【医師も愛用】高血圧改善には「刻みコンブ水」―降圧成分がとけだした魔法の水

【医師も愛用】高血圧改善には「刻みコンブ水」―降圧成分がとけだした魔法の水

コンブでとっただしは、粉末だしに比べて風味も良くコンブから溶け出した栄養成分を豊富に含んでいます。それらは、水溶性の食物繊維やミネラルなど、健康維持に欠かせない重要な栄養素ばかりです。コンブ水は、水に一晩漬けておくだけなのでとても簡単に作れます。【解説】 信川益明(千代田漢方内科クリニック院長・医師)


ナトリウムを体外に排出する!

昔から、コンブは日本人にとって、なじみの深い食材です。しかし実際に、毎日自宅で料理に使っている人は少ないのではないでしょうか。昔の家庭では、コンブを煮出して、だしをよくとっていました。しかし今では、お湯に溶かすだけで作れる簡便な粉末だしに取って代わられています。

コンブでとっただしは、粉末だしに比べて、風味が豊かで味の面で優れているだけでなく、コンブから溶け出した栄養成分を豊富に含んでいます。それらは、水溶性の食物繊維やミネラルなど、健康維持に欠かせない重要な栄養素ばかりです。

しかしそうとは知りつつも、わざわざ料理の度に、煮出して作るのはめんどう。そんなかたも多いかと思います。その点、コンブ水は、水に一晩漬けておくだけなので、とても手軽に作れます。そのうえ、煮出して作るだしと同等の効果が期待できるのです。

煮出して作るだしは、熱を加えるために、栄養成分の一部が破壊されてしまいます。

最大血圧も最小血圧もみごとに下がった!

一方のコンブ水は、長時間水に漬けておくだけ。コンブに含まれる水溶性の栄養成分が、破壊されることなく、そのまま水中に溶け出すのです。

それらは、高血圧の予防・改善に対して、有効に働きます。
その代表格が、アルギン酸です。アルギン酸は、食物繊維の一種で、体内にとり込まれると、腸内でナトリウムと結びつき、そのまま便として排泄されます。

ナトリウムは、塩に多く含まれる成分で、高血圧の元凶といえます。私たちの体は、塩を多く摂取すると、体内にナトリウムを蓄積します。ナトリウムは、血液の量をふやす働きがあるため、過度のナトリウム摂取は、血管に対する圧力を強くし、血圧を上昇させるのです。

このように、高血圧を招く原因となるナトリウムを、アルギン酸は体外へと排出し、血圧の上昇を防いでくれます。

次に注目すべきは、フコイダンの働きです。フコイダンは、海藻類のヌメリ成分に含まれる食物繊維で、抗血栓作用をもっています。血栓とは、血管内に生じる血の塊のことです。

フコイダンは、血液をサラサラにして、血栓をできにくくしてくれます。全身の血行が改善されるので、体内で血液が円滑に循環するようになり、血管への負担もおさえられるのです。

コンブ水に溶け出すミネラルとしては、カリウムも見逃せません。カリウムは、高血圧の原因となるナトリウムが腎臓で再吸収されるのを抑制し、尿中への排出量を増加させます。アルギン酸と同様に、体外にナトリウムを排出させることにより、血圧の上昇を防いでくれるのです。

コンブ水にはこのほかにも、ヨウ素やラミニン、タウリンといった成分も含まれています。これらが相乗的に働くことによって、血圧降下作用が期待できるのです。

実際にコンブ水によって、血圧が基準値にまで降下したかたもいます。72歳の女性Nさんは、最大血圧が160~170mmHg、最小血圧が90~95mmHgと基準値を超え、医師からは降圧剤を勧められていました(基準値は、最大血圧が140mmHg未満、最小血圧が90mmHg未満)。

そこでNさんは、コンブ水を試してみることにしたそうです。すると、飲み始めてから3ヵ月ほどで、最大血圧が130~140mmHg、最小血圧が70~80mmHgにまで下がりました。おかげで、薬も飲まずに済むようになったそうです。

