【便秘・下痢】ヨーグルトで治らなかった「過敏性腸症候群」が改善した!善玉菌を増やす「発酵キャベツ」

【便秘・下痢】ヨーグルトで治らなかった「過敏性腸症候群」が改善した!善玉菌を増やす「発酵キャベツ」

私は15歳のときに過敏性腸症候群(※大腸の運動および分泌機能の異常で起こる病気の総称。下痢、便秘、腹痛、ガス腹などの症状がある)を発症し、20年近くもの間、治療法がわからずに苦しんできました。腸にいいといわれる市販のヨーグルトを食べても、腹痛や下痢を起こします。【解説】栗生隆子(発酵生活研究家)


腸の病気だった私の強い味方

私は15歳のときに過敏性腸症候群(※大腸の運動および分泌機能の異常で起こる病気の総称。下痢、便秘、腹痛、ガス腹などの症状がある)を発症し、20年近くもの間、治療法がわからずに苦しんできました。

腸にいいといわれる市販のヨーグルトを食べても、腹痛や下痢を起こします。
原因が特定できず、何を食べたらいいのかわからず、病との闘いにも疲れ果てていました。

そして、最終的にたどり着いたのが発酵食品です。

発酵食品を食べるようになって、目には見えない菌が活動し、発酵し、菌の働きに助けられて私たちは生きているということがわかりました。
「自分の腸は善玉菌が少なくなっていたため、消化・吸収がちゃんとできなかったんだ」と気づき、腸内細菌のバランスを整えて善玉菌を増やす発酵食品を自分で作るようになりました。

市販の動物性のヨーグルトは食べられなかった私ですが、豆乳と玄米で作る「豆乳グルグルヨーグルト」なら食べることができ、私の腸はどんどん元気になっていきました。
今では過敏性腸症候群も治まり、いろいろなものが食べられるようになりました。

そして豆乳ヨーグルトと発酵食品を楽しむためのフェイスブックの同好会「TGG豆乳ヨーグルト同好会」の管理人としても活動するようになりました。
この同好会には、現在1万1000人以上ものかたに参加いただいており、熱い情報交換が行われています。

その発酵仲間たちの中で最近ホットなのが「発酵キャベツ」です。
ドイツでは「ザワークラウト」と呼ばれて親しまれています。

ソーセージや肉料理などに添えられているお漬物のような発酵食品、食べたことがあるかたも多いでしょう。
あれは実は、とっても簡単に手作りできます。

キャベツを塩で発酵させるだけなのです。
手軽にできますが、発酵によって乳酸菌が増えて、腸内環境を整えてくれるので、発酵仲間たちから大人気です。

実際に手作りして食べた人からは、「便秘が治った」「肌の調子がよくなった」「体から活力がわいてきた」などの報告が続々寄せられています。

実は私自身、病気を治すために発酵生活を始めた頃、発酵キャベツを作って、スープに入れてよく食べていました。
ほかのものは食べられなくてもキャベツはだいじょうぶだったので、「キャベツは腸に優しいんだ」ということがわかりました。

→「豆乳グルグルヨーグルト」の作り方はコチラ

大航海時代から健康に役立っていた

→「発酵キャベツ」の作り方はコチラ

海外では、発酵キャベツは昔から健康維持のために重宝されていたそうです。
1700年代、「キャプテン・クック」で有名なイギリスのジェームズ・クック船長は、史上初めて壊血病(※出血性の障害が体内の各器官で起こる病気。ビタミンCの欠乏が原因となる)による死者を出さず、世界周航を成し遂げました。

クック船長の船には大量のザワークラウトが積んであったそうです。
発酵キャベツは一度作ると長期保存がききます。
クルーたちは遠洋航海中にザワークラウトを食べたおかげで、壊血病にかからなかったのです。

まろやかな酸味があっておいしい発酵キャベツですが、そのまま食べることのほか、いろんなお料理に使えて、レパートリーも増えます。
ホットドッグ、マカロニサラダ、餃子、ホイル焼き、お鍋にも合います。

また、おなかが弱っている人は、スープに入れて、温かくして食べることから始めることをお勧めします。
トマトやベーコン、豚肉などを入れたスープはとても美味です。

キャベツはどこでも手軽に手に入る野菜ですが、できれば自分の住んでいるところから近い土地で作られたもの、無農薬のものを選ぶと、よりおいしく、安心して食べられます。

塩は、塩化ナトリウムが成分の精製塩だと発酵が進まないので、天然塩を選ぶようにしてください。
塩の量はキャベツの量の2~3%が目安です。
少なすぎると発酵が進まず、失敗してしまうこともあるので注意しましょう。

また、空気に触れると乳酸菌のほかに雑菌も繁殖してきます。
密封して重石をすることもポイントです。

海外のザワークラウトは、キャラウェイシードというスパイスを入れて作ります。
しかし、今回ご紹介する発酵キャベツの材料は、キャベツと塩と水だけ。
これだけでじゅうぶんにおいしく出来上がります。

出来上がった発酵キャベツは、冷蔵庫で保存することで、半年~1年間保存することができます。
時間が経つごとに熟成され、どんどんうまみを増していくのも、食べる楽しみの1つです。

栗生隆子
自然素材の暮らし、家庭でできる発酵生活を実践したところ、長年の腸の病気を自然治癒力で完治。その経緯から目に見えない菌が健康にも環境にもたいせつな役割をしていると知り、菌の世界から発酵への理解を深める。命のリレーをして細胞が続いていくように「つないでいく発酵」がテーマ。Facebook「TGG 豆乳ヨーグルト同好会」の管理人。『豆乳グルグルヨーグルトで腸美人!』(マキノ出版)などの著書がある。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【子どものアレルギー】善玉菌を増やす「発酵キャベツ」で腸内環境を整えるのがお勧め 自閉症改善にも

