耳鳴りの原因は「脳の変化」?改善する2つの対策「補聴器」と「自然音」を専門医が解説

耳鳴りの原因は「脳の変化」?改善する2つの対策「補聴器」と「自然音」を専門医が解説

耳鳴りは、患者さんの主観をもとに診断されるので、耳鳴りに共通する客観的な原因が、なかなか明らかにならなかったのです。近年、脳の神経活動を解析する技術が飛躍的な発展を遂げました。【解説】岡本秀彦(国際医療福祉大学医学部生理学教授・耳鼻咽喉科専門医)


「耳鳴りの真実」が明らかになってきた

「耳鳴り」は、悩んでいる人の多い病気ですが、原因については、これまで不明な点が多くありました。
 患者さんが耳鳴りを不快に感じ、生活に支障をきたしているなら、耳鳴りは病気と診断されます。
 しかし、耳鳴りはあるけれど特に気にならない、というかたもいらっしゃいます。

 このように耳鳴りは、患者さんの主観をもとに診断されるので、耳鳴りに共通する客観的な原因が、なかなか明らかにならなかったのです。
 近年、脳の神経活動を解析する技術が飛躍的な発展を遂げました。
 そのおかげで、聴覚に関係する脳の活動について、詳しく観察できるようになってきました。

 耳鳴りがあるときに、どのような脳の活動が起こっているかについても、わかるようになってきています。
 今までよくわからなかった、耳鳴りに関する真実が、明らかになりつつあるのです。
 ここでは、私が2017年に発表した最新研究より、脳の活動からわかった、耳鳴りが起こるしくみについて説明しましょう。

「神経の勝手な活動」が耳鳴りの原因

 まず、年を取るにつれて、高い周波数に対する耳(内耳)の神経活動が低下していきます。
 簡単に言えば、高音を聴き取る力が弱まるということです。
 高音が聴き取れなくなると、「抑制系」という神経の活動も低下します。

 例えば、雑音がいっぱいの中で、話し声を聴き取るときに、私たちの脳は、雑音の周波数を抑えて、声を聴き取りやすいように調整しています。このときに活躍しているのが、抑制系の神経活動です。
 高音が入ってこなくなると、脳は「高音が聴こえないな。もっと高音のセンサーを敏感にしよう」と神経に指令を出します。
 それでも高音が入ってこないと、高音のセンサーはもっと敏感になります。
 これが続くと、実際に外から高音が入ってきたわけでもないのに、高音域の神経が勝手に活動をするようになってしまうのです(自発活動)。
 すると「キーン」という音が聴こえることがあります。これは、神経が自ら勝手に、音を作り出している状態とも言えるでしょう。

 こうして、高音域の神経の自発活動により、実際には存在しない音が聴こえている状態が、耳鳴りの正体と考えられます。

耳鳴りへの恐怖が不眠につながる

 本来なら、神経の自発活動は、前述した抑制系の活動によって鎮められます。
 しかし、抑制系の活動も低下しているので、勝手な神経活動を抑えることができず、耳鳴りが継続すると考えられます。
 神経の自発活動が原因で耳鳴りが起こったとしても、本人が気にしていなければ、生活に支障をきたすことはありません。

 問題が起こるのは、耳鳴りが不安や恐怖の感情とつながったときです。
「耳鳴りが恐い」と思うようになれば、耳鳴りがさらに気になってしかたなくなります。
 こうした悪循環で、不眠になるかたも少なくありません。
 そうなると、耳鳴りが気になって眠れなくなり、眠れないため、さらに耳鳴りを意識してしまう、といった具合に、どんどん状況が悪化しかねません。

就寝時に音楽を流し無音状態を避ける

 私の研究からお勧めできる耳鳴り対策は、大きくわけて2つです。

❶補聴器を使う
 高音域の難聴がきっかけで、耳鳴りが起こる場合は、補聴器を使って、高音域にも音がしっかり入るようにすることが効果的です。
 補聴器で高音がしっかり聴こえるようになれば、神経の自発活動を抑えることにつながります。
 また、抑制系の神経活動を回復させることにもつながります。
 つまり、正常な神経ネットワークの状態に近づき、耳鳴りが軽減していくのです。

❷就寝時に自然音を流す
 補聴器がすぐに購入できない場合は、眠るときに自然音などの心地よい音を流すようにしましょう。
 耳鳴りのかたが最も避けるべきなのは、無音状態です。音がなければ、高音への入力もありませんから、耳鳴りがさらに悪化しかねません。
 また、静かすぎる環境では、耳鳴りに意識が集中しやすいものです。
 そこで、就寝時に、川のせせらぎなどの自然音や、好きな音楽が入ったCDなどを、タイマー機能でかけておくのです。ラジオを小音量でかけておくのでもかまいません。
 心地よさを感じる音は、不安を軽減させますから、耳鳴りが不眠につながる悪循環も予防できます。
 また、耳鳴りを悪化させる不眠を防ぐために、毎日夕方までには軽い運動をして、睡眠の質を上げることもお勧めします。

自然音などを流しながら就寝すれば、無音状態を避けられ、耳鳴りを改善できる

おかもと ひでひこ
2005年、大阪大学大学院医学系研究科臓器制御医学専攻を卒業。大阪大学附属病院耳鼻咽喉科臨床研修医、ミュンスター大学生体磁気研究所博士研究員、自然科学研究機構生理学研究所統合生理研究系准教授などを経て、現職。2015年、自然然科学研究機構若手研究者賞を受賞。医学博士。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


