【白髪・加齢臭・肌荒れが改善】汗をたっぷりかいてデトックス「塩浴」の効果

【白髪・加齢臭・肌荒れが改善】汗をたっぷりかいてデトックス「塩浴」の効果

体からヌルヌルの脂がドッと出て美肌になり白髪もない秘訣は「塩湯デトックス」!肌表面の汚れを取り除くだけでなく毛穴に詰まった古い皮脂や老廃物の排出を促し、肌が本来持つ自然浄化力や再生力を回復させ、ベタつき、かさつきのないすべすべな肌へと導いてくれるのです。【解説】松本和子(株式会社三栄代表取締役・塩浴普及家)


塩を溶かしたお湯で肌が滑らかに!

「塩湯デトックス(塩浴)」は、石けんやシャンプーの代わりに、たっぷりの塩を溶かしたお湯(塩湯)を体や髪に塗り、手のひらでなでるように洗うだけのシンプルな入浴法です。
私の父である故・松本永光が、医師の故・湯浅寛先生から教えを受け、研究と実践を重ねて考案しました。

「塩湯を塗るだけでほんとうに体が洗えるの?」と思われる読者も多いかもしれませんが、塩湯の効果は絶大です。
肌表面の汚れを取り除くだけでなく、毛穴に詰まった古い皮脂や老廃物の排出を促し、肌が本来持つ自然浄化力や再生力を回復させ、ベタつき、かさつきのないすべすべな肌へと導いてくれるのです。

塩湯が効く理由を説明する前に、まず私の体験をお話ししましょう。

27年ほど前、私は原因不明のひどい肌荒れに悩んでいました。
今から振り返ると、化学物質アレルギーのようなものだったと思います。
最初は小さな手荒れから始まり、やがて全身にかぶれが広がっていきました。
どんなに高価な化粧品を使っても改善せず、洗顔料や石けんも使えなくなりました。

困り果てていた私に、父は再三、塩水で体を洗うよう勧めました。
最初は抵抗がありましたが、かゆみや肌荒れのない肌を取り戻したい一心で、試してみることにしたのです。

肌の再生が進み化粧品が不要になる

当初は、頭や体からヌルヌル、ギトギトとした脂がどんどん出てきて、嫌なにおいもして、不快でたまりませんでした。
しかし、最初はドッと出ていた脂やにおいも、毎日塩水で体を洗い続けるうちに2、3日で落ち着き、気にならなくなりました。

そのたびに体の中の汚いものが出ていく感じがして、励みになりました。
そして、荒れてウロコのようにひび割れた肌も徐々に落ち着き、かきむしった傷あとも消えて、肌が見違えるほどきれいになったのです。

以来24年間、石けんやシャンプーは滅多に使うことがありません。
基礎化粧品やメイクアップ化粧品は、いっさい使っていませんが、肌はいつもスベスベで、トラブルとは無縁。
今は塩すらほとんど使わず、普段はお湯だけで髪や体を洗う沐浴をしていますが、においや脂が気になることもありません。
現在46歳ですが、白髪もありません。

塩湯を体に塗ると、塩の浸透圧で汗が出やすくなり、また、毛穴に詰まった古い皮脂や老廃たんぱく質、石けんやシャンプーの残留物を溶かしながら流してくれます。
肌に塩湯を塗ってなでるとヌルヌルしてくるのは、古い皮脂などが溶け、さらに新しい皮脂が出ているためです。

古い脂や皮脂腺の詰まりが取れて、汗を適度にかくようになれば、肌再生のサイクルが整っていきます。
皮膚の分泌機能も正常化し、きれいな皮脂と汗によって作られる皮脂膜が、「天然の美容液」として肌をガードしてくれるので、化粧品いらずの美肌になれるのです。

松本和子
「伯方の塩」で知られる伯方塩業株式会社創立メンバーの一人である、『塩浴革命』(三栄)の著者、故・松本永光の長女。父の志を受け継ぎ、塩浴を実践し、普及に努めている。著書に『塩だけで髪もからだも洗ってしまう新習慣 塩浴生活をはじめよう!』(KADOKAWA)がある。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【体臭を消したい】悪臭(加齢臭・ミドル脂臭・汗臭)対策は2種のスプレー

【体臭を消したい】悪臭(加齢臭・ミドル脂臭・汗臭)対策は2種のスプレー

生活習慣の乱れやストレスなどが原因でエクリン腺の働きが衰えると、ミネラルや糖質・脂質を多く含むベタベタの「悪い汗」が出てくるのです。現代人の多くがかく汗は悪い汗で、脂臭・汗臭のそもそもの発生源です。【解説】五味常明(五味クリニック院長・医学博士)


【腸内環境を整える】「酢ニンニク」の健康効果とは 活性酸素を除去して老化や便秘を撃退

【腸内環境を整える】「酢ニンニク」の健康効果とは 活性酸素を除去して老化や便秘を撃退

疲労解消にお私がお勧めする「酢ニンニク」はさっぱりおいしく食後にニンニク特有の強烈なにおいが残りません。毎日食べ続けると疲労が解消するばかりか、ニンニクの持つ強力な抗酸化作用が得られ、血液サラサラ、老化予防、腸内環境の改善といった様々な健康効果が期待できます。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授・医学博士)


【ゴースト血管とは】老化が進み、お酒が弱くなる、がんリスクも高まる 毛細血管は再生するのか?

