脳外科医が絶賛「ニンニク油」とは? 疲労で医師引退もよぎった体力が復活!手術の成績も向上

脳外科医が絶賛「ニンニク油」とは? 疲労で医師引退もよぎった体力が復活!手術の成績も向上

私がニンニク油を知ったのは10年ほど前、実は外来に通っていた患者さんが教えてくれたのです。ニンニク油を飲み出したとたん、気力・体力ともに充実し、疲れを感じなくなりました。自分で言うのもおかしなものですが、「人間、こんなに前向きになれるものか!」と驚いたくらいです。【解説】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)


ニンニクはすりおろしたほうが効果的

ニンニクのにおいのもとになる「アリシン」という物質があります。
ニンニクを切ったり、すりおろしたりすると、細胞内にあるアリインというアミノ酸の一種が変化し、アリシンになります。
アリシンにも、殺菌効果や疲労回復効果があることが知られています。

アリシンがある条件下でさらに変化し、「アホエン」になります。
その条件とは、切ったり、すりおろしたりしたニンニクを油につけ込むこと。
アホエンは脂溶性(油に溶ける性質)で、油の中に溶け出してくるのです。

ただし、アホエンは熱に弱く、100℃以上に加熱すると壊れてしまいます。
そのため、普通の調理のように、フライパンで熱した油にニンニクを入れると、アホエンはすぐに壊れてしまい、ほとんど摂取できません。
アホエンを効果的に取り出すには、50~60℃くらいの温度の油にニンニクを入れ、時間をかけてゆっくりと抽出するのがポイントです。

また、ニンニクを細かくみじん切りにして作ってもいいですが、すりおろしたほうがお勧めです。
ニンニクの組織をできるだけ傷つけたほうが、もとになるアリシンの量が増え、よりアホエンを抽出しやすくなるからです。

使う油はやはり、オリーブオイルが最適でしょう。
体にいいオレイン酸とビタミンEが多量に含まれ、味の上でもニンニクとの相性がよいからです。
特に、エクストラバージンオイルのような、混じりけのない純粋のものであれば、多めに摂取したとしても体にいいといわれています。

胃粘膜への負担も少ない

保存が利くのも、ニンニク油のよい点です。
アリシンは不安定で、時間の経過とともに、他の物質(スルフィド類)に変化してしまうのに対して、アホエンはかなり安定した物質で、あまり変化しません。

そのため、すりおろしたニンニクは、その場で油に入れることが大事ですが、手作りしたニンニク油は冷暗所で1ヵ月程度を目安に保存可能です。
その間に、有効成分のアホエンが減少してしまうことはほとんどありません。

また、アホエンたっぷりのニンニク油は、においや刺激が生のニンニクを食べるときに比べて、比較的穏やかな点も長所です。
多く摂取しても、ニンニクそのものを食べるときのように、胃粘膜を傷つけるような心配も、あまりありません。

取り方に関してですが、1日にティースプーン3~4杯を目安に摂取することをお勧めしています。

もちろん、料理に活用しても構いません。
ただし、その場合は調理の温度には注意してください。
前述のように高温になるとアホエンが壊れるので、炒め物や揚げ油として使うのはお勧めできません。

ドレッシングのようにサラダにかけたり、みそ汁やスープを食べる直前に加えたりといった取り方がいいでしょう。
私の患者さんでは、冷ややっこにかけたり、納豆に入れたりしている人も多いようです。
塩を少量加え、パンにつけて食べるという人もいます。

ニンニク油の作り方と食べ方

→「ニンニク油」基本の作り方はコチラ

手術のある日は濃度の高い油を摂取

私がニンニク油を知ったのは10年ほど前、実は外来に通っていた患者さんが教えてくれたのです。
物忘れがひどくなり、雑誌に載っていたニンニク油を試したところ、記憶力が改善したそうで、
「先生もいかがですか」
と持ってきてくれました。

そのころ私は年のせいか、不摂生のせいか、体力も気力も衰え、日々の仕事をこなすのがやっとの状態でした。
午前中から体がだるく、長時間の手術を終えると、ぐったりと疲れはてていました。
正直、もう引退しようかという考えが頭をよぎったこともあるほどです。

しかしニンニク油を飲み出したとたん、気力・体力ともに充実し、疲れを感じなくなりました。
自分で言うのもおかしなものですが、「人間、こんなに前向きになれるものか!」と驚いたくらいです。

なお、私は通常よりもニンニクの分量を3倍にし、アホエンの濃度を上げたニンニク油を毎朝、スプーン3~4杯飲んでいます。
特に神経を使う手術が控えている日は、朝、スプーン8杯ほど飲みます。
すると一日中、疲れ知らずに過ごせます。

