出ても残便感がある【直腸性便秘】対策は 寝る前10分の「この姿勢」

出ても残便感がある【直腸性便秘】対策は 寝る前10分の「この姿勢」

大学病院の総合診療科を訪れる便秘の患者さんのうち、最も多いのが、排便してもスッキリとした感覚を持てない残便感に悩む人たちです。「出残り便秘」とも呼ばれています。ここでは、そんな話題の直腸性便秘の改善方法をご紹介します。【解説】瓜田純久(東邦大学医療センター大森病院副院長 総合診療科教授)


直腸性便秘を改善させるセルフケアに詳しい瓜田純久教授(東邦大学医療センター大森病院副院長)

直腸性便秘は「便が直腸に入っても」便意を感じなくなる

 大学病院の総合診療科を訪れる便秘の患者さんのうち、最も多いのが、排便してもスッキリとした感覚を持てない残便感に悩む人たちです。
 まったく便が出ないわけではないのですが、便が出たときに、出し切った感覚に乏しく、不快に感じています。

 この残便感の悩みは、大きく二つに分けることができます。
 残便感を感じるとき、実際に便が肛門の手前の直腸に残っている場合と、便が残っていない場合です。まずは、前者の腸内に便が残っている場合から解説しましょう。

●便が直腸に残っている場合
 この場合の原因としては、①自律神経の乱れ(けいれん性便秘)や、②直腸の異常(直腸性便秘)が考えられます。
 けいれん性便秘とは、ストレスなどの影響で、腸の働きをコントロールしている自律神経のバランスがくずれた結果、大腸の蠕動運動(内容物を先へと送り出す腸の働き)が強過ぎて起こる便秘です。おなかの張りや腹痛を伴うこともあります。
 便意は非常に強く感じるのに、出てもコロコロしたウサギのフン状で量が少なく、残便感を覚えます。便秘と下痢をくり返すのも、この便秘の特徴です。

 直腸性便秘とは、直腸に問題が起きて生じる便秘です。便が直腸に入ってくると、その刺激が脳へ伝わり、肛門周囲の筋肉がゆるみ、便を出す態勢に入ります。これを、「直腸・肛門反射」といいます。
 この反応は一過性で、排便せずに我慢していると、やがて便意がなくなってしまいます。こうした我慢をくり返していると、そのうち便が直腸に入っても便意を感じなくなります。直腸に留まった便は時間とともに硬くなり、排泄されにくくなります。直腸性便秘でも、強い残便感が起こってきます。

●便が直腸にない場合
 この原因は、たいてい下剤の乱用によるものです。市販の下剤の多くは、刺激性タイプの下剤です。このタイプの下剤は、効果が強い半面、習慣性があり、常用するとだんだん効かなくなります。下剤の作用で腹痛を伴います。

 また、このタイプの下剤を常用していると、排便のときにおなかがギューッと痛くなり、トイレに行くとドッと出るという感覚に慣れていきます。その結果、本来の自然な便意を感じることができなくなり、排便してもスッキリしないという感覚に悩まされるようになるのです。

曲がりくねった腸から ガスを出す秘策

 残便感がある便秘の患者さんには、便秘解消のテクニックとして「寝る前10分のうつぶせ寝」を勧めています。
 腸はおなかの中で曲がりくねっているため、階段の踊り場のようにくねっている箇所にガスがたまりがちです。そこで、うつぶせでおなかを圧迫し、さらにゴロゴロ転がることで、腸内のガスを移動させ、オナラとして排出させるのです。

 こうしてガスが抜けると、腸の蠕動運動が促され、便秘が解消されます。
 うつぶせ寝を行うのは、1日のうちで胃腸の動きが活発になる時間、とくに寝る前をお勧めします。寝る前10分のうつぶせ寝を習慣とするといいでしょう。

下剤の種類を 変えてみる

 うつぶせ寝に加えて、残便感のそれぞれの原因に合わせた対策も行えば、便秘を解消する効果はより高まります。
 けいれん性便秘では、ストレスの解消を目指します。対策の基本は、規則正しい生活で、睡眠をしっかり取ることです。その上で、スポーツや趣味などでストレス解消に励みましょう。

 直腸性便秘は、便意が起こったとき、仕事などで忙しくてすぐにトイレに行けないことが大きなきっかけとなります。日中仕事が忙しくてトイレにすぐ行けない人の場合には、朝、仕事に出かける前に排便をすませる習慣をつけることが最良の方法になるでしょう。
 そして、下剤を常用している人は、まずは刺激性タイプの下剤とは作用の異なる下剤に薬を切り替えることです。すぐに下剤の常用をやめたいところですが、現実的には難しいために、最初は薬の種類を変更します。

 新たな下剤として勧められるのは、便のかさを増やす「膨張性下剤」や、便を軟らかくする「塩類下剤」です。膨張性下剤は市販薬としては販売されていませんので、病院で処方してもらう必要があります。
 うつぶせ寝は、簡単にできるにもかかわらず、驚くほど効果のある方法です。
 毎日うつぶせ寝を続けながら、できる範囲で生活の改善や、下剤の減量・離脱に取り組んでみましょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


お通じがよくなり、美肌になったと評判の手作り「ウコンみそ」って何?

