【内臓脂肪を減らす方法】食事や運動で改善 内臓脂肪が燃焼する"簡単呼吸法"はコレ

【内臓脂肪を減らす方法】食事や運動で改善 内臓脂肪が燃焼する"簡単呼吸法"はコレ

脳梗塞や心筋梗塞などの重篤な病気を招く動脈硬化は、食事や運動をはじめとした生活習慣の改善で防ぐことができます。【解説】杉岡充爾(すぎおかクリニック院長)


呼吸で筋トレと同様の効果が得られる

 脳梗塞や心筋梗塞などの重篤な病気を招く動脈硬化は、食事や運動をはじめとした生活習慣の改善で防ぐことができます。
 血管の老化を完全に止めることは不可能ですが、老化の進行を遅らせることは可能です。つまり、血管のアンチエイジングです。

 方法はいろいろありますが、年齢に関係なく、誰でも簡単にできて継続しやすいという点から、私が患者さんに勧めているのが「腹式呼吸」です。
 腹式呼吸とは、息を吐くときにおなかをへこませ、吸うときにおなかを膨らませる呼吸法のことです。
 腹式呼吸は通常の呼吸と異なり、横隔膜を大きく動かします。おなかから呼吸をすることでインナーマッスル(体の深部の筋肉)が鍛えられて、筋トレと同様の効果を得ることができるのです。

 私が患者さんに勧めている腹式呼吸は、内臓脂肪を燃焼させて、血流をよくすることを目的としています。いわば血管の若返りを目指した「血管若返り呼吸」です。
 内臓脂肪は、血管にさまざまなダメージを与えます。
 内臓脂肪が増加すると、血液中の悪玉コレステロール(LDLコレステロール)や中性脂肪が増えます。これが、血管の内壁を肥大させて内腔を狭くするプラークの原因となります。プラークとは、血管の内膜にできたコブのようなものです。

 プラークが壊れると、血液の 塊である血栓ができます。血栓が血管内を浮遊し、血管を詰まらせると、脳梗塞や心筋梗塞などの重篤な疾患につながります。
 また、血栓までいかなくとも、プラークができることで、血管は硬くなります。内臓脂肪が多いと、動脈硬化の治療を行って一時的に回復したとしても、またプラークが再発してしまいます。

 そして、一過性脳虚血発作といって、短時間で治まる脳梗塞を起こすことがあります。これは、小さな血栓が脳の動脈の血管を詰まらせて、一時的に症状が現れるものです。
 一過性とあるように、すぐに血栓がはずれて再び血液が流れるので、現れた症状も消えてしまいます。症状としては、急にろれつが回らなくなったり、手に持っていたはしを突然落としたりといったものが多く見られます。
 症状が数分から数十分で治まってしまうため、治療を受けない人が多いのですが、この一過性脳虚血発作を起こした人の15〜20%が、3ヵ月以内に脳梗塞を起こしているという報告もあります。つまり、危険因子は元から断たないとだめだということです。

プラークを取り除くホルモンを分泌させる

 そのためには、血管のプラークの原因となる過剰な内臓脂肪を減少させてプラークを取り除き、血流の改善を行う必要があります。
 そこで重要になってくるのが、「アディポネクチン」というホルモンの分泌です。
 アディポネクチンには、傷ついた血管を修復したり、プラークを抑制する働きがあることがわかっています。
 さらに、アディポネクチンには、インスリンの働きをよくして、糖尿病を防ぐ働きもあります。
 実は、このアディポネクチンを分泌するのは、内臓脂肪の中にある脂肪細胞です。
 脂肪細胞とは、脂肪の分解や合成を行う細胞のことです。その一つ一つの脂肪細胞が、適正なサイズで正しく活動することで、アディポネクチンが分泌されます。
 しかし、内臓脂肪が増え過ぎると、アディポネクチンの分泌は逆に低下してしまいます。アディポネクチンを分泌するために適度な内臓脂肪は必要ですが、過剰な内臓脂肪は不要どころか、あっては困るものなのです。
 血管の若返り呼吸では、余分な内臓脂肪を燃焼させ、脂肪細胞を小さく細かくします。その結果、アディポネクチンの分泌が促されて血管が修復されると考えられます。
 過剰な内臓脂肪が減少しますから、動脈硬化や高血圧、高脂血症の改善と予防につながり、ひいては脳梗塞や心筋梗塞などを防ぐことができます。

高血圧や高血糖の人は細くても内臓脂肪が多い

 誤解されやすいのですが、内臓脂肪が多いのは、肥満の人ばかりではありません。
 一見細く見えても、高血圧や高血糖の人は内臓脂肪を過剰に蓄えていがちです。また、加齢による血管の老化は誰にでも起こっていますので、自覚症状がない人でも、普段から血管のアンチエイジングを心掛けることが大切です。
 3種類の呼吸法をそれぞれ5セット行うのが理想的なのですが、続かなくては意味がありません。
 回数を減らしても構わないので、毎日の習慣にすることをお勧めします。継続してこそ、血管のアンチエイジング効果が得られるでしょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


集中力を高め学習能力がアップする「15秒丹田呼吸」は自己治癒力も高める

集中力を高め学習能力がアップする「15秒丹田呼吸」は自己治癒力も高める

15秒丹田呼吸は呼吸ですから、体に悪いということはまずありません。時と場所を選ばず、お金もまったくかかりません。誰にでも手軽にできて効果の高い健康法ですので、ぜひ皆さんも試してください。【解説】川嶋朗(東京有明医療大学保健医療学部教授・医師)


