【どんな痛みにも効く】あらゆる股関節痛に効果を発揮「股関節日記」の付け方

【どんな痛みにも効く】あらゆる股関節痛に効果を発揮「股関節日記」の付け方

変形性股関節症は、慢性的な痛みが患者さんを苦しめます。そんな痛みから今すぐ逃れたいという人は、手術療法を選ぶのもよいでしょう。しかし私は、変形性股関節症の多くは、保存療法で、股関節の機能を再建できると考えています。【解説】矢野英雄(冨士温泉病院名誉院長)


股関節痛にはノルディックウォークが効果的

股関節の軟骨が再生した例も多い

 変形性股関節症では、慢性的な痛みが患者さんを苦しめます。そんな痛みから今すぐ逃れたいという人は、手術療法を選ぶのもよいでしょう。
 しかし私は、変形性股関節症の多くは、保存療法(運動療法を含む、股関節への負担を軽減するための生活指導)で、股関節の機能を再建できると考えています。変形の進んだ股関節も、日常生活の中で筋肉と神経を疲弊させない程度に、痛みをコントロールできれば、修復は十分可能なのです。

 この痛みのコントロールに役立つのが、「股関節らくらく日記」です。
 これまでに私は、変形性股関節症の患者さんの多くに、股関節らくらく日記をつけて痛みをコントロールするように勧めました。その結果、個人差はあるものの、1~2ヵ月ほどで、患者さんの多くに改善傾向がみられています。

 軟骨が再生したり、大腿骨頭(太ももの骨の先端の丸い部分)がきれいに整うなど、レントゲン写真上で変化を確認できた例も少なくありません。
 そもそも変形性股関節症は、臼蓋形成不全という特性を持った人によく現れます。臼蓋形成不全は、臼蓋と大腿骨頭の接する面積が少ないため、上体の重さが負担となって、股関節を損傷しやすいと考えられます。

 さらに、加齢によって歩行時の複雑な神経・筋肉の調整機能が衰えると、股関節は些細なことでも壊れやすくなります。40~50代の女性の場合、骨粗鬆症によって、股関節がよりもろくなっているはずです。
 治癒能力も加齢によって衰えるため、損傷の修復は容易ではありません。その結果、股関節の損傷は次第に大きくなり、ついには激しい痛みや関節の変形に至るのです。
 痛みは神経や筋肉の緊張・疲労を招きます。この状態が続けば血流が悪化し、股関節はますます壊れやすくなります。変形性股関節症は、痛みによって進行するといっても過言ではないのです。

 ただ、加齢によって治癒能力が完全になくなるわけではありません。十分な安静を保てば、股関節の再生は可能です。しかし、日常生活の中で股関節を完全な安静状態に保つのは不可能といっていいでしょう。

 そこで必要となるのが、痛みのコントロールです。痛みを可能な限り軽くし、神経や筋肉の緊張・疲労を取り去れば、完全な安静状態を保たなくても、股関節はゆっくりと修復へ向かいます。
 痛みをコントロールするためには、まず痛みの程度を客観的に把握しなければなりません。とはいえ、股関節痛に限らず、すべての痛みは患者さん自身にしかわからない、主観的なものです。そこで役立つのが、股関節らくらく日記です。

 股関節らくらく日記では、前日と比較してどれだけ痛むか・痛まないかという痛みのスケール(度合い)を、患者さん自身が日々記録していきます。
 ある程度の期間にわたって記録すれば、その記録は痛みを客観的に把握する「ものさし」となります。このものさしを元に、痛みの少ない生活を心掛ければ、股関節は修復へ向かうはずです。

股関節らくらく日記のやり方

 股関節らくらく日記の項目は次のとおりです。

(1)日付
(2)痛みのスケール(度合い)
(3)歩数
(4)コメント

 この4項目のほかにも、「天気」「体重」「服用薬」「リハビリ内容」など、自分で痛みを左右すると思われる項目を設けてもよいでしょう。患者さんの中には、痛みのスケールと歩数の関係がひと目でわかるように、グラフ化している人もいます。

 これをつけていると、どんな条件で痛みが増減するのかが見えてきます。「自転車に乗ったら痛みが増した」「鍼灸で痛みが和らいだ」など、自分の条件が見えてきたら、痛みの軽い生活を送りやすくなるはずです。

 私の経験では、変形性股関節症の患者さんは、心身とも活動的な人が多いようです。臼蓋形成不全は臼蓋の被りが浅いため、足の可動域(動かせる範囲)が広く、運動能力が高い人が少なくありません。体が人よりよく動けば、性格も自然と社交的、活動的になるのでしょう。
 ただそのような人は、変形性股関節症で体が今までのように動かなくなると、その分、ストレスも感じがちです。強いストレスは、痛みを増強させます。

 また、過去の記憶から「この程度の運動なら大丈夫」と思い込み、股関節に負担をかけることも少なくありません。股関節らくらく日記は、過去の記憶に惑わされずに、現状を客観視するツールにもなるのです。

股関節痛にはノルディックウォーキングも効果的

 股関節らくらく日記のほか、スキーのストックに似た2本のポールを使って歩くノルディックウオークも、股関節の機能再建に有効です。

 ノルディックウオークには、歩行姿勢の改善、歩行速度の向上、股関節の屈曲拘縮(関節が曲がったままで固まること)の予防、気分・意欲の向上などの利点があります。

 普通に1日3000歩歩ける初期~進行期の人なら、週に3日、1日20~30分が目安です。
 痛みの少ない生活・リハビリを続ければ、進行期でも末期でも、年齢を問わずに、変形性股関節症は改善します。

