【動脈硬化】コレステロール数値の見方 悪玉÷善玉の割合が「2」以上は要注意

【動脈硬化】コレステロール数値の見方 悪玉÷善玉の割合が「2」以上は要注意

コレステロールといえば、今や動脈硬化を進める「悪役」として知られています。コレステロールは、細胞膜やホルモンなどの材料として重要ですが、一方で、血管壁に過剰にたまると、動脈硬化を進めるのも事実です。【解説】南和友(北関東循環器病院院長、ドイツ・ボッフム大学永代教授)


南和友 
京都府立医科大学卒業後、ドイツに渡航し、心臓外科医として活躍。年間手術数6000例という世界一の規模の心臓センターをドイツで立ち上げる。2005年に帰国し、最先端の治療を普及するとともに次世代の心臓外科医の育成にも力を注ぐ。

コレステロールには善玉と悪玉の2種類ある

コレステロールといえば、今や動脈硬化を進める「悪役」として知られています。
コレステロールは、細胞膜やホルモンなどの材料として重要ですが、一方で、血管壁に過剰にたまると、動脈硬化を進めるのも事実です。
動脈硬化が進むほど、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こす血栓もできやすくなります。

ただし、ここで一つ、注意すべきことがあります。
血中に増えて悪さをするのは、コレステロールの中の「悪玉コレステロール」だということです。

最近では、広く知られるようになりましたが、血中コレステロールには、悪玉と善玉があります。
同じコレステロールでも、善玉は動脈硬化を進めません。
それどころか、善玉コレステロールが多ければ、逆に動脈硬化の抑制に働いてくれます。

もう少し詳しく説明しましょう。
悪玉コレステロールは、正式にはLDLコレステロールといいます。
大部分のコレステロールは、「たんぱく質のカプセル」に入って血液中を移動しています。
これは血液中を旅する船のようなもので、中にコレステロールという乗組員がいると考えるとわかりやすいでしょう。

LDLは、その船の種類の名前で、コレステロールを作り出す肝臓から、血管などの組織にコレステロールを運びます。
この船が増え過ぎると、過剰なコレステロールが血管壁にたまって動脈硬化が進むのです。

それで、LDLに乗り込んでいるコレステロールを、悪玉コレステロールと呼ぶわけです。

善玉コレステロールは動脈硬化を抑制する

善玉コレステロールは、正式にはHDLコレステロールといい、HDLという船に乗り込んでいるコレステロールです。
HDLはLDLとは逆に、血管などの組織から肝臓にコレステロールを運びます(肝臓は余分なコレステロールの処理場でもあります)。
血管の余分なコレステロールの掃除屋のようなものです。
この船が多ければ、血管にコレステロールがたまりにくく、動脈硬化が抑制されます。

それで、HDLに乗り込んでいるコレステロールを、善玉コレステロールと呼ぶのです。

血液検査でわかる「総コレステロール」の数値には、善玉も悪玉も含まれています。
総コレステロールが同じでも、悪玉が多い人もいれば善玉が多い人もいます。
両者の割合次第で、動脈硬化が進む危険性はまったく違ってくるのです。

悪玉と善玉の比率が重要

そこで、総コレステロールより、「悪玉コレステロールと善玉コレステロールの割合こそ重要」という視点から、最近、重要視され始めたのが、「LH比」という数値です。

LH比とは、「悪玉(LDL)コレステロール値÷善玉(HDL)コレステロール値」で簡単に計算できます(健康診断結果への表示も増えています)。

LH比は「動脈硬化指数」とも呼ばれ、動脈硬化の進みやすさを示す指標です。
2未満が基準値で、2以上2.5未満は動脈硬化が疑われる黄信号、2.5以上は動脈硬化が進行し、血栓もできている恐れもある赤信号とされます。

総コレステロールの正常値は150〜199mg/dL、境界域(予備群)は200〜219mg/dLです。

この基準だけ見ると、例えば250mg/dLは異常値になります。
しかし、悪玉コレステロールが150mg/dLで善玉コレステロールが100mg/dLだった場合、LH比は1.5で、動脈硬化の進みにくい安心できる状態といえます。

