【合谷指圧】高い血圧がその場で下がった!肩こり・頭痛も改善する手の万能ツボの効果

【合谷指圧】高い血圧がその場で下がった!肩こり・頭痛も改善する手の万能ツボの効果

私の専門は、高血圧などを治療する循環器内科ですが、肩こりや首痛、頭痛、めまいなどを訴える患者さんにもよく会います。これらの症状は、高血圧の影響から起こりやすいからです。【解説】渡辺尚彦(東京女子医科大学教授)


高い血圧がその場で20~30ミリ下がる

 私の専門は、高血圧などを治療する循環器内科ですが、肩こりや首痛、頭痛、めまいなどを訴える患者さんにもよく会います。これらの症状は、高血圧の影響から起こりやすいからです。

 このような患者さんたちに私は、高血圧以外の重大な病気が原因でないことを確かめたうえで、ある療法を施します。手の甲にある「合谷」というツボを指圧するのです。

 合谷を指圧する時間は、1回わずか5分です。5分指圧するだけで、肩こりや首痛、頭痛は、その場で消えるか、大幅に軽くなります。めまいも起こりにくくなります。
 合谷を指圧すると、血圧が高い人はその場で20~30mmHg下がります。170mmHgの最大血圧が、120mmHgに下がった例もあります。1回の指圧だけではまた戻りますが、続けることで下がって安定してきます。

 下のグラフは、60代の女性、Sさんが、合谷の指圧(1日5分×2回)を3カ月行う前と後の血圧を比べたものです。1日だけの計測だと、たまたまその日の出来事に影響されるかもしれないので、前後とも1週間の血圧を連続的に測り、時刻ごとに平均してグラフ化しました。
 合谷の指圧後のほうが明らかに下がり、乱高下も少なくなって、安定したのがわかります。最大血圧の平均値は139.9mmHgだったのが、135.6mmHgに下がりました。24時間の血圧の平均値が約4mmHg下がるのは、4gの減塩と同じ効果です。

 合谷指圧の効果は高血圧だけではありません。私が患者さんで確かめた効果は、下の表のように多岐にわたります。痛みや不快症状が、速やかに軽減・解消できる、まさに万能ツボです。

自分の歯痛が消えて衝撃を受ける

 そもそも私が合谷に着目するようになったのも、自分自身が歯痛でつらい経験をしたのがきっかけでした。たまたま鎮痛薬がなく、以前に健康雑誌の記事で見た合谷のことを思い出して押したところ、その場でスッと歯の痛みが消えたのです。その効き目に衝撃を受けて以来、合谷の研究を始め、30年以上にわたり効果を検証してきました。

 循環器内科とは別の機関で、痛みや不定愁訴のある患者さんに、合谷刺激による治療も行っています。合谷の指圧が、下記のような症状に効果的なことも、すべて自分で患者さんに施して確認しました。

 患者さんたちは、痛みや不快症状がスッキリ取れてたいへん喜ばれます。
 「ガチガチだった首や肩が楽になった」、「目がよく見えるようになった」、「耳がよく聞こえるようになった」と驚く人たちが続出しています。
  なかには、いとも簡単に痛みが取れるので「先生は、まるでまじない師みたいですね」と言われたこともあります。

温泉に入ったように温まり痛みが取れる

 合谷の位置は、手の甲の親指と人さし指の骨の分かれ目付近の、押すと響く痛みがあるところです。ここを押すと、顔や体がポカポカしてきます。「まるで温泉に入ったようだ」と表現する人もいます。「レーザー体表温度計」という機器で調べても、明らかに体温が上昇するのが確認されました。

 このように温まるのは、合谷への刺激で全身の血流がよくなるからです。その結果、冷えやこりの改善はもちろん、不快症状が取れ、視力や聴力が改善すると考えられます。
 さらに、合谷指圧で体の痛みが取れるメカニズムについては、私は以下のように考えています。

 体の痛みは、必ずしも痛む場所そのものではなく、ある特定の場所のこりや筋肉の収縮が、離れた場所に痛みを起こしているという理論があります。その痛みを起こす場所を「トリガーポイント」といい、ここに麻酔薬を注射すると痛みが和らぎます。私は、合谷刺激にも、トリガーポイント注射と同じような効果があるのではないかと考えています。

 また、脳には、痛みを感じる「門」のような場所があり、それが開くと痛みを感じやすく、閉じると感じにくくなります。合谷刺激には、この「痛みの門」を閉じる作用もあると推測しています。さらに、さまざまな検証から合谷刺激は、痛みを感じにくくする脳内麻薬(βエンドルフィン)の分泌も促すと考えています。

 これらによって、合谷刺激は歯痛、頭痛、首の痛み、のどの痛みといった、特に上半身の痛みに卓効を現すのです。

わたなべ よしひこ
東京女子医科大学医学部教授(東医療センター内科)。聖マリアンナ医科大学医学部卒業。1984年、同大学院博士課程修了。1995年、ミネソタ大学時間生物学研究所客員助教授として渡米。専門は高血圧を中心とした循環器内科。1987年8月から携帯型血圧計を装着、以来31年にわたり365日24時間、自分の血圧を測る血圧ドクター。わかりやすい指導と笑いの絶えない診察室が評判で、遠方からの患者さんも多い。『血液循環の専門医が見つけた 押すだけで体じゅうの血がめぐる長生きスイッチ』(サンマーク出版)ほか著書多数。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