私の家庭でも、コンブ水が常備され、妻が料理に使っています。私は、サンマの塩焼きが好物なので、それにかけたり、汁物や煮物料理にだし代わりとして使ったりしています。

私の食事は、主に、朝食は果物とヨーグルト、夕食は野菜を中心として、魚や肉をとり、ご飯は少なめにしています。コンブ水の併用のおかげか、血圧は正常です。

コンブには高血圧のほか、高血糖や肥満、動脈硬化などを予防してくれる成分も多く含まれています。ですので、高血圧にお悩みのかただけでなく、健康を求めるすべてのかたにお勧めします。

最後に一点だけ、注意点があります。コンブにはヨウ素が多く含まれているため、甲状腺の病気や、甲状腺に腫れのある人は、コンブ水の飲用は控えるようにしてください。

手間いらずで簡単!コンブ水の作り方

コンブ水 の材料

だし用のコンブ…10g
水…1リットル

コンブ水 の作り方

1.コンブを霧吹きで湿らせて、切りやすくする。

2.コンブをキッチン用ハサミで、1~2mm幅に切る。切る向きは、どちらでもよい。

3.ポットに2を入れ、水を注ぐ。一晩(3時間以上)、冷蔵庫に寝かせれば完成。

降圧調味料コンブ水の使い方

水代わりに使う

そのまま飲むのはもちろんのこと、コンブ水で紅茶をいれたり、温めてからハチミツを入れたり、ショウガを入れたりしてもおいしい。

料理に使う

だしや調味料代わりに料理に加えれば、コクが増しておいしさアップ。塩分量を自然にカットでき、和洋中問わず、どんな料理にも相性抜群。コンブ水を使ってご飯を炊けば、一粒一粒が立ったツヤツヤのご飯になります。

コンブのだしがらを使う

コンブ水に使った後の、コンブのだしがらも料理に使えます。細かく切っているので使いやすく、幅広い料理に活用できます。

魔法の水「コンブ水」のワンポイントアドバイス!

・コンブ水に使うコンブは、だし用のものです。産地でいえば、日高や羅臼、利尻など。煮物用や、食べるコンブは不向きです。

・冷蔵庫に入れておけば、10日間保存できます。

・コンブは、2度使えます。コンブ水を使い切ったら、再度ポットに水を加えれば、またコンブ水ができます。


信川益明先生

東京都生まれ。慶應義塾大学大学院医学研究科博士課程修了。
千代田漢方内科クリニック院長。医師、医学博士。
医療法人社団千禮会理事長、医療健康科学研究所所長、日本健康科学学会理事長、上海中医薬大学客員教授、厚生労働省委員、農林水産省委員。
慶應義塾大学医学部教授を経て、現職。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【高血圧対策レシピ】血圧を下げる食べ物は「酢ピーナッツ バナナ酢 酢牛乳」

【高血圧対策レシピ】血圧を下げる食べ物は「酢ピーナッツ バナナ酢 酢牛乳」

お酢の健康効果として代表的なのが、高めの血圧を下げる降圧作用です。今回は、お酢を毎日の食生活に取り入れやすくする酢ピーナッツ、バナナ酢、酢牛乳の作り方と効果について紹介します。【解説】小泉幸道(東京農業大学応用生物科学部醸造科学科教授)、岡田研吉(銀座・研医会診療所漢方科)、村上祥子(料理研究家・管理栄養士)


【高血圧の原因】睡眠時の口呼吸で血圧が上がる!鼻呼吸トレーニングには「あいうべ」

【高血圧の原因】睡眠時の口呼吸で血圧が上がる!鼻呼吸トレーニングには「あいうべ」

高血圧の原因はさまざまですが、口呼吸もその一つです。私は、特に睡眠中の口呼吸が、睡眠の質を低下させ、血圧を上げる要因になっていると考えています。そもそも、安静時は、鼻呼吸が正しい呼吸法です。安静時にもかかわらず、口を開いたままになる口呼吸は、不自然極まりない呼吸法といえます。【解説】今井一彰(みらいクリニック院長)


歯周病を改善しサラサラ唾液にする「耳の下もみ」で血圧も下がる理由

歯周病を改善しサラサラ唾液にする「耳の下もみ」で血圧も下がる理由

「耳の下もみ」は文字どおり、耳の下をもんでマッサージする健康法です。歯周病だけでなく、生活習慣病の予防・改善などに効果的ですが、高血圧の解消に特に効果を上げています。では、なぜ、耳の下もみが高血圧の予防・改善に役立つのでしょうか。【解説】齋藤道雄(齋藤ファミリーデンタル院長・医学博士)