逆に、総コレステロールが160mg/dLという正常値でも、悪玉コレステロールが120mg/dLで善玉コレステロールが40mg/dLだった場合、LH比は3となります。
動脈硬化が進んでいる危険性が高く、血栓にも要注意の状態といえるのです。

総コレステロールの数値よりもLH比に注目

この場合、コレステロール関連のどの数値も異常値ではないにもかかわらず、LH比が危険な値になっていることにも注意が必要です(LDLコレステロールの正常値140mg/dL未満、HDLコレステロールの正常値40mg/dL以上)。

したがって、血液検査の結果でわかる総コレステロールの数値より、LH比にぜひ注目してください。
LH比が2以上、特に2.5以上の場合は、早急に食事や生活を見直して、善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを減らす対策をこうじましょう。

手軽に実行できる対策としては、以下のような方法があります。

善玉を増やし悪玉を減らす生活習慣

善玉コレステロールを増やす

①積極的にトマトを食べる
トマトに豊富に含まれるリコピンには、善玉コレステロールを増やす働きがあります。

②適量の赤ワインを飲む
赤ワインに豊富なポリフェノールにも善玉コレステロールを増やす働きがあります。
適量は1日グラス1〜2杯です。

ほかに、ブドウ、イチゴ、ブルーベリー、緑茶などでポリフェノールを取るのもお勧めです。

③シイタケやアオサを食べる
シイタケや海藻の一種であるアオサにも、善玉コレステロールを増やす働きがあることがわかっています。

④ウォーキングをする
適度な運動は善玉コレステロールを増やします。
ジョギングやランニングは心臓への負担が大きくなって危険な場合があるので、1日30分程度のウォーキングを推奨します。

悪玉コレステロールを減らす

①肉より魚介類を多めに取る
魚介類に多いDHA(ドコサヘキサエン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)などの成分には、悪玉コレステロールを減らす働きがあります。

②炭水化物を取り過ぎない
ごはん、パン、めん類、菓子類などの炭水化物や糖類を取り過ぎると、中性脂肪が増え、それが悪玉コレステロールの材料になります。
太ってきたら炭水化物を取り過ぎていると判断できます。
上記の食品を減らし、太らない範囲で適度に取りましょう。


以上を実行すると、LH比が好転し、動脈硬化の危険性が減らせます。
お試しください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【高血圧】脳梗塞は熱中症と間違えやすい! 原則「喉が渇いたら水を飲む。汗をかいたら塩も取る」

【高血圧】脳梗塞は熱中症と間違えやすい! 原則「喉が渇いたら水を飲む。汗をかいたら塩も取る」

心臓病や脳卒中は、心臓や脳が悪化したために起こるのではありません。血液がドロドロになり、動脈硬化が進行した末に起こります。つまり、血管の状態が悪化した結果として、これらの病気は起こるのです。そして、これらの血管病の最大の原因は高血圧です。【解説】高沢謙二(東京医科大学病院健診予防医学センター長、東京医科大学教授)


【血栓症とは】“止血血栓”と“病的血栓”の違い 突然死を招く「強いストレス」と「座りっぱなしの姿勢」

【血栓症とは】“止血血栓”と“病的血栓”の違い 突然死を招く「強いストレス」と「座りっぱなしの姿勢」

強いストレス状態に置かれると、体を守ろうとして血栓ができやすくなります。 血栓症とは、血管の中に血のかたまり(血栓)ができ、血管を詰まらせる病気のことです。血のかたまりが血流に乗って脳の血管を詰まらせると脳梗塞、心臓の栄養血管を詰まらせると心筋梗塞になります。【解説】浦野哲盟(浜松医科大学副学長、医生理学講座教授)


【脳梗塞・心筋梗塞】発症予防には起床後の“水分摂取”と肉を食べる前の“○○○”

【脳梗塞・心筋梗塞】発症予防には起床後の“水分摂取”と肉を食べる前の“○○○”

動脈硬化が進むとともに血栓ができると、その結果として、脳梗塞や心筋梗塞といった怖い病気を招いてしまいます。命に関わるこれらの病気を防ぐために習慣にしてほしいのが、起床後に十分な水分を取ることです。【解説】南和友(北関東循環器病院院長、ドイツ・ボッフム大学永代教授)


【高血圧】手のツボ「合谷」を押すだけで、なぜ血圧が20~30ミリ下がるのか?

