【股関節痛の克服体験記】音が鳴る 歩けない そんな痛みをノルディックウォーキングで解消

【股関節痛の克服体験記】音が鳴る 歩けない そんな痛みをノルディックウォーキングで解消

私は、母の左股関節の異常に気づきました。歩くとポキポキと音が鳴るのです。母は80代後半に腰椎すべり症と外反母趾の手術を受けた後、歩行が困難になっていました――。これは、ノルディックウォーキングで股関節痛や腰痛が改善した体験記です。【体験談】高橋めぐみ(音楽家)


腰椎すべり症の手術後に、歩行が困難になった

 秋、私は母の左股関節の異常に気づきました。歩くとポキポキと音が鳴るのです。
 母は80年代後半に腰椎すべり症と外反母趾の手術を受けた後、歩行が困難になっていました。92歳の当時は、外出時に、杖代わりに押し車を利用するようになっていたのです。

 そこで、矢野英雄先生に診てもらったところ、変形性股関節症で左股関節の変形が相当進んでいることがわかりました。
 しかし年齢を考えると、もう手術はできません。そこで、まずは4ヵ月間の入院、その後は介護老人保健施設でリハビリを続けたのです。 

 母は、理学療法士さんのリハビリを受けると、股関節の動きがよくなると喜んでいました。実際、半年ほどで股関節の音は鳴らなくなっています。また、以前とは異なり、歩行時に足がしっかり上がるようになりました。

 その後、母は自宅近くの介護老人福祉施設に入所しています。この時点では車イスで過ごす時間が長くなっていましたが、痛みはないと言っていました。驚くことに、レントゲン写真で見ると、つぶれていた左の股関節がきれいに再生していました。
 ただ、リハビリが行き届かなかったのか、翌年には、また左股関節の痛みを訴えるようになったのです。姿勢もくずれ、まっすぐに座れなくなりました。

ノルディックウォーキングのおかげで、股関節の痛みが軽減

 そこで矢野先生のいらっしゃる富士温泉病院へ、再度入院することにしたのです。

 今回は、私も一緒に入院予定です。実は私も母と同じく、90年代に腰椎すべり症になり、一時は右股関節がひどく痛み、歩けませんでした。
 矢野先生によると、私は右足の臼蓋形成不全とのこと。
 また、私の場合、ピアノ・アコーディオンの演奏という仕事柄、左右のバランスがそのときどきで変化するので、それも股関節にとっては負担だったようです。ときどき右の股関節、日によってはひざや肩、首など、体のあちこちが痛んでいました。

 そこで、股関節の負担を減らすために、リハビリやノルディックウオークを続けていました。
 特に私は、ノルディックウオークが体に合っていたようです。1週間に一度、2000~3000歩ほど歩くだけでも、痛みが軽減しました。
 ただ、私は仕事が多忙で、満足にリハビリはできませんでした。姿勢の改善もうまくいかず、最近、また右の股関節が強く痛むようになったのです。母と一緒に入院するこの機会に、もう少し自分の体を労わろうと考えています。

何歳であっても 軟骨は再生する(富士温泉病院名誉院長 矢野英雄)

 高橋さんのお母様は、92歳の初診時のレントゲン写真では、左の大腿骨頭(太ももの骨の先端の丸い部分)が臼蓋に深くめり込み、軟骨のすき間がまったく確認できませんでした。
 しかし、上のレントゲン写真が示すように、99歳のときに左の股関節はきれいに再生しています。軟骨のすき間もできました。これは、股関節は何歳になっても再生するということを示す好例です。

 変形が進んだ股関節も、正しいリハビリを続ければ再生します。その際、患者さんの自己管理として役立つのが「股関節らくらく日記」です。
 高橋さんのお母様は、ご高齢のため日記はつけられませんでしたが、理学療法士によるリハビリが功を奏したのでしょう。今の股関節の痛みも、入院で股関節の安静を保ち、リハビリを正しく続ければ消えるはずです。
 高橋さんご自身も、演奏旅行が続く不規則で多忙な生活のため、日記による自己管理はできませんでした。それでもノルディックウオークの効果は実感していただけたようです。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【やり方】注射もリハビリも効かないひざ痛が改善!5カ所の「筋肉はがし」

【やり方】注射もリハビリも効かないひざ痛が改善!5カ所の「筋肉はがし」

ひざ痛を解決するには、炎症を抑えるのではなく、かたくなった筋肉をほぐし、軟骨にかかる圧力を軽減することが重要になります。この理論に納得した私は、すぐに天城流の「筋肉はがし」を治療に取り入れました。すると、患者さんのひざ痛がどんどん改善していったのです。【解説】平野薫(ひらの整形外科クリニック院長)


【口腔がんのリハビリ】お勧めは入浴中の「口笛」と「爪もみ」人口唾液も不要に!

