【医師監修】頻尿は「寝る2時間前の入浴」と「ふくらはぎマッサージ」で改善

【医師監修】頻尿は「寝る2時間前の入浴」と「ふくらはぎマッサージ」で改善

夜間頻尿の解消について。ここでは、具体的な方法をご紹介しましょう。【解説】関口由紀(女性医療クリニックLUNAグループ理事長・LUNA骨盤底トータルサポートクリニック院長)


加圧ストッキングや食後のゴロ寝

夕食後、 少し横になるとよい

 夜間頻尿の解消には、
・日中の足のむくみの予防
・就寝前の足のむくみの解消
 が大切だ、と前項で解説しました。
 ここでは、具体的な方法をご紹介しましょう。

【日中から夕方に行う対策】

●加圧ストッキングをはく
 ひざ下からふくらはぎの部位を適度に締めつけると、静脈の血液の流れがよくなり、足のむくみが改善されます。そのためには、日中に、加圧作用や弾性作用のあるストッキングやハイソックスをはくといいでしょう。

●水分と塩分を取り過ぎない
 水分と塩分の取り過ぎは、むくみと多尿の原因になります。汗をかきやすい夏場に飲む水の量は2ℓまで、冬場はその半分の1ℓまでを目安にしてください(食べ物で取る水分は別)。
 塩分を取り過ぎると体の中のナトリウムが過剰になって、そのバランスを取るために余計に水を取りたくなります。塩辛いものを多量に取ると、当然のども渇くでしょう。水分の取り過ぎを控えるためにも、塩分を控えることを徹底してください。

●昼食や夕食の後にゴロ寝
 昔は「食後、横になると太る」といわれましたが、昼食や夕食後の30分~1時間程度のゴロ寝は、足のむくみの解消に有効です。足元に座布団やクッションを置き、少し足を高くして寝るようにすると、むくみを取る効果がさらに上がります。

●漢方薬を活用する
 むくみや夜間頻尿の解消になる漢方薬の活用も有効です。むくみと夜間頻尿全般には、八味地黄丸、足が冷えてむくんでいる人は牛車腎気丸、ほてり気味でむくんでいる人は六味丸がお勧めです。お近くの漢方薬局でお尋ねください。

ふくらはぎマッサージや就寝2〜3時間前のお風呂

寝酒を飲まないこと

朝よりも 夕方ウオーキング

【夕方から就寝前に行う対策】
●夕方にウオーキング
 歩くことでふくらはぎを中心に足が刺激されると、心臓に戻る血液の流れがよくなり、就寝前までにむくみが解消されやすくなります。
 夜間頻尿の対策でウオーキングを始める場合は、朝よりも、1日で足のむくみを最も自覚しやすい夕方が適しています。適度に疲れ、眠りを誘う運動効果も期待できます。

●寝る前のふくらはぎもみ
 ふくらはぎは、心臓に血液を戻す、ポンプの役目をする場所です。
 ここをもんだりさすったりして柔らかくすると、血流が促され、むくみが軽減されます。ふくらはぎをマッサージする時間帯は、夕方以降から夜にかけてが最適です。
 滞った血液を心臓に戻すつもりで、足首からひざ裏に向かって、気持ちよいと感じる強さでもんでください。
 就寝前にふくらはぎをほぐし、先に尿として出してしまうことで、夜間多尿が防げるでしょう。

●寝る2〜3時間前の入浴
 入浴も飲酒も、血流をよくしますが、就寝直前の入浴や飲酒は、入眠に必要な自律神経の副交感神経の働きを阻害します。
 また、湯上がり直後は、循環がよくなり、下半身にたまった水分が尿として出やすくなり、夜間の多尿につながります。
 夜間頻尿で悩んでいる人は、入浴も飲酒も、就寝の2~3時間前までに済ますといいでしょう。

●夜間頻尿を防ぐ睡眠術
 夜間頻尿の予防法として、睡眠の質を高める工夫も大切です。
 目に強い光が入ると脳が覚醒しやすくなります。就寝前にパソコンやスマホなどの操作をしない、覚醒作用のあるカフェインやアルコールの入りの飲み物を飲まないように気をつけましょう。
 冬に向かい、気温が低下するこれからの季節は、特に足がむくみやすくなります。続けられそうな改善法から始めてみてはいかがでしょうか。

これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに掲載しています。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

これらの記事にある情報は、効能や効果を保証するものではありません。専門家による監修のもと、安全性には十分に配慮していますが、万が一体調に合わないと感じた場合は、すぐに中止してください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【医師解説】夜間頻尿を自分で治す 寝る前の「ふくらはぎマッサージ」で改善

【医師解説】夜間頻尿を自分で治す 寝る前の「ふくらはぎマッサージ」で改善

夜間頻尿とは、夜の睡眠中に1回以上、排尿のために起きる症状です。夜間頻尿の原因は「足のむくみ」にあるケースが多いのです。夜間頻尿に悩んでいる人に、お勧めの方法があります。それは、夕食後のくつろいだ時間帯に、ふくらはぎをマッサージすることです。【解説】石井泰憲(石井クリニック院長)


