【過活動膀胱Q&A】どんな検査?何科に行く?市販薬は?聞きにくい質問にズバリ回答!

【過活動膀胱Q&A】どんな検査?何科に行く?市販薬は?聞きにくい質問にズバリ回答!

頻尿や尿もれといった、尿トラブルに気付いたとき、不安とともに、さまざまな疑問がわいてくるでしょう。聞きにくい素朴な疑問を、専門家に答えていただきました。【回答】楠山弘之(永弘クリニック院長) イラスト/古谷充子


【Q】頻尿や尿もれは何科で受診できますか?

【A】尿失禁外来がある医療機関が確実です。

 泌尿器科が専門ですが、産婦人科でも尿失禁治療を行っている場合があります。ただ、泌尿器科と産婦人科であれば、どこでも尿失禁治療をしているわけではないので、注意が必要です。結論としては「尿失禁外来」がある医療機関を選べば確実です。事前に電話などで、尿失禁外来があるかどうか確かめるとよいでしょう。

【Q】受診すると、どんな検査がありますか?

【A】問診や触診、超音波検査や尿検査があります。

 まず、尿失禁が起こる状況や、トイレの回数などについて、あらかじめ記入してもらった問診票を基に、医師との問診があります。
 その次に、診察です。泌尿器科では内臓の状態を診るため、おなかと下腹部を触診するのが一般的です。産婦人科では、尿道の出口や膣、外陰部を診る、いわゆる内診を行うことも多いです。

 次は検査です。私の診療所では、膀胱や腎臓の状態を調べるために腹部の超音波検査を行います。そのあと、尿検査を行いますが、この検査は医療機関によってやり方がさまざまです。トイレに入って自分で採尿する場合もありますし、尿道に管を差し込んで取る場合もあります。後者でも痛みはさほどありませんが、抵抗がある場合は医療機関に事前に問い合わせるとよいでしょう。私は、その後に、再度超音波検査をして膀胱に尿が残っているかどうか見ます。

 場合によっては、その後血液検査と、外尿道口の検査を行うことがあります。
 検査は簡単なので、気楽に受けてください。

【Q】泌尿器科の先生は男性が多いと聞いたのですが……。あと、待合室でほかの人と同席するのがちょっと恥ずかしいです。

【A】顔を見ただけで病名はわからないのでご心配なく。

 確かに、泌尿器科は男性医師が多いです。でも、最近は女性医師も増えています。受診する前に、事前に問い合わせるとよいでしょう。
 また、泌尿器科の待合室には、膀胱炎の人もいれば、尿路結石の人もいます。顔を見ただけでは病気まで分からないので安心してください。

【Q】排尿日誌をつけるといいと聞いたのですが、どういうものですか?

【A】1日の排尿回数や時間、量を記録するもので、自分の尿トラブルのタイプを知るのに有効です。

 尿もれの特徴を確かめるために、何時ごろ、どれくらいの尿量があったか、どんな状況で尿もれがあったか記録するものです。これにより、自分が頻尿なのか、どのタイプの尿もれなのかといったことが確かめられますし、医療機関を受診する際に持参すれば症状がよく伝わります。

 日誌を始めるには医療機関を受診したり、決まったひな形を使ったりする必要はありません。右にあるように、トイレに行った時刻と尿の量、排尿時や尿失禁の状況が記録できればよいのです。自分でマス目を書いて日誌にしても構いません。尿量を測るには、10㎖単位の目盛がついたカップが便利です。
 長い期間記録する必要はなく、3日分でよいでしょう。連続でなくて結構です。大切なのは尿の回数と丸1日の尿量なので、24時間チェックできる日に行うようにします。排尿日誌を基に、おおまかな判断できますが、正確な診断は医療機関で行う必要があります。

【Q】過活動膀胱などの尿もれで処方されるのは、どんな薬ですか?薬局で買えますか?

【A】処方されるのは、抗コリン剤やβ3受容体刺激薬などです。薬局で買えるものもあります。

 ウェットタイプの過活動膀胱の治療でよく使われるのが、抗コリン剤やβ3受容体刺激薬と呼ばれる種類の薬です。このタイプの尿失禁は膀胱の筋肉が強く縮んで尿意が起こりますが、これらの使用により膀胱の筋肉の緊張がゆるんで症状が緩和します。

 腹圧性尿失禁に対しては、骨盤底筋体操が第一です。体操も手術も効果のない患者さんには、骨盤底筋を強く締める作用のあるスピロペントという内服薬が健康保険で認められた唯一のものですが、この薬は補助的な役割です。

 ほかに、健康保険で認められた医科向けの漢方薬を用いることもあります。
 どうしても医療機関に行けないときは、過活動膀胱には当帰芍薬散、加味逍遥散、八味地黄丸、ハルンケア、ユリナール、レディガードなどの市販薬、腹圧性尿失禁には葛根湯や補中益気湯などの市販薬があります。

【Q】体操や手術以外の治療法を教えてください。

【A】干渉低周波や磁気を使った機械による治療があります。

 骨盤底筋体操は、尿失禁の改善にはかなり有効です。しかし、どうしても続けられない人には、干渉低周波による治療があります。マッサージ用の低周波治療器に似た器具で、電気刺激により骨盤底筋を鍛えます。保険診療ができ、週に2回の治療を3週間、後は2週間に1回の治療を2ヵ月ほど続けると骨盤底筋体操とほぼ同じ効果が期待できます。
 また、磁気を出す機械で骨盤底筋を刺激する治療もあり、こちらも保険適用です。ただし、これらの治療を行っている医療機関は多くないので、事前に問い合わせてください。

これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに掲載しています。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

