【めまい・耳鳴り】は“低血圧”が原因?低血圧改善には「チェダーチーズ」が有効

【めまい・耳鳴り】は“低血圧”が原因?低血圧改善には「チェダーチーズ」が有効

めまいや耳鳴りを医師に診てもらうとなれば、多くの人は耳鼻科に行くでしょう。そして、「耳の奥にある“内耳のむくみ”が関係している」と指摘されるかもしれません。【解説】永田勝太郎(千代田国際クリニック院長・WHO(世界保健機関)心身医学・精神薬理学教授)


低血圧による血行不良がめまい・耳鳴りを起こす

 めまいや耳鳴りを医師に診てもらうとなれば、多くの人は耳鼻科に行くでしょう。そして、「耳の奥にある“内耳のむくみ”が関係している」と指摘されるかもしれません。

 内耳がむくむ原因の1つが、低血圧です。血圧が低いということは、
①血液を体中に送る心臓の力が弱い
②手や足などの末梢血液を心臓に戻す力が弱い
という意味です。

 低血圧では、めまいや耳鳴りに関わる器官に、血液が行き渡らず、必要な酸素や栄養が届きません。また、静脈に老廃物を含んだ血液が滞り、むくみを生じやすくなります。
 つまり、低血圧による血液の巡りの悪さが、めまいや耳鳴りを引き起こしている可能性があるのです。
 低血圧が原因でめまい・耳鳴りが起こっている患者さんには「やせている」「顔が青白い」「むくみやすい」といった特徴があります。

 また、滞った血液中の老廃物は痛みの原因になるため、肩こりや片頭痛を起こしたり、血行不良のために、朝起きの悪さ、疲労感、息切れ、気分の落ち込みなどが生じたりすることもあります。
 実際、慢性疲労症候群では、多くのかたが低血圧です。
 こうした症状は一見、うつ病に似ていますから、精神科や心療内科を受診して、抗うつ薬を処方されるケースも多々あります。

 しかし、実際にはうつ病ではなく、低血圧なのですから、抗うつ薬は効果がありません。
 さらに悪いことに、抗うつ薬には血圧を下げる副作用があります。血圧がさらに下がれば、症状は改善しないどころか悪化してしまいます。
 実際に、抗うつ薬を処方されて、低血圧の症状がひどくなった患者さんを、私は何人も診てきました。

小食や偏った食生活が低血圧を引き起こす

 患者さんの中には、私が低血圧と診断すると、馬鹿にされたような表情を浮かべるかたもいらっしゃいます。これは、低血圧が甘く見られていることのいい例でしょう。

 しかし、理解していただきたいのは、低血圧が立派な「生活習慣病」だということです。
 もちろん遺伝的に、血液を体中に送る心臓の力が弱いことも、低血圧の原因の1つではあります。
 しかし、低血圧は多くの場合、遺伝的体質に、生活習慣が積み重なって起こります。

 低血圧に、とりわけ大きな影響を与えているのが食生活です。
 例えば、過去に、少食、過食、偏った食生活、極端なダイエットなどを経験したことがあるかたは、血糖値の乱高下(血糖値スパイク)を起こしやすくなっています。
 血糖値が乱高下すると、一時的な低血糖(※)に陥ります。血糖値が低いということは、利用できるエネルギー(糖)が少ないということでもありますから、エネルギー不足となり、血液を送り出す心臓の力も弱くなります。こうして低血圧を生じるわけです。
 特に、高齢のかたは食後に低血糖を起こしやすく、注意が必要です。

※機能性低血糖、反応性低血糖。インスリンが出すぎて血糖値が下がりすぎるために起こる

朝、少しのチェダーチーズを食べれば血圧が上がる

 低血圧が原因のめまい・耳鳴りを解消するには、食生活の改善が欠かせません。それには、次の4つが役立つはずです。

❶3食きちんと食べる
 特に、朝食は必ず摂りましょう。温かい飲み物を1杯だけでもかまわないので、必ず何か口にしてください。3食食べることで、血糖値の乱高下を防ぎ、低血糖から低血圧になる流れを断ち切ることができます。

❷塩分は多めに取る
「健康には減塩」と思い込み、塩分を摂取しないようにしている人もいるようですが、血圧を上げるべき低血圧のかたには逆効果です。
 1日に15〜20gの塩分を摂ってください。味噌汁や、魚の塩焼き、漬け物などを食べるようにするとよいでしょう。

❸チェダーチーズを食べる 
 チェダーチーズには、「チラミン」という血圧を上げる作用のある物質が含まれています。少量でもいいので毎日、食べてみてください。血圧を上げて1日を始められるよう、朝食べるのがお勧めです。
 私が以前診た、61歳の男性は、「シャイ・ドレ―ガー症候群」といって、起立性低血圧を中心とする症状に悩んでいました。
 失神することもある激しい立ちくらみや、めまいのせいで、歩けなくなることもありました。
 それが、毎日50gのチェダーチーズを食べた結果、低血圧が大幅に改善し、立ちくらみやめまいを克服することができました。

❹発酵食品を食べる
 下痢や便秘は、栄養障害を起こし、低血圧の症状を悪化させます。ヨーグルトや納豆などの発酵食品を摂取して、腸内環境を整えてください。

 疲れを感じやすい低血圧のかたは、気を張って生きてきたため、感受性が細やかで、気配りができ、創造性があるかたが多いものです。
 そうしたかたが低血圧を改善し、豊かな才能をじゅうぶんに発揮できるようになることを祈っています。