股関節痛の改善には、股関節日記をつけ、ノルディックウォークをすることが大切です、と冨士温泉病院名誉院長の矢野英雄先生

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


股関節が痛くて歩けない【大腿骨頭壊死症】対策にキアリ骨盤骨切り術(関節温存手術)

股関節が痛くて歩けない【大腿骨頭壊死症】対策にキアリ骨盤骨切り術(関節温存手術)

変形性股関節症は、関節軟骨がすり減って痛みや炎症を起こす病気です。40~50代に発症しやすく、特に中高年の女性に多く見られます。放っておくと、初期、進行期、末期と症状が進んでいきます。痛みは悪化し、歩行障害などを招き、イスから立ち上がることさえつらくなったりします。【解説】井上明生(柳川リハビリテーション病院名誉院長)


【猫背の原因】骨盤後傾がお尻のたるみを引き起こす 治したいなら「骨盤起こし」

【猫背の原因】骨盤後傾がお尻のたるみを引き起こす 治したいなら「骨盤起こし」

よく耳にする「骨盤のゆがみ」や「骨盤のずれ」。しかし、実際に骨盤そのものが変形しているケースはほとんどありません。それよりも問題となるのが「骨盤の後傾」で全身のさまざまな痛みや症状の原因となるのです。痛み取りとして、健康法として、またダイエット法として、骨盤起こしをぜひお試しください【解説】中村考宏(えにし治療院院長)


クセになるまで「貧乏ゆすり」をしたら ― 変形性股関節症が大改善した人が続出

クセになるまで「貧乏ゆすり」をしたら ― 変形性股関節症が大改善した人が続出

変形性股関節症とは、足の付け根にある大きな関節である「股関節」の関節軟骨がすり減り、痛みを起こす病気です。当院で、「貧乏ゆすり」を積極的に患者さんに実践してもらったところ、すり減った軟骨が再生した症例が続々と現れたのです。【解説】井上明生(柳川リハビリテーション病院名誉院長)


股関節痛の「今ここにある痛み」を解消する 即効性のツボ・刺激点はココだ!

股関節痛の「今ここにある痛み」を解消する 即効性のツボ・刺激点はココだ!

左右のバランスの崩れは、腰、股関節、ひざなど、さまざまな関節に痛みを引き起こします。そうはいっても、一朝一夕には、足の不自然な動きを矯正することはできません。「今ここにある痛み」をどうにかしたい…!そんな時に痛みを和らげる「足の甲刺激」のやり方をご説明いたします。【解説】石橋輝美(大津接骨院院長)


【水前寺清子さん】脊柱管狭窄症を手術で克服 私の前向き思考法

【水前寺清子さん】脊柱管狭窄症を手術で克服 私の前向き思考法

私に異変が起こったのは、ここ数年のことです。立っていると足が冷え切って、そのうちしびれるようになりました。そして、突然、足の力が抜けてパタンと倒れてしまうのです。それがどんどんひどくなり、まともに3mも歩けないほど。何かにつかまっていないと、前に進むこともできませんーー。【体験談】水前寺清子(歌手)


最新の投稿


【ダイエット効果】14kgやせて二段腹解消!「太学功ストレッチ」で冷え症も便秘も改善した

【ダイエット効果】14kgやせて二段腹解消!「太学功ストレッチ」で冷え症も便秘も改善した

「気(一種の生命エネルギー)が不足しているから、エネルギーを得ようとして食べ過ぎてしまうんです」太学功の先生の説明に、私は「なるほど」と大きくうなずいていました。というのも、当時の私は銀行で営業をしており、激務に心身とも疲れ切っていました。【体験談】富谷直子(主婦・40歳)


【名医が解説】カイロプラクティックとは?最も得意とするのは「首の痛み」

【名医が解説】カイロプラクティックとは?最も得意とするのは「首の痛み」

頸椎症は、カイロプラクティックが得意とする症状の一つです。整形外科とカイロプラクティックとの診断法は、共通している部分もありますが、一つ大きな違いがあります。それは、カイロプラクティックでは「触診」を非常に重視することです。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【糖尿病を改善】トマトの「リコピン」でインスリンの効きがよくなる!コレステロールも下がる「ホットトマト」

【糖尿病を改善】トマトの「リコピン」でインスリンの効きがよくなる!コレステロールも下がる「ホットトマト」

私は糖尿病の専門医として、患者さんたちに食事や運動の指導をしています。なかでも食事指導は最も重要です。私のクリニックで柱となるのは1日に摂取する糖質の量を150g以内に抑える糖質制限食です。この食事療法を実践する際に、補助手段として私がお勧めしているのが、トマトです。【解説】泰江慎太郎(銀座泰江内科クリニック院長)


薄皮ごと活用!ピーナッツ簡単自在レシピ(和風・洋風)

薄皮ごと活用!ピーナッツ簡単自在レシピ(和風・洋風)

ピーナッツに含まれる油は、体内の脂肪を減らす手助けをし、薄皮に含まれるポリフェノールは高い抗酸化作用で体の老化を防いでくれます。健康を意識する人にこそ食べてほしい、薬効高い食材です。【料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)


【鎮痛剤の種類】痛み止めの強さ ロキソニンとカロナールの違い リリカは切り札

【鎮痛剤の種類】痛み止めの強さ ロキソニンとカロナールの違い リリカは切り札

よく使われるようになった鎮痛薬。その一つが「プレガバリン」という薬で、商品名は「リリカ」といいます。中枢神経系に働きかける薬ですが、アセトアミノフェンとは違うメカニズムで痛みを止めます。従来の鎮痛薬に比べると、鎮痛作用の強いのが特徴です。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


ランキング


>>総合人気ランキング