市販のカゼ薬や便秘薬で「尿の出」が悪くなることも 特に前立腺肥大の男性は要注意

市販のカゼ薬や便秘薬で「尿の出」が悪くなることも 特に前立腺肥大の男性は要注意

排尿のトラブルは、思わぬ原因から起こることもあります。特に男性の場合、気を付けたいのが「カゼ薬」と「便秘」です。それぞれ、どのように排尿トラブルにつながるかをお話ししましょう。【解説】石井泰憲(石井クリニック院長)


最悪の場合は尿が出ない尿閉になることもある

 排尿のトラブルは、思わぬ原因から起こることもあります。特に男性の場合、気を付けたいのが「カゼ薬」と「便秘」です。それぞれ、どのように排尿トラブルにつながるかをお話ししましょう。

 まずカゼ薬ですが、カゼの諸症状に効く、いわゆる総合感冒薬には、エフェドリン(アドレナリン)という成分が入っています。
 エフェドリンには、α作用とβ作用という二つの系統の作用があります。このうちのβ作用が気管支を広げるので、タンなどの分泌物が出やすくなり、カゼの症状に効くのです。
 ところが、同時に発揮されるα作用によって、尿道が締まり、尿の出も抑えられてしまいます。

 中高年男性には、尿道の周囲にある前立腺(男性生殖器の一種)が肥大し、尿の出が悪くなる「前立腺肥大症」を起こしている人が少なくありません。

 前立腺肥大症を起こしている人が、不用意に総合感冒薬を飲むと、ただでさえ悪くなっている尿の出が、さらに悪くなることがあります。
 前立腺肥大症の治療には、α作用をブロックする薬が使われますが、カゼ薬はまったく逆の作用で悪化させてしまうのです。

 さらに悪いことに、β作用の一部であるβ3作用は、膀胱を広げる働きをします。その作用によっても、尿の出が悪くなります。
 エフェドリンのこれらの作用で尿の出が悪くなると、つらいのはもちろん、最悪の場合は、尿がまったく出ない「尿閉」になることもあります。

 尿閉を放置すると、急性腎不全などの重大な病気を起こすので、ただちに病院に行く必要があります。
 前立腺肥大症の人は、カゼをひいたら、市販の総合感冒薬を飲む前に、医療機関を受診しましょう。前立腺肥大症であることを告げて、セキ、のど、鼻水・鼻づまり、発熱など、症状に応じた薬を処方してもらえば、薬による排尿トラブルを避けられます。

 市販薬を買うなら、薬剤師のいる薬局で、前立腺肥大症であることを告げて相談し、総合感冒薬以外の症状別の薬を求めましょう。
 ちなみに、飲酒で尿量が急に増すことも、尿閉の危険を高めます。排尿をがまんするほど、その危険性が高まるので、宴会などのときは、こまめにトイレに行きましょう。

 前立腺肥大症の人は、冬場に尿閉を起こすことが多いのですが、その大きな原因は、カゼ薬(総合感冒薬)と、宴会での飲み過ぎです。特にこの季節は注意しましょう。

市販のカゼ薬が尿トラブルの一因となることも!

便秘も排尿トラブルは併発しやすい。便秘の人は直腸(肛門の手前にある腸)の動きが悪く、うまく排便が起こらないことが多い

 一方、便秘も排尿トラブルに影響します。その理由の一つは、膀胱と直腸が同じ「骨盤神経」の支配を受けていることです。

 便秘の人は、骨盤神経の働きが鈍くなっているため、直腸(肛門の手前にある腸)の動きが悪く、うまく排便が起こらないことが多いのです。
 同じ神経が膀胱も支配していますので、この場合、膀胱の動きも悪くなりがちです。そのため、便秘と尿の出が悪いこととは、併発しやすいといえます。
 同時に、便秘で直腸に便がたまっていると、膀胱が圧迫されて、その働きが低下するということもあります。

