【ふくらはぎマッサージ】自分で揉むときのコツ お酒を飲みすぎたら内側、不眠はアキレス腱をもむと良い

【ふくらはぎマッサージ】自分で揉むときのコツ お酒を飲みすぎたら内側、不眠はアキレス腱をもむと良い

ふくらはぎにはその人の体調が反映されます。健康だと、つきたてのお餅や二の腕のような温かさと軟らかさ、適度な弾力があります。一方、何らかの不調があると、ふくらはぎがパンパンに張っていたり、しこりのように硬い部分があったり、フニャフニャだったりするのです。【解説】丸山眞砂夫(ふくらはぎ健康法タオ・テクニカルアドバイザー)


→「ふくらはぎもみ」のやり方とポイント

丸山眞砂夫
柔道整復師。明治東洋医学院専門学校卒業。株式会社タオ取締役、日本ふくらはぎセラピスト協会会長。後進の育成にも力を注ぎ、ふくらはぎもみのよさを普及。著書に『ふくらはぎをもむと体が変わる!病気が治る!』(マキノ出版)などがある。

健康なふくらはぎは二の腕のように軟らかい

近年、ふくらはぎをもむ健康法が、一般にも広く認知されるようになってきました。私が所属するタオ整骨院と「ふくらはぎ健康法タオ」にも、老若男女、多くの人が、ふくらはぎマッサージ(以下、ふくらはぎもみに省略)を受けに来ています。

ふくらはぎには、その人の体調が反映されます。健康なふくらはぎは、つきたてのお餅や、二の腕のような温かさと軟らかさ、適度な弾力があります。

一方、体に何らかの不調があると、ふくらはぎがパンパンに張っていたり、しこりのように硬い部分があったり、弾力がなくフニャフニャだったりするのです。

当院が取り入れているふくらはぎもみは、医師の故・石川洋一先生が考案したものです。
先生によると、内臓系の疾患はふくらはぎの内側、腰痛やひざ痛はふくらはぎの外側、心肺機能や神経系の不調はふくらはぎの中央部分に現れやすいとのことです。

日々、いろいろな人のふくらはぎを触っていると、確かにその傾向が顕著に現れています。

例えば、お酒の飲み過ぎで肝臓が疲れている人は、ふくらはぎの内側が硬くなっています。
不眠の人は、アキレス腱付近が硬くなっているのです。

ふくらはぎをもむと、そうした不調が改善する例が多数見受けられます。
それは、ふくらはぎをもむと全身の血流がよくなること、自律神経(内臓や血液の働きを調整する神経)が整うこと、ふくらはぎに多くのツボがあることが関係しているからだと思います。

血流がよくなりあらゆる不調が改善

血流がよくなれば、血圧も安定しますし、肩こりや腰痛、ひざ痛も軽快します。
当院では、ふくらはぎもみを行った人が、杖を忘れて帰るという光景がよく見られます。
高齢者に多い、睡眠中のこむら返りも起こりにくくなります。

女性であれば、子宮の血液循環もよくなります。
そのため、生理痛や更年期障害の症状が軽減した、なかなか赤ちゃんができなかったけど妊娠した、という声も聞きます。

私のタオ整骨院では、技術の向上のために、スタッフ同士でふくらはぎもみを行うのですが、女性のスタッフが次々と妊娠し、いつも誰かが産休中といった具合です。

全身の血流がよければ、膵臓が活性化して、糖尿病への効果も期待できます。実際、血糖値やヘモグロビンA1cが改善した人が何人もいます。

また、基礎代謝も上がるので、ダイエット効果も期待できます。食事や運動療法との併用で、2ヵ月で35kgやせた人もいました。

さらに、体温が上がるので、免疫力(病気に対する抵抗力)のアップにもつながります。体温が1℃上がると、免疫力が24%上がるとされるので、カゼもひきにくくなるはずです。

ふくらはぎもみによる痛気持ちいい刺激は、自律神経のバランスを整えるので、不眠にも効果的です。

私たちは系列のデイサービスでも、ふくらはぎもみを取り入れていますが、継続して通っている人は、認知症の進行が比較的抑えられています。

ドーパミンという、脳内物質が減ることによって起こるとされるパーキンソン病の人でも、症状の進行が治まり、歩行が安定している例もめずらしくありません。

3分もむだけでもかなりの効果

自分でふくらはぎをもむときのコツは、両手の親指を重ねて、そこに体重をかけるようにして押すことです。硬さを感じる部分や、押してみて痛みを感じる部分を中心に、ほぐしてみてください(詳しいやり方は別記事を参照してください)。

やり方が簡単な上、片足3分もむだけでも、かなりの効果があるはずです。
2〜3日で、何らかの変化を感じると思います。
すぐに実感できるのは、寝付きがよくなることでしょう。
また、腸や腎臓の動きがよくなるので、便通やオシッコの出がよくなり、むくみも改善します。