原因不明の視力低下が改善した!指のツボを“洗濯ばさみ”で刺激する健康法

原因不明の視力低下が改善した!指のツボを“洗濯ばさみ”で刺激する健康法

「指を洗濯バサミで挟む」と血と気の巡りがよくなり糖尿病・視力低下・痛みに著効!手と指には6本の経絡が走っており、その流れに沿って全身の臓器に対応するツボが多く存在しています。つまり手や指を刺激するだけで全身のあらゆる部位の痛みや不調を改善できるというわけです。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【眼瞼下垂】見た目の老化に加え不眠・頭痛の原因 手術と自分でできる予防法

【眼瞼下垂】見た目の老化に加え不眠・頭痛の原因 手術と自分でできる予防法

眼瞼下垂とは、まぶたの機能に障害が生じて、まぶたが開きづらくなっているものをいいます。まぶたが下がってくると、上眼瞼挙筋を強く収縮させて物を見ようとするため、目の上奥が痛くなる群発頭痛や眼精疲労が起こります。【解説】松尾清(松尾形成外科・眼瞼クリニック院長、信州大学医学部特任教授・名誉教授)


【高血圧】手のツボ「合谷」を押すだけで、なぜ血圧が20~30ミリ下がるのか?

【高血圧】手のツボ「合谷」を押すだけで、なぜ血圧が20~30ミリ下がるのか?

高血圧は、自覚症状がほとんどありません。しかし放っておけばやがて動脈硬化を起こし、脳卒中や心筋梗塞といった重大な合併症の引き金になりかねない。まさに、”見えない敵”なのです。そんな〝見えない敵〟とは、どのように戦ったらいいのでしょうか。【解説】渡辺尚彦(東京女子医科大学医学部教授(東医療センター内科))


【不眠症】原因はブルーライトによる眼精疲労?目も「枕」で休めるとぐっすり眠れる

【不眠症】原因はブルーライトによる眼精疲労?目も「枕」で休めるとぐっすり眠れる

最近、疲れ目やかすみ目といった目の症状と同時に、不眠を訴える人がいます。よく「眼精疲労」という言葉を耳にしませんか?眼精疲労とは、目を使うことによって体にさまざまな悪影響が出現し、休んでもそれが解消できない状態のことをいいます。【解説】松本拓也(松本眼科院長)


【テクノストレス症候群とは】パソコン・スマホが原因の頭痛に効くツボ「首の6点押し」

【テクノストレス症候群とは】パソコン・スマホが原因の頭痛に効くツボ「首の6点押し」

近年、私の治療院で増えているのが「テクノストレス症候群」の患者さんです。パソコンやスマホを凝視していると、目が疲れることはいうまでもありません。長時間続けていると、ネコ背になりがちで、首や肩、背中がこわばってしまいます。その結果テクノストレス症候群の症状が起こるのです。【解説】木下誠(指圧・鍼灸の神陽館院長)


最新の投稿


【視力回復】近視や緑内障の改善には“自律神経の乱れ”を正す「爪もみ」がお勧め

【視力回復】近視や緑内障の改善には“自律神経の乱れ”を正す「爪もみ」がお勧め

目が疲れてショボショボすると、私たちは自然にまぶたに手をやり、こすったり、もんだりします。このように、目に不快感が現れるのは、自律神経のバランスが乱れている証拠です。自律神経をバランスよく働かせることが、目の健康を守る基本なのです。そこでお勧めしたいのが、「爪もみ」です。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


【野菜スープの効果】シミ(老人斑)が薄くなった!老眼もなく、白内障も進行しない

【野菜スープの効果】シミ(老人斑)が薄くなった!老眼もなく、白内障も進行しない

野菜スープをとり始めてしばらくたったころ、妻が私の顔をまじまじと見て、こう言いました。「あなた、シミが薄くなったわねえ」私は現在79歳で、10年ほど前から老人斑と呼ばれるシミが増えていました。ところが、野菜スープを飲むうちに、そのシミが非常に薄くなっていたのです。【解説】富永祐民(愛知県がんセンター名誉総長)


原因不明の視力低下が改善した!指のツボを“洗濯ばさみ”で刺激する健康法

原因不明の視力低下が改善した!指のツボを“洗濯ばさみ”で刺激する健康法

「指を洗濯バサミで挟む」と血と気の巡りがよくなり糖尿病・視力低下・痛みに著効!手と指には6本の経絡が走っており、その流れに沿って全身の臓器に対応するツボが多く存在しています。つまり手や指を刺激するだけで全身のあらゆる部位の痛みや不調を改善できるというわけです。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【糖尿病が改善】全身の血流が良くなるツボ刺激「指バサミ」のやり方

【糖尿病が改善】全身の血流が良くなるツボ刺激「指バサミ」のやり方

手と指には6本の経絡が走っており、その流れに沿って全身の臓器に対応するツボが多く存在しています。手や指を刺激するだけで全身のあらゆる部位の痛みや不調を改善できるというわけです。ここでは「洗濯ばさみ」を使ったツボの刺激方法をご紹介します。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【脳梗塞・心筋梗塞】発症予防には起床後の“水分摂取”と肉を食べる前の“○○○”

【脳梗塞・心筋梗塞】発症予防には起床後の“水分摂取”と肉を食べる前の“○○○”

動脈硬化が進むとともに血栓ができると、その結果として、脳梗塞や心筋梗塞といった怖い病気を招いてしまいます。命に関わるこれらの病気を防ぐために習慣にしてほしいのが、起床後に十分な水分を取ることです。【解説】南和友(北関東循環器病院院長、ドイツ・ボッフム大学永代教授)