【セルフチェック付き】頻尿・尿もれのタイプと対処法 女性に多い「腹圧性尿失禁」男性は「前立腺肥大症」が原因?

【セルフチェック付き】頻尿・尿もれのタイプと対処法 女性に多い「腹圧性尿失禁」男性は「前立腺肥大症」が原因?

腹圧性尿失禁の最大の特徴は、体を動かしたときに尿がもれること。セキやくしゃみ、笑う、立ち上がる、重い物を持ち上げるなど、おなかに力が加わる(腹圧がかかる)と、尿がもれてしまうのです。寝ている状態やじっとして座っている状態では、尿もれは起きません。【解説】影山慎二(かげやま医院院長)


影山慎二
1987年、新潟大学医学部卒業。浜松医科大学泌尿器科入局。2003年、しお医院(2011年にかげやま医院に名称変更)副院長を経て2006年より現職。患者側に立った尿トラブルの診療に定評がある。著書は『排尿障害で患者さんが困っていませんか?』(羊土社)。

医療機関の受診をためらう人が多い

尿もれや頻尿など、排尿トラブルに悩む人は、非常に多くなっています。

特に女性では、30歳以上の3人に1人、分娩経験者の約4割が尿もれを経験しているといわれており、尿もれは中高年の女性にとって、よくあるトラブルといえます。

一方、頻尿は、いわゆる「尿が近くなり、トイレに行く回数が増える」症状のことで、男女を問わず加齢とともに増加します。
一般的には、日中の排尿回数が8回以上、次の排尿までの間隔が2時間以内だと昼間頻尿、夜間の就寝中の排尿回数が2回以上だと、夜間頻尿と診断されます。

尿もれや頻尿は、特別な場合を除けば、放置しても命にかかわる病気ではありません。
しかし、症状がひどくなると、尿もれを気にして外出がおっくうになったり、トイレが近いため観劇や長時間の移動ができなくなったりと、日常生活にさまざまな支障が出てしまいます。
適切な治療を行えば、尿もれや頻尿は改善するので、排尿トラブルで困っている人は、一度きちんと泌尿器科の専門医に診てもらうのがよいでしょう。

とはいえ、排尿に関する悩みは、恥ずかしくてなかなか他人には相談しづらいのも、事実です。
医療機関にかかるのをためらったり、「年のせいだからしかたがない」とあきらめて、尿取りパッドなどで対処している人も多いでしょう。

しかし、尿もれや頻尿の中には、筋トレなどの訓練を行うことで、薬に頼らず自分で簡単に予防や改善のできるものも少なくありません。
尿トラブルの原因はさまざまで、性別によっても対処法が異なるので、自分の症状を把握することが大切です。

腹圧性尿失禁には体操が有効

まず、女性に多い尿トラブルから解説しましょう。

皆さんの排尿トラブルがどのタイプか、表でチェックしてみてください。

中高年女性の尿もれや頻尿のほとんどは、①腹圧性尿失禁、②切迫性尿失禁、③混合性尿失禁の三つに分けられます。

①腹圧性尿失禁の最大の特徴は、体を動かしたときに尿がもれること。
セキやくしゃみ、笑う、立ち上がる、重い物を持ち上げるなど、おなかに力が加わる(腹圧がかかる)と、尿がもれてしまうのです。
寝ている状態やじっとして座っている状態では、尿もれは起きません。

腹圧性尿失禁は、加齢や出産、肥満などの影響で、膀胱を支える骨盤底筋(図参照)や尿道括約筋などの筋肉の力が弱くなり、膀胱の重みに耐えられなくなって起こります。

腹圧性尿失禁の改善に効果的なのは、骨盤底筋を鍛える「骨盤底筋訓練」というトレーニングです。
軽い尿もれであれば、この訓練を毎日行うだけで、かなりの改善が期待できます。
骨盤底筋や膀胱を締める働きのある内服薬による治療も有効です。

これらの治療で改善しない場合は、専用のテープを尿道の下に通して膀胱を支える手術療法もあります。

尿もれや頻尿が突然始まったら注意

②切迫性尿失禁は、急に切迫した尿意を感じて、トイレに行こうとしても間に合わずもらしてしまうタイプの尿もれです。
水の流れる音を聞いたり、水道で手を洗ったりすると急にトイレに行きたくなったり、トイレに並ぶ間すらがまんできない、といった症状が典型的です。