 【医師解説】夜間頻尿の対策に お尻を温める「仙骨カイロ」がよく効く

【医師解説】夜間頻尿の対策に お尻を温める「仙骨カイロ」がよく効く

冷えや低体温の高齢者の患者さんに、私はお尻を温めることをお勧めしています。「夜間頻尿が解消」「腰痛が改善」「便秘が改善」などといった声が聞かれます。お尻を温める対策だけで、なぜこんなに幅広い効果が得られるのでしょうか。やり方を紹介しましょう。【解説】上田ゆき子(日本大学医学部附属板橋病院東洋医学科外来医長)


【女性の尿トラブル】原因は骨盤のゆがみ?「仙骨カイロ」で排尿障害を改善

【女性の尿トラブル】原因は骨盤のゆがみ?「仙骨カイロ」で排尿障害を改善

私は、女性専門の出張整体をしていますが、年齢を問わず多いのが、尿のトラブルです。その原因の一つに、骨盤のゆがみがあります。【解説】山本あやの(出張整体「ゆくり」代表・整体師)


【自分で治せる】下肢静脈瘤のだるさやむくみが改善する「つま先立ち体操」

【自分で治せる】下肢静脈瘤のだるさやむくみが改善する「つま先立ち体操」

加齢とともに増える足の血管の病気に、下肢静脈瘤があります。文字どおり、足の静脈がコブ(瘤)のように膨らむ病気です。静脈瘤は、ひざや太ももの裏、内側、ふくらはぎなどにできやすく、血管がボコボコ膨らんだり、ヘビのようにうねった状態になります。【解説】広川雅之(お茶の水血管外科クリニック院長)


【前立腺肥大の最新治療】TURP手術は日帰り可能、薬による治療でも改善する

【前立腺肥大の最新治療】TURP手術は日帰り可能、薬による治療でも改善する

前立腺肥大症は、男性の高齢者はほぼ全員がかかる、といわれるほど有病率が高い病気です。尿の出が悪い、トイレの回数が増えたなどの不快症状がくり返されたら、専門医に相談しましょう。問診、検査、薬物療法、手術療法と、回復までの流れをご説明しましょう。【解説】古堅進亮(新都心クリニック東京前立腺センター院長)


最新の投稿


股関節の“今ここにある”痛み ― その場で消失する刺激点はココ!

股関節の“今ここにある”痛み ― その場で消失する刺激点はココ!

左右のバランスの崩れは、腰、股関節、ひざなど、さまざまな関節に痛みを引き起こします。そうはいっても、一朝一夕には、足の不自然な動きを矯正することはできません。「今ここにある痛み」をどうにかしたい…!そんな時に痛みを和らげる「足の甲刺激」のやり方をご説明いたします。【解説】石橋輝美(大津接骨院院長)


酢ショウガのおかげで喘息の息苦しさが緩和され、高いコレステロール値も低下

酢ショウガのおかげで喘息の息苦しさが緩和され、高いコレステロール値も低下

私はもともと呼吸器系が弱く、60歳過ぎには、カゼをこじらせてぜんそくになりました。ぜんそくで入院したのは3回。平成23年以降は落ち着きましたが、それでも無理をしたり、疲れがたまったりすると、息苦しさを感じていました。【体験談】主婦・75歳 松本恵美子(仮名)


仕事を辞めなくては…と思うほどのひじや肩の痛みが「酢ショウガ」の常食で消えた

仕事を辞めなくては…と思うほどのひじや肩の痛みが「酢ショウガ」の常食で消えた

特につらかったのは、ひじです。湿布をはってしのいでいましたが、いよいよ耐えられなくなってきました。「仕事を辞めなければならないか」と悩んでいた今年の春頃、書店で「酢ショウガ」の本を見つけました。【解説】清掃業・65歳 羽柴幸子


原因不明の足のしびれが改善 「酢ショウガ」健康法でひざの痛みも解消

原因不明の足のしびれが改善 「酢ショウガ」健康法でひざの痛みも解消

ズンズンとした足のしびれに悩まされるようになったのは、2~3年前のことです。しびれは特に夜にひどくなり、体に響いて、よく眠れません。特に思い当たる原因もなく、困っていました。【体験談】主婦・68歳 村上れい子


【酢ショウガの作り方】私も10kgやせた冷え取り調味料 血管も骨も強くなる!

【酢ショウガの作り方】私も10kgやせた冷え取り調味料 血管も骨も強くなる!

体が冷えると血管が収縮し、全身の血流が悪くなります。その結果、内臓の働きが衰え、便秘、肌荒れ、頭痛、肩こりなどの不調や、高血圧、糖尿病などの病気を招きます。この、冷え→血流障害→冷えの悪化、という悪循環は、老化に拍車をかけることをご存じでしょうか。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


ランキング


>>総合人気ランキング