【子どものアレルギー】善玉菌を増やす「発酵キャベツ」で腸内環境を整えるのがお勧め 自閉症改善にも

キャベツは、食物繊維がとても豊富で、ふだんの食生活で不足しがちな食物繊維を補うことができる食材です。これを発酵させることで、乳酸菌たっぷりになり、その乳酸菌が腸の中で善玉菌を増やしてくれるため、便秘をはじめとする腸の不調を改善してくれるのです。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授・医学博士)


【二重あご】若返りホルモンが分泌!顔の歪みも取る「舌回し」 の効果

【二重あご】若返りホルモンが分泌!顔の歪みも取る「舌回し」 の効果

「年を取るにつれ、ほおやあごがたるんで二重あごになってきた」そう感じている人は多いのではないでしょうか。実は、簡単な方法で、たるみや二重あごを撃退し、若いころのようなシャープなフェイスラインに戻せるのです。その方法とは、私の推奨する「舌回し」です。【解説】小出馨(日本歯科大学新潟生命歯学部歯科補綴学第一講座主任教授)


【肩こり・腰痛】原因不明の体調不良が改善!病院の調査で確認「指ヨガ」の効果

【肩こり・腰痛】原因不明の体調不良が改善!病院の調査で確認「指ヨガ」の効果

看護師として約10年、病院に勤務し、多くの患者さんと接する中で、私は西洋医学だけでできることには限界があるのではないかと感じていました。【解説】宮本よしか(龍村式指ヨガマスターインストラクター・看護師)


【肩こりの原因】は“手首”のねじれにあり!コリも首痛も改善するストレッチとは

【肩こりの原因】は“手首”のねじれにあり!コリも首痛も改善するストレッチとは

私の整体院では、患者さんが来院されたとき、初めに、手首の状態を見ます。それは、肩こり、腰痛、頭痛、背部痛、五十肩などの体のいろいろな痛みや不具合に、手首の骨のずれが関係している場合が多いからです。その際、私が患者さんに勧めているのが、「手首ストレッチ」です。【解説】中村守(『よくなる整体院』グループ代表)


【眼瞼下垂】見た目の老化に加え不眠・頭痛の原因 手術と自分でできる予防法

【眼瞼下垂】見た目の老化に加え不眠・頭痛の原因 手術と自分でできる予防法

眼瞼下垂とは、まぶたの機能に障害が生じて、まぶたが開きづらくなっているものをいいます。まぶたが下がってくると、上眼瞼挙筋を強く収縮させて物を見ようとするため、目の上奥が痛くなる群発頭痛や眼精疲労が起こります。【解説】松尾清(松尾形成外科・眼瞼クリニック院長、信州大学医学部特任教授・名誉教授)


最新の投稿


【子どものアレルギー】善玉菌を増やす「発酵キャベツ」で腸内環境を整えるのがお勧め 自閉症改善にも

【子どものアレルギー】善玉菌を増やす「発酵キャベツ」で腸内環境を整えるのがお勧め 自閉症改善にも

キャベツは、食物繊維がとても豊富で、ふだんの食生活で不足しがちな食物繊維を補うことができる食材です。これを発酵させることで、乳酸菌たっぷりになり、その乳酸菌が腸の中で善玉菌を増やしてくれるため、便秘をはじめとする腸の不調を改善してくれるのです。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授・医学博士)


【自律神経を整える】セロトニン分泌を促し手軽に免疫力がアップする「ハワイの朝日呼吸」の効果

【自律神経を整える】セロトニン分泌を促し手軽に免疫力がアップする「ハワイの朝日呼吸」の効果

自然に触れると、自然の波長と人体の波長が心地よく混ざり合います。これは人体にヒーリング効果を生むと言われています。ハワイをイメージしながら行う「ハワイの朝日呼吸」でも、それに近い効果が得られると思います。【解説】川嶋朗(東京有明医療大学保健医療学部教授・医師)


【二重あご】若返りホルモンが分泌!顔の歪みも取る「舌回し」 の効果

【二重あご】若返りホルモンが分泌!顔の歪みも取る「舌回し」 の効果

「年を取るにつれ、ほおやあごがたるんで二重あごになってきた」そう感じている人は多いのではないでしょうか。実は、簡単な方法で、たるみや二重あごを撃退し、若いころのようなシャープなフェイスラインに戻せるのです。その方法とは、私の推奨する「舌回し」です。【解説】小出馨(日本歯科大学新潟生命歯学部歯科補綴学第一講座主任教授)


【口呼吸・イビキが改善】美容と健康維持に役立つ「舌回し」15の効果

【口呼吸・イビキが改善】美容と健康維持に役立つ「舌回し」15の効果

私が推奨している「舌回し」は、顔のたるみや二重あご、シミ、シワ、ほうれい線といった美容トラブルの改善にすぐれた効果を発揮します。ですが、舌回しの効果は美容面だけにとどまりません。全身のさまざまな不快症状も改善してくるのです。【解説】小出馨(日本歯科大学新潟生命歯学部歯科補綴学第一講座主任教授)


【整形なしで】2週間で効果!たるみが取れて顔が変わる「舌回し」のやり方

【整形なしで】2週間で効果!たるみが取れて顔が変わる「舌回し」のやり方

舌回しは、顔やのどにある表面の筋肉だけでなく、インナーマッスルを鍛えてバランスを整えます。顔のたるみやゆがみを取り、笑顔がとてもさわやかになります。 簡単ですが、効果は絶大です。【解説】小出馨(日本歯科大学新潟生命歯学部教授)