【意外な対策】高齢者に多い便秘。対策は「冷水での手洗い」「食事の量」「こまめな水飲み」

【意外な対策】高齢者に多い便秘。対策は「冷水での手洗い」「食事の量」「こまめな水飲み」

高齢になると、便秘が起こりやすくなるのは、いくつかの原因が考えられます。まず、大腸や周辺の筋力が低下し、腸の蠕動運動(内容物を先へと送り出す腸の働き)が弱まることです。【解説】瓜田純久(東邦大学医療センター大森病院副院長 ・総合診療科教授)


朝1杯の水が腸を目覚めさせる

少食と水分不足が高齢者の便秘の大敵

 高齢になると、便秘に悩む人が男女を問わず増えます。
 平成25年度「国民生活基盤調査」によれば、便秘を自覚している人は、全年齢では、男性が1000人あたり26人(2.6%)、女性は、48.7人(4.9%)となっています。便秘に悩む人は、60代までは圧倒的に女性が多数ですが、70代以降は男性も増え、80歳以降になると、男女ともに10%以上の人が便秘を自覚するようになります。

 高齢になると、便秘が起こりやすくなるのは、いくつかの原因が考えられます。
 まず、大腸や周辺の筋力が低下し、腸の蠕動運動(内容物を先へと送り出す腸の働き)が弱まることです。
 日常生活の習慣も便秘に大いに関係しています。例えば、同じ年代の人でも、便秘になるのは太った人よりも、実はやせた人のほうが断然多いのです。

 やせている人は、一般的に食事の量が少ないものです。食事の量が少なければ、腸に入ってくる内容物の量も少なくなります。便もあまり作られなくなります。使わない筋肉が衰えるのと同じで、腸の蠕動運動も衰え、便を押し出す力が弱って、便秘が起こるのです。
 加えて、高齢になると、水分の摂取量も少なくなります。高齢者は、トイレへ行くのが頻繁になったり、夜中に尿意で目が覚めたりするのを嫌うため、水分摂取を抑えてしまう人が多いのです。

 便は、実はその大半が水分で、重さにして約7~8割が水分です。水分量が9割を超えると、ビシャビシャの下痢便になり、7割を切ると、カチカチの硬い便になります。水分摂取量が少ないと、便が硬くなり、腸の中を進みにくくなって、便秘がひどくなります。
 このように食事量や水分量の減少は、高齢者の便秘を招く大きな要因となっています。
 そこで、やせた高齢者の便秘解消のためには、「少食は便秘の大敵」と考え、よく食べることを心がける必要があります。高齢者はたんぱく質や脂質がとくに不足しがちなので、積極的に肉や魚を食べるといいでしょう。

起き抜けに水を飲むのが便秘解消のポイント

 また、じゅうぶんな水分補給も重要です。
 1日に摂取すべき水分量は、およそ「体重の30分の1」が目安になります。体重60kgなら約2Lです。

 これは食品中の水分も含む量ですから、毎食きちんと食べているのならば、飲料として摂取する量は1.5L程度になるでしょう。
 水分をきちんと取ると、大腸内で便が水分を含み、動きやすい硬さになります。水分で便のかさも増すので、腸壁に刺激が伝わり、それが腸の蠕動運動を活発化させるのです。

 水の飲み方は、まず「起き抜けにコップ1杯の水」を習慣にしましょう。
 ことに、冷たい水が空っぽの胃に入ると、その刺激で大腸の蠕動運動が活発になります。一度に飲む量は、コップ1杯程度でよいので、取る回数を多くし、こまめに水分補給をしてください。

冷水が副交感神経の働きを高める

 もう一つ試みて欲しいのが、冷たい水での手洗いです。
 腸の動きは、私たちの意志とは無関係に内臓や血管をコントロールする自律神経の支配下にあります。自律神経は、主に活動時に優位になる交感神経と、主に安静時に優位になる副交感神経とがあり、両者がバランスを取りながら働いています。
 腸は、副交感神経が優位のときによく動くのですが、この腸を動かす副交感神経の働きが加齢とともに低下します。副交感神経の働きを活発にさせるのが、冷水での手洗いなのです。
 やり方は簡単です。気付いたときに冷水で手を10~20秒間洗うだけだけです。
 冷水を手で受け止めると、一時的に交感神経が優位になって、血管がキュッと収縮します。前方に揺れたブランコがそのまま後方に戻ってくるように、しばらくたつと副交感神経が優位となってくるのです。
 このような刺激によって、自律神経の振れ幅を作ることが、交感神経と副交感神経のバランスを整え、低下しがちな副交感神経の働きを活性化します。それが、腸の動きをよくすることにもつながるのです。
 冷たい水と熱いお湯を交互に浴びる温冷浴なども、同様の理由から、腸の活動を高める可能性がありますが、全身の温度を大きく変えることは体に負担がかかります。ことに高齢者には勧められません。
 その点、気付いたときに手を冷やすこの方法ならば、体にかかる負担も少ないはずです
 食事量の減少や水分摂取量の不足などは、生活の中の意外な盲点です。高齢者で便秘に悩んでいる人は、ぜひ自分の生活を振り返り、便秘対策に取り組んでいきましょう。

冷水が自律神経を刺激する

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


便秘

関連する投稿


【血管強化食材】動脈硬化を撃退する絶品「ローストピーナッツ」レシピ

【血管強化食材】動脈硬化を撃退する絶品「ローストピーナッツ」レシピ

ピーナッツといえば、「太る」「ニキビができる」など、健康とは縁遠い食材だと思われがち。しかし、最近、その豊富な栄養素が、巷で大きな話題を集めています。便秘が解消して、やせやすくなる、血管も肌も若返ると、まさにピーナッツは優良健康食材なのです。【料理・栄養計算・スタイリング】五十嵐ゆかり(料理研究家・管理栄養士)


