【どんな痛みにも効く】あらゆる股関節痛に効果を発揮「股関節日記」の付け方

【どんな痛みにも効く】あらゆる股関節痛に効果を発揮「股関節日記」の付け方

変形性股関節症は、慢性的な痛みが患者さんを苦しめます。そんな痛みから今すぐ逃れたいという人は、手術療法を選ぶのもよいでしょう。しかし私は、変形性股関節症の多くは、保存療法で、股関節の機能を再建できると考えています。【解説】矢野英雄(冨士温泉病院名誉院長)


股関節痛にはノルディックウォークが効果的

股関節の軟骨が再生した例も多い

 変形性股関節症では、慢性的な痛みが患者さんを苦しめます。そんな痛みから今すぐ逃れたいという人は、手術療法を選ぶのもよいでしょう。
 しかし私は、変形性股関節症の多くは、保存療法(運動療法を含む、股関節への負担を軽減するための生活指導)で、股関節の機能を再建できると考えています。変形の進んだ股関節も、日常生活の中で筋肉と神経を疲弊させない程度に、痛みをコントロールできれば、修復は十分可能なのです。

 この痛みのコントロールに役立つのが、「股関節らくらく日記」です。
 これまでに私は、変形性股関節症の患者さんの多くに、股関節らくらく日記をつけて痛みをコントロールするように勧めました。その結果、個人差はあるものの、1~2ヵ月ほどで、患者さんの多くに改善傾向がみられています。

 軟骨が再生したり、大腿骨頭(太ももの骨の先端の丸い部分)がきれいに整うなど、レントゲン写真上で変化を確認できた例も少なくありません。
 そもそも変形性股関節症は、臼蓋形成不全という特性を持った人によく現れます。臼蓋形成不全は、臼蓋と大腿骨頭の接する面積が少ないため、上体の重さが負担となって、股関節を損傷しやすいと考えられます。

 さらに、加齢によって歩行時の複雑な神経・筋肉の調整機能が衰えると、股関節は些細なことでも壊れやすくなります。40~50代の女性の場合、骨粗鬆症によって、股関節がよりもろくなっているはずです。
 治癒能力も加齢によって衰えるため、損傷の修復は容易ではありません。その結果、股関節の損傷は次第に大きくなり、ついには激しい痛みや関節の変形に至るのです。
 痛みは神経や筋肉の緊張・疲労を招きます。この状態が続けば血流が悪化し、股関節はますます壊れやすくなります。変形性股関節症は、痛みによって進行するといっても過言ではないのです。

 ただ、加齢によって治癒能力が完全になくなるわけではありません。十分な安静を保てば、股関節の再生は可能です。しかし、日常生活の中で股関節を完全な安静状態に保つのは不可能といっていいでしょう。

 そこで必要となるのが、痛みのコントロールです。痛みを可能な限り軽くし、神経や筋肉の緊張・疲労を取り去れば、完全な安静状態を保たなくても、股関節はゆっくりと修復へ向かいます。
 痛みをコントロールするためには、まず痛みの程度を客観的に把握しなければなりません。とはいえ、股関節痛に限らず、すべての痛みは患者さん自身にしかわからない、主観的なものです。そこで役立つのが、股関節らくらく日記です。

 股関節らくらく日記では、前日と比較してどれだけ痛むか・痛まないかという痛みのスケール(度合い)を、患者さん自身が日々記録していきます。
 ある程度の期間にわたって記録すれば、その記録は痛みを客観的に把握する「ものさし」となります。このものさしを元に、痛みの少ない生活を心掛ければ、股関節は修復へ向かうはずです。

股関節らくらく日記のやり方

 股関節らくらく日記の項目は次のとおりです。

(1)日付
(2)痛みのスケール(度合い)
(3)歩数
(4)コメント

 この4項目のほかにも、「天気」「体重」「服用薬」「リハビリ内容」など、自分で痛みを左右すると思われる項目を設けてもよいでしょう。患者さんの中には、痛みのスケールと歩数の関係がひと目でわかるように、グラフ化している人もいます。

