【使うのはタオルだけ】従来に比べ格段に簡単!看護師が考案した骨盤ケア

【使うのはタオルだけ】従来に比べ格段に簡単!看護師が考案した骨盤ケア

骨盤底筋を鍛えるための体操は、現在、多くの医療機関で推奨されています。しかし、やり方をプリントされた紙を渡されるだけという場合がほとんどです。そこでお勧めしたいのが、おしぼり状に巻いたタオルを使った、「骨盤タオル体操」です。【解説】成島雅博(名鉄病院泌尿器科部長)


加齢や出産で骨盤底筋はゆるみ、頻尿・尿もれ・残尿感につながる

 年齢が高くなると「急にトイレが近くなった」「尿もれが気になる」という人が増えてきます。このような人にお勧めしたいのが、骨盤底筋体操です。

 骨盤底筋とは字のとおり、骨盤の底にある筋肉です。骨盤の底には骨がなく、ハンモック状のこの筋肉が子宮や膀胱を支えていて、ここがゆるむと骨盤内の臓器が下がってしまうのです。
 このような状態を「骨盤臓器脱」といいます。骨盤臓器脱の6割が、膀胱が下がってくる膀胱瘤です。

 膀胱が下がってくると、膀胱の壁が引き伸ばされたり、尿道が下垂したりするので、頻尿や尿もれといった症状が現れます。悪化すると尿道が折れ曲がってきて尿が出にくくなり、残尿感が強くなります。

 また、セキやくしゃみ、大声で笑う、走る、跳ねるなどの動作をして腹圧がかかるともれてしまう尿失禁も、骨盤底筋のゆるみが原因です。

 骨盤底筋がゆるむ主な原因には、加齢と出産が挙げられます。妊娠中の胎児の重みや出産による負担、また、閉経後は女性ホルモンの分泌が減少することで筋肉の弾力がなくなり、骨盤底筋はゆるんできます。
 そのほか、遺伝的な要素で骨盤底筋がゆるいこともあります。この場合は、若年時から尿もれなどの症状が現れます。

医師、看護師、理学療法士が経験をもとに考案した「骨盤タオル」

 骨盤底筋を鍛えるための骨盤底筋体操は、現在、多くの医療機関で推奨されています。しかし、やり方をプリントされた紙を渡されるだけという場合がほとんどです。

 女性の場合、解剖学的に尿道や膣、肛門を意識して締めることが難しく、コントロールできる人はおそらく、3割くらいでしょう。ですから、自宅などで一人で骨盤底筋体操をしても、尿道や膣、肛門を十分に締めることができないため、継続されにくいのが現実です。

 そこでお勧めしたいのが、おしぼり状に巻いたタオルを使った、「骨盤タオル体操」です。

 私が勤務する名鉄病院泌尿器科では、骨盤臓器脱・腹圧性尿失禁を専門に診療する「ウロギネセンター」を併設し、月に一度、泌尿器科を受診された患者さんを対象に「骨盤底筋体操教室」を開催しています。
ウロギネとは、泌尿器科(ウロロジー)と婦人科(ギネコロジー)を合わせた造語です。 

 骨盤底筋体操教室で行う体操は、私を含め、看護師、理学療法士が知識と経験を基に話し合い、考案したものです。わかりやすく、患者さんが自宅でも積極的に継続して行えるような体操になっています。

骨盤タオル体操のやり方はこちら

トイレの回数が15回から5回に減った

 例えば、1日15回もトイレに行っていた患者さんの頻尿が、5〜6回に改善したとか、骨盤臓器脱が現れなくなった患者さんもいます。個人差はありますが、だいたい3ヵ月くらいで効果が現れてくるようです。

 また、この骨盤タオル体操は、前立腺ガンの術後の男性にもお勧めできます。術後の尿失禁を改善するとともに、回復を早めます。男性の場合、解剖学上、女性よりも尿道や肛門を意識して締めやすいので、効果も得やすいと考えられます。

 ただし、骨盤内の臓器が膣の入り口から1cm以上下がり、股間に物がはさまったような違和感や、座ると何かが押し戻されるような不快感があるような骨盤臓器脱には、骨盤タオル体操の効果は、あまり期待できません。生活に支障がある場合は、手術による根本治療が必要です。

 頻尿や尿もれなどの最も大きな問題は、「年のせい」と考えてほうっておいたり、恥ずかしいと考えて医療機関を訪れず、悪化させたりしてしまうことだといえます。
 重症の場合は医療機関の受診が必要ですが、それほどではないが気になるという人は、まず骨盤タオル体操を試してみてください。

 尿の悩みが解決すれば、皆さんの生活の質は、きっと向上するはずです。

成島雅博
1984年、産業医科大学医学部医学科卒業。中部労災病院等を経て、1993年より現職。名古屋大学医学部臨床准教授。2012年に骨盤臓器脱、尿失禁に対応するウロギネセンターを開設。骨盤底筋体操教室の開催にも力を入れている。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【夜間頻尿が改善】トイレ通いの回数が激減する「足の指立て」のやり方

【夜間頻尿が改善】トイレ通いの回数が激減する「足の指立て」のやり方

日本人の生活が欧米化し、日常的に足の指を頻繁に使わなくなったことは、体に大きな影響をもたらします。足の指は、下肢の血液循環の折り返し地点だからです。代表的な症状の一つが、頻尿や尿もれなどの泌尿器の症状です。ご紹介する「足の指立て」で多くの方が夜間頻尿から解放されています。【解説】留目昌明(和楽堂治療院院長)


