【五十肩・肩こりが改善】手のツボ「合谷」刺激で瞬時に解消しバンザイできた!

【五十肩・肩こりが改善】手のツボ「合谷」刺激で瞬時に解消しバンザイできた!

合谷指圧の効果はたいへん幅広いのですが、中でも劇的に治りやすいのが五十肩です。五十肩で「腕が上がらない」、あるいは「後ろに回せない」という患者さんに、私は診療でよく出会います。【解説】渡辺尚彦(東京女子医科大学教授)


五十肩で上がらない腕がスッと上がる

 合谷指圧の効果はたいへん幅広いのですが、中でも劇的に治りやすいのが五十肩です。五十肩で「腕が上がらない」、あるいは「後ろに回せない」という患者さんに、私は診療でよく出会います。そういう人たちは、「腕を上げたり後ろに回そうとしたりすると、もう痛くて痛くて……」と、本当につらそうです。

 そんなとき、私は合谷を指圧します。すると、5分間押すだけで腕がスッと上がったり、楽に後ろに回したりできるようになるのです。これまで800人くらいの五十肩を訴える人に合谷指圧を行ってきましたが、その劇的な変化には、今でも私自身、感動します。
 その一例が、上の写真の60代女性Oさんのケースです。たった5分、合谷を指圧しただけで、写真のような改善が見られたのです。

 合谷を指圧する前は、症状がない側(健側)に比べ、症状のある側(患側)が、ほとんど上がらず、後ろに手を回せない状態でした。それが指圧後は、バンザイの状態近くまで上がり、後ろにも手を回せるようになっています。
 Oさんの指圧後の体表面温度は、左肩が1度、左上腕が1.6度上昇していました。指圧中もOさんは、「肩や顔がポカポカ温かくなってきました」と驚いていました。

めまいが取れて視界もクリアに

 もう一人、高血圧で私の診療を受けていた70代の男性Mさんは、あるとき、めまいを感じるようになり、近所の耳鼻科に行きました。ところが、「めまいの原因は不明。耳には異常なし」と言われたとのことで、私のところに「何とかしてください」と駆け込んできました。

 そこで、問診後、5分の合谷指圧を行いました。すると、Mさんは、「めまいが消えて頭がスッキリしました。それに、視界がボンヤリかすんでいたのに、霧が晴れたようにハッキリ見えるようになりました!」
 と、とても喜んでいました。

 さまざまな自覚症状を視覚的に表現し、数値で表すVAS(ビジュアル・アナログ・スケール)という評価法があります(感覚の強い状態が最大で10)。Mさんの場合、合谷指圧前のVASは、めまいが4.7、視力障害(かすみ目)が4.75でした。それが指圧後は、それぞれ2.35と2.4になり、大幅に改善されました(グラフ参照)。
 めまいもかすみ目も多くの原因から起こりますが、特定の病気が原因でない不調によるものは、このように合谷指圧が高い効果を示します。

頭痛・肩こりが消えうつ状態もほぼ解消

 現代人に増えているうつ状態の改善にも、合谷刺激が役立ちます。

 20代男性Rさんは、細かい作業の多い仕事で、頑固な肩こりに悩んでいました。職場の上司との関係がうまくいかず、気分が沈んでうつ状態にも陥っていました。慢性の頭痛(習慣性頭痛)や疲れ目による視力障害(字がぼやけて見づらいなど)にも悩まされていたのです。
 そんなRさんが、私の外来に頭痛を訴えて駆け込んできました。Rさんの首や肩を触ると、筋肉がパンパンに硬くなっており、触れるだけでも痛みを訴えました。こういうときは、患部の筋肉を直接もむと、もみ返し(もむことでかえって状態が悪化すること)が起こりかねません。

 そこで合谷を5分ほど指圧しました。すると、Rさんは顔を真っ赤にして、「顔や首がポカポカして体じゅう汗ばんできました」と言います。指圧後は、パンパンに張っていた首や肩がやわらかくなっていました。
「首が楽に曲げられるし、こりも頭痛も消えました! 目もよく見えます」と、Rさんは驚きながら、とても喜んでいました。
 指圧前のVASは、頭痛が6.7、肩こりが9.6、視力障害が9、ストレス度合いが9.6、うつ状態が9.7と、いずれも高い数値でした。それが、合谷の指圧後は、頭痛と肩こりは0(消失)となり、ほかの3つも小数点以下になってほぼ解消したのです(グラフ参照)。
 合谷指圧で血流を促し、痛みを取ってリラックス状態を作ると、うつ状態まで劇的に改善できるのです。

 ひどい顎関節症(顎関節の不調で口の開閉に支障をきたすもの)で、口が指1本分くらいしかあかず、3カ月ほどまともに食事をしていなかった患者さんが、合谷指圧で改善された例もあります。1回の指圧で口が指3本分くらい開けられるようになり、食事ができるようになって、たいへん感激していました。
 合谷を手で押すだけで、このように高い効果が得られるのです。

わたなべ よしひこ
東京女子医科大学医学部教授(東医療センター内科)。聖マリアンナ医科大学医学部卒業。1984年、同大学院博士課程修了。1995年、ミネソタ大学時間生物学研究所客員助教授として渡米。専門は高血圧を中心とした循環器内科。1987年8月から携帯型血圧計を装着、以来31年にわたり365日24時間、自分の血圧を測る血圧ドクター。わかりやすい指導と笑いの絶えない診察室が評判で、遠方からの患者さんも多い。『血液循環の専門医が見つけた 押すだけで体じゅうの血がめぐる長生きスイッチ』(サンマーク出版)ほか著書多数。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【子どものアレルギー】善玉菌を増やす「発酵キャベツ」で腸内環境を整えるのがお勧め 自閉症改善にも