 これをつけていると、どんな条件で痛みが増減するのかが見えてきます。「自転車に乗ったら痛みが増した」「鍼灸で痛みが和らいだ」など、自分の条件が見えてきたら、痛みの軽い生活を送りやすくなるはずです。

 私の経験では、変形性股関節症の患者さんは、心身とも活動的な人が多いようです。臼蓋形成不全は臼蓋の被りが浅いため、足の可動域(動かせる範囲)が広く、運動能力が高い人が少なくありません。体が人よりよく動けば、性格も自然と社交的、活動的になるのでしょう。
 ただそのような人は、変形性股関節症で体が今までのように動かなくなると、その分、ストレスも感じがちです。強いストレスは、痛みを増強させます。

 また、過去の記憶から「この程度の運動なら大丈夫」と思い込み、股関節に負担をかけることも少なくありません。股関節らくらく日記は、過去の記憶に惑わされずに、現状を客観視するツールにもなるのです。

股関節痛にはノルディックウォーキングも効果的

 股関節らくらく日記のほか、スキーのストックに似た2本のポールを使って歩くノルディックウオークも、股関節の機能再建に有効です。

 ノルディックウオークには、歩行姿勢の改善、歩行速度の向上、股関節の屈曲拘縮(関節が曲がったままで固まること)の予防、気分・意欲の向上などの利点があります。

 普通に1日3000歩歩ける初期~進行期の人なら、週に3日、1日20~30分が目安です。
 痛みの少ない生活・リハビリを続ければ、進行期でも末期でも、年齢を問わずに、変形性股関節症は改善します。

股関節痛の改善には、股関節日記をつけ、ノルディックウォークをすることが大切です、と冨士温泉病院名誉院長の矢野英雄先生

これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに掲載しています。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

これらの記事にある情報は、効能や効果を保証するものではありません。専門家による監修のもと、安全性には十分に配慮していますが、万が一体調に合わないと感じた場合は、すぐに中止してください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【水前寺清子さん】脊柱管狭窄症を手術で克服 私の前向き思考法

【水前寺清子さん】脊柱管狭窄症を手術で克服 私の前向き思考法

私に異変が起こったのは、ここ数年のことです。立っていると足が冷え切って、そのうちしびれるようになりました。そして、突然、足の力が抜けてパタンと倒れてしまうのです。それがどんどんひどくなり、まともに3mも歩けないほど。何かにつかまっていないと、前に進むこともできませんーー。【体験談】水前寺清子(歌手)


【医師の明快解説】股関節が痛い!変形性股関節症の原因と症状、治療法まで

【医師の明快解説】股関節が痛い!変形性股関節症の原因と症状、治療法まで

股関節が痛い原因は、大腿骨頭壊死症や関節リウマチなど、さまざまな原因がありますが、代表的なものは変形性股関節症です。実は、日本人の女性にとって、股関節は大きな「弱点」なのです。私のクリニックを訪れる人に関して言えば、実に9割以上が変形性股関節症で、その9割以上が女性です。【解説】石部基実(石部基実クリニック院長)


【整形外科医】脊柱管狭窄症の9割は足指の変形が原因!「足の骨ぎわはがし」で痛み、しびれが改善

【整形外科医】脊柱管狭窄症の9割は足指の変形が原因!「足の骨ぎわはがし」で痛み、しびれが改善

足がしびれる、太ももの外側からお尻にかけて痛む、間欠性跛行がある―このような症状を訴えて病院へ行くと、多くの場合、脊柱管狭窄症と診断されます。脊柱管狭窄症とは、腰椎の中を通る馬尾神経の空間(脊柱管)が狭くなり、神経が圧迫されて、痛みやしびれが起こる病態です。【解説】平野薫(ひらの整形外科クリニック院長)