もむのは、いつでも構いませんが、お風呂の中やお風呂上がりなど、温まっているときに行うと効果的です。

ぜひ、実践してみてください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


不調の5大原因を取り除く【沖ヨガ】「足裏たたき」の効果 腰痛が改善、ストレスが解消した

不調の5大原因を取り除く【沖ヨガ】「足裏たたき」の効果 腰痛が改善、ストレスが解消した

病気になる前に、その原因を遠ざける。もし病気になったとしても、自然の回復を促す。それが足裏たたきのすぐれた効能です。やり方を身につければ、あなたにとって、必ず一生の宝になります。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【高血圧】脳梗塞は熱中症と間違えやすい! 原則「喉が渇いたら水を飲む。汗をかいたら塩も取る」

【高血圧】脳梗塞は熱中症と間違えやすい! 原則「喉が渇いたら水を飲む。汗をかいたら塩も取る」

心臓病や脳卒中は、心臓や脳が悪化したために起こるのではありません。血液がドロドロになり、動脈硬化が進行した末に起こります。つまり、血管の状態が悪化した結果として、これらの病気は起こるのです。そして、これらの血管病の最大の原因は高血圧です。【解説】高沢謙二(東京医科大学病院健診予防医学センター長、東京医科大学教授)


【子どものアレルギー】善玉菌を増やす「発酵キャベツ」で腸内環境を整えるのがお勧め 自閉症改善にも

【子どものアレルギー】善玉菌を増やす「発酵キャベツ」で腸内環境を整えるのがお勧め 自閉症改善にも

キャベツは、食物繊維がとても豊富で、ふだんの食生活で不足しがちな食物繊維を補うことができる食材です。これを発酵させることで、乳酸菌たっぷりになり、その乳酸菌が腸の中で善玉菌を増やしてくれるため、便秘をはじめとする腸の不調を改善してくれるのです。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授・医学博士)


【肌が若返る】シミ・シワ 肌トラブルを改善する「1円玉療法」のやり方

【肌が若返る】シミ・シワ 肌トラブルを改善する「1円玉療法」のやり方

体に1円玉をはるだけで、ひざ痛、腰痛、耳鳴りなど、痛みや不調に即効性があると大人気の「1円玉療法」。効くのはそれだけではありません。アンチエイジングにも有効なのです。今月号では、シミやシワ、抜け毛の改善といった美容や若返りに効果的なはり方をご紹介します。【解説】川村昇山(弘漢療法院院長)


【整形外科医】手は露出した脳?「指ヨガ」で腰痛・ひざ痛も緩和する!

【整形外科医】手は露出した脳?「指ヨガ」で腰痛・ひざ痛も緩和する!

指ヨガは呼吸と意図のもと「指をもむ」ことによって全身でヨガをやっているのと同じような効果が得られるというものですが、実は指をもむことの大切さを説くのはヨガだけではありません。西洋医学でも、手は体の中で特化された分野で、整形外科でも早くから「手の外科」として確立されてきました。【解説】長田夏哉(田園調布長田整形外科院長)


最新の投稿


【沖ヨガの効果】“足”への刺激は自分で「治る力」を高める 「足裏たたき」を医師が推奨

【沖ヨガの効果】“足”への刺激は自分で「治る力」を高める 「足裏たたき」を医師が推奨

人間は、よほどのことがない限り、自分で自分の体を治す力を持っています。足の刺激法などのほうが、薬よりはるかに上であって、まず試すべきものです。足を刺激することによって、その人が本来持っている、治る力を活性化させることができるからです。【解説】樋田和彦(ヒダ耳鼻咽喉科院長)


【沖ヨガの特徴とは】心身をケアするヨガ "足裏たたき" で心も体もリラックス

【沖ヨガの特徴とは】心身をケアするヨガ "足裏たたき" で心も体もリラックス

足裏たたきを続けていると、胃腸や肝臓や膵臓の不調、肺をはじめとした呼吸器の不調、心臓の不調、血管の問題、腎臓や泌尿器の不調、腰痛や首の痛み・こりなどが、次々によくなっていきます。同時に、肌もきれいになり、姿勢もよくなって若々しく生まれ変われるのです。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


不調の5大原因を取り除く【沖ヨガ】「足裏たたき」の効果 腰痛が改善、ストレスが解消した

不調の5大原因を取り除く【沖ヨガ】「足裏たたき」の効果 腰痛が改善、ストレスが解消した

病気になる前に、その原因を遠ざける。もし病気になったとしても、自然の回復を促す。それが足裏たたきのすぐれた効能です。やり方を身につければ、あなたにとって、必ず一生の宝になります。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【沖ヨガ】詰まりが取れて全身に血が巡る「足裏たたき」のやり方

【沖ヨガ】詰まりが取れて全身に血が巡る「足裏たたき」のやり方

刺激して痛みを感じる部位があれば、そこは体の巡りが悪く詰まっている証拠です。重点的にたたいたり、もんだりしてください。詰まりが取れて全身の血の巡りが一気によくなり、目も頭もスカッとします。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【胃腸の健康】ピロリ菌を撃退し善玉菌を増やす効果 “乳酸菌”が豊富な「水キムチ」

【胃腸の健康】ピロリ菌を撃退し善玉菌を増やす効果 “乳酸菌”が豊富な「水キムチ」

生野菜は、胃の粘膜を荒らすため、胃が疲れているときにサラダを食べるのはよくありません。しかし、同じ野菜でも、発酵させた水キムチなら、胃に優しく作用するので安心です。【解説】丁宗鐵(日本薬科大学学長)