お通じがよくなり、美肌になったと評判の手作り「ウコンみそ」って何?

私はスパイスが好きで、普段からよく料理に使っています。ヨガやアーユルヴェーダの生徒さんたちにも、折に触れ、スパイスのよさを伝えてきました。ところが、私がいくら勧めても、実際にスパイスを使いこなせる人は少なく、しかも長続きしません。【体験談】アーユルヴェーダプランナー&シニアヨガティーチャー・60歳 満田三惠子


【医師解説】干しブドウ酢の健康効果 お酢との相乗効果で便秘や高血圧が改善

【医師解説】干しブドウ酢の健康効果 お酢との相乗効果で便秘や高血圧が改善

日本では、古くからさまざまな食品の「酢漬け」が作られ、保存の効く健康食として重宝されてきました。そんな流れをくむ新たな酢漬けが、「干しブドウ酢」です。【解説】済陽高穂(西台クリニック理事長)


【即効】便秘解消すぐに出る!便秘薬が効かない人にお勧め「耳ヨガ」のやり方

【即効】便秘解消すぐに出る!便秘薬が効かない人にお勧め「耳ヨガ」のやり方

私のヨガ教室では、ヨガ中でも、トイレは我慢せずに行っていいですよとお伝えしています。ヨガをすると詰まりが解消されることが多いからです。私が必ずメニューに取り入れているのが耳ヨガです。便秘解消の効果も高いので是非役立ててください。【解説】薄 久美子(ハーモニースペースdeヨガ主宰・ビジョンヨガインストラクター)


【やり方】首の痛み、頭痛、耳鳴り、便秘、眼精疲労にも効果的な「首のスジ押し」

【やり方】首の痛み、頭痛、耳鳴り、便秘、眼精疲労にも効果的な「首のスジ押し」

首や、首周辺のこりをほぐすというと、首の後ろと背中側を刺激するイメージを持つのではないでしょうか。しかし、私が見つけた首のこりをほぐすポイントは、首の前面、つまりのど側にあります。【解説】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長)


腸は「悲しみ」や「不安」をため込む臓器 臭いおならも足もみで解消できる!

腸は「悲しみ」や「不安」をため込む臓器 臭いおならも足もみで解消できる!

パンパンに張ったガス腹、何日たっても出ない便、つらいものですよね。気になって、仕事も家事も集中できない、という人も多いのでは。ここでは、簡単にでき、試したとたんに腸が動き出すストレッチを紹介します。【監修】市野さおり(看護師・リフレクソロジスト)


最新の投稿


【口をぱくぱく】開け閉めすると…内臓、血管、筋肉、神経が元気になるってホント?

【口をぱくぱく】開け閉めすると…内臓、血管、筋肉、神経が元気になるってホント?

口をぱくぱくと開け閉めすると、体と心の中にいる「インナードクター(内なる医師)」が呼び起こされ、腰痛、不眠、肩こり、高血圧、胃腸炎、頻尿、便秘、顎関節症、アトピー性皮膚炎、更年期障害など、さまざまな病気や不調が改善する可能性があるのです。【解説】筒井重行(風楽自然医療研究所所長)


食事制限なし運動なしで糖尿病・痛風を克服!実践した「耳もみ」のやり方とは

食事制限なし運動なしで糖尿病・痛風を克服!実践した「耳もみ」のやり方とは

私の治療室ではフランスのノジェ博士が提唱した「耳介医学」に沿って、耳針治療をしています。私が特に注目しているのは、耳の中央付近にある「星状神経節」に対応するポイントです。私は自分の糖尿病も耳への刺激治療で治しました。また、血糖値の高い患者さんに「耳もみ」を勧め効果を上げているのです【解説】塚見史博(塚見鍼灸治療室院長)


皮ごと摂取で飛蚊症改善!ダイエットや関節痛にも高い効果を発揮する【ショウガ氷】

皮ごと摂取で飛蚊症改善!ダイエットや関節痛にも高い効果を発揮する【ショウガ氷】

ショウガに含まれる、ジンゲロールとショウガオール(ショウガを加熱または乾燥すると、ジンゲロールがショウガオールに変化する)という二つの薬効成分が、病気や症状を改善する優れた効能をもたらします。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


今日からあなたもジンジャラー!体の機能を高める【ショウガ氷】基本の作り方

今日からあなたもジンジャラー!体の機能を高める【ショウガ氷】基本の作り方

ショウガは、漢方薬の材料としても使われ、体のさまざまな機能を高めてくれることはよく知られています。ショウガを日常的に活用している人を「ジンジャラー」と呼びますが、私自身、自他ともに認めるジンジャラーです。1日に取るショウガの量は、およそ30g。さまざまな料理にショウガを使います。【解説】浜内千波(料理研究家)


【インフルエンザ予防に】ミカン丸ごと美味レシピ(2)

【インフルエンザ予防に】ミカン丸ごと美味レシピ(2)

ミカンの持つ、驚くべき薬効を知ったら、できれば皮ごとミカンを食べたくなってしまいますよね。そこで、このレシピでは、ミカンを皮ごとおいしくいただくレシピをご紹介します!どれも短時間で簡単に作れるものばかりです。【料理・レシピ考案】神田美紀(薬膳料理研究家)


ランキング


>>総合人気ランキング