【ゴースト血管とは】老化が進み、お酒が弱くなる、がんリスクも高まる 毛細血管は再生するのか?

動脈や静脈は、簡単に消えたりしません。しかし、毛細血管は、老化現象の一つとして消えていく血管なのです。平均的に、毛細血管は40 代半ばから減り始め、80代になるまでに4割も減ってしまいます。ゴースト血管が多くなるとさまざまな老化現象や病気を進める一因となります。【解説】高倉伸幸(大阪大学微生物病研究所教授)


【ゴースト血管】爪が割れる、目の下のクマ 、白髪 当てはまったら要注意!再生法はあるの?

【ゴースト血管】爪が割れる、目の下のクマ 、白髪 当てはまったら要注意!再生法はあるの?

一般には40代から、しだいに毛細血管が弱くなっていきます。なぜかというと、ピタリとくっついていた壁細胞と内皮細胞が離れやすくなるからです。表地と裏地の間に、すき間ができてくるわけです。【解説】高倉伸幸(大阪大学微生物病研究所教授)


腸内フローラを増やしてリーキーガット症候群を予防する「酢玉ねぎ」基本の作り方

腸内フローラを増やしてリーキーガット症候群を予防する「酢玉ねぎ」基本の作り方

腸内フローラの乱れは、肥満や便秘ばかりではなく、動脈硬化や高血圧をはじめとした生活習慣病、ガン、認知症、アレルギー疾患など、実に多くの病気を引き寄せます。腸内環境と老化は大きく関与しています。酢タマネギを毎日の食事に取り入れることは、健康と若さを手に入れる近道なのです。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授)


最新の投稿


【子どものアレルギー】善玉菌を増やす「発酵キャベツ」で腸内環境を整えるのがお勧め 自閉症改善にも

【子どものアレルギー】善玉菌を増やす「発酵キャベツ」で腸内環境を整えるのがお勧め 自閉症改善にも

キャベツは、食物繊維がとても豊富で、ふだんの食生活で不足しがちな食物繊維を補うことができる食材です。これを発酵させることで、乳酸菌たっぷりになり、その乳酸菌が腸の中で善玉菌を増やしてくれるため、便秘をはじめとする腸の不調を改善してくれるのです。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授・医学博士)


【自律神経を整える】セロトニン分泌を促し手軽に免疫力がアップする「ハワイの朝日呼吸」の効果

【自律神経を整える】セロトニン分泌を促し手軽に免疫力がアップする「ハワイの朝日呼吸」の効果

自然に触れると、自然の波長と人体の波長が心地よく混ざり合います。これは人体にヒーリング効果を生むと言われています。ハワイをイメージしながら行う「ハワイの朝日呼吸」でも、それに近い効果が得られると思います。【解説】川嶋朗(東京有明医療大学保健医療学部教授・医師)


【二重あご】若返りホルモンが分泌!顔の歪みも取る「舌回し」 の効果

【二重あご】若返りホルモンが分泌!顔の歪みも取る「舌回し」 の効果

「年を取るにつれ、ほおやあごがたるんで二重あごになってきた」そう感じている人は多いのではないでしょうか。実は、簡単な方法で、たるみや二重あごを撃退し、若いころのようなシャープなフェイスラインに戻せるのです。その方法とは、私の推奨する「舌回し」です。【解説】小出馨(日本歯科大学新潟生命歯学部歯科補綴学第一講座主任教授)


【口呼吸・イビキが改善】美容と健康維持に役立つ「舌回し」15の効果

【口呼吸・イビキが改善】美容と健康維持に役立つ「舌回し」15の効果

私が推奨している「舌回し」は、顔のたるみや二重あご、シミ、シワ、ほうれい線といった美容トラブルの改善にすぐれた効果を発揮します。ですが、舌回しの効果は美容面だけにとどまりません。全身のさまざまな不快症状も改善してくるのです。【解説】小出馨(日本歯科大学新潟生命歯学部歯科補綴学第一講座主任教授)


【整形なしで】2週間で効果!たるみが取れて顔が変わる「舌回し」のやり方

【整形なしで】2週間で効果!たるみが取れて顔が変わる「舌回し」のやり方

舌回しは、顔やのどにある表面の筋肉だけでなく、インナーマッスルを鍛えてバランスを整えます。顔のたるみやゆがみを取り、笑顔がとてもさわやかになります。 簡単ですが、効果は絶大です。【解説】小出馨(日本歯科大学新潟生命歯学部教授)