【医師解説】10分つかるだけで高血圧が改善!血圧を下げる「お風呂の入り方」

【医師解説】10分つかるだけで高血圧が改善!血圧を下げる「お風呂の入り方」

和温療法を行うと、全身の血管機能が改善し、動脈・静脈が拡張して血管抵抗が低下するため、心臓の負担が軽減し、血液を大動脈へ送り出しやすくなります。その結果、心拍出量が増加するので、心不全の改善にうってつけの療法です。【解説】鄭忠和(和温療法研究所所長・獨協医科大学特任教授)


【血圧を下げる】高血圧持ちの共通点は「くび」が硬いこと オススメは「首の温湿布」

【血圧を下げる】高血圧持ちの共通点は「くび」が硬いこと オススメは「首の温湿布」

手首、足首がかたいということは、手首や足首から先の血行が悪いということです。心臓は、その血流の悪くなっている末梢にも血液を送り届けようとします。 流れの悪いところに血液を届けるためには、心臓は余分に圧を高めなければなりません。結果として、血圧が上がることになります。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)


最新の投稿


【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

【ブロッコリーの栄養】茹ですぎに注意!便秘解消・シワ対策に効果のある食べ方・使い方

ブロッコリーは、野菜の中でも栄養が飛び抜けて豊富で、多くの健康効果や美容、ダイエットにも効果を期待できる、まさに「野菜の王様」です。体にいい成分の宝庫であるブロッコリーを、積極的に食生活に取り入れない理由はありません。【解説】木村至信(秋山眼科医院耳鼻咽喉科部長、木村至信BANDリーダー)


【肩こり・五十肩を改善】痛みやしびれをすぐに解消する体操「手首振り」

【肩こり・五十肩を改善】痛みやしびれをすぐに解消する体操「手首振り」

手のしびれ、肩こり、五十肩、腱鞘炎、腕や手の疲れとそれによる痛みなど、手・腕・肩のトラブルに悩まされている人は多いものです。わずか1〜2分で簡単にできるバンザイ手首振りは、血液とリンパ(体内の余分な水分や老廃物、毒素などを運び出す体液)の流れを劇的に改善させます。【解説】宮本啓稔(新宿西口治療院院長)


【直腸性便秘】便を出す効果的な方法「考える人のポーズ」 大腸肛門科専門医が実験で確認

【直腸性便秘】便を出す効果的な方法「考える人のポーズ」 大腸肛門科専門医が実験で確認

便秘は①大腸の動きが遅く便がなかなか直腸まで下りてこない②便は直腸まで下りてきているが、うまく排出できない のタイプです。②を「直腸性便秘」と呼びます。便意を感じにくくなる、便が非常に硬くなる、残便感がある、排便時に痛みや違和感があるなどの特徴があります。【解説】高野正太(大腸肛門病センター高野病院肛門科部長)


【生活習慣病を予防】漬けるだけで超簡単「酢ピーナッツ」の作り方

【生活習慣病を予防】漬けるだけで超簡単「酢ピーナッツ」の作り方

ピーナッツと酢を組み合わせた「酢ピーナッツ」は、さまざまな健康効果をいいとこ取りした食品です。カリカリ食感とほどよい酸味が絶妙で、お茶請けやお酒のおつまみなどにぴったり!漬けるだけでできる超簡単な酢ピーナッツを、ぜひ皆さんもお試しください!【料理・栄養計算・スタイリング】五十嵐ゆかり(料理研究家・管理栄養士)


【肝臓病とは】A型肝炎 B型肝炎 C型肝炎の違いは? 急性と慢性の違いは? (子供でも分かる大人の病気)

【肝臓病とは】A型肝炎 B型肝炎 C型肝炎の違いは? 急性と慢性の違いは? (子供でも分かる大人の病気)

肝臓は多数の肝小葉という単位が集まった臓器で、「人体の化学工場」といわれ、胆汁を生成して消化を助けるほか、栄養分の分解や貯蔵、解毒、排泄など、重要な働きをしています。【解説】川嶋朗(東洋医学研究所附属クリニック自然医療部門医師・東京有明医療大学教授)