「指切りげんまん」で尿もれが治った私の話

「指切りげんまん」で尿もれが治った私の話

6年ほど前、52歳のときに子宮体ガンが見つかり、すぐに子宮と卵巣を摘出する手術を受けました。その手術後から、ひどい頻尿と尿もれに悩まされるようになったのです。【体験談】赤尾淳子(主婦・57歳)


子宮を取ってから 尿もれパッドが外せない

 6年ほど前、52歳のときに子宮体ガンが見つかり、すぐに子宮と卵巣を摘出する手術を受けました。
 その手術後から、ひどい頻尿と尿もれに悩まされるようになったのです。

 私の場合、トイレに行く回数が激増しただけでなく、便座に腰掛けるまで尿意をがまんできずに、もらしてしまいます。
 そのため、外出時はもちろん、自宅にいるときも、常に尿もれパッドを外せませんでした。
 頻尿と尿もれが始まって以来、外出がおっくうになりました。とにかく、どこへ出かけてもトイレを探している状態で、気持ちが落ち着きません。

 たとえば、趣味で習っているタロットカード教室に通うときは、私鉄とJRを乗り継いで片道1時間かかりますが、最寄り駅に着いたとき、乗り換えの前と後、教室に着いたときと、4回もトイレに行きます。
 そのうえ、2時間の講座が終わるまでトイレが持たず、講義中に教室を抜け出すこともしばしばでした。
 美容室にも通いにくくなりました。白髪染めをするには、1時間半はかかります。施術の途中で2~3回もトイレに立つので、そのたびにケープを取ってもらい、トイレから戻るまで中断させてしまうので、申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

「なんとか尿もれを治したい」と思っていましたが、病院に行くのは抵抗感がありました。市販の薬も、薬を飲んで今度は尿が出なくなると困ると思い、試すのをためらいました。
 図書館で尿もれに関する本を読み、「トイレに行くのをがまんすると、頻尿や尿もれが改善する」というアドバイスを見つけましたが、「トイレをがまんすると、膀胱炎になるかもしれない」と思うと心配で、実行できませんでした。

タロット教室の講義も安心して受けられる

トイレを探さずに済み 気らくに外出できる

 そんな私が「指切りげんまん療法」を知ったのは、今年8月のことです。松岡佳余子先生の知人であるタロット教室の先生が、やり方を教えてくれたので、すぐに実行することにしました。

 私の指切りげんまん療法のやり方は、小指の第2関節のところで組み合うようにして左右の小指をからませて、まっすぐ引っ張る、というものです。両手が空いているときはいつでも、1日に何十回と行いました。
 変化が出てきたのは、毎日実行し始めて1週間ほどたったころでした。尿意を催してからトイレに行っても、下着を下ろすまで、もらさずに済むようになったのです。
 さらに日を追うにつれて、トイレに行く回数も減りました。まだ始めて1ヵ月足らずですが、以前は夜間に4回くらいトイレに起きていたのが、今は一度もトイレに起きずに、朝までぐっすり寝ていられます。

 タロット教室に通うときも、家を出るときにトイレに入っておけば、大丈夫になりました。もちろん、もう講義中にトイレに立つことはなくなりました。
 今は、用心のために薄い尿もれパッドを1枚当てていますが、パッドがぬれたことは一度もありません。「そろそろ、尿もれパッドを卒業してもいいかな」と思っています。
 つい1ヵ月前までは、常にバッグの中に厚い尿もれパッドを5~6枚も入れて持ち歩いていたのが、ウソのようです。トイレを探し回らずに済むので、とても気らくに外出できるようになりました。

 私はなにごとも3日坊主で、どんな体操も続いた試しがありませんでしたが、指切りげんまん療法は例外です。
 道具が何もいらず、いつでもどこでもできて、排尿トラブルが改善するのですから、これだけは、毎日ずっと続けていくつもりです。

↓↓指切りげんまん療法のやり方はこちら↓↓

小指の刺激で下半身の 筋力が強化される(アジアンハンドセラピー協会理事 松岡佳余子)

 赤尾さんのように、子宮の摘出手術をした後、尿もれが起こるケースはあるようです。これは、膀胱や尿道を支える組織や筋肉が損傷したり、筋力が衰えたりすることが一因と考えられます。
「指切りげんまん療法」は、排尿トラブルに効くツボを刺激すると同時に、手の指の中で、最も力が弱い小指を鍛える運動でもあります。
 小指の力は、体の力を示す握力の強さに直結し、小指を鍛えることで全身の血行がよくなり、下半身の筋力の強化も期待できます。こうした効果が、尿もれや頻尿の改善につながったと考えられます。
 道具もいらず、いつでもどこでもできますから、尿の悩みのある人はぜひお試しください。

これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに掲載しています。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

これらの記事にある情報は、効能や効果を保証するものではありません。専門家による監修のもと、安全性には十分に配慮していますが、万が一体調に合わないと感じた場合は、すぐに中止してください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【医師解説】夜間頻尿を自分で治す 寝る前の「ふくらはぎマッサージ」で改善