耳鳴り 補聴器 自然音

関連する投稿


【夏太りを予防】有効成分を丸ごと「レモン酢ダイエット」とは  高血圧、耳鳴りに著効

【夏太りを予防】有効成分を丸ごと「レモン酢ダイエット」とは 高血圧、耳鳴りに著効

レモンは、数あるかんきつ類のなかでも、有効成分や機能性成分を豊富に含むフルーツです。果肉や果汁はもちろんのこと、厚みのある皮にも健康に役立つ成分がぎっしり含まれています。そうしたレモンの果肉と皮の成分をあますところなく取れるのが、「レモン酢」です。【解説】本橋登(薬学博士・インド国立大学博士論文審査官)


【不眠が改善】自律神経を整える「オルゴール療法」で不安感や頭痛も解消した

【不眠が改善】自律神経を整える「オルゴール療法」で不安感や頭痛も解消した

頭痛やめまい、不安症といった症状とともに生じる不眠は、睡眠薬などの効果が不十分であることも多く、対処が難しいのが特徴です。このような不眠に対して、私が5年前から治療に導入して、効果を感じているのが「オルゴール療法」です。【解説】星野茂(ほしの脳神経クリニック院長)


【補聴器で聞こえない】人工聴覚器の難聴治療「EAS(残存聴力活用型人工内耳)」とは

【補聴器で聞こえない】人工聴覚器の難聴治療「EAS(残存聴力活用型人工内耳)」とは

難聴になると補聴器を装用するのが一般的ですが、改善効果が得られない人もいます。しかし近年、補聴器とは異なるしくみで聴覚を代替する「人工聴覚器」が普及し、重症の難聴も治療可能になってきています。難聴の最新治療について、岩崎聡先生に伺いました。【解説】岩崎聡(国際医療福祉大学三田病院教授、耳鼻咽喉科部長)


【補聴器】正しい選び方と購入方法 調整なしでは難聴が悪化する危険も

【補聴器】正しい選び方と購入方法 調整なしでは難聴が悪化する危険も

補聴器を購入する際、「手軽だから」という理由で、通販や補聴器の専門スタッフのいない量販店などで購入する人が少なくありません。しかし、これらはお勧めできません。【解説】内田育恵(愛知医科大学耳鼻咽喉科特任准教授、国立長寿医療研究センター客員研究員)


【耳鳴り・耳閉感が改善】5分で効果が出た「ハチの羽音呼吸法」とは リラックス効果も

【耳鳴り・耳閉感が改善】5分で効果が出た「ハチの羽音呼吸法」とは リラックス効果も

私は、患者さんが耳鳴りを訴えて来院した初診時には、お話をうかがいながら、姿勢や表情、呼吸などをじっと観察するようにしています。このような観察をくり返すうち、ある共通する現象に気付きました。それは呼吸です。【解説】石井正則(JCHO東京新宿メディカルセンター耳鼻咽喉科診療部長)


最新の投稿


【視力回復】近視や緑内障の改善には“自律神経の乱れ”を正す「爪もみ」がお勧め

【視力回復】近視や緑内障の改善には“自律神経の乱れ”を正す「爪もみ」がお勧め

目が疲れてショボショボすると、私たちは自然にまぶたに手をやり、こすったり、もんだりします。このように、目に不快感が現れるのは、自律神経のバランスが乱れている証拠です。自律神経をバランスよく働かせることが、目の健康を守る基本なのです。そこでお勧めしたいのが、「爪もみ」です。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


【野菜スープの効果】シミ(老人斑)が薄くなった!老眼もなく、白内障も進行しない

【野菜スープの効果】シミ(老人斑)が薄くなった!老眼もなく、白内障も進行しない

野菜スープをとり始めてしばらくたったころ、妻が私の顔をまじまじと見て、こう言いました。「あなた、シミが薄くなったわねえ」私は現在79歳で、10年ほど前から老人斑と呼ばれるシミが増えていました。ところが、野菜スープを飲むうちに、そのシミが非常に薄くなっていたのです。【解説】富永祐民(愛知県がんセンター名誉総長)


原因不明の視力低下が改善した!指のツボを“洗濯ばさみ”で刺激する健康法

原因不明の視力低下が改善した!指のツボを“洗濯ばさみ”で刺激する健康法

「指を洗濯バサミで挟む」と血と気の巡りがよくなり糖尿病・視力低下・痛みに著効!手と指には6本の経絡が走っており、その流れに沿って全身の臓器に対応するツボが多く存在しています。つまり手や指を刺激するだけで全身のあらゆる部位の痛みや不調を改善できるというわけです。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【糖尿病が改善】全身の血流が良くなるツボ刺激「指バサミ」のやり方

【糖尿病が改善】全身の血流が良くなるツボ刺激「指バサミ」のやり方

手と指には6本の経絡が走っており、その流れに沿って全身の臓器に対応するツボが多く存在しています。手や指を刺激するだけで全身のあらゆる部位の痛みや不調を改善できるというわけです。ここでは「洗濯ばさみ」を使ったツボの刺激方法をご紹介します。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【脳梗塞・心筋梗塞】発症予防には起床後の“水分摂取”と肉を食べる前の“○○○”

【脳梗塞・心筋梗塞】発症予防には起床後の“水分摂取”と肉を食べる前の“○○○”

動脈硬化が進むとともに血栓ができると、その結果として、脳梗塞や心筋梗塞といった怖い病気を招いてしまいます。命に関わるこれらの病気を防ぐために習慣にしてほしいのが、起床後に十分な水分を取ることです。【解説】南和友(北関東循環器病院院長、ドイツ・ボッフム大学永代教授)