これらの記事にある情報は、効能や効果を保証するものではありません。専門家による監修のもと、安全性には十分に配慮していますが、万が一体調に合わないと感じた場合は、すぐに中止してください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【医師解説】夜間頻尿を自分で治す 寝る前の「ふくらはぎマッサージ」で改善

【医師解説】夜間頻尿を自分で治す 寝る前の「ふくらはぎマッサージ」で改善

夜間頻尿とは、夜の睡眠中に1回以上、排尿のために起きる症状です。夜間頻尿の原因は「足のむくみ」にあるケースが多いのです。夜間頻尿に悩んでいる人に、お勧めの方法があります。それは、夕食後のくつろいだ時間帯に、ふくらはぎをマッサージすることです。【解説】石井泰憲(石井クリニック院長)


 【医師解説】夜間頻尿の対策に お尻を温める「仙骨カイロ」がよく効く

【医師解説】夜間頻尿の対策に お尻を温める「仙骨カイロ」がよく効く

冷えや低体温の高齢者の患者さんに、私はお尻を温めることをお勧めしています。「夜間頻尿が解消」「腰痛が改善」「便秘が改善」などといった声が聞かれます。お尻を温める対策だけで、なぜこんなに幅広い効果が得られるのでしょうか。やり方を紹介しましょう。【解説】上田ゆき子(日本大学医学部附属板橋病院東洋医学科外来医長)


【女性の尿トラブル】原因は骨盤のゆがみ?「仙骨カイロ」で排尿障害を改善

【女性の尿トラブル】原因は骨盤のゆがみ?「仙骨カイロ」で排尿障害を改善

私は、女性専門の出張整体をしていますが、年齢を問わず多いのが、尿のトラブルです。その原因の一つに、骨盤のゆがみがあります。【解説】山本あやの(出張整体「ゆくり」代表・整体師)


【前立腺肥大の最新治療】TURP手術は日帰り可能、薬による治療でも改善する

【前立腺肥大の最新治療】TURP手術は日帰り可能、薬による治療でも改善する

前立腺肥大症は、男性の高齢者はほぼ全員がかかる、といわれるほど有病率が高い病気です。尿の出が悪い、トイレの回数が増えたなどの不快症状がくり返されたら、専門医に相談しましょう。問診、検査、薬物療法、手術療法と、回復までの流れをご説明しましょう。【解説】古堅進亮(新都心クリニック東京前立腺センター院長)


【医師解説】夜間頻尿・尿漏れの改善には、昼間に弾性ストッキングをはくこと―心臓病も予防できる

【医師解説】夜間頻尿・尿漏れの改善には、昼間に弾性ストッキングをはくこと―心臓病も予防できる

夜間頻尿の患者さんへのセルフケアとして、日中に着用する「弾性ストッキング」を勧めています。女性だけでなく、男性にもおすすめです。2週間もすると、多くの患者さんが、足のむくみが改善され、足が軽くなり、夜間の尿量も減少。体調がよくなり、手放せなくなるようです。【解説】曽根淳史(宮津康生会宮津武田病院院長)


最新の投稿


股関節の“今ここにある”痛み ― その場で消失する刺激点はココ!

股関節の“今ここにある”痛み ― その場で消失する刺激点はココ!

左右のバランスの崩れは、腰、股関節、ひざなど、さまざまな関節に痛みを引き起こします。そうはいっても、一朝一夕には、足の不自然な動きを矯正することはできません。「今ここにある痛み」をどうにかしたい…!そんな時に痛みを和らげる「足の甲刺激」のやり方をご説明いたします。【解説】石橋輝美(大津接骨院院長)


酢ショウガのおかげで喘息の息苦しさが緩和され、高いコレステロール値も低下

酢ショウガのおかげで喘息の息苦しさが緩和され、高いコレステロール値も低下

私はもともと呼吸器系が弱く、60歳過ぎには、カゼをこじらせてぜんそくになりました。ぜんそくで入院したのは3回。平成23年以降は落ち着きましたが、それでも無理をしたり、疲れがたまったりすると、息苦しさを感じていました。【体験談】主婦・75歳 松本恵美子(仮名)


仕事を辞めなくては…と思うほどのひじや肩の痛みが「酢ショウガ」の常食で消えた

仕事を辞めなくては…と思うほどのひじや肩の痛みが「酢ショウガ」の常食で消えた

特につらかったのは、ひじです。湿布をはってしのいでいましたが、いよいよ耐えられなくなってきました。「仕事を辞めなければならないか」と悩んでいた今年の春頃、書店で「酢ショウガ」の本を見つけました。【解説】清掃業・65歳 羽柴幸子


原因不明の足のしびれが改善 「酢ショウガ」健康法でひざの痛みも解消

原因不明の足のしびれが改善 「酢ショウガ」健康法でひざの痛みも解消

ズンズンとした足のしびれに悩まされるようになったのは、2~3年前のことです。しびれは特に夜にひどくなり、体に響いて、よく眠れません。特に思い当たる原因もなく、困っていました。【体験談】主婦・68歳 村上れい子


【酢ショウガの作り方】私も10kgやせた冷え取り調味料 血管も骨も強くなる!

【酢ショウガの作り方】私も10kgやせた冷え取り調味料 血管も骨も強くなる!

体が冷えると血管が収縮し、全身の血流が悪くなります。その結果、内臓の働きが衰え、便秘、肌荒れ、頭痛、肩こりなどの不調や、高血圧、糖尿病などの病気を招きます。この、冷え→血流障害→冷えの悪化、という悪循環は、老化に拍車をかけることをご存じでしょうか。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


ランキング


>>総合人気ランキング