【医師解説】夜間頻尿を自分で治す 寝る前の「ふくらはぎマッサージ」で改善

【医師解説】夜間頻尿を自分で治す 寝る前の「ふくらはぎマッサージ」で改善

夜間頻尿とは、夜の睡眠中に1回以上、排尿のために起きる症状です。夜間頻尿の原因は「足のむくみ」にあるケースが多いのです。夜間頻尿に悩んでいる人に、お勧めの方法があります。それは、夕食後のくつろいだ時間帯に、ふくらはぎをマッサージすることです。【解説】石井泰憲(石井クリニック院長)


 【医師解説】夜間頻尿の対策に お尻を温める「仙骨カイロ」がよく効く

【医師解説】夜間頻尿の対策に お尻を温める「仙骨カイロ」がよく効く

冷えや低体温の高齢者の患者さんに、私はお尻を温めることをお勧めしています。「夜間頻尿が解消」「腰痛が改善」「便秘が改善」などといった声が聞かれます。お尻を温める対策だけで、なぜこんなに幅広い効果が得られるのでしょうか。やり方を紹介しましょう。【解説】上田ゆき子(日本大学医学部附属板橋病院東洋医学科外来医長)


【女性の尿トラブル】原因は骨盤のゆがみ?「仙骨カイロ」で排尿障害を改善

【女性の尿トラブル】原因は骨盤のゆがみ?「仙骨カイロ」で排尿障害を改善

私は、女性専門の出張整体をしていますが、年齢を問わず多いのが、尿のトラブルです。その原因の一つに、骨盤のゆがみがあります。【解説】山本あやの(出張整体「ゆくり」代表・整体師)


【前立腺肥大の最新治療】TURP手術は日帰り可能、薬による治療でも改善する

【前立腺肥大の最新治療】TURP手術は日帰り可能、薬による治療でも改善する

前立腺肥大症は、男性の高齢者はほぼ全員がかかる、といわれるほど有病率が高い病気です。尿の出が悪い、トイレの回数が増えたなどの不快症状がくり返されたら、専門医に相談しましょう。問診、検査、薬物療法、手術療法と、回復までの流れをご説明しましょう。【解説】古堅進亮(新都心クリニック東京前立腺センター院長)


最新の投稿


【ニキビ・アトピー性皮膚炎】美のセレブも愛用「砂糖」の美肌効果がすごい!砂糖パックのやり方とは

【ニキビ・アトピー性皮膚炎】美のセレブも愛用「砂糖」の美肌効果がすごい!砂糖パックのやり方とは

砂糖には創傷治癒作用、つまり傷を治す働きがあり、医薬品として認められています。イギリスでは、傷薬として砂糖が使われている病院もあり、またアメリカや日本で「おばあちゃんの知恵」として砂糖はスキンケアに使われてきました。【解説】幟立真理(砂糖スキンケア指導・株式会社アビサル・ジャパン代表)


【手荒れ・アトピー・イボが改善】大学で研究中「砂糖スキンケア」の効果とは?顔ダニも減少した!

【手荒れ・アトピー・イボが改善】大学で研究中「砂糖スキンケア」の効果とは?顔ダニも減少した!

看護の基本は、自分の手で患者さんをケアすることです。そのために看護師は手洗いをする機会が多く、ひどい手荒れに悩まされている人は珍しくありません。砂糖スキンケアでかゆみが軽減するとともに、かぶれることもなくなり、かき傷が治っていきました。【解説】山口求(藍野大学医療保健学部・看護学科教授)


【スマホ首】は頚椎症の入り口 首こり・肩こりを解消するには?

【スマホ首】は頚椎症の入り口 首こり・肩こりを解消するには?

電車の中などでスマホを見るときも、できるだけ目の高さ近くに持ってくるようにします。片方の手で長く持ち上げていると腕が疲れるので、逆の手でひじを支えるとらくになります。タブレット端末の大きさによりますが、小型のものならこの方法が使えます。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【医師解説】ストレスと病気は関係している!気を「楽」にして不調を解消する気功法

【医師解説】ストレスと病気は関係している!気を「楽」にして不調を解消する気功法

東洋医学の考え方の基本として、「気・血・水」というものがあります。なかでも私たちの健康を大きく左右するのが「気」。その気の流れを詰まらせる原因の1つが、ストレスです。多くの現代人は、ストレスによって気の流れが滞り、さまざまな病気に陥りやすくなっていると考えられます。【解説】能見登志惠(都筑ふれあいの丘クリニック院長)


【やり方】不調・生活習慣病を撃退する!1分でできる「お気楽」気功法

【やり方】不調・生活習慣病を撃退する!1分でできる「お気楽」気功法

お気楽気功の特長は簡単にできること。難しく考えず、体と心に気持ちのよいことをして楽しむことがいちばんのポイントです。回数はあくまでも目安ですから、気持ちよく感じる範囲で増減してかまいません。気軽に気楽に気持ちよく、お気楽気功を楽しんで続けてください。【解説】能見登志惠(都筑ふれあいの丘クリニック院長)


ランキング


>>総合人気ランキング