【便秘に最強効果】納豆とオリーブオイルで "排便力"アップ 便秘薬も不要に

【便秘に最強効果】納豆とオリーブオイルで "排便力"アップ 便秘薬も不要に

私は、便秘に悩む患者さんに「オリーブオイル納豆」を勧めています。これは、納豆に少量のオリーブオイルを混ぜるだけのシンプルな食べ物ですが、便秘改善の効果は劇的です。便が柔らかくなって排便しやすくなったり、おなかの張りが取れたりして、下剤が不要になったケースもあります。【解説】松生恒夫(松生クリニック院長)


【糖尿病を改善】4種の野菜で免疫力アップ「甘い野菜スープ」の作り方

【糖尿病を改善】4種の野菜で免疫力アップ「甘い野菜スープ」の作り方

「年々、体重が増えてきている」「最近お通じが悪くて困っている」「血糖値が高いのが気になる」。そんな人にお勧めしたいのが、4種の野菜の自然な甘みが凝縮した「甘い野菜スープ」です。【解説者】勝部美佳(マクロビオティック料理研究家)


【玄米食】で要介護度が改善した患者が続出!自らも痛風を克服した医師が指南「米ぬかの食べ方」

【玄米食】で要介護度が改善した患者が続出!自らも痛風を克服した医師が指南「米ぬかの食べ方」

体は食べた物からできているので食事の内容は重要です。玄米には、多くの栄養素と有効成分が含まれていて、高血圧・動脈硬化・脂質異常症・糖尿病などの生活習慣病や、便秘、ガン、認知症、花粉症・アトピー・ぜんそくなどのアレルギー症状に対し、強力な予防・改善効果を発揮します。【解説】島村善行(島村トータル・ケア・クリニック院長)


【アーユルヴェーダ専門医】蜂蜜は空腹時に常温でなめると良い 便秘解消には「蜂蜜レモンジュース」がお勧め!

【アーユルヴェーダ専門医】蜂蜜は空腹時に常温でなめると良い 便秘解消には「蜂蜜レモンジュース」がお勧め!

ハチミツは、糖の代謝を高める働きがあり、大量にとらないかぎり、血糖値は上がりにくいのです。さらに、毒素を浄化する働きによって、胃腸のケアにも役立ちます。便秘や下痢などの排泄異常の改善、ダイエットや美肌効果も期待できるでしょう。【解説者】蓮村誠(マハリシ南青山プライムクリニック院長)


最新の投稿


薄皮ごと活用!ピーナッツ簡単自在レシピ(和風・洋風)

薄皮ごと活用!ピーナッツ簡単自在レシピ(和風・洋風)

ピーナッツに含まれる油は、体内の脂肪を減らす手助けをし、薄皮に含まれるポリフェノールは高い抗酸化作用で体の老化を防いでくれます。健康を意識する人にこそ食べてほしい、薬効高い食材です。【料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)


【鎮痛剤】痛み止めの種類 ロキソニンとカロナールの違い リリカは切り札

【鎮痛剤】痛み止めの種類 ロキソニンとカロナールの違い リリカは切り札

よく使われるようになった鎮痛薬。その一つが「プレガバリン」という薬で、商品名は「リリカ」といいます。中枢神経系に働きかける薬ですが、アセトアミノフェンとは違うメカニズムで痛みを止めます。従来の鎮痛薬に比べると、鎮痛作用の強いのが特徴です。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【脊柱管狭窄症】改善率9割!腸腰筋を芯から緩める「前後開脚」とは

【脊柱管狭窄症】改善率9割!腸腰筋を芯から緩める「前後開脚」とは

脊柱管狭窄症は、背骨の中にある神経の通り道(脊柱管)が狭くなって起こる病気です。脊柱管がなんらかの原因で狭くなると、神経や血管が圧迫され、腰や足に痛みやしびれが現れます。私が、脊柱管狭窄症の改善のポイントと考えているのが「腸腰筋」です。【解説】宮本啓稔(新宿西口治療院院長・鍼灸師)


【医師解説】「朝立ち」がなくなるのは余命が短いサイン?元気で「現役」のカギは男性ホルモン

【医師解説】「朝立ち」がなくなるのは余命が短いサイン?元気で「現役」のカギは男性ホルモン

「セックスできれば元気で長生き」といわれていますが私から言わせるとまったく順序が逆です。「元気だからこそセックスができる」のです。女性同様男性にも男性ホルモン低下が原因で更年期障害が起こります。私は男性ホルモンの補充が絶対必要だと考えています。【解説】熊本悦明(札幌医科大学名誉教授・メンズヘルスクリニック東京名誉院長)


【突発性難聴】まったく聞こえなかった私の右耳の聴力は「耳こすり」で復活した!

【突発性難聴】まったく聞こえなかった私の右耳の聴力は「耳こすり」で復活した!

2年前、右耳が詰まっている感じがして耳鼻科に行ったところ突発性難聴と診断されステロイド剤の点滴治療を受けることになりました。病院での9日間の点滴治療が終わっても、聴力はまだ戻りませんでした。耳こすりしかできることはないので、ひたすら続けたのです。【体験談】津田久美子(主婦・46歳)


ランキング


>>総合人気ランキング