【耳鳴り・耳閉感が改善】5分で効果が出た「ハチの羽音呼吸法」とは リラックス効果も

【耳鳴り・耳閉感が改善】5分で効果が出た「ハチの羽音呼吸法」とは リラックス効果も

私は、患者さんが耳鳴りを訴えて来院した初診時には、お話をうかがいながら、姿勢や表情、呼吸などをじっと観察するようにしています。このような観察をくり返すうち、ある共通する現象に気付きました。それは呼吸です。【解説】石井正則(JCHO東京新宿メディカルセンター耳鼻咽喉科診療部長)


【オクラ水とは】作り方と効果 血圧や血糖値、便秘解消に 動脈硬化も改善

【オクラ水とは】作り方と効果 血圧や血糖値、便秘解消に 動脈硬化も改善

「オクラ水」とは、オクラを一晩漬けた水を飲む健康法です。これを飲み続けて、糖尿病や高血圧が改善したり、血管の詰まりが取れたりするなど、数々の奇跡が起こっています。血流が悪くなりがちな人にぴったり。オクラ水の効果をご紹介します。【レポート】『壮快』編集部


血糖値が下がった!「しょうが緑茶」で血管年齢が20歳若返り髪と肌もツヤツヤ

血糖値が下がった!「しょうが緑茶」で血管年齢が20歳若返り髪と肌もツヤツヤ

血管年齢を測定してもらったのですが、私は「65歳」で実年齢プラス15歳でした。これにはショックを受けました。実は、健康には自信がなく、健康診断の検査結果も不安でした。その不安は的中し、空腹時血糖値が129mg/dlと高かったのです。【体験談】高村美佐子(仮名・主婦・50歳)


【高血圧・糖尿病】生活習慣病を撃退する「ショウガ緑茶」の基本の作り方

【高血圧・糖尿病】生活習慣病を撃退する「ショウガ緑茶」の基本の作り方

ショウガ緑茶は、緑茶とすりおろしたショウガを混ぜるだけで作れます。ショウガと緑茶の風味と香りが味わえて、健康効果の高い作り方を紹介します。【解説】平柳要(医学博士、食品医学研究所所長)


最新の投稿


【眼瞼下垂】見た目の老化に加え不眠・頭痛の原因 手術と自分でできる予防法

【眼瞼下垂】見た目の老化に加え不眠・頭痛の原因 手術と自分でできる予防法

眼瞼下垂とは、まぶたの機能に障害が生じて、まぶたが開きづらくなっているものをいいます。まぶたが下がってくると、上眼瞼挙筋を強く収縮させて物を見ようとするため、目の上奥が痛くなる群発頭痛や眼精疲労が起こります。【解説】松尾清(松尾形成外科・眼瞼クリニック院長、信州大学医学部特任教授・名誉教授)


【自律神経を整える】ヒプノセラピー(催眠療法)とは?潜在意識と繋がって免疫力を高める

【自律神経を整える】ヒプノセラピー(催眠療法)とは?潜在意識と繋がって免疫力を高める

私は診療でヒプノセラピー(催眠療法)を用いています。催眠を特別な状態と感じられるかもしれませんが、誰でも1日に十数回は催眠状態を体験しています。起床時や就寝前の意識がぼんやりしているとき、瞑想やヨガなどをして心静かにしているときは、実は催眠状態にあります。【解説】萩原優(イーハトーヴクリニック院長)


【高血圧】手のツボ「合谷」を押すだけで、なぜ血圧が20~30ミリ下がるのか?

【高血圧】手のツボ「合谷」を押すだけで、なぜ血圧が20~30ミリ下がるのか?

高血圧は、自覚症状がほとんどありません。しかし放っておけばやがて動脈硬化を起こし、脳卒中や心筋梗塞といった重大な合併症の引き金になりかねない。まさに、”見えない敵”なのです。そんな〝見えない敵〟とは、どのように戦ったらいいのでしょうか。【解説】渡辺尚彦(東京女子医科大学医学部教授(東医療センター内科))


【不眠症】原因はブルーライトによる眼精疲労?目も「枕」で休めるとぐっすり眠れる

【不眠症】原因はブルーライトによる眼精疲労?目も「枕」で休めるとぐっすり眠れる

最近、疲れ目やかすみ目といった目の症状と同時に、不眠を訴える人がいます。よく「眼精疲労」という言葉を耳にしませんか?眼精疲労とは、目を使うことによって体にさまざまな悪影響が出現し、休んでもそれが解消できない状態のことをいいます。【解説】松本拓也(松本眼科院長)


【慢性疲労・ストレス】原因はパソコンによる指の疲れ 血流改善効果のある「指そらし」でセルフケア

【慢性疲労・ストレス】原因はパソコンによる指の疲れ 血流改善効果のある「指そらし」でセルフケア

指には、交感神経の線維が集中しています。ストレスや緊張を感じたときは、交感神経が優位になって、指に張り巡らされた血管がギュッと締まります。指そらしは、座ったままできるので、運動が苦手な人でも手軽に取り組むことができます。1日に何回やってもかまいません。【解説】富永喜代(富永ペインクリニック院長)