術後の感染症もほとんどなくなった

こうしてニンニク油の効果を実感し、患者さんにも勧めたところ、結果的に治療成績の向上にもつながっています。

私たちは全身麻酔を用いず、患者さんが意識のある状態で行う、脳の覚醒下手術を積極的に行っています。
患者さんの状態を逐一チェックしながら行う方法のため、手術の結果、脳機能が悪化してしまう可能性が低いのがメリットです。

ただ、意識のある状態で手術を受けるのは、患者さんのストレスとなる面があります。手術中にストレスで吐いてしまい、続行が難しくなるケースもありました。
そこで手術前にニンニク油を飲んでもらうようにしたところ、おう吐で手術続行が難しくなるケースが減ったのです。

また、術後の創部(傷)が落ち着くまでの1~2週間は、必ずニンニク油を取ってもらいます。
感染予防や、皮膚の血流を増加させて傷の治りが早まるのを期待してのことです。

実際、ニンニク油を取り入れてから、感染症を起こすケースがほとんどなくなっています。
これは、患者さんにとってはもちろん、医師の私にとっても、ニンニク油の大きな利点の一つとなっています。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【物忘れを改善する食事】ニンニク油で記憶力が回復 高血圧やめまいも撃退

【物忘れを改善する食事】ニンニク油で記憶力が回復 高血圧やめまいも撃退

ニンニク油は脳によい理由の一つは「アホエン」という物質です。多くの研究が行われており①抗酸化作用②血小板凝集抑制作用③血中コレステロール値改善④尿酸値改善・抗ガン作用⑤殺菌、抗ウイルス作用、また近年の研究で、記憶力の向上や認知症の予防に役立つことがわかってきました。【解説】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)


物忘れ改善・予防最強オイル【ニンニク油】基本の作り方

物忘れ改善・予防最強オイル【ニンニク油】基本の作り方

物忘れが気になる、体がだるいという人は、ぜひ「ニンニク油」をお試しください。脳神経外科の名医は“ 手作りできる脳の特効薬”と大絶賛。治療にも使うほどその効果を認めています。最近では、高血圧やガンの予防も期待できるとテレビで紹介され話題になりました。今注目の食材です。【監修】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)


最新の投稿


【沖ヨガの効果】“足”への刺激は自分で「治る力」を高める 「足裏たたき」を医師が推奨

【沖ヨガの効果】“足”への刺激は自分で「治る力」を高める 「足裏たたき」を医師が推奨

人間は、よほどのことがない限り、自分で自分の体を治す力を持っています。足の刺激法などのほうが、薬よりはるかに上であって、まず試すべきものです。足を刺激することによって、その人が本来持っている、治る力を活性化させることができるからです。【解説】樋田和彦(ヒダ耳鼻咽喉科院長)


【沖ヨガの特徴とは】心身をケアするヨガ "足裏たたき" で心も体もリラックス

【沖ヨガの特徴とは】心身をケアするヨガ "足裏たたき" で心も体もリラックス

足裏たたきを続けていると、胃腸や肝臓や膵臓の不調、肺をはじめとした呼吸器の不調、心臓の不調、血管の問題、腎臓や泌尿器の不調、腰痛や首の痛み・こりなどが、次々によくなっていきます。同時に、肌もきれいになり、姿勢もよくなって若々しく生まれ変われるのです。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


不調の5大原因を取り除く【沖ヨガ】「足裏たたき」の効果 腰痛が改善、ストレスが解消した

不調の5大原因を取り除く【沖ヨガ】「足裏たたき」の効果 腰痛が改善、ストレスが解消した

病気になる前に、その原因を遠ざける。もし病気になったとしても、自然の回復を促す。それが足裏たたきのすぐれた効能です。やり方を身につければ、あなたにとって、必ず一生の宝になります。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【沖ヨガ】詰まりが取れて全身に血が巡る「足裏たたき」のやり方

【沖ヨガ】詰まりが取れて全身に血が巡る「足裏たたき」のやり方

刺激して痛みを感じる部位があれば、そこは体の巡りが悪く詰まっている証拠です。重点的にたたいたり、もんだりしてください。詰まりが取れて全身の血の巡りが一気によくなり、目も頭もスカッとします。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【胃腸の健康】ピロリ菌を撃退し善玉菌を増やす効果 “乳酸菌”が豊富な「水キムチ」

【胃腸の健康】ピロリ菌を撃退し善玉菌を増やす効果 “乳酸菌”が豊富な「水キムチ」

生野菜は、胃の粘膜を荒らすため、胃が疲れているときにサラダを食べるのはよくありません。しかし、同じ野菜でも、発酵させた水キムチなら、胃に優しく作用するので安心です。【解説】丁宗鐵(日本薬科大学学長)