【医師解説】夜間頻尿を自分で治す 寝る前の「ふくらはぎマッサージ」で改善

夜間頻尿とは、夜の睡眠中に1回以上、排尿のために起きる症状です。夜間頻尿の原因は「足のむくみ」にあるケースが多いのです。夜間頻尿に悩んでいる人に、お勧めの方法があります。それは、夕食後のくつろいだ時間帯に、ふくらはぎをマッサージすることです。【解説】石井泰憲(石井クリニック院長)


 【医師解説】夜間頻尿の対策に お尻を温める「仙骨カイロ」がよく効く

【医師解説】夜間頻尿の対策に お尻を温める「仙骨カイロ」がよく効く

冷えや低体温の高齢者の患者さんに、私はお尻を温めることをお勧めしています。「夜間頻尿が解消」「腰痛が改善」「便秘が改善」などといった声が聞かれます。お尻を温める対策だけで、なぜこんなに幅広い効果が得られるのでしょうか。やり方を紹介しましょう。【解説】上田ゆき子(日本大学医学部附属板橋病院東洋医学科外来医長)


【女性の尿トラブル】原因は骨盤のゆがみ?「仙骨カイロ」で排尿障害を改善

【女性の尿トラブル】原因は骨盤のゆがみ?「仙骨カイロ」で排尿障害を改善

私は、女性専門の出張整体をしていますが、年齢を問わず多いのが、尿のトラブルです。その原因の一つに、骨盤のゆがみがあります。【解説】山本あやの(出張整体「ゆくり」代表・整体師)


【前立腺肥大の最新治療】TURP手術は日帰り可能、薬による治療でも改善する

【前立腺肥大の最新治療】TURP手術は日帰り可能、薬による治療でも改善する

前立腺肥大症は、男性の高齢者はほぼ全員がかかる、といわれるほど有病率が高い病気です。尿の出が悪い、トイレの回数が増えたなどの不快症状がくり返されたら、専門医に相談しましょう。問診、検査、薬物療法、手術療法と、回復までの流れをご説明しましょう。【解説】古堅進亮(新都心クリニック東京前立腺センター院長)


【医師解説】夜間頻尿・尿漏れの改善には、昼間に弾性ストッキングをはくこと―心臓病も予防できる

【医師解説】夜間頻尿・尿漏れの改善には、昼間に弾性ストッキングをはくこと―心臓病も予防できる

夜間頻尿の患者さんへのセルフケアとして、日中に着用する「弾性ストッキング」を勧めています。女性だけでなく、男性にもおすすめです。2週間もすると、多くの患者さんが、足のむくみが改善され、足が軽くなり、夜間の尿量も減少。体調がよくなり、手放せなくなるようです。【解説】曽根淳史(宮津康生会宮津武田病院院長)


最新の投稿


股関節の“今ここにある”痛み ― その場で消失する刺激点はココ!

股関節の“今ここにある”痛み ― その場で消失する刺激点はココ!

左右のバランスの崩れは、腰、股関節、ひざなど、さまざまな関節に痛みを引き起こします。そうはいっても、一朝一夕には、足の不自然な動きを矯正することはできません。「今ここにある痛み」をどうにかしたい…!そんな時に痛みを和らげる「足の甲刺激」のやり方をご説明いたします。【解説】石橋輝美(大津接骨院院長)


酢ショウガのおかげで喘息の息苦しさが緩和され、高いコレステロール値も低下

酢ショウガのおかげで喘息の息苦しさが緩和され、高いコレステロール値も低下

私はもともと呼吸器系が弱く、60歳過ぎには、カゼをこじらせてぜんそくになりました。ぜんそくで入院したのは3回。平成23年以降は落ち着きましたが、それでも無理をしたり、疲れがたまったりすると、息苦しさを感じていました。【体験談】主婦・75歳 松本恵美子(仮名)


仕事を辞めなくては…と思うほどのひじや肩の痛みが「酢ショウガ」の常食で消えた

仕事を辞めなくては…と思うほどのひじや肩の痛みが「酢ショウガ」の常食で消えた

特につらかったのは、ひじです。湿布をはってしのいでいましたが、いよいよ耐えられなくなってきました。「仕事を辞めなければならないか」と悩んでいた今年の春頃、書店で「酢ショウガ」の本を見つけました。【解説】清掃業・65歳 羽柴幸子


原因不明の足のしびれが改善 「酢ショウガ」健康法でひざの痛みも解消

原因不明の足のしびれが改善 「酢ショウガ」健康法でひざの痛みも解消

ズンズンとした足のしびれに悩まされるようになったのは、2~3年前のことです。しびれは特に夜にひどくなり、体に響いて、よく眠れません。特に思い当たる原因もなく、困っていました。【体験談】主婦・68歳 村上れい子


【酢ショウガの作り方】私も10kgやせた冷え取り調味料 血管も骨も強くなる!

【酢ショウガの作り方】私も10kgやせた冷え取り調味料 血管も骨も強くなる!

体が冷えると血管が収縮し、全身の血流が悪くなります。その結果、内臓の働きが衰え、便秘、肌荒れ、頭痛、肩こりなどの不調や、高血圧、糖尿病などの病気を招きます。この、冷え→血流障害→冷えの悪化、という悪循環は、老化に拍車をかけることをご存じでしょうか。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


ランキング


>>総合人気ランキング