脳梗塞・心筋梗塞の原因【血栓症】 痩せていても“内臓肥満”に要注意

脳梗塞・心筋梗塞の原因【血栓症】 痩せていても“内臓肥満”に要注意

現在、日本でいちばん怖れられている病気は、おそらくガンでしょう。しかし、私に言わせれば、ガン以上に怖いのが、脳梗塞や心筋梗塞(脳や心臓の血管が詰まって起こる病気)です。脳梗塞や心筋梗塞の原因となるのが、血栓症です。【解説】浦野哲盟(浜松医科大学副学長、医生理学講座教授)


ガンよりも怖いが、危機感が少ない

現在、日本でいちばん怖れられている病気は、おそらくガンでしょう。
しかし、私に言わせれば、ガン以上に怖いのが、脳梗塞や心筋梗塞(脳や心臓の血管が詰まって起こる病気)です。
最悪の場合、それまで健康だった人が瞬時に命を落とすこともあります。
たとえ命が助かっても、脳梗塞は重篤な後遺症(半身不随や言語障害など)に苦しむことになるケースも多く見られます。

脳梗塞や心筋梗塞の原因となるのが、血栓症です。
大きくなった血栓が血液に乗って飛んでいき、脳や心臓などの重要な血管を詰まらせるのです。

ガンは怖い病気ですが、いきなり体の自由が利かなくなったり、一瞬で死が訪れたりすることもほとんどありません。
死を迎えるにしても、そこに至るまでに時間的な余裕はあります。

にもかかわらず、血栓症に対しては、ガンほど危機感をもたれていないようです。
その理由は、血栓が詰まって発作が起きるまで、まったく無自覚だからです。

では、どういったタイプの人が血栓症になりやすいのでしょうか。

それは、高血圧や糖尿病、脂質異常症、動脈硬化などの病気がある人や、その予備軍の人たちです。
そして、これらの生活習慣病と深くかかわっているのが、肥満です。

太って見えなくても内臓肥満は要注意!

生活習慣病がある上に、太っている人は、血栓症のリスクが高くなります。
ちなみに、この場合の「太っている」とは、内臓の周りに脂肪がたまる「内臓脂肪型肥満」を指します。

内臓にたまった脂肪細胞は、「PAI‐ 1」という悪玉物質を分泌します。
PAI‐1は、血栓を溶かすのを邪魔する物質で、太れば太るほど増えます。

血栓は、血管の内皮細胞から分泌されるtPAという酵素によって開始される線溶系によって溶解します。
PAI‐1は、tPAの働きを阻害するのです。

ですから、PAI‐1が増えれば増えるほど、血栓が溶けにくくなってしまうのです。
内臓型肥満の人は、このPAI‐1が多く、血栓症になりやすいのです。

肥満とは、一般的にBMI(体格指数)が25以上の人をいいます。
しかし、一見すると太っては見えないタイプの内臓肥満もありますから、中性脂肪値の高い人、善玉(HDL)コレステロール値の低い人、ウエスト周りが太い人などは、注意してください。

頸動脈がきれいなら全身の血管もきれい

脳梗塞や心筋梗塞のリスクは、動脈硬化がどれくらい進行しているのかに大きく影響されます。

そこで、動脈硬化の進行具合を判断するのが、頸動脈エコーです。
首の動脈(頸動脈)の状態を超音波エコーでチェックする検査です。
脳や心臓の動脈に比べて、見やすいのが特長です。

この血管壁が厚くなっていたり、内腔が狭くなっていたら、全身の血管も似たような状態だと判断できます。
ですから、定期的に頸動脈エコーを受けることを、私はお勧めします。

動脈硬化が進行している場合は、予防薬(コレステロールを下げる薬や抗血小板薬、抗凝固薬)の処方が必要になってきます。

私はこれまで数多くの頸動脈エコーを見てきました。
中には、コレステロールを下げる薬を30年以上飲んでいる患者さんもいます。
そういう患者さんは、頸動脈がきれいです。
頸動脈がきれいなら、全身の動脈もきれいだと判断できます。

現在の風評では、コレステロールを下げる薬に対する批判が強くあるようですが、動脈硬化が進行している場合は、薬の力に頼るのも大切だと、私は考えています。
薬の副作用よりも、脳梗塞や心筋梗塞によるダメージのほうがはるかに大きいからです。


別の記事では、悪玉物質のPAI‐1を減らして、血栓を溶かす力を復活させるセルフケアをご紹介します。

→血栓を溶かすセルフケア法はコチラ

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【高血圧】脳梗塞は熱中症と間違えやすい! 原則「喉が渇いたら水を飲む。汗をかいたら塩も取る」

【高血圧】脳梗塞は熱中症と間違えやすい! 原則「喉が渇いたら水を飲む。汗をかいたら塩も取る」

心臓病や脳卒中は、心臓や脳が悪化したために起こるのではありません。血液がドロドロになり、動脈硬化が進行した末に起こります。つまり、血管の状態が悪化した結果として、これらの病気は起こるのです。そして、これらの血管病の最大の原因は高血圧です。【解説】高沢謙二(東京医科大学病院健診予防医学センター長、東京医科大学教授)


