寝る前20分「足を上げる」だけで 隠れ心不全が予防できる

寝る前20分「足を上げる」だけで 隠れ心不全が予防できる

海外の研究機関が高齢者を対象に行ったアンケートでは、高齢者が日ごろ「つらい」と感じている症状のトップが夜間頻尿という結果が出ています。【解説】菅谷公男(北上中央病院副院長・サザンナイトラボラトリーLLP代表)


意外と多い 「水の飲み過ぎ」

 夜、排尿のために何度も目が覚めてしまい、それがくり返される。睡眠の質だけでなく、日中の生活の質まで落としている状態が「夜間頻尿」です。
 海外の研究機関が高齢者を対象に行ったアンケートでも、高齢者が日ごろ「つらい」と感じている症状のトップが夜間頻尿という結果が出ています。

 やっかいなのは、夜間頻尿が病気の原因になることがある、ということです。
 夜間頻尿のある人は、心筋梗塞や脳梗塞(心臓や脳の血管が詰まって起こる病気)などの血管疾患を発生しやすく、生存率も低くなることがスウェーデンの研究機関の調査で確認されています。泌尿器科の医師としての経験でも、確かに、夜間頻尿の患者さんに血管の疾患を抱えている人が多いと感じます。

 そんな私が、夜間頻尿に悩む患者さんにまずアドバイスするのが、「水の飲み過ぎに注意すること」です。
 一見、単純なことですが、これだけで夜間頻尿が改善することは珍しくありません。
 とりわけ、高齢者の夜間頻尿は、水の飲み過ぎによるものが意外と多いのです。
 そもそも、年を取ると唾液の分泌が低下して、のどが渇きやすくなり、それに伴い脱水症状を怖れる傾向が強くなります。その結果、高齢者ほど水を飲み過ぎてしまうわけです。
 なかには、脳梗塞の予防になるからと、水をたっぷり飲んでから寝ることを習慣にしている人もいるようです。これについては科学的な根拠はなく、夜間頻尿の原因になるだけだと思われます。

 水の飲み過ぎの次に、夜間頻尿の原因として挙げられるのは、年齢とともに血管から血液中の水分がもれやすくなって起こる、「むくみ」です。むくみがあると、体内の水分量の増加を招くため、夜間の尿の量も増え、目が覚めてしまうのです。
 心臓病や高血圧なども夜間頻尿の原因となることが知られています。
 心不全になると、心臓の負担を少しでも減らすために、BNP(脳性ナトリウム利尿ペプチド)という、排尿を促進するホルモンが分泌されます。
 高血圧の人が早朝や夜間に血圧が上がると、カテコラミンという神経伝達物質の分泌量が上昇しますが、この物質も尿意を促進する物質なのです。こうした理由で、心臓病や高血圧の人の多くが夜間頻尿に悩まされることになるわけです。

就寝前に20~30分、足を心臓より高く上げればよい

「トイレの 回数が減った!」

 夜間頻尿の改善策として、お勧めしたいのが、就寝前の「足上げ」です。
 実際に、夜間頻尿の患者さんには足上げを自宅でやるよう勧めていますが、これまでに複数の患者さんに「トイレに起きる回数が減った」といった成果が上がっています。

 足上げのやり方は、いたって簡単です。
 就寝の1時間前に数十分間、心臓より足を高く上げればいいのです。枕、イス、クッションなどを利用してください。ここでは、イスを使った足上げのやり方をご紹介しましょう。

 まず、座面が低めのイスを用意してください。
 あお向けになり、両足を座面に乗せます。腰は床にぴったりつけて、両手は自然な位置に置きます。両足は、ひざ下からふくらはぎの部分を乗せましょう。腰や足に苦痛のない範囲で、足を上げることが大切です。就寝の1時間前に20~30分程度を目安に足を上げましょう。テレビを見ながらでもOK。リラックスしてやってください。

 就寝前にこの姿勢を取ることで、足にたまった水分が、寝る前に尿として排せつされ、むくみも解消されていきます。
 足上げで、心臓や血管のポンプ機能も調整されるので、心不全や高血圧の予防効果も期待できます。とりわけ、自覚症状のない「隠れ心不全」の予防には効果的です。

菅谷公男
 1981年、筑波大学医学専門学群卒業。筑波大学附属病院、秋田大学医学部、旭川医科大学、ピッツバーグ大学医学部客員助教授、琉球大学医学部准教授を経て、2009年より現職。尿の出の悪さ、頻尿や尿もれ、膀胱の痛みといった排尿障害の治療が専門。テレビ『ためしてガッテン』(NHK総合)などで活躍中。

これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに掲載しています。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

これらの記事にある情報は、効能や効果を保証するものではありません。専門家による監修のもと、安全性には十分に配慮していますが、万が一体調に合わないと感じた場合は、すぐに中止してください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