【高血圧】手のツボ「合谷」を押すだけで、なぜ血圧が20~30ミリ下がるのか?

高血圧は、自覚症状がほとんどありません。しかし放っておけばやがて動脈硬化を起こし、脳卒中や心筋梗塞といった重大な合併症の引き金になりかねない。まさに、”見えない敵”なのです。そんな〝見えない敵〟とは、どのように戦ったらいいのでしょうか。【解説】渡辺尚彦(東京女子医科大学医学部教授(東医療センター内科))


【血圧を下げる対策】日本人に多い食塩感受性高血圧とは?「しょうゆスプレー」がお勧め

【血圧を下げる対策】日本人に多い食塩感受性高血圧とは?「しょうゆスプレー」がお勧め

日本の食は全般的にヘルシーですが、一つ大きな難点があります。それは塩分が過剰だということです。減塩することはとても重要ですが、高塩分に慣れた人が塩分を減らそうとしても、物足りなさを感じて難しいものです。そこで、まず簡単にできる減塩の入門として私が提唱しているのが「しょうゆスプレー」です。【解説】日下美穂(日下医院院長)


最新の投稿


【沖ヨガの効果】“足”への刺激は自分で「治る力」を高める 「足裏たたき」を医師が推奨

【沖ヨガの効果】“足”への刺激は自分で「治る力」を高める 「足裏たたき」を医師が推奨

人間は、よほどのことがない限り、自分で自分の体を治す力を持っています。足の刺激法などのほうが、薬よりはるかに上であって、まず試すべきものです。足を刺激することによって、その人が本来持っている、治る力を活性化させることができるからです。【解説】樋田和彦(ヒダ耳鼻咽喉科院長)


【沖ヨガの特徴とは】心身をケアするヨガ "足裏たたき" で心も体もリラックス

【沖ヨガの特徴とは】心身をケアするヨガ "足裏たたき" で心も体もリラックス

足裏たたきを続けていると、胃腸や肝臓や膵臓の不調、肺をはじめとした呼吸器の不調、心臓の不調、血管の問題、腎臓や泌尿器の不調、腰痛や首の痛み・こりなどが、次々によくなっていきます。同時に、肌もきれいになり、姿勢もよくなって若々しく生まれ変われるのです。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


不調の5大原因を取り除く【沖ヨガ】「足裏たたき」の効果 腰痛が改善、ストレスが解消した

不調の5大原因を取り除く【沖ヨガ】「足裏たたき」の効果 腰痛が改善、ストレスが解消した

病気になる前に、その原因を遠ざける。もし病気になったとしても、自然の回復を促す。それが足裏たたきのすぐれた効能です。やり方を身につければ、あなたにとって、必ず一生の宝になります。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【沖ヨガ】詰まりが取れて全身に血が巡る「足裏たたき」のやり方

【沖ヨガ】詰まりが取れて全身に血が巡る「足裏たたき」のやり方

刺激して痛みを感じる部位があれば、そこは体の巡りが悪く詰まっている証拠です。重点的にたたいたり、もんだりしてください。詰まりが取れて全身の血の巡りが一気によくなり、目も頭もスカッとします。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【胃腸の健康】ピロリ菌を撃退し善玉菌を増やす効果 “乳酸菌”が豊富な「水キムチ」

【胃腸の健康】ピロリ菌を撃退し善玉菌を増やす効果 “乳酸菌”が豊富な「水キムチ」

生野菜は、胃の粘膜を荒らすため、胃が疲れているときにサラダを食べるのはよくありません。しかし、同じ野菜でも、発酵させた水キムチなら、胃に優しく作用するので安心です。【解説】丁宗鐵(日本薬科大学学長)