切迫性尿失禁は、何らかの原因で膀胱が過敏になる、過活動膀胱の一症状です。
過活動膀胱は加齢とともに増え、日本では患者数が約840万人と推定されています。
過活動膀胱は男性にも多く見られますが、女性が過半数を占めています。
症状としては、切迫性尿失禁のほか、尿意切迫感(抑えられないような強い尿意が急に起こる)、頻尿、夜間頻尿などがあります。

切迫性尿失禁や過活動膀胱には、薬物治療が有効です。
週に1回以上、急におしっこがしたくなり、がまんが難しいことがあれば、過活動膀胱の可能性が高いといえます。
専門医で治療を受けることをお勧めします。


③混合性尿失禁は、腹圧性尿失禁と切迫性尿失禁を併発し、両方の症状が現れます。
この場合は、骨盤底筋訓練だけで症状が軽減するケースも多いので、まずは骨盤底筋訓練を試してみるとよいでしょう。

また、カフェインを含む飲料を多く取るための頻尿などもあり、食事を含めての見直しが必要なこともあります。

このほか、女性の場合は、骨盤内の臓器が膣の中に垂れ下がり、膣壁と一緒に女性器から出てしまう骨盤臓器脱が原因で、尿もれや頻尿、残尿感などが現れることもあります。

急に頻尿や尿もれが始まり、排尿痛を伴う場合は、膀胱炎が疑われます。
尿もれや頻尿が突然始まった、血尿が出る、排尿痛がある、尿のにおいがきつくなったといった場合は、治療が必要な病気の可能性が高いので、医療機関で診察を受けたほうがよいでしょう。

肥大した前立腺が尿道を圧迫

次に、男性の場合ですが、男性も中年以降、尿のキレが悪い、夜中に頻繁にトイレに起きる、尿が出にくい、残尿感が強いなど、さまざまな排尿トラブルに悩む人が増えてきます。

男性の尿トラブルの多くは、前立腺肥大症が関係しています。
前立腺は膀胱の真下にある、くるみ大の男性生殖器の一つで、尿道を取り囲む形で存在しています。
前立腺肥大症は、前立腺が腫れて肥大する病気で、組織学的には50代では約30%、60代では約70%、80代では約90%にみられます。

前立腺肥大症は良性の腫瘍で、命にかかわる病気ではありません。
しかし肥大した前立腺が尿道を圧迫してしまうため、頻尿や排尿困難などのトラブルが現れるのです。
前立腺肥大症が進行すると、尿が出せない苦しい状態が続いて激痛を伴う尿閉を引き起こしたり、膀胱にたまった尿が少しずつもれてくる溢流性尿失禁になったりすることもあります。
ひどい場合は、前立腺肥大症の手術が必要になります。

多くの要因がからむ男性の尿トラブル

前立腺肥大症のほかにも、前立腺に炎症が起こる前立腺炎が原因で、下腹部の痛みや違和感、排尿痛や残尿感などの症状が現れることもあります。

また、過活動膀胱のため尿もれや頻尿を起こしている場合や、過活動膀胱と前立腺肥大症を併発して排尿トラブルにつながっている場合もあります。

一般的に、男性では腹圧性尿失禁は少ないのですが、ガンなどで前立腺を摘除した男性の場合は、腹圧性尿失禁になることもあります。

このように、男性の排尿トラブルには多くの要因がからんでいるので、自己診断は容易ではありません。
気になる症状がある人は、早めに専門医の診察を受けるのが得策です。

上にあるチェックリストは、「国際前立腺症状スコア」という、前立腺肥大症の程度を調べるためのものです。

合計点数が8点以上の人は中等症、20点以上の人は重症の前立腺肥大症と考えられます。
8点以上の人は、医療機関で一度診てもらうのが望ましいです。

点数が低くても、尿が出ない尿閉状態がくり返される場合は重症だといえます。
早急に、泌尿器科を受診してください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【おしっこが漏れそう 我慢できない】トイレのピンチを救うツボはココ!尿失禁・夜間頻尿の予防にも

【おしっこが漏れそう 我慢できない】トイレのピンチを救うツボはココ!尿失禁・夜間頻尿の予防にも

外出先でトイレが見つからない、公衆トイレに長蛇の列、トイレに行きたいのに会議が終わらない、渋滞にはまってサービスエリアまで遅々として進まない。そんなピンチに陥ったときには、ぜひあごの先を小指の爪の角で30秒、ぐっと押してみてください。【解説】冨野玲子(自然療法の国際総合学院IMSI学院長)