血圧が下がり26kg やせた!減量のスペシャリストに教わったダイエット法

血圧が下がり26kg やせた!減量のスペシャリストに教わったダイエット法

開業医でありながら、身長が183㎝で、体重が120㎏もあった私は、すし屋で「うちのジムに来ませんか」とボクシングジムの井岡弘樹会長に声をかけられたのです。私のダイエットメニューは、ジム通いと会長に教えていただいたコマツナジュースを朝食に取り入れることでした。【解説】大森孝平(大森クリニック院長)


【医師解説】首の後ろを温めると、糖尿病、高血圧、顎関節症の改善に効果あり

【医師解説】首の後ろを温めると、糖尿病、高血圧、顎関節症の改善に効果あり

高血圧や糖尿病などの生活習慣病をはじめ、体に起こるさまざまな不調の原因は、脳幹と呼ばれる部位の機能低下にあると私は考えています。【解説】沼田光生(海風診療所院長)


【降圧レシピ・ベスト4】お酢の血圧を下げる効果を促進する「飲み方」と「食べ方」

【降圧レシピ・ベスト4】お酢の血圧を下げる効果を促進する「飲み方」と「食べ方」

お酢の健康効果として代表的なのが、高めの血圧を下げる降圧作用です。今回は、お酢を毎日の食生活に取り入れやすくする、四つの方法をご紹介します。【解説】小泉幸道(東京農業大学応用生物科学部醸造科学科教授)、岡田研吉(銀座・研医会診療所漢方科)、村上祥子(料理研究家・管理栄養士)


突発性難聴による耳鳴りが改善し、飛蚊症も解消した秘密は「指の○を叩く」こと

突発性難聴による耳鳴りが改善し、飛蚊症も解消した秘密は「指の○を叩く」こと

全身の気や血液の流れがよくなり、耳鳴りや飛蚊症が改善する「指の股たたき」をご紹介します。【解説】留目昌明(和楽堂治療院院長)


【首の後ろ】を押すと、さまざまな病気や症状が改善する不思議

【首の後ろ】を押すと、さまざまな病気や症状が改善する不思議

「ピンポイント療法」には、第1頸椎と第2頸椎の二つのポイントを押す方法があります。ここでは、それぞれの押すポイントの見つけ方と、ピンポイント療法のやり方を説明しましょう。【解説】松久 正(鎌倉ドクタードルフィン診療所院長)


最新の投稿


股関節の“今ここにある”痛み ― その場で消失する刺激点はココ!

股関節の“今ここにある”痛み ― その場で消失する刺激点はココ!

左右のバランスの崩れは、腰、股関節、ひざなど、さまざまな関節に痛みを引き起こします。そうはいっても、一朝一夕には、足の不自然な動きを矯正することはできません。「今ここにある痛み」をどうにかしたい…!そんな時に痛みを和らげる「足の甲刺激」のやり方をご説明いたします。【解説】石橋輝美(大津接骨院院長)


酢ショウガのおかげで喘息の息苦しさが緩和され、高いコレステロール値も低下

酢ショウガのおかげで喘息の息苦しさが緩和され、高いコレステロール値も低下

私はもともと呼吸器系が弱く、60歳過ぎには、カゼをこじらせてぜんそくになりました。ぜんそくで入院したのは3回。平成23年以降は落ち着きましたが、それでも無理をしたり、疲れがたまったりすると、息苦しさを感じていました。【体験談】主婦・75歳 松本恵美子(仮名)


仕事を辞めなくては…と思うほどのひじや肩の痛みが「酢ショウガ」の常食で消えた

仕事を辞めなくては…と思うほどのひじや肩の痛みが「酢ショウガ」の常食で消えた

特につらかったのは、ひじです。湿布をはってしのいでいましたが、いよいよ耐えられなくなってきました。「仕事を辞めなければならないか」と悩んでいた今年の春頃、書店で「酢ショウガ」の本を見つけました。【解説】清掃業・65歳 羽柴幸子


原因不明の足のしびれが改善 「酢ショウガ」健康法でひざの痛みも解消

原因不明の足のしびれが改善 「酢ショウガ」健康法でひざの痛みも解消

ズンズンとした足のしびれに悩まされるようになったのは、2~3年前のことです。しびれは特に夜にひどくなり、体に響いて、よく眠れません。特に思い当たる原因もなく、困っていました。【体験談】主婦・68歳 村上れい子


【酢ショウガの作り方】私も10kgやせた冷え取り調味料 血管も骨も強くなる!

【酢ショウガの作り方】私も10kgやせた冷え取り調味料 血管も骨も強くなる!

体が冷えると血管が収縮し、全身の血流が悪くなります。その結果、内臓の働きが衰え、便秘、肌荒れ、頭痛、肩こりなどの不調や、高血圧、糖尿病などの病気を招きます。この、冷え→血流障害→冷えの悪化、という悪循環は、老化に拍車をかけることをご存じでしょうか。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


ランキング


>>総合人気ランキング