 特に、前立腺肥大症の男性は、便がたまった直腸によって、膀胱とともに前立腺も圧迫されます。すると、前立腺の充血から、尿道がさらに狭くなって尿の出が悪くなり、膀胱に尿がたまりやすくなります。

 つまり、便秘と前立腺肥大と排尿トラブルとが、三つどもえになって、互いに悪化を招いてしまうのです。
 便秘そのものも、体へのさまざまな弊害がありますが、排尿トラブルを悪化させないためにも、日ごろから便通を整えておきたいものです。
 それには、食物繊維や水分をしっかり取り、適度な運動を心がけましょう。

 また、最近は、1日のうち長時間、イスに座ってパソコン作業をし、ほとんど動かないという人が多くなっています。これは、便秘を招く以外に、直接的に排尿トラブルを招く行為でもあります。

 というのは、特に男性の場合、長時間イスに座ると、前立腺の充血を招きやすくなります。膀胱の下に位置する前立腺は、イスに座ったとき、最も座面に近い位置なので、圧迫を受けやすいからです。

 これを長時間、毎日続けていると、もともと前立腺肥大症のある人は、症状が悪化して、尿の出がますます悪くなります。また、前立腺肥大のない若い男性でも、慢性前立腺炎を起こしやすくなります。

 慢性前立腺炎は、前立腺の慢性的な炎症により、会陰部(肛門と陰嚢の間)や下腹部の鈍痛、不快感、陰茎の先の痛み、頻尿や残尿感などが起こる病気です。
 パソコン作業や運転などで、長時間座った姿勢を続けることが、大きな引き金になります。円座(ドーナツ形の座布団)などを使って前立腺への圧迫をやわらげるとともに、一定時間おきに軽い運動をすることが、効果的な対策となります。
 排尿トラブルを防ぐため、これらの対策を、ぜひ心がけてください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【やり方】腸を活性させる「骨盤腸整ウォーキング」で便秘解消!猫背が治って背が伸びた!

【やり方】腸を活性させる「骨盤腸整ウォーキング」で便秘解消!猫背が治って背が伸びた!

骨盤腸整ウォーキングが習慣化すれば、いろいろな筋肉をバランスよく使えるようになり、代謝がアップし、やせやすい体になるのも特徴です。骨盤腸整ウォーキングは、いつ行っても1日に何回行ってもかまいません。ただし、痛みがあるかたは無理のない範囲で行ってください。【解説】山﨑美歩呼(一般社団法人日本姿勢改善ウォーキング協会)


【便秘が改善】「耳ひっぱり」で下剤が不要になった!老眼鏡なしで楽譜も読める

【便秘が改善】「耳ひっぱり」で下剤が不要になった!老眼鏡なしで楽譜も読める

私は子どもの頃から便秘体質で大人になってからさらにひどくなったのです。ここ十数年は、胃腸科で処方される下剤を使わないと、お通じがまったくつかなくなりました。昨年の秋、友人がそんな私を薄久美子先生のヨガ教室に誘ってくれました。「耳ひっぱり」を教わったのもその時です。【体験談】石井一子(仮名・会社員・50歳)


【ダイエット効果】14kgやせて二段腹解消!「太学功ストレッチ」で冷え症も便秘も改善した

【ダイエット効果】14kgやせて二段腹解消!「太学功ストレッチ」で冷え症も便秘も改善した

「気(一種の生命エネルギー)が不足しているから、エネルギーを得ようとして食べ過ぎてしまうんです」太学功の先生の説明に、私は「なるほど」と大きくうなずいていました。というのも、当時の私は銀行で営業をしており、激務に心身とも疲れ切っていました。【体験談】富谷直子(主婦・40歳)