【口腔がんのリハビリ】お勧めは入浴中の「口笛」と「爪もみ」人口唾液も不要に!

おふろで口笛を吹きながら爪もみをする方法は、ガンだけではなく、多くの健康効果が期待できるものです。ですから最近は、私は多くの患者さんに、この方法を勧めています。【解説】小川優(アスティ歯科クリニック院長)


股関節が痛くて歩けない【大腿骨頭壊死症】対策にキアリ骨盤骨切り術(関節温存手術)

股関節が痛くて歩けない【大腿骨頭壊死症】対策にキアリ骨盤骨切り術(関節温存手術)

変形性股関節症は、関節軟骨がすり減って痛みや炎症を起こす病気です。40~50代に発症しやすく、特に中高年の女性に多く見られます。放っておくと、初期、進行期、末期と症状が進んでいきます。痛みは悪化し、歩行障害などを招き、イスから立ち上がることさえつらくなったりします。【解説】井上明生(柳川リハビリテーション病院名誉院長)


【専門医】COPD(慢性閉塞性肺疾患)の呼吸困難、うつ症状の緩和に効果「笑いヨガ」に注目

【専門医】COPD(慢性閉塞性肺疾患)の呼吸困難、うつ症状の緩和に効果「笑いヨガ」に注目

皆さん、COPDという病気をご存じでしょうか。正式名称を慢性閉塞性肺疾患といい、主に長期間の喫煙が原因による、肺から全身に及ぶ炎症性疾患のことです。症状としては、慢性的な咳と痰、体を動かしたときの息切れが現れます。【解説】福岡篤彦(南和広域医療企業団吉野病院院長・奈良県立医科大学臨床教授)


【理学療法士】リハビリ・運動療法に 勉強会で大好評の「笑いヨガ」で症状が改善

【理学療法士】リハビリ・運動療法に 勉強会で大好評の「笑いヨガ」で症状が改善

私は、理学療法士として健康教室を開いていますが、その教室で笑いヨガを取り入れることにしました。すると、あっという間に地域で評判になり、介護予防や認知症予防のため、笑いヨガを教えてほしいという要望がふえていったのです。【解説】染谷明子(富山医療生活協同組合富山協立病院リハビリテーション科科長・理学療法士)


最新の投稿


【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

【クレアチニン値を下げる運動】で腎臓病が改善!ネフローゼの尿たんぱくが陰性になった!

多くの人は、太い動脈の血流には注意を払いますが、毛細血管の流れには無頓着です。しかし、全身の臓器が健康に働くためには、毛細血管がなにより大事。【解説者】渡辺完爾(渡辺医院院長)


【チーズの健康効果ベスト6】ダイエットには運動後60分以内に摂取がお勧め!虫歯を防ぐ効果も

【チーズの健康効果ベスト6】ダイエットには運動後60分以内に摂取がお勧め!虫歯を防ぐ効果も

チーズは良質のたんぱく質とカルシウムの供給源で、筋力や骨の強化を助ける食品。ダイエット効果、筋力をつける効果、骨粗鬆症を防ぐ効果、血圧を下げる効果、虫歯を防ぐ効果、認知症を防ぐ効果など代表的なチーズの健康効果をお話ししましょう。【解説】齋藤忠夫(東北大学大学院農学研究科教授)


【猫背が楽な理由】楽な姿勢なら、そのほうが体に良いのでは?

【猫背が楽な理由】楽な姿勢なら、そのほうが体に良いのでは?

良い姿勢より、ネコ背でいるほうがらくに感じます。こういう場合、リラックスすることが大切なら、ネコ背のほうが体への負担が少ないのではありませんか。【回答】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【ダイエット】20kg10kg自然にやせる人が続出!寝る前9回でやせる「太学功ストレッチ」で便秘も解消!

【ダイエット】20kg10kg自然にやせる人が続出!寝る前9回でやせる「太学功ストレッチ」で便秘も解消!

私たちの体には、気功や中医学の世界で気と呼ばれる生命エネルギーが巡っています。気の流れが滞ったり気が不足したりすると、血液などの流れも滞ります。太学功ストレッチは、気の流れを促してこの状態を解消し、脳に「気は十分あるよ」と認識させて、やせる方法です。【解説】丁治紅(太学功 氣功療法研究所会長)


【ダイエット効果】太学功ストレッチ「猫のポーズ」のやり方

【ダイエット効果】太学功ストレッチ「猫のポーズ」のやり方

私たちの体には、気功や中医学の世界で気と呼ばれる生命エネルギーが巡っています。気の流れが滞ったり気が不足したりすると、血液などの流れも滞ります。太学功ストレッチは、気の流れを促してこの状態を解消し、脳に「気は十分あるよ」と認識させて、やせる方法です。【解説】丁治紅(太学功 氣功療法研究所会長)


ランキング


>>総合人気ランキング