頻尿改善には「青竹踏み」が役立つと大学病院で検証!便秘や冷え、不眠にも効果的

頻尿改善には「青竹踏み」が役立つと大学病院で検証!便秘や冷え、不眠にも効果的

私は大学病院の医師として内視鏡を用いた泌尿器分野の手術や放射線治療などの医療に携わっています。その一方で、頻尿や尿もれに悩む患者さんに対する薬物治療を行うほか最近では青竹踏みを勧めることがあります。青竹踏みと排尿障害の関係について研究をしその結果を学会でも報告しています。【解説】皆川倫範(信州大学泌尿器科学教室講師)


【酢納豆の健康効果】不眠解消には「玉ねぎ」、頻尿・尿もれ改善には「山芋」を入れるのがお勧め

【酢納豆の健康効果】不眠解消には「玉ねぎ」、頻尿・尿もれ改善には「山芋」を入れるのがお勧め

納豆などの発酵食品は、同じ発酵食品である酢を混ぜることで、うまみが増し、塩分を足さなくても満足感が得られます。また生のタマネギには、睡眠誘発作用があります。1日1回、酢納豆を食べることで、体力と活力が増して免疫力がアップし、病気になりにくい体をつくることができます。【解説】丁宗鐵(百 済診療所院長)


【名医】頚椎症性脊髄症・椎間板ヘルニアの手術 タイミングとリスクについて

【名医】頚椎症性脊髄症・椎間板ヘルニアの手術 タイミングとリスクについて

手術を絶対にしなければいけない状態を黒、手術がまったく必要のない状態を白とします。黒と白の間のグレーの状態、つまり、手術を行ってもよいけれど、必ずしも必要ではないという医学的状態がとても多いのです。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【スマホ首】が原因で起こる耳鳴り・めまいの症状 対策はタオルで矯正する「首腰枕」

【スマホ首】が原因で起こる耳鳴り・めまいの症状 対策はタオルで矯正する「首腰枕」

現代人が下向きの生活になった原因の一つが、スマホやパソコンなどの使いすぎです。そういった下向きの姿勢に伴った首の変形を「スマホ首」や「首ネコ背」「ストレートネック」など、たくさんの呼び方で呼ばれています。首の変形が引き起こす具体的な症状を説明します。【解説】髙木智司(心神診療室院長)


最新の投稿


【沖ヨガの効果】“足”への刺激は自分で「治る力」を高める 「足裏たたき」を医師が推奨

【沖ヨガの効果】“足”への刺激は自分で「治る力」を高める 「足裏たたき」を医師が推奨

人間は、よほどのことがない限り、自分で自分の体を治す力を持っています。足の刺激法などのほうが、薬よりはるかに上であって、まず試すべきものです。足を刺激することによって、その人が本来持っている、治る力を活性化させることができるからです。【解説】樋田和彦(ヒダ耳鼻咽喉科院長)


【沖ヨガの特徴とは】心身をケアするヨガ "足裏たたき" で心も体もリラックス

【沖ヨガの特徴とは】心身をケアするヨガ "足裏たたき" で心も体もリラックス

足裏たたきを続けていると、胃腸や肝臓や膵臓の不調、肺をはじめとした呼吸器の不調、心臓の不調、血管の問題、腎臓や泌尿器の不調、腰痛や首の痛み・こりなどが、次々によくなっていきます。同時に、肌もきれいになり、姿勢もよくなって若々しく生まれ変われるのです。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


不調の5大原因を取り除く【沖ヨガ】「足裏たたき」の効果 腰痛が改善、ストレスが解消した

不調の5大原因を取り除く【沖ヨガ】「足裏たたき」の効果 腰痛が改善、ストレスが解消した

病気になる前に、その原因を遠ざける。もし病気になったとしても、自然の回復を促す。それが足裏たたきのすぐれた効能です。やり方を身につければ、あなたにとって、必ず一生の宝になります。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【沖ヨガ】詰まりが取れて全身に血が巡る「足裏たたき」のやり方

【沖ヨガ】詰まりが取れて全身に血が巡る「足裏たたき」のやり方

刺激して痛みを感じる部位があれば、そこは体の巡りが悪く詰まっている証拠です。重点的にたたいたり、もんだりしてください。詰まりが取れて全身の血の巡りが一気によくなり、目も頭もスカッとします。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【胃腸の健康】ピロリ菌を撃退し善玉菌を増やす効果 “乳酸菌”が豊富な「水キムチ」

【胃腸の健康】ピロリ菌を撃退し善玉菌を増やす効果 “乳酸菌”が豊富な「水キムチ」

生野菜は、胃の粘膜を荒らすため、胃が疲れているときにサラダを食べるのはよくありません。しかし、同じ野菜でも、発酵させた水キムチなら、胃に優しく作用するので安心です。【解説】丁宗鐵(日本薬科大学学長)