【血管強化食材】動脈硬化を撃退する絶品「ローストピーナッツ」レシピ

【血管強化食材】動脈硬化を撃退する絶品「ローストピーナッツ」レシピ

ピーナッツといえば、「太る」「ニキビができる」など、健康とは縁遠い食材だと思われがち。しかし、最近、その豊富な栄養素が、巷で大きな話題を集めています。便秘が解消して、やせやすくなる、血管も肌も若返ると、まさにピーナッツは優良健康食材なのです。【料理・栄養計算・スタイリング】五十嵐ゆかり(料理研究家・管理栄養士)


【便秘に最強効果】納豆とオリーブオイルで "排便力"アップ 便秘薬も不要に

【便秘に最強効果】納豆とオリーブオイルで "排便力"アップ 便秘薬も不要に

私は、便秘に悩む患者さんに「オリーブオイル納豆」を勧めています。これは、納豆に少量のオリーブオイルを混ぜるだけのシンプルな食べ物ですが、便秘改善の効果は劇的です。便が柔らかくなって排便しやすくなったり、おなかの張りが取れたりして、下剤が不要になったケースもあります。【解説】松生恒夫(松生クリニック院長)


最新の投稿


【ニキビ・アトピー性皮膚炎】美のセレブも愛用「砂糖」の美肌効果がすごい!砂糖パックのやり方とは

【ニキビ・アトピー性皮膚炎】美のセレブも愛用「砂糖」の美肌効果がすごい!砂糖パックのやり方とは

砂糖には創傷治癒作用、つまり傷を治す働きがあり、医薬品として認められています。イギリスでは、傷薬として砂糖が使われている病院もあり、またアメリカや日本で「おばあちゃんの知恵」として砂糖はスキンケアに使われてきました。【解説】幟立真理(砂糖スキンケア指導・株式会社アビサル・ジャパン代表)


【手荒れ・アトピー・イボが改善】大学で研究中「砂糖スキンケア」の効果とは?顔ダニも減少した!

【手荒れ・アトピー・イボが改善】大学で研究中「砂糖スキンケア」の効果とは?顔ダニも減少した!

看護の基本は、自分の手で患者さんをケアすることです。そのために看護師は手洗いをする機会が多く、ひどい手荒れに悩まされている人は珍しくありません。砂糖スキンケアでかゆみが軽減するとともに、かぶれることもなくなり、かき傷が治っていきました。【解説】山口求(藍野大学医療保健学部・看護学科教授)


【スマホ首】は頚椎症の入り口 首こり・肩こりを解消するには?

【スマホ首】は頚椎症の入り口 首こり・肩こりを解消するには?

電車の中などでスマホを見るときも、できるだけ目の高さ近くに持ってくるようにします。片方の手で長く持ち上げていると腕が疲れるので、逆の手でひじを支えるとらくになります。タブレット端末の大きさによりますが、小型のものならこの方法が使えます。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【やり方】不調・生活習慣病を撃退する!1分でできる「お気楽」気功法

【やり方】不調・生活習慣病を撃退する!1分でできる「お気楽」気功法

お気楽気功の特長は簡単にできること。難しく考えず、体と心に気持ちのよいことをして楽しむことがいちばんのポイントです。回数はあくまでも目安ですから、気持ちよく感じる範囲で増減してかまいません。気軽に気楽に気持ちよく、お気楽気功を楽しんで続けてください。【解説】能見登志惠(都筑ふれあいの丘クリニック院長)


【脊柱管狭窄症】外反母趾なら「足の小指」を弾けばよい!楽に歩けて痛みやしびれが改善する

【脊柱管狭窄症】外反母趾なら「足の小指」を弾けばよい!楽に歩けて痛みやしびれが改善する

人間にとって、足というのは、体の土台となる重要なパーツです。足の指がしっかり使えていないと、この大事な土台がゆらぎやすくなります。その影響が、ひざ→腰→肩→首へと伝わって、それぞれの部位で問題を引き起こすのです。【解説】木方功(ありがとう鍼灸整骨院院長)


ランキング


>>総合人気ランキング