ながたかつ たろう
1948年、千葉県生まれ。福島県立医科大学卒業。千葉大学、北九州市立小倉病院、東邦大学、浜松医科大学附属病院心療内科科長、日本薬科大学統合医療教育センター長・教授を経て、WHO(世界保健機関)心身医学・精神薬理学教授、(公財)国際全人医療研究所代表理事、リヒテンシュタイン国際学術大学院大学ビクトール・フランクル講座名誉教授、日本実存療法学会理事長、日本疼痛心身医学会理事長。『本当は怖い「低血圧」』(秀和システム)など、著書多数。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【肌が若返る】シミ・シワ 肌トラブルを改善する「1円玉療法」のやり方

【肌が若返る】シミ・シワ 肌トラブルを改善する「1円玉療法」のやり方

体に1円玉をはるだけで、ひざ痛、腰痛、耳鳴りなど、痛みや不調に即効性があると大人気の「1円玉療法」。効くのはそれだけではありません。アンチエイジングにも有効なのです。今月号では、シミやシワ、抜け毛の改善といった美容や若返りに効果的なはり方をご紹介します。【解説】川村昇山(弘漢療法院院長)


【夏太りを予防】有効成分を丸ごと「レモン酢ダイエット」とは  高血圧、耳鳴りに著効

【夏太りを予防】有効成分を丸ごと「レモン酢ダイエット」とは 高血圧、耳鳴りに著効

レモンは、数あるかんきつ類のなかでも、有効成分や機能性成分を豊富に含むフルーツです。果肉や果汁はもちろんのこと、厚みのある皮にも健康に役立つ成分がぎっしり含まれています。そうしたレモンの果肉と皮の成分をあますところなく取れるのが、「レモン酢」です。【解説】本橋登(薬学博士・インド国立大学博士論文審査官)


【不眠が改善】自律神経を整える「オルゴール療法」で不安感や頭痛も解消した

【不眠が改善】自律神経を整える「オルゴール療法」で不安感や頭痛も解消した

頭痛やめまい、不安症といった症状とともに生じる不眠は、睡眠薬などの効果が不十分であることも多く、対処が難しいのが特徴です。このような不眠に対して、私が5年前から治療に導入して、効果を感じているのが「オルゴール療法」です。【解説】星野茂(ほしの脳神経クリニック院長)


【物忘れを改善する食事】ニンニク油で記憶力が回復 高血圧やめまいも撃退

【物忘れを改善する食事】ニンニク油で記憶力が回復 高血圧やめまいも撃退

ニンニク油は脳によい理由の一つは「アホエン」という物質です。多くの研究が行われており①抗酸化作用②血小板凝集抑制作用③血中コレステロール値改善④尿酸値改善・抗ガン作用⑤殺菌、抗ウイルス作用、また近年の研究で、記憶力の向上や認知症の予防に役立つことがわかってきました。【解説】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)


【気象病専門医が解説】低気圧が原因のめまい・頭痛は“首の骨の歪み”が原因 セルフケア法は?

【気象病専門医が解説】低気圧が原因のめまい・頭痛は“首の骨の歪み”が原因 セルフケア法は?

私は、「歪んだ体が血行不良を起こし、めまいを招いているのでは」と考えました。そこで私が注目したのが、ズレた骨の位置を整え、体の歪みを正す、カイロプラクティックという手技療法でした。【解説】久手堅司(せたがや内科・神経内科クリニック院長・神経内科専門医)


最新の投稿


【沖ヨガの効果】“足”への刺激は自分で「治る力」を高める 「足裏たたき」を医師が推奨

【沖ヨガの効果】“足”への刺激は自分で「治る力」を高める 「足裏たたき」を医師が推奨

人間は、よほどのことがない限り、自分で自分の体を治す力を持っています。足の刺激法などのほうが、薬よりはるかに上であって、まず試すべきものです。足を刺激することによって、その人が本来持っている、治る力を活性化させることができるからです。【解説】樋田和彦(ヒダ耳鼻咽喉科院長)


【沖ヨガの特徴とは】心身をケアするヨガ "足裏たたき" で心も体もリラックス

【沖ヨガの特徴とは】心身をケアするヨガ "足裏たたき" で心も体もリラックス

足裏たたきを続けていると、胃腸や肝臓や膵臓の不調、肺をはじめとした呼吸器の不調、心臓の不調、血管の問題、腎臓や泌尿器の不調、腰痛や首の痛み・こりなどが、次々によくなっていきます。同時に、肌もきれいになり、姿勢もよくなって若々しく生まれ変われるのです。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


不調の5大原因を取り除く【沖ヨガ】「足裏たたき」の効果 腰痛が改善、ストレスが解消した

不調の5大原因を取り除く【沖ヨガ】「足裏たたき」の効果 腰痛が改善、ストレスが解消した

病気になる前に、その原因を遠ざける。もし病気になったとしても、自然の回復を促す。それが足裏たたきのすぐれた効能です。やり方を身につければ、あなたにとって、必ず一生の宝になります。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【沖ヨガ】詰まりが取れて全身に血が巡る「足裏たたき」のやり方

【沖ヨガ】詰まりが取れて全身に血が巡る「足裏たたき」のやり方

刺激して痛みを感じる部位があれば、そこは体の巡りが悪く詰まっている証拠です。重点的にたたいたり、もんだりしてください。詰まりが取れて全身の血の巡りが一気によくなり、目も頭もスカッとします。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【胃腸の健康】ピロリ菌を撃退し善玉菌を増やす効果 “乳酸菌”が豊富な「水キムチ」

【胃腸の健康】ピロリ菌を撃退し善玉菌を増やす効果 “乳酸菌”が豊富な「水キムチ」

生野菜は、胃の粘膜を荒らすため、胃が疲れているときにサラダを食べるのはよくありません。しかし、同じ野菜でも、発酵させた水キムチなら、胃に優しく作用するので安心です。【解説】丁宗鐵(日本薬科大学学長)