【血栓症とは】“止血血栓”と“病的血栓”の違い 突然死を招く「強いストレス」と「座りっぱなしの姿勢」

【血栓症とは】“止血血栓”と“病的血栓”の違い 突然死を招く「強いストレス」と「座りっぱなしの姿勢」

強いストレス状態に置かれると、体を守ろうとして血栓ができやすくなります。 血栓症とは、血管の中に血のかたまり(血栓)ができ、血管を詰まらせる病気のことです。血のかたまりが血流に乗って脳の血管を詰まらせると脳梗塞、心臓の栄養血管を詰まらせると心筋梗塞になります。【解説】浦野哲盟(浜松医科大学副学長、医生理学講座教授)


【脳梗塞・心筋梗塞】発症予防には起床後の“水分摂取”と肉を食べる前の“○○○”

【脳梗塞・心筋梗塞】発症予防には起床後の“水分摂取”と肉を食べる前の“○○○”

動脈硬化が進むとともに血栓ができると、その結果として、脳梗塞や心筋梗塞といった怖い病気を招いてしまいます。命に関わるこれらの病気を防ぐために習慣にしてほしいのが、起床後に十分な水分を取ることです。【解説】南和友(北関東循環器病院院長、ドイツ・ボッフム大学永代教授)


【高血圧】手のツボ「合谷」を押すだけで、なぜ血圧が20~30ミリ下がるのか?

【高血圧】手のツボ「合谷」を押すだけで、なぜ血圧が20~30ミリ下がるのか?

高血圧は、自覚症状がほとんどありません。しかし放っておけばやがて動脈硬化を起こし、脳卒中や心筋梗塞といった重大な合併症の引き金になりかねない。まさに、”見えない敵”なのです。そんな〝見えない敵〟とは、どのように戦ったらいいのでしょうか。【解説】渡辺尚彦(東京女子医科大学医学部教授(東医療センター内科))


【血圧を下げる対策】日本人に多い食塩感受性高血圧とは?「しょうゆスプレー」がお勧め

【血圧を下げる対策】日本人に多い食塩感受性高血圧とは?「しょうゆスプレー」がお勧め

日本の食は全般的にヘルシーですが、一つ大きな難点があります。それは塩分が過剰だということです。減塩することはとても重要ですが、高塩分に慣れた人が塩分を減らそうとしても、物足りなさを感じて難しいものです。そこで、まず簡単にできる減塩の入門として私が提唱しているのが「しょうゆスプレー」です。【解説】日下美穂(日下医院院長)


最新の投稿


【沖ヨガの効果】“足”への刺激は自分で「治る力」を高める 「足裏たたき」を医師が推奨

【沖ヨガの効果】“足”への刺激は自分で「治る力」を高める 「足裏たたき」を医師が推奨

人間は、よほどのことがない限り、自分で自分の体を治す力を持っています。足の刺激法などのほうが、薬よりはるかに上であって、まず試すべきものです。足を刺激することによって、その人が本来持っている、治る力を活性化させることができるからです。【解説】樋田和彦(ヒダ耳鼻咽喉科院長)


【沖ヨガの特徴とは】心身をケアするヨガ "足裏たたき" で心も体もリラックス

【沖ヨガの特徴とは】心身をケアするヨガ "足裏たたき" で心も体もリラックス

足裏たたきを続けていると、胃腸や肝臓や膵臓の不調、肺をはじめとした呼吸器の不調、心臓の不調、血管の問題、腎臓や泌尿器の不調、腰痛や首の痛み・こりなどが、次々によくなっていきます。同時に、肌もきれいになり、姿勢もよくなって若々しく生まれ変われるのです。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


不調の5大原因を取り除く【沖ヨガ】「足裏たたき」の効果 腰痛が改善、ストレスが解消した

不調の5大原因を取り除く【沖ヨガ】「足裏たたき」の効果 腰痛が改善、ストレスが解消した

病気になる前に、その原因を遠ざける。もし病気になったとしても、自然の回復を促す。それが足裏たたきのすぐれた効能です。やり方を身につければ、あなたにとって、必ず一生の宝になります。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【沖ヨガ】詰まりが取れて全身に血が巡る「足裏たたき」のやり方

【沖ヨガ】詰まりが取れて全身に血が巡る「足裏たたき」のやり方

刺激して痛みを感じる部位があれば、そこは体の巡りが悪く詰まっている証拠です。重点的にたたいたり、もんだりしてください。詰まりが取れて全身の血の巡りが一気によくなり、目も頭もスカッとします。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【胃腸の健康】ピロリ菌を撃退し善玉菌を増やす効果 “乳酸菌”が豊富な「水キムチ」

【胃腸の健康】ピロリ菌を撃退し善玉菌を増やす効果 “乳酸菌”が豊富な「水キムチ」

生野菜は、胃の粘膜を荒らすため、胃が疲れているときにサラダを食べるのはよくありません。しかし、同じ野菜でも、発酵させた水キムチなら、胃に優しく作用するので安心です。【解説】丁宗鐵(日本薬科大学学長)