【自分で治せる】脊柱管狭窄症によく効く「多裂筋ほぐし」―ポイントは脊柱起立筋

【自分で治せる】脊柱管狭窄症によく効く「多裂筋ほぐし」―ポイントは脊柱起立筋

脊柱起立筋は、体の表層にある筋肉です。そして、この脊柱起立筋の下には、多裂筋という深層筋があります。脊柱管狭窄症になった人の多くは、この多裂筋がガチガチにかたくなっています。そこで私は、患者さんの多裂筋をマッサージする施術を行うようにしました。【解説】小林篤史(猫背矯正マイスターのいる治療院V-Style院長)


【自分で治す】脊柱管狭窄症の痛み、しびれを取り除く「腕の2点もみ」

【自分で治す】脊柱管狭窄症の痛み、しびれを取り除く「腕の2点もみ」

脊柱菅狭窄症は、脊柱管が狭くなっているすべての人に症状が出るわけではありません。狭くなっていても、脊柱管の血流が十分であれば、痛みが出ることはないのです。その血流が阻害され、流れが滞ることで、痛みが出るのです。【解説】小泉正弘(小泉医院遠絡医療センター院長)


最新の投稿


【お腹やせ】排泄力を高める 即効「生大根ダイエット」のやり方

【お腹やせ】排泄力を高める 即効「生大根ダイエット」のやり方

多くのかたのダイエット相談を受ける中で、私はあることに気がつきました。おしっこやうんちなどの老廃物を体にため込んでいる人はやせにくく、体型もどんどん悪くなってしまう、ということです。【解説】蓮水カノン(キレイファクトリー主宰)


【笑うことの効果】免疫力が高まり健康増進!ガンとの共生・克服も可能

【笑うことの効果】免疫力が高まり健康増進!ガンとの共生・克服も可能

私は、医師として40年以上、病気に悩む人々を診てきました。また、現役の産婦人科医師として、年間100名以上の出産に立ち合っています。そこで学んだのは、「逝き方とは生き方であり、笑進笑明こそが、自分を進化させる21世紀のライフスタイル」だということです。【解説】昇 幹夫(日本笑い学会副会長・産婦人科医・麻酔科医)


【色の効果】血圧不安定、イライラやうつの症状は「濃いピンク」で改善する!

【色の効果】血圧不安定、イライラやうつの症状は「濃いピンク」で改善する!

私は診察の際、患者さんにカラーチャートをお見せして、好きな色を選んでいただきます。好きな色を聞くことで、その人の性格や考え方の傾向、心と体の状態を大まかにつかむことができるからです。色は健康状態を知るだけでなく、心身の不調の改善にも役立ちます。【解説】春田博之(芦屋こころとからだのクリニック院長)


【医師解説】糖質制限ダイエット 外食時に食べてもいいものはコレ!お勧めとNGメニュー

【医師解説】糖質制限ダイエット 外食時に食べてもいいものはコレ!お勧めとNGメニュー

外食でも、工夫しだいで糖質の制限は可能です。外食時のお勧めメニューは、ステーキ、焼き魚、刺し身、しゃぶしゃぶ、焼き肉、ハンバーグなど。コンビニで食品を選ぶさいには、栄養成分表示を確認しましょう。【解説】牧田善二(エージーイー牧田クリニック院長)


股関節の痛みの原因を自分で取り除く!変形性股関節症が改善する「ノルディックウォーク」

股関節の痛みの原因を自分で取り除く!変形性股関節症が改善する「ノルディックウォーク」

私は、変形性股関節症の患者さんたちに対して、股関節に過度な負荷をかけない生活を送りながら、痛みや歩行能力の改善を促す、保存療法に取り組んでいます。手術療法を否定するつもりはありませんが、必ずしも手術に頼らなくても、保存療法で股関節の機能を十分再建できると考えています。【解説】矢野英雄(富士温泉病院名誉院長)


ランキング


>>総合人気ランキング