【子どものアレルギー】善玉菌を増やす「発酵キャベツ」で腸内環境を整えるのがお勧め 自閉症改善にも

キャベツは、食物繊維がとても豊富で、ふだんの食生活で不足しがちな食物繊維を補うことができる食材です。これを発酵させることで、乳酸菌たっぷりになり、その乳酸菌が腸の中で善玉菌を増やしてくれるため、便秘をはじめとする腸の不調を改善してくれるのです。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授・医学博士)


【近視 老眼 目の疲れ】自分でできる視力回復法 目が若返るツボを刺激する「ペットボトル枕」とは

【近視 老眼 目の疲れ】自分でできる視力回復法 目が若返るツボを刺激する「ペットボトル枕」とは

「何歳になっても目は自分で治せる」という意識を持つことが、近視や老眼を予防・回復させる一歩であることを理解してください。そんな私が勧める目のケアの一つが「ペットボトル枕」です。目や頭の疲労感がスッと取れ、全身が気持ちよく、リラックスできると思います。ぜひ皆さんも試してみてください。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


【肩こりの原因】は“手首”のねじれにあり!コリも首痛も改善するストレッチとは

【肩こりの原因】は“手首”のねじれにあり!コリも首痛も改善するストレッチとは

私の整体院では、患者さんが来院されたとき、初めに、手首の状態を見ます。それは、肩こり、腰痛、頭痛、背部痛、五十肩などの体のいろいろな痛みや不具合に、手首の骨のずれが関係している場合が多いからです。その際、私が患者さんに勧めているのが、「手首ストレッチ」です。【解説】中村守(『よくなる整体院』グループ代表)


原因不明の視力低下が改善した!指のツボを“洗濯ばさみ”で刺激する健康法

原因不明の視力低下が改善した!指のツボを“洗濯ばさみ”で刺激する健康法

「指を洗濯バサミで挟む」と血と気の巡りがよくなり糖尿病・視力低下・痛みに著効!手と指には6本の経絡が走っており、その流れに沿って全身の臓器に対応するツボが多く存在しています。つまり手や指を刺激するだけで全身のあらゆる部位の痛みや不調を改善できるというわけです。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【眼瞼下垂】見た目の老化に加え不眠・頭痛の原因 手術と自分でできる予防法

【眼瞼下垂】見た目の老化に加え不眠・頭痛の原因 手術と自分でできる予防法

眼瞼下垂とは、まぶたの機能に障害が生じて、まぶたが開きづらくなっているものをいいます。まぶたが下がってくると、上眼瞼挙筋を強く収縮させて物を見ようとするため、目の上奥が痛くなる群発頭痛や眼精疲労が起こります。【解説】松尾清(松尾形成外科・眼瞼クリニック院長、信州大学医学部特任教授・名誉教授)


最新の投稿


【子どものアレルギー】善玉菌を増やす「発酵キャベツ」で腸内環境を整えるのがお勧め 自閉症改善にも

【子どものアレルギー】善玉菌を増やす「発酵キャベツ」で腸内環境を整えるのがお勧め 自閉症改善にも

キャベツは、食物繊維がとても豊富で、ふだんの食生活で不足しがちな食物繊維を補うことができる食材です。これを発酵させることで、乳酸菌たっぷりになり、その乳酸菌が腸の中で善玉菌を増やしてくれるため、便秘をはじめとする腸の不調を改善してくれるのです。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授・医学博士)


【自律神経を整える】セロトニン分泌を促し手軽に免疫力がアップする「ハワイの朝日呼吸」の効果

【自律神経を整える】セロトニン分泌を促し手軽に免疫力がアップする「ハワイの朝日呼吸」の効果

自然に触れると、自然の波長と人体の波長が心地よく混ざり合います。これは人体にヒーリング効果を生むと言われています。ハワイをイメージしながら行う「ハワイの朝日呼吸」でも、それに近い効果が得られると思います。【解説】川嶋朗(東京有明医療大学保健医療学部教授・医師)


【二重あご】若返りホルモンが分泌!顔の歪みも取る「舌回し」 の効果

【二重あご】若返りホルモンが分泌!顔の歪みも取る「舌回し」 の効果

「年を取るにつれ、ほおやあごがたるんで二重あごになってきた」そう感じている人は多いのではないでしょうか。実は、簡単な方法で、たるみや二重あごを撃退し、若いころのようなシャープなフェイスラインに戻せるのです。その方法とは、私の推奨する「舌回し」です。【解説】小出馨(日本歯科大学新潟生命歯学部歯科補綴学第一講座主任教授)


【口呼吸・イビキが改善】美容と健康維持に役立つ「舌回し」15の効果

【口呼吸・イビキが改善】美容と健康維持に役立つ「舌回し」15の効果

私が推奨している「舌回し」は、顔のたるみや二重あご、シミ、シワ、ほうれい線といった美容トラブルの改善にすぐれた効果を発揮します。ですが、舌回しの効果は美容面だけにとどまりません。全身のさまざまな不快症状も改善してくるのです。【解説】小出馨(日本歯科大学新潟生命歯学部歯科補綴学第一講座主任教授)


【整形なしで】2週間で効果!たるみが取れて顔が変わる「舌回し」のやり方

【整形なしで】2週間で効果!たるみが取れて顔が変わる「舌回し」のやり方

舌回しは、顔やのどにある表面の筋肉だけでなく、インナーマッスルを鍛えてバランスを整えます。顔のたるみやゆがみを取り、笑顔がとてもさわやかになります。 簡単ですが、効果は絶大です。【解説】小出馨(日本歯科大学新潟生命歯学部教授)