【頭痛や吐き気】"スマホ肩こり"は「触れて治す」が正解 タッチングケアで痛み解消

【頭痛や吐き気】"スマホ肩こり"は「触れて治す」が正解 タッチングケアで痛み解消

「タッチングケア」とは、自分の手で、自分の体を優しく触れることで、症状を改善したり、ストレスを緩めたりする新しいセルフケア法です。軽く、リズムを取りながら触れるのがコツです。急増中の「スマホ肩コリ・首コリ」もタッチングケアによって解消させることができます。【解説】外尾幸恵(看護師・日本タッチングケア協会代表理事)


首の痛み・肩の痛み・肩甲骨のコリの原因

 首から肩甲骨にかけてコリや痛み、疲れなどを感じる、いわゆる「肩こり」は、ひどくなると、頭痛や吐き気、嘔吐を引き起こすこともあります。
 その原因には、姿勢の悪さや運動不足、ストレスによる精神的な緊張状態などがあげられます。

 最近では「スマホ肩こり」なんて言葉も聞くようになりました。スマートフォンを使用する際、前屈みの姿勢を続けることで生じる肩こりです。

 そもそも首のところにある頸椎は、およそ4キロもの頭部を支えています。また、肩関節は腕が前後・左右・上下などに動くのを支えています。そのため、首から肩にかけての部分には大きな負担がかかっているのです。

 そこにさらに、スマホ操作や読書などで前屈みの姿勢を長時間続けていたりしたら、その周辺の筋肉には疲労が出やすくなります。
 それが、「肩こり」という症状となって現れてくるわけです。

 また、ストレスによって交感神経が優位な状態が続くと、肩まわりの筋肉が収縮し、老廃物が溜まりやすくなります。これも肩こりの原因となります。

 いずれにしても、肩こりは、筋肉部分の血液やリンパ液の流れが悪くなり、老廃物が溜まっている状態です。
 なので、肩こりを解消するには、血液やリンパ液の流れをよくしてあげること。これはタッチングケアの得意分野です。

肩こりを解消するタッチングケアのやり方

 肩こりを解消させるタッチングケアでは、肩から首筋にかけての部分を触っていきます。

 この辺りは、頭部や腕へと続く太い血管が通っています。
 肩から首筋にかけてのタッチングは、その部分の血液の流れをスムーズにします。その結果、首から上と肩から腕にかけての血流がよくなり、肩や首のコリの解消につながっていくのです。

 また、首筋のところには、「胸鎖乳突筋」という筋肉があります。首を傾けたときに盛り上がる筋肉で、鶏のささみのような形をしています。
 この筋肉の周辺にはたくさんのリンパ節があります。なので、ここをタッチングすることでリンパ液の流れがよくなり、これもまた首や肩のコリをほぐすことにつながります。

 仕事中、ちょっとしたスキマ時間ができたら、このタッチングで溜まった疲労をリセットしてみてください。

外尾幸恵(ほかお・ゆきえ)
1969年東京生まれ。品川エトワール女子高等学校ネイチャースタディーコース非常勤講師。
 慈恵医大付属柏看護専門学校卒業後、東京慈恵会付属柏病院に看護師として勤務。外科、耳鼻科、救急、外来の主任を経験。その後、介護支援専門員資格、心理相談員称号を取得し、2006年に緩和ケアのサロンとアロマスクールを開業。2008年にはベビーマッサージ教室をスタートさせる。2013年、看護師時代から感じていた「触れる力」の可能性を多くの人に伝えるべく、日本タッチングケア協会を設立。これまで施術してきた人数は1500名を超える。また、忙しい現代人に自分で不調を治す方法を知ってもらうため、講演やセミナー等で「セルフタッチングケア」の指導も行なっている。
 著書『「触れる」だけで、心と体が軽くなるタッチングケア』(王様文庫)が好評発売中。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【二重あご】若返りホルモンが分泌!顔の歪みも取る「舌回し」 の効果

【二重あご】若返りホルモンが分泌!顔の歪みも取る「舌回し」 の効果

「年を取るにつれ、ほおやあごがたるんで二重あごになってきた」そう感じている人は多いのではないでしょうか。実は、簡単な方法で、たるみや二重あごを撃退し、若いころのようなシャープなフェイスラインに戻せるのです。その方法とは、私の推奨する「舌回し」です。【解説】小出馨(日本歯科大学新潟生命歯学部歯科補綴学第一講座主任教授)


【口呼吸・イビキが改善】美容と健康維持に役立つ「舌回し」15の効果

【口呼吸・イビキが改善】美容と健康維持に役立つ「舌回し」15の効果

私が推奨している「舌回し」は、顔のたるみや二重あご、シミ、シワ、ほうれい線といった美容トラブルの改善にすぐれた効果を発揮します。ですが、舌回しの効果は美容面だけにとどまりません。全身のさまざまな不快症状も改善してくるのです。【解説】小出馨(日本歯科大学新潟生命歯学部歯科補綴学第一講座主任教授)


