暮らしをしている70代の女性は、「あれこれ考えてしまい、なかなか眠れない。寝ても朝3時には目覚める」と訴えていました。
そこで、かかとたたきを行ったところ、その夜はすんなりと眠れ、目覚めたら朝6時だったそうです。

このように、かかとたたきは、悩みや不安で眠れない不眠に即効性があります。

効き目を確かなものとするために、かかとたたきを行う前後で、首とアキレス腱の硬さを確認しましょう。
確認する場所は、首は頸椎の両端の筋肉です(上の図参照)。
上から下へとつまみます。アキレス腱は、ふくらはぎからかかとにかけての両端の筋肉をつまんで、硬さを確認します。

かかとたたきを行った後に、この2ヵ所がほぐれていればうまくできたということ。
硬いままなら、再度行います。

最後に、不眠を解消するには、適度な運動と水分の摂取は不可欠です。
水を意識して取り、日中はなるべく体を動かすことを心掛けてください。

浜田貫太郎
整体師。石川県生まれ。野口晴哉氏が唱えた独自の方法論「整体操法」を伝える整体協会へ入門。同
協会に8年在籍後、独立。施術のほか、各種講座を開催して、整体の普及に努める。著書に『整体操
法入門』(たにぐち書店)がある。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【不眠が改善】自律神経を整える「オルゴール療法」で不安感や頭痛も解消した

【不眠が改善】自律神経を整える「オルゴール療法」で不安感や頭痛も解消した

頭痛やめまい、不安症といった症状とともに生じる不眠は、睡眠薬などの効果が不十分であることも多く、対処が難しいのが特徴です。このような不眠に対して、私が5年前から治療に導入して、効果を感じているのが「オルゴール療法」です。【解説】星野茂(ほしの脳神経クリニック院長)


【原因は猫背】姿勢の悪さが腰痛、めまい、うつ、脳梗塞をも招くと医師解説

【原因は猫背】姿勢の悪さが腰痛、めまい、うつ、脳梗塞をも招くと医師解説

よい姿勢とは、健康状態のバロメーターです。反対にネコ背は、あなたが想像する以上に、体全体に悪影響を及ぼします。ネコ背の悪影響として、最初に思い浮かべるのは見た目の悪さではないでしょうか。よい姿勢は、見た目の印象はもちろん、あなたの健康状態も左右するのです。【解説】平泉裕(昭和大学医学部整形外科学講座客員教授)


【不眠改善】安眠できる朝食メニューは?バナナや納豆に含まれるトリプトファンの効果

【不眠改善】安眠できる朝食メニューは?バナナや納豆に含まれるトリプトファンの効果

実は、朝食の内容は眠りの質に大きくかかわるのです。「トーストとサラダとコーヒー」という朝食は、サラダを食べているので、一見、ヘルシーなメニューにも感じられるかもしれません。しかし、よい眠りを得るためには、ある栄養成分が圧倒的に不足しているのです。【解説】宮崎総一郎(中部大学生命健康科学研究所特任教授)


【不眠症】冷やした方が温まる?「おでこ冷やし」で熟睡 睡眠の質が向上する

【不眠症】冷やした方が温まる?「おでこ冷やし」で熟睡 睡眠の質が向上する

最近、体を温めることが、盛んに推奨されています。しかし、ただ体を温めるより、いったん体を冷やしたほうが、もっと体が温まることをご存じでしょうか。氷水に手を入れると、手は急激に冷えますが、その後一気に温かくなります。これは、冷えた手を温めようと、手にたくさんの血液が集まるからです。【解説】小林敬和(タンタン整骨院院長)


【足がくさい】原因は3つ!足の臭い・足裏の汗を改善する自分でできる対策

【足がくさい】原因は3つ!足の臭い・足裏の汗を改善する自分でできる対策

気温や湿度が高くなるこれからの季節。足のにおいの相談が多くなります。足のにおいを解消するには、日常、足のケアを続けることが何よりも重要です。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科部長、東京医科歯科大学皮膚科フットケア外来)


最新の投稿


【やり方】遠くの大切な人の体と心を癒す宗茂流「遠隔気功」

【やり方】遠くの大切な人の体と心を癒す宗茂流「遠隔気功」

他人の体を動かせるほどの強い気を身につけるにはかなりの鍛錬が必要ですが、この手のひらの気を自分や家族の健康に役立てることはできるかもしれません。手のひらから相手の体に気が入り、全身を巡っていくことをイメージしながら気を送ってみましょう。【解説】宗茂(宗茂気功健康塾塾長・元オリンピック男子マラソン代表)


【便秘を改善】腸内環境を整える「足の裏もみ」 揉んでる最中から便意を感じた!

【便秘を改善】腸内環境を整える「足の裏もみ」 揉んでる最中から便意を感じた!

皆さんのなかには、食事や運動に気を配ってもお通じがよくならない、という人も多いのではないでしょうか。これは、腸から脳への指令がうまく伝わっていないことが考えられます。【解説】劉勇(コリトレール治療院総院長・鍼灸師・医学博士)


【うつ改善・安眠効果】不安や恐怖、心の悩みが軽くなる「足裏タワシ」

【うつ改善・安眠効果】不安や恐怖、心の悩みが軽くなる「足裏タワシ」

実際にクリニックを開設し、日々、患者さんに接していると、「体が健康でないと、心も健康にならない」ことがわかります。例えば、「ストレスを感じると動悸がする」という患者さんは、「動悸がすると不安が強くなり、それがまた動悸につながる」といいます。【解説】木村昌幹(アイさくらクリニック院長)


【写真付き】自分に自信が持てる「アドラー式お片づけ」Before&After

【写真付き】自分に自信が持てる「アドラー式お片づけ」Before&After

衝撃の前後写真満載!生きる力と勇気がわく「アドラー式お片づけ」をご紹介します。アドラー心理学にある「目的論」の考え方。なりたい自分に向かって行動するからこそ、あなたの考え方が変わり、部屋が変わり、次第に人生が変わっていくのです。【解説】丸山郁美(勇気づけホームオーガナイザー)


【書き方】片付けスイッチをオンにする「アドラー式お片づけ練習帳」とは?

【書き方】片付けスイッチをオンにする「アドラー式お片づけ練習帳」とは?

家庭では「きれい」よりも「居場所があること」がたいせつ。完璧を目指すよりも、このサイクルを軽やかに回すことで、快適な自分たちならではの家が作られていくのです。【解説】丸山郁美(勇気づけホームオーガナイザー)