【ED(勃起不全症候群)セルフチェック】受診の流れと治療薬 早期治療で80%が改善

【ED(勃起不全症候群)セルフチェック】受診の流れと治療薬 早期治療で80%が改善

ED(勃起不全症候群)は、まったく勃起しない状態だけを指すのではありません。勃起を保つ自信や、性交の満足度などがないと感じる場合も該当します。少しでも不安がある人は、表のセルフチェックを試してください。セルフチェックの結果が21点以下の場合は、EDの疑いがあります。【解説】小堀善友(獨協医科大学越谷病院泌尿器科講師)


血圧が下がり、子宮筋腫が改善した「中指ねじり」のやり方

血圧が下がり、子宮筋腫が改善した「中指ねじり」のやり方

基本的なやり方として中指のもみ方を紹介します。体の軸になる中指だけでもしっかりもむと、体調面、心理面がガラリと変わると思います。時間のある人は、中指と同様にすべての指をもむとさらに効果的です。行うときは、全身のヨガと同様に呼吸がたいせつです。【解説】宮本よしか(龍村式指ヨガマスターインストラクター・看護師)


【肩こりの原因】は“手首”のねじれにあり!コリも首痛も改善するストレッチとは

【肩こりの原因】は“手首”のねじれにあり!コリも首痛も改善するストレッチとは

私の整体院では、患者さんが来院されたとき、初めに、手首の状態を見ます。それは、肩こり、腰痛、頭痛、背部痛、五十肩などの体のいろいろな痛みや不具合に、手首の骨のずれが関係している場合が多いからです。その際、私が患者さんに勧めているのが、「手首ストレッチ」です。【解説】中村守(『よくなる整体院』グループ代表)


最新の投稿


【子どものアレルギー】善玉菌を増やす「発酵キャベツ」で腸内環境を整えるのがお勧め 自閉症改善にも

【子どものアレルギー】善玉菌を増やす「発酵キャベツ」で腸内環境を整えるのがお勧め 自閉症改善にも

キャベツは、食物繊維がとても豊富で、ふだんの食生活で不足しがちな食物繊維を補うことができる食材です。これを発酵させることで、乳酸菌たっぷりになり、その乳酸菌が腸の中で善玉菌を増やしてくれるため、便秘をはじめとする腸の不調を改善してくれるのです。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授・医学博士)


【自律神経を整える】セロトニン分泌を促し手軽に免疫力がアップする「ハワイの朝日呼吸」の効果

【自律神経を整える】セロトニン分泌を促し手軽に免疫力がアップする「ハワイの朝日呼吸」の効果

自然に触れると、自然の波長と人体の波長が心地よく混ざり合います。これは人体にヒーリング効果を生むと言われています。ハワイをイメージしながら行う「ハワイの朝日呼吸」でも、それに近い効果が得られると思います。【解説】川嶋朗(東京有明医療大学保健医療学部教授・医師)


【二重あご】若返りホルモンが分泌!顔の歪みも取る「舌回し」 の効果

【二重あご】若返りホルモンが分泌!顔の歪みも取る「舌回し」 の効果

「年を取るにつれ、ほおやあごがたるんで二重あごになってきた」そう感じている人は多いのではないでしょうか。実は、簡単な方法で、たるみや二重あごを撃退し、若いころのようなシャープなフェイスラインに戻せるのです。その方法とは、私の推奨する「舌回し」です。【解説】小出馨(日本歯科大学新潟生命歯学部歯科補綴学第一講座主任教授)


【口呼吸・イビキが改善】美容と健康維持に役立つ「舌回し」15の効果

【口呼吸・イビキが改善】美容と健康維持に役立つ「舌回し」15の効果

私が推奨している「舌回し」は、顔のたるみや二重あご、シミ、シワ、ほうれい線といった美容トラブルの改善にすぐれた効果を発揮します。ですが、舌回しの効果は美容面だけにとどまりません。全身のさまざまな不快症状も改善してくるのです。【解説】小出馨(日本歯科大学新潟生命歯学部歯科補綴学第一講座主任教授)


【整形なしで】2週間で効果!たるみが取れて顔が変わる「舌回し」のやり方

【整形なしで】2週間で効果!たるみが取れて顔が変わる「舌回し」のやり方

舌回しは、顔やのどにある表面の筋肉だけでなく、インナーマッスルを鍛えてバランスを整えます。顔のたるみやゆがみを取り、笑顔がとてもさわやかになります。 簡単ですが、効果は絶大です。【解説】小出馨(